" />

ウィーンでカジノを楽しもう!覚えておきたいカジノのマナーとルール★

アクティビティ
975views

実はウィーンではカジノも楽しめるのご存じですか?ウィーンのカジノは街の景観にも違和感のないお洒落な外観で、ショッピングや観光のついでに寄ってみるのもおすすめです。

ここでは「カジノウィーン(Casino Wien)」での楽しみ方や、フロア情報、カジノをする際に注意することなどを紹介します。

ウィーンのカジノ~基本情報~

カジノは世界中にありますが、その国によってマナーやルールなど若干の違いがあります。

この項目では、ウィーンでカジノをする際の基本情報について紹介します。

カジノでは暗黙のマナーがあります。日本人にはカジノはあまり馴染みがないため忘れがちになりますが、マナー違反にならないようにしっかりと熟知して行きましょう。

カジノの年齢制限は?

ウィーンに限らずオーストリアのカジノには年齢制限があり、18歳未満の方は入場できません。

外国人観光客はパスポートの提示を義務付けられているので、カジノに行く際にはパスポートを必ず持っていくようにしましょう。

支払いはクレジットカード

ウィーンで日本円をユーロに両替するのはレートが良くないので、カジノやショッピングでの支払いはクレジットカードを使うのがベスト。

ヨーロッパではJCBカードが使えないところもあるため、必ずVISAカードかMASTERカードを最低1枚は持っていきましょう。

カジノでの予算

カジノに初めて行く人は、どれくらいの予算でどの程度楽しめるのか気になるところですよね。

もちろん、人それぞれ遊び方もあり、遊ぶゲームによっても予算は違ってきますが、最低でも日本円で1万円ほど(100ユーロ以上)、ブラックジャックを楽しむなら3万円以上(300ユーロ以上)は、あった方がいいでしょう。

カジノは夢中になってしまうと、どんどんお金を使ってしまう危険性があるので、予算分を使ったらスパッと止めるなどのけじめは必要ですよ!

税金

オーストリアはカジノには非課税ですが、日本は「全世界課税方式」の課税制度があるため、日本で暮らす者は海外での所得分も日本に税金を払う必要があります。

オーストリアのカジノで50万円以上儲けた場合も「一時所得」になるため、確定申告に必要になるオーストリアカジノ発行の「両替証明書」を忘れずに貰いましょう。

この制度は意外と知らない方が多く、税務調査で見つかると多額の税金を支払うことになるので覚えておきましょう。

チップマナー

日本ではチップの習慣が無いため忘れがちになりますが、オーストリアでカジノをする時は従業員やディーラーにチップを渡すのがマナーです。

チップの目安としては、大勝ちした時に掛け金の1~2割をディーラーに渡し、それ以外は1~5ユーロ程で十分です。チップは現金でもカジノチップどちらでもOK。

ウィーンでカジノが楽しめる「カジノウィーン」


ウィーンにはいくつかのカジノがありますが、外国人観光客も行きやすく安全なカジノは「カジノウィーン(Casino Wien)」です。

場所も、国立オペラ座から徒歩5分程で、比較的治安も良く人通りの多い場所に位置しています。

この項目では、ウィーンを代表するカジノ「カジノウィーン」の詳細・遊び方を紹介します。

ドレスコード

「カジノウィーン」では、1階フロアだけの利用ならドレスコードの指定はありません。2階以上のフロアを利用するならドレスコードの指定がありますが、スーツのような正装は必要ありません。

ただし、あまりにも派手な服や場にそぐわない服だと注意を受ける場合もあります。

男性は襟付きのYシャツや長ズボンの着用を心がけ、女性も肌を露出しすぎず派手にならないTPOを考えた服を着ていきましょう。

入場料

カジノウィーンは場内に入るだけなら入場料はかかりません。そのため雰囲気だけ楽しみたい人やちょっと見てみたい程度の人にもおすすめ!

ゲームを楽しむなら、30ユーロでテーブルゲームのチップあるいは30ユーロ分のスロットカードを購入でき、スロットカードには勝ち金を得ると記録される仕組みになっています。

最初に購入しておけば、いちいちゲームごとにお金を支払う手間が省けるので便利です。

フロア構成

カジノウィーンは3階のフロアに分かれていて、それぞれ特徴的なフロアになっています。

1階は若者向けのゲームセンターのような禁煙フロア、2階と3階は本格的なカジノを楽しめる大人向けの喫煙フロアということを覚えておきましょう。

入場するだけなら無料なので、ゲームをしなくても観光目的で入場するのもOK!ウィーンのカジノ見学も、ちょっとした話題作りになりますよ。

それぞれの階の詳細は以下のようになっています。

1階フロア

1階にはフロントがあり、受付とクロークサービスを行っています。クロークでは0.9ユーロで荷物を預かってくれるため、ホテルのチェックイン前後で荷物を預けたい時に利用することもできます。

受付の隣にはカジノ場「ジャックポットカフェ」があり、スロットとゲームなどがあります。

1階はカジュアルな雰囲気で若者向けの印象が強く、禁煙エリアが多いのが特徴です。

2階フロア

1階と比べると高級感があり、ヨーロッパ風のシックな内装で大人向けのカジノといった雰囲気で、本格的なカジノが楽しめる喫煙のゲームルームとなっています。

ここでは、ルーレットなどのテーブルゲームや、ブラックジャックやスロットマシーンを楽しめます。

3階フロア

シンプルで白い内装が特徴の喫煙可能な部屋に、スロットゲームだけの落ち着いた雰囲気のフロアでレストランもあります。

ゲームを楽しむというよりも、食事をしたり休憩を取るためのフロアです。

おすすめのゲーム

カジノウィーンで1ゲームのミニマムベット(最低賭け金)はゲームによって違います。

それぞれのゲームのミニマムベットを知りたい場合は、テーブルの近くに表示した看板かモニターがあるので探してみてください

以下は、オーストリアのカジノで人気のゲームのミニマムベットです。

スロット 1セント~
ルーレット 2.5ユーロ~
ブラックジャック 5ユーロ~

店舗情報

住所 Karntner Strase 41, 1010 Wien
アクセス 「Karlsplatz駅」から徒歩7分
電話 +43-1-512-4836
カジノ入場料 入場無料(18歳以上)
カジノ営業時間 1階[E/F] AM10:00~AM4:00(ルーレットはAM11:00~、テーブルゲームはPM12:00~)
2階[1/F] PM2:00~AM4:00(テーブルゲームはPM3:00~)
3階[2/F] PM2:00~AM4:00(テーブルゲームはPM3:00~)
休業日 12月24日
日本語対応 なし
公式サイト http://www.casinos.at/de/wien

ルールやマナーを守ってウィーンのカジノを楽しもう!

ウィーンで観光客も行きやすい「カジノウィーン(Casino Wien)」は、18歳以上の方ならどなたでも楽しむことができます。

日本ではなかなか遊べないカジノですから、せっかくなら観光の合間に行って、カジノ独特な雰囲気を味わったり、ちょっとゲームに参加してみませんか?

賭け事は苦手な方でも、18歳以上なら建物に入ることもできるので、雰囲気を楽しむだけでもいい旅の話題になりますよ。

RECOMMEND ウィーンのおすすめ記事

RELATED ARTICLES アクティビティカテゴリの関連記事