" />

南国の楽園「スミロン島」とは?オスロブと合わせて訪れたい必見の人気観光スポット!

観光
10726views

フィリピンで最も有名なリゾート地・セブ島から車で約3時間の距離にあるスミロン島というリゾート地をご存知ですか?スミロン島はフィリピン最上級の透明度の海白い砂浜で囲われたセブ南部とっておきのリゾートアイランドです。まるで天国のような美しさを放つスミロンの海。今回は、誰にも教えたくないスミロン島のとっておきの情報を特別にご紹介します!

また、本記事を紹介しているタビナカでは、日本語ガイドによる海外ツアーを3,000プラン以上提供しています。で何を体験しようかな?と悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてください!

セブ島内スミロン島の3つの魅力

まずはじめに! スミロン島でしか味わうことのできない南国スミロン島の3つの魅力をお伝えします。

大自然に囲まれた美しい島


スミロン島の魅力は何と言ってもここだけにしかない、美しい自然の数々です。『こんな海今まで見たことがなかった』とスミロン島を訪れた人々が思わず呟いてしまうほど、海の透明度は非常に高くエメラルドグリーンに美しく輝きます。また海とは対照的に散りばめられた白い砂浜とのコントラストは見る人を惹きつけて離しません。

スミロン島の注目スポットはビーチだけではありません!トレッキングスポットとしても有名で、多くの人を虜にしています。スミロン島は全周24ヘクタールの小さな島なので、歩いて島を探索することができますよ♪その島の内部は緑がとっても豊かで、大自然の光景が広がります。

オスロブからボートで15分!


セブ島観光を考えている方の中には、オスロブでジンベイザメとのシュノーケリングをする予定の方もいらっしゃるのではないでしょうか?スミロン島は、実は人気アクティビティスポット・オスロブから船で15分の距離に位置しています。なので、オスロブでジンベイザメと泳いだ後はスミロン島でゆったり過ごすことができちゃいます。

おすすめ

スミロン島に向かうまでの船は開放的で、フィリピンの強い日差しの中、海からの風はとっても気持ちがいいですよ◎
そして海をよ〜くご覧ください。海の色が次第に変化していくことに気がつくはず!

家族で楽しみやすい


そして家族旅行でフィリピンに遊びにきている方にはとっても重要ポイント!せっかく家族で来たのだから、皆で楽しめるスポットがいいですよね? スミロン島のビーチはフィリピンでは珍しく浅瀬で穏やかな波が続くので、溺れる心配も流される心配もありません!

小さいお子さんを持つご家庭の方も安心して海に入ることができちゃいます。また海が苦手・泳ぎが不得意の方も全力で海を満喫することが可能ですよ。

スミロン島3つの楽しみ方

スミロン島では様々はアクティビティがありますが、特にスミロン島を訪れたなら必須! 私がオススメするやらなきゃ損!なアクティビティーが3つあります。これであなたもスミロン島マスターになること間違いなし!

シュノーケリング


せっかく綺麗な海に来たのだから、ちらっと海の世界の冒険に出かけましょう!ダイビングのような資格や技術がなくても、年齢性別問わず気軽に楽しむことができますよ。シュノーケルのレンタルプランもあるので準備も楽チンです。

泳げなくっても問題ありません!専用のゴーグルとライフジャケットを身につければ、プカプカと浮いているだけで大丈夫です。スミロン島へ向かう港ではシュノーケルセットのレンタルが可能。ひとたび覗いてみれば、可愛い魚たちがあなたを出迎えてくれます。

シュノーケリングだからって侮ることなかれ!スミロン島の海はとっても透明度が高いため、浅瀬でもサンゴ礁や多くの魚を見渡すことができます。あの映画で有名なオレンジと白のシマシマ模様の魚を発見できるかもしれませんよ…?

ダイビング


透明度の高い海に来たらすべき事ナンバー1!それはダイビングです!実はセブ1番とも言われる透明度を誇るスミロン島は、世界各国からダイバーを呼び寄せています。一度海に潜ってしまえば、あなたも海の世界の虜になること間違いなし*ダイビングが初めての方もこの機会に挑戦してみませんか?

海中には、色とりどりに輝くサンゴ礁熱帯魚を見渡すことができます。美しい海に広がるサンゴとそれに群がるハナゴイ、ひっそりと現れる洞窟の中には新しい魚が隠れているかもしれません。海の中をじっくりと観察してみたら、他の物体の上で姿を隠しているカエルアンコウを発見できるかも。

それはまるでおとぎ話の世界観…。写真ではわからない、実際に海に潜ったものにしか味わう事のできない秘密の世界が広がっています。

スミロンブルーウォーターホテルのデイユースプラン


スミロン島で唯一のホテルが『スミロンブルーウォーターホテル』です。ここでは日帰りでスミロン島を訪れた人のために、デイユースプランが用意されています。お値段何と1日1500ペソで遊び放題!遊び疲れて少し休みたいって時にはホテルのラウンジを利用。

たくさんの荷物をどこかに預けておきたいって時にはロッカーが使用できます。そして、このパッケージプランには豊富なアクティビティ(マスク&シュノーケリングセット、カヤックetc)のレンタル代も含まれています。スミロン島で挑戦したいあんなことやこんな事が出来ちゃいますよ!

そしてこのデイユースのプランには船の送迎サービスも含まれているので、英語で面倒な交渉をしなくても大丈夫。気軽にスミロン島に行けます。

ブルーオーシャン・デイユースプランに含まれているサービス内容

・島への送迎 ・レストランでのランチ ・ホテル利用(シャワー・プール・プライベートビーチ) ・アクティビティ (マスク&シュノーケリングセット、カヤック、魚への餌あげ、島散策)

ブルーウォーターホテルは人通りの少ない場所に位置し、ホテルの周りは緑と青い海に囲まれています。いかにも「The南国!」というような空気に包まれて、落ち着いた雰囲気の中リラックスすることが可能です。

スミロン島でゆっくりとした時間を過ごしたい方は是非こちらをご利用ください!
詳しくはこちらをチェック☝︎ 
ブルーウォーターホテルHP

スミロン島への行き方

さてさて気になるスミロン島へはどのようにしていくのでしょう…? スミロン島へのアクセス方法は主に3つあります。

1.全て自力で行く


フィリピン人と英語もしくは現地の言葉で交渉をしなければいけないため、観光客で英語に不慣れ方には少しハードルが高いかもしれません。
しかし、全部自分でやり遂げた後の絶景は何よりも美しいこと間違いなし!
英語に自信のある方・チャレンジ精神が旺盛な方は是非トライしてみてください。

(1)オスロブへ向かう

スミロン島への船はオスロブから出ているので、まずはオスロブへ向かいます。オスロブへはセブシティー「南バスターミナル」から出ているバスを利用します。(バスは1時間ごとに24時間運航しているのでご安心を。)

オスロブは途中下車になるので行き先にBATOと書かれているバスに乗車しましょう。もし分からなくても「オスロブ、オスロブ」と連呼していれば優しいフィリピン人が教えてくれますよ。

バスで揺られること約3時間半オスロブに到着です。(*フィリピンのバスは冷蔵庫バスと呼ばれるほど、めちゃめちゃ寒いです…。)体が冷えないように乗車前に羽織るものを一枚用意してから乗りましょう!

(2)船をチャーターする

ポイント

ここが大変であり、1番の重要ポイントです。フィリピン人と英語もしくは現地の言葉でボートをチャーターできないか交渉します。 ボートチャーター代は片道一隻で約 2,000 ペソですが、人や時期によって違うので粘り強く交渉する必要があります。

船で15分揺られ、ついた先はスミロン島です! *迎えの時間を伝えることを忘れずに。

こちらは船のオスロブまでのバス代とボートチャーター代・スミロン島の入場料(1人 50 ペソ)だけで行くことのできる裏技です。島入り口近くのビーチででしか遊ぶことができませんが、とにかくスミロン島に行ってみたい!という人向けのアクセス方法です。 また、友達どうしで大人数で行かれる方にもオススメです。

2.デイユースプランを利用


上の全て自力で行く方法と少し似ていますが、こちらはブルーウォーターホテルのデイユースプランを利用していく方法です。デイユースプランの中に島へのボート送迎が含まれているので、こちらを利用します。セブ南バスターミナルからバスに乗るところまでは一緒ですが、降車場所が異なるのでご注意ください!

ブルーウォーターホテルの港はオスロブよりも手前にあるので、乗り過ごさないように。 バス乗車前に係員の人には「スミロン、ブルウォーター」と伝えましょう。ちゃんと降車場所に着いたら教えてくれますよ。ちなみに降車場所は「Sumilon blue water pier」です。 港の目の前で降ろしてもらえるので、着いたらボートの時間を確認してスミロン島へ向け出発!

◉デイユースプランの利用方法 スミロンウォーターホテルのデイユースを利用するには2種類の方法があります。

⑴デイユースプランを事前予約

下記の問い合わせからデイユースプランの予約が可能です。ウォーターホテルでは、ダイビングやクジラ・イルカウォッチング、カヤックなど様々なアクティビティが用意されています。 英語サイトのみとなりますので、英語が得意ではない方はやはりツアーが安心です。
 スミロンウォーターホテルお問い合わせ

⑵ボート乗り場に当日直接行く

空きがあれば当日ボート乗り場でも受け付けが可能です。 しかしシーズン(12月〜4月)は混雑が予想され、希望するボートに乗れない可能性があるので予約しておくのがベストです! またボートの本数が限られているので時間に余裕を持って行動しましょう。帰りの時間を確認するのも忘れずに。

3.ツアーを利用

オスロブでのジンベイザメと泳ぐシュノーケリングツアーの中には、その後スミロン島も訪れるプランが数多く用意されていて、とても人気のコースとなっています。

こちらを利用すればジンベイザメも!美しい海も!一石二鳥で楽しむことができますよ。はしゃいで遊び疲れた後も、セブ市内のホテルまで送迎してくれるので疲れて眠ってしまっても、気がついたらホテルです♪

スミロン島へはジンベイザメと合わせて行くツアーが人気♪

スミロン島へはオブロブでのジンベイザメと泳ぐツアーと一緒に訪れる人がほとんどです。予定が盛りだくさんのタビナカのジンベイザメ&スミロン島ツアーの内容を簡単にご紹介します。

ジンベイザメ&スミロン島ツアー 1日の予定

《5 時》 セブ市内を出発

(マクタン島のホテルに宿泊の方は4時半集合)
専用のバンでホテルまでお迎えにあがります。予約の際は、ホテル名も一緒にお知らせください。予約時に宿泊先がまだ未定の方は、必ず三日前までに連絡をお願いします。

《9 時》 オスロブに到着


バンに乗って約3時間半、ジンベイザメと出合えるスポット・オスロブを目指します。早朝の出発なので、車の中ではゆっくり仮眠をとってくださいね。オスロブに到着後は、ジンベイザメについての3分ほどの軽い講習を受けます。ちゃんと日本語表記の紙も用意されているので、英語がわからなくてもご安心ください。

9 時半 ジンベイザメとシュノーケル


待ちに待ったジンベイザメとのご対面です。30分間の遊泳ですが、ジンベイザメが次から次へと近寄ってくるので十分な時間となるでしょう。 そのジンベイザメのスケールの大きさにあなたは圧倒されること間違いなし! スリル満点な時間をお過ごしください。

《10 時》 シャワー・着替え、スミロン島へ出発

施設に設置されているシャワーで海水を落として、次なる目的地スミロン島に向け出発です。
スミロン島へは船で約15分ほど。
海からの風がとっても爽やかで気持ちがいいですよ。    

《10 時半》スミロン島到着


ついに!まるで『天国」のような島スミロン島に到着です。 透き通った海はずーっと中に潜って見ていたくなるほどの美しさ。シュノーケリングもビーチに寝転びながらゆっくりするのも最高です。 南国でしかできない体験があなたを待ち構えています♪    

《12 時》スミロン島出発

お腹が空いてきた頃、ついにスミロン島ともお別れです。別れが名残惜しい><    

《12 時半》オスロブでランチ

オスロブ周辺にあるガイドのおすすめのレストランヘ案内します。漁村で食べるフィリピンのローカル料理です!

《13 時半》セブ市内へ向け車移動


バンに再び乗車しセブ市内に向けて出発します。たっぷりガイドさんと話す時間があるので、セブ島のことをたくさん聞けちゃいます!おすすめレストランやお土産も情報収集しましょう!

《17 時》ホテル到着予定

お疲れ様でした、ホテルに到着です。 ジンベイザメ&スミロン島のツアーも終了です。 今日のツアーはいかがでしたか? 疲れをベッドでゆっくり癒してくださいね。      

このように、セブ島からは自然豊かな離島やビーチに行くツアーが充実しています。もちろん、セブシティでのお買い物やマッサージ、マクタン島などのツアーもあるので、ぜひ比較してみてください。

気になるお値段は?

こんな盛りだくさんのツアーですが、フィリピンならではのお得な価格です!ジンベイザメと泳げて、フィリピンの楽園スミロン島にも行けるとっておきのこのツアーですが、1人19,800円で行けちゃいます。

ツアーには日本語ガイド代、往復送迎代、オスロブでの入場料・シュノーケル代・ボード、スミロン島へのボード代がすべて含まれています。 英語での交渉に悩む必要もないし、迷子になる心配もない、細かい部分のサポートも全て付いて楽ちんにいいとこ取りできちゃいます♪      

スミロン島ホテル事情

のんびりとリゾートを満喫したい方、スミロン島が気に入ってもっとスミロン島で過ごしたいとお考えの方にオススメなのがホテルでの宿泊。

スミロン島は『スミロンブルーウォーターホテル』で唯一宿泊ができるのです! 実はスミロン島は、このブルーウォーターホテルが買い取った島なので、ホテルはこの一軒しかありません。そしてお部屋は15部屋のみ。 このブルーウォーターホテルはスミロン島に一軒しかないホテルなだけあって、1泊約2万5千円〜とフィリピンにしては料金はお高め…。

しかしここでしか味わうことのできない特別なラグジュアリー体験があなたを待ち構えています。 全部屋にあるコテージからは海を全面に見渡せ、備え付けのハンモックやソファーに寝転がってのんびりとした時間。 想像するだけでも最高です! シュノーケリングやカヤックで思いっきり楽しんだ後は、ふかふかのベッドでぐっすり睡眠。幸せのひとときを是非お楽しみください。      

スミロン島へ行ける時期って限られてるの?

さてさて魅力いっぱいのスミロン島ですが、オススメの時期は一体いつなのでしょう…? 実は… 年中楽しめちゃうんです! フィリピンは大きく2つの季節(雨季と夏)がありますが、スミロン島では季節は関係なし! 1年中スミロン島の美しい海で遊ぶことができます!

雨が降ってきても大丈夫、すぐに止むので雨季シーズンでも海を堪能! そしてスミロン島は平均気温26~27℃と年中暖かい島なので、日本が冬の時訪れても暖かく、海に潜れるのが魅力です。 急にまとまった休みが取れた時、いつの時期でも思う存分満喫することができちゃいます。

もちろんどの季節でもオスロブに来るジンベイザメも逃げていきません。 ほぼ100%の確率でジンベイザメに出会えますので、オスロブと合わせたツアーをお考えの方もご安心ください!

 

気になる持ち物紹介!スミロン島へ持って行くべきアイテム!


ワクワクのスミロン島!何を持って行こうか悩みますよね? 色々心配でたくさん持ってきたけど結局使わなくて邪魔になった…あれがあれば良かった…なんてことも数知れず。 この記事では、あれば便利なグッズを紹介します!

ラッシュガード

ジンベイザメとのシュノーケリングでは環境汚染対策とジンベイザメを保護する目的のため、日焼け止めの塗布が禁止されています。 ルールを破ると罰金として2500ペソ課せられる可能性があるので注意してください。 環境保全のためにも、日差しが気になる方はラッシュガードを着用しましょう。 肌を保護し、クラゲ対策にもなるのでおすすめです。

またこちらは現地でも購入が可能なので、うっかり忘れてきてしまった方も大丈夫。実はフィリピンのリゾート地では日本で買うよりも安くマリングッズが購入できますよ。 また、種類も豊富なのでぜひチェックしてみてくださいね。    

トイレットペーパー

セブ島ではトイレットペーパを用意していないトイレがほとんどです。 また、さっと拭きたいときや鼻をかみたいときなど、何かと役に立つので1ロール持っていると便利です。 またフィリピンでは芯なしのトイレットペーパが2ロールから販売されているので、かさ張らず、荷物を気にせずに持ち運ぶことができますよ。    

水中カメラ

水中カメラは絶対必要!自分だけの写真をとって、友達に自慢しましょう♪ 現地でもCD代込みで550ペソからレンタル可能です。カメラをボートマンに渡せば写真を撮ってくれるので、ジンベイザメとのツーショットも。一生の思い出に残る素敵な経験を写真として残しておくことができますよ。    

現地でも購入可能ですが、移動中喉が乾くので出発前から準備しておくのがGood。 またジンベイザメとシュノーケル中、海水を飲み込んでしまうことがあるので、さっと口をすすげるように用意しておくと便利です。    

酔い止め

セブ市内からオスロブまで約3時間半、車に揺られることになるので、心配な方は服用しましょう。 フィリピン人の運転は「ストップ&ゴー」と呼ばれるほど運転が荒いです…。急停車・急発進が当たり前なので、酔いに自信がある方も乗車される前に酔い止めを飲んでおくことをおすすめします。

日本語ガイドのツアーだとドライバーへの教育もしっかりされているので安心です。フィリピンでも酔い止めの購入ができますが、成分が多く含まれており、副作用の恐れもあるので日本で購入し持ち込む方が良いです! 

スミロン島ツアーに参加する前に心構えをしておきたいこと…

ジンベイザメ&スミロン島のツアーに参加する前に知っておいていただきたい心構えです。 申し込む前に一度こちらをじっくりご覧いただき、ご理解お願いいたします。

⑴早朝出発は必須

ジンベイザメがオブロブ海岸付近にやってくるのは朝のみです。 遅くとも11時にはオスロブに到着していないと、ジンベイザメに会うことが出来ません。 なので、逆算するとセブ市内を5時には出発する必要が…。マクタン島のホテルに滞在の方の場合は4時半出発…。 あまりの朝の早さにビックリされるかもしれませんが、そこはジンベイザメのため!前日は早くに寝て、翌日に備えましょう。

⑵オスロブの匂いについて

オスロブではジンベイザメを呼び寄せるために、プランクトンを用いて餌をまいています。 そのためプランクトンの磯の匂いがほのかに香ることは、覚悟していきましょう。 でもそんな匂いも気にならなくなるぐらいの、とびっきりの体験ができますよ。

実際にスミロン島を訪れた旅行者さんの声!

タビナカのジンベイザメ&スミロン島ツアーは多くの旅行者さんにご参加いただき、様々なお声をいただいております。実際にツアーに参加してみた方からのお話や感想をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。

ツアーに大満足!死ぬまでにもう1回訪れたい!星5の評価!

◎家族で大はしゃぎ!楽しさの余韻が残るスミロン島

ジンベイザメもスミロン島も子供たちが大満足していました。もちろん私たちも両親揃って、子供並みにはしゃいじゃいました(笑) ジンベイザメもスミロン島ももう一回家族皆で訪れたいです!

◎みんなにも知ってもらいたいほどの感動体験!
その綺麗な海のスケール感の大きさに感動しました。このツアーを選んでとても満足しています。是非多くの人に体験して頂きたいです。日本に帰ってから友達に写真を見せて自慢しています!絵に描いたような南国での滞在でした。

◎一生忘れられない体験が!
ジンベエザメは本当に大きくて、迫力があって…素敵な体験ができました! またスミロン島の海の綺麗さも忘れることができません。今まで見た世界中の海で1番綺麗な青さでした。

 

注意すべき点は?ツアーに参加するときはこんな事に気をつけよう。

◎暖かい格好を

スミロン島の観光用ビーチに上陸しようと試みましたが、急に波が強くなったため、BCD’s Placeに引き返すことにしました。 風が強い場合、濡れると、身体が冷えるので、羽織るものを持って行った方が無難です。

◎クラゲには注意!
ジンベエザメと泳げたのが本当に貴重な経験でした!怖いのも最初の一瞬だけ、近づくにつれジンベイザメの優しい顔つきに心奪われていきました♪♪ 海もすごく綺麗で、ランチも安いし参加してよかった! …けど、クラゲに刺されまくってたようで、翌日から寝られないほどの痒み地獄(ーー;)

◎フィリピン流の運転にてんてこ舞い!
一つ難点は往復の陸路がかなりハードな揺れでした・・・。

スミロン島に関して、よくある質問

こんな時どうする? スミロン島へ行こうとする方からよくいただく質問をまとめました。
ツアーの申し込みを検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

oみんな朝食はどうしているの?

⑴モーニングサービスを利用

4つ星以上のホテルにご宿泊の場合は、だいたいスタッフの方が特別に朝食を箱詰めしてくれることが多いです。 前日までにスタッフに伝えておきましょう。スタッフが忘れている場合もあるので、出発の30分前に「朝食できてる?」と確認するのがいいと思います。

⑵前日に準備

行きのバンの中で食べられるよう前日に買い、持ち込むのも◎ フィリピンには現地のスーパーマーケットの他に日本でもお馴染み、セブンイレブンやミニストップがあるのでお目当てのパンを購入できるかもしれません。ジュースと長旅にはつきもの、お菓子を買うことも忘れずに♪

⑶ドライブスルーに立ち寄る

オスロブに向かう途中でファーストフード店に立ち寄ることも可能です。フィリピンで最大のシェア数を誇る「ジョリビー」や日本でも人気の「マクドナルド」は24時間営業なので早朝の出発でも大丈夫。 朝ジョリや朝マックをして優雅にオスロブまで向かいましょう!

o 旅行の何日目がオススメ?
旅行の計画を立てる際、いつ何をするかはとっても悩むことだと思いますが、ジンベイザメ&スミロン島ツアーでは断然、中日を選ぶべし。最終日を選ばれる方もいらっしゃいますが、オススメできません。 実はセブ島は渋滞がひどく、なかなか車が前に進まないのです。 そのためフライトに間に合わない…なんて事が起きる可能性もございます。 なので余裕を持って行動できるようにしましょう!  

o 自分の防水カメラで撮影したい!

もちろん可能です!海の中を優雅に泳ぐジンベイザメと一緒に記念に残る1枚を撮影しましょう。スタッフに声をかけていただければ何枚でも撮影いたします。お気軽にお声掛けください。また現地でもレンタルができるので、持ってない方や忘れてしまった方も一安心♪  

o スミロン島でご飯を食べることはできますか?
残念ながらレストランはブルーウォーターホテルのみで、ホテルの利用者しか使う事が出来ません。 なので小腹が空いた時のためにお菓子をもちこむましょう! ツアーでは、オスロブにある海が見えるおすすめレストランで食べるコースが人気です。

o スミロン島でタオルを借りられますか?
こちらも同様にブルーウォーターホテル利用者のみレンタルが可能です。 少し荷物にはなりますがタオルは持っていきましょう。 水泳用のスイムタオルは薄くてかさばらないし、吸水性も抜群なのでオススメですよ!

セブ島人気アクティビティランキング1~3位

最後に、「セブ島」での人気ツアーランキングを紹介します。ぜひ今後の旅行プランをたてる上で参考にしてくださいね!

第1位:ジンベイザメと泳ぐシュノーケリング体験+秘境カワサン滝

タビナカオリジナルルートで、遭遇率100%を誇る野生のジンベイザメと一緒に泳げるツアーです!シュノケーリング後は、秘境の滝壺でたっぷりとマイナスイオンを浴びて癒されましょう。ホテルまでの往復送迎&日本語ガイド付きなので初セブ旅行の方にもオススメのツアーです。

第2位:ジンベイザメと泳ぐシュノーケリング

セブ島最南端のオスロブでジンベイザメと一緒に泳げるツアーです!タビナカで最も人気があるツアーの一つで、セブ旅行者に特にオススメのツアーです。日本語での対応が可能なので、英語が苦手な方にもオススメです!

第3位:アイランドホッピング体験

長い桟橋が有名なナルスアン島と高い透明度を誇るヒルトゥガン島、セブを代表する2つの島で、シュノーケリングを楽しめるツアーです。フォトジェニックな白い砂浜と真っ青な空を満喫しましょう!

セブ島には、他にも秘湯温泉ツアー、エステなどのリラクゼーション体験も充実しています。まだ現地で何をするのか決まっていない方は、セブ島で何ができるのか、まずは探してみませんか?自分に合った楽しみ方を見つけて、充実した旅行を過ごしてくださいね!

RECOMMEND セブ島のおすすめ記事

【セブ島で夜遊び】男性が喜ぶセブのナイトスポットを満喫!キャバクラからビキニバーまで…料金や場所もご紹介!

リゾート観光地として人気を集めているセブ島ですが、今回紹介するのは定番の海ではなく、セブ島の夜遊び事情です。日本では味わうことのできないような、東南アジアらしい夜の活気に溢れたセブ島の夜遊びについて紹介していきます。また…

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事