" />

北海道のいちご狩りを楽しむ厳選農園10選をご紹介!

アクティビティ
20333views

甘酸っぱいいちごは、子どもから大人まで大好きなフルーツとして不動の人気です。そんないちごですが、北海道でもいちご狩りを体験できるのはご存じですか?

本州では春のいちご狩りが一般的ですが、北海道のいちご狩りは時期が遅れます。また北海道産のいちごが楽しめるのも、本州とは一味変わってきます。

今回は北海道のいちご狩りに関する情報をお届け。おすすめ時期や、いちご狩りができる農園をご紹介します。広大な大地で育ついちごを、存分に堪能してください。

北海道でいちご狩りのおすすめな時期

いちご狩り適した北海道の時期は、おもに6月中旬~7月下旬にかけてが一般的です。この時期、北海道は過ごしやすい時期で、色鮮やかな草花で彩られた大地も観光の目玉となっています。

北海道でいちご狩りを楽しむなら、ぜひこの時期に参加してみてください。ビニールハウス栽培でない農園もあり、広々とした畑で思う存分いちごを堪能できます。

時間制限を設けていない農園が多いのも、北海道の特徴かもしれませんね。北海道でのみ栽培されている品種「けんたろう」も見逃せません

北海道のいちご狩りスポット①スノーベリーファーム

60分食べ放題のいちご狩りを楽しむことができるスノーベリーファーム。おもな品種は「さがほのか」「サマールビー」です。
太陽をいっぱい浴びたいちごを、たくさん食べてくださいね。いちご狩り体験は不定期で行うので、あらかじめ確認してから参加するといいでしょう。

いちご狩り詳細

開催時期 その年による
料金 一般1,800円、小学生1,200円、3歳~未就学時700円
営業時間 9:00~16:00
定休日 不明
持ち帰り 別途料金

スノーベリーファーム詳細

住所 北海道札幌市南区豊滝130
アクセス 札幌方面より国道230号線(石山通り)を定山渓方面へ向かい、道路情報館の交差点を左折
営業時間 9:00~16:00
定休日 不明
サイトURL http://www.snowberry.co.jp/

北海道のいちご狩りスポット②よこやま農園

農薬を使わずに、丹精込めていちごを育てている農園なので、安心して食すことができます。ビニールハウス栽培なので、雨の日でも安心。天候に左右されることなく、いちご狩りを楽しむことができます。

品種は北海道産の「けんたろう」と「宝交早生」。よこやま農園は時間制限がないので、おなかいっぱいいちごを食べることができ、その他にも、期間限定でいちごソースソフトクリームも販売しているので、こちらも合わせて食べてみてください。

いちご狩り詳細

開催時期 6月上旬から7月中旬まで
料金 大人900円、子供550円、お持ち帰り(300g)450円
営業時間 9:00~17:00
定休日 不明
持ち帰り

よこやま農園詳細

住所 北海道石狩市北生振865-1
アクセス 札幌方面から国道231号線を留萌方面へ。道道81号線(岩見沢石狩線)を右折、信号2つ過ぎブリジストンタイヤの看板を右折し約600m
営業時間 9:00~17:00
定休日 不明
サイトURL https://www.facebook.com/yokoyama.farm

北海道のいちご狩りスポット③定山渓わいわいファーム

いちご農園だけでなく、ほかのフルーツ狩りも体験できる定山渓わいわいファーム。いちごの品種は「けんたろう」を栽培しています。
いちご狩りのほかに、いちご摘み取り体験(750円)もでき、収穫したいちごでジャム作りや手作りピザを作ることもできます。

いちご狩りが人気の農園なので、土日祝はオープン前から長蛇の列ができることもあります。そのため、午前中でいちご狩りが終了することも。土日祝を狙って行かれる場合は、早めに到着しておきましょう。

いちご狩り詳細

開催時期 6月中旬まで
料金 大人1,300円、子供1,000円、幼児は無料(別途入園料として、大人500円、子供300円が必要)
営業時間 8:00~18:00
定休日 不明
持ち帰り 不可

定山渓わいわいファーム詳細

住所 北海道札幌市南区定山渓832
アクセス じょうてつバス豊橋環状線豊橋前から徒歩15分
営業時間 8:00~18:00
定休日 不明
サイトURL https://jozankei-farm.com/

北海道のいちご狩りスポット④スパルベリー

ほかの農園よりもかなり早い時期に開催されるスパルベリー。その理由は品種が「とちおとめ」を栽培しているからです。
栃木県から取り寄せた培養土と苗木を使い、栃木の栽培環境を保っています。コンピューター管理で徹底したビニールハウス内を再現。

本場に負けないおいしさとなっています。スパルベリーは30分間の食べ放題で、少し時間が短いのがデメリットです。

いちご狩り詳細

開催時期 1月上旬~5月下旬まで
料金 (1月7日~3月下旬)小学生以上1,800円、3~6歳未満1,000円(4月上旬~5月下旬)小学生以上1,500円、3~6歳未満700円。お持ち帰り(100g)200円
営業時間 10:00~15:00
定休日 日曜日・月曜日
持ち帰り

スパルベリー詳細

住所 北海道恵庭市柏木町2丁目2-44
アクセス 道央自動車道恵庭ICを下車。恵庭 方面に向かって恵南柏木通
営業時間 10:00~15:00
定休日 日曜日・月曜日
サイトURL http://www.suparuberry.com/index.html

北海道のいちご狩りスポット⑤幕別いちご園

常にいちごの種類は3~4種を栽培している幕別いちご園。「サマーベリー」と「さがほのか」は定番となっています。ビニールハウスで栽培されており、その中には車いす専用棟を設けておりバリアフリーを実現。

数量限定のいちごのソフトクリームが人気で、コーンの中にいちごが丸ごと入っています。いちご園には、バーベキューができる施設も設けているので、大人数で行くとさらに楽しいです。

いちご狩り詳細

開催時期 6月上旬~10月末まで
料金 大人907円、小人680円
営業時間 10:00~16:00
定休日 火曜日
持ち帰り 別途料金

幕別いちご園詳細

住所 北海道中川郡幕別町相川326-2
アクセス JR帯広駅より車で約20分
営業時間 10:00~16:00
定休日 火曜日
サイトURL http://www.hopeland.jp/shop/ichigoen.html

北海道のいちご狩りスポット⑥くだもの農家浜田園

くだもの農家浜田園は「けんたろう」の品種を栽培しています。いちご狩りで注意しないといけないことは、いちごの生育状態によって、日々入園できる人数が変わっくること。そのため終了時間も予定より早くなることもあります。
なるべく早めに行かれることをおすすめします。

いちご狩り詳細

開催時期 6月上旬~7月上旬まで
料金 中学生以上1,080円、小学生880円、3歳以上680円
営業時間 9:00~17:00
定休日 不明
持ち帰り

くだもの農家浜田園詳細

住所 北海道有珠郡壮瞥町字滝之町358
アクセス 壮瞥町の国道453号線沿い、道路の両側に果樹園が立ち並ぶ一角の中程
営業時間 9:00~17:00
定休日 不明
サイトURL http://hamada-en.com/

北海道のいちご狩りスポット⑦塚本農園

有機栽培で育てたいちごを提供している塚本農園。低農薬なため、そのまま食べても安心です。栽培している品種は「けんたろう」。北海道でしか食べられないいちごを堪能できます。

予約制度はなく、食べ放題は30分と短めです。

いちご狩り詳細

開催時期 6月上旬~7月上旬
料金 中学生以上1,300円、小学生1,000円、2歳以上未就学児800円
営業時間 9:00くらい~
定休日 不明
持ち帰り 不可

塚本農園詳細

住所 北海道北広島市北の里326
アクセス 札幌方面から国道12号線を東へ進み、国道274号線へ。道道1080号線へ入る
営業時間 不明
定休日 不明
サイトURL http://www.tsukamotonouen.com/

北海道のいちご狩りスポット⑧谷観光農場

函館から車で約30分とアクセスが良い谷観光農場は、「けんたろう」「宝交早生」を栽培。料金も安いので利用する方も多いです。

この時期、北海道はひまわりの開花と同時期のため、希望者にはひまわりなどのプレゼントがあるのもうれしいですね。北海道の季節も堪能でいる谷観光農場は、函館観光とセットで回りましょう。

いちご狩り詳細

開催時期 6月中旬~7月下旬
料金 大人800円、小人600円、幼児200円。お持ち帰り(100g)150円
営業時間 10:00~
定休日 不明
持ち帰り

谷観光農場詳細

住所 北海道北斗市向野144-5
アクセス 北海道新幹線の新函館北斗駅から車で10分
営業時間 10:00~
定休日 不明
サイトURL http://www.tani-farm.com/

北海道のいちご狩りスポット⑨山本観光果樹園

山本観光果樹園のいちご狩りは、6月下旬がいちばんおすすめです。北海道限定の品種「けんたろう」を栽培しており、いちごの甘酸っぱさを感じることができます。時間が無制限なのも、いちご好きにはたまりません。

小樽にも近いので、海の幸とフルーツを一緒に味わいましょう。

いちご狩り詳細

開催時期 6月中旬~7月下旬
料金 中学生以上1,200円、小学生950円
営業時間 9:00~17:00
定休日 不明
持ち帰り 不可

山本観光果樹園詳細

住所 北海道余市町登町1102-5
アクセス 後志自動車道の余市ICより車で2分
営業時間 9:00~17:00
定休日 不明
サイトURL https://www.fruits-yamamoto.net/

北海道のいちご狩りスポット⑩観光農園 大野園

品種は「けんたろう」「北の幸」の2種類を栽培しています。ほかの農園では食べられない「北の幸」があるのは貴重。こちらも時間制限がないので、思いっきりいちご狩りを楽しめます。

開園期間であっても、いちごの実が熟してない場合は閉園しています。そのため平日はあらかじめ確認してから参加するようにしてください。トータルでも10日前後しか開いていない、貴重な農園です。

いちご狩り詳細

開催時期 5月下旬~6月中旬
料金 就学児以上1,000円
営業時間 9:00~
定休日 不明
持ち帰り 不可

観光農園 大野園詳細

住所 北海道余市郡仁木町東町8丁目5-2
アクセス 余市ICより車で約8分。「HONDA・岩佐商会」の看板を向かい側に曲がる
営業時間 9:00~
定休日 不明
サイトURL http://ohnoen.konjiki.jp/

北海道のいちご狩りは道産いちごが食べられる貴重な場所

10個の農園をご紹介しましたが、ほとんどの農園で道産の「けんたろう」を栽培しています。これは本州では味わえないいちごです。
大自然と土壌の良さから育つ北海道のいちごは、フルーツ狩りの中でもいちばん人気なので、こまめにチェックしておきましょう。

直売をしている場所もあり、北海道のいちごは比較的日持ちがするといわれています。お土産にもちょうどいいですね。

RECOMMEND 北海道のおすすめ記事

RELATED ARTICLES アクティビティカテゴリの関連記事