" />

ヘルシンキのWi-FiやSIMカード・電圧について徹底解説!旅行前に確認を!

旅行準備
1250views

ヘルシンキへ旅行に行く事が決まったら、渡航前に確認しておきたいのが現地のWi-Fi環境やSIMカード・電圧について。

宿泊先のホテルで使用するカメラや携帯電話の充電が必要なのはもちろんのこと、Wi-FiやSIMカードを使いこなす事で、より快適に旅行を楽しむ事ができます。今回は、ヘルシンキを含むフィンランド旅行で知っておきたい、Wi-FiやSIMカード・電圧について解説していきます。

ヘルシンキのWi-Fi環境は?

ヘルシンキのWi-Fi環境は、世界の中でもトップクラスに良く、旅慣れていない方でも公共のフリーWi-Fiだけで特に不自由なく観光する事ができます。この辺りはさすがIT先進国。ヘルシンキ以外の主要都市や観光地でも、特に問題はありません。

唯一注意が必要なのは、ヘルシンキ郊外や地方都市に行く場合。それでも、Wi-Fi環境が悪い国や日本に比べると良い方だと思います。ただ、ヘルシンキの中心地でも、稀に繋がりにくい場所(例えばヘルシンキ中央駅など)や、大勢の方が使用する箇所では、インターネットに繋がるスピードが遅くなる場合もあります。

そんな場所で必要に迫られた場面においては、公共Wi-Fiだけでは役に立たないという事は覚えておきましょう。限りある旅行期間の中で、そんな思いは一切したくない!という方には、レンタルWi-FiやSIMカードの使用をおすすめします。以下で詳しく説明していきますね。

ヘルシンキではレンタルWi-Fi?それともSIMカード?

そんなWi-Fi環境の良いヘルシンキでは、レンタルWi-FiとSIMカード、どちらを使用する方がベストなのでしょうか。結果からお伝えしますと、価格の安さと繋がりやすさからSIMカードになります。

しかし、SIMカードは旅慣れていない方には少々面倒に感じてしまうかもしれません。現地での手間を省きたい場合は、レンタルWi-Fiがおすすめです。

その他どちらを使用するかの判断としては、他の国同様に、荷物になるかならないか。SIMフリーの携帯を持っているか持っていないか。滞在期間に対しての価格はどうか。現地で電話を使用したいかどうかです。ご自身の状況に合わせて決めましょう。

レンタルWi-Fi

上記を踏まえてレンタルWi-Fiを借りることにした場合、プランや料金はどのようなものがあるのでしょうか。こちらは日本でレンタルしていくのがベストですので、比較的よく使用されている会社をベースに比較してみました。

総額は、下記価格×利用日数+受渡手数料+受取手数料になります。補償制度や予備バッテリー等使用される場合は、別途料金が必要です。
(価格.com参照 ※全て限定価格/2019年12月19日時点)

フォートラベル GLOBAL WiFi 大容量プラン(600MB/日)・ 347円/日
GLOBAL WiFi 大容量プラン(600MB/日)・ 357円/日
jetfi 500MBプラン(500MB/日)・ 680円/日
イモトのWiFi 大容量プラン(500MB/日)・ 790円/日
Wi-Ho! 大容量プラン(500MB/日)・ 1,024円/日

SIMカード

SIMカードは、日本で購入(Amazonなど)していく方法と、現地で調達する方法があります。今回の旅行で、他のヨーロッパも周遊する予定の方は、日本でヨーロッパ周遊型のSIMカードを用意しておくと、比較的値段も安く現地での手間も省けるのでおすすめ。フィンランドのみで使用する場合は、現地で調達した方がお得です。

フィンランドの主要キャリアには、DNA・TELIA・Elisa(Saunalahti)などがあります。おすすめは、DNAの「Rajaton Prepaid 4G」。日本で言うdocomoのようなキャリアで、ヘルシンキ・ヴァンター空港や街中のキオスク(R-kioski)、DNAストアなどで購入可能。お値段も初回5日間無制限で4.9ユーロと安く、しかも国内通話も使用可能

5日間もしくは1ヶ月(26.7ユーロ)の固定プランですが、トップアップも可能です。

1週間や10日など、最初から日にちを指定して購入したい方は、DNAの「Super Prepaid 4G」がおすすめ。国内通話はできませんが、お値段は1日0.99ユーロとこちらも低価格です。

購入方法は現地で、プリペイドSIMを○日分下さいと伝えるだけ。パスポートも必要ありません。使用方法は、スマホの電源を切り、SIMを交換(ピンの用意を忘れずに!)、電源を入れて、ロック解除(機内モードはオフにしてくださいね!)を選択、PINコードを入力し(不要な場合もあり)完了です。PINコードは、カード裏の銀部分を削ると記載されています。

ヘルシンキでフリーWi-Fiが使えるところは?

ヘルシンキでは、先述した通り街中の至るところでフリーWi-Fiが使用可能です。まずは玄関口であるヴァンター空港、鉄道内(ヘルシンキ中央駅は繋がりにくいです)、美術館や中央図書館。大聖堂などの観光施設、駅ビルや商業施設、ストックマンなどの有名デパート、Kマートなどのスーパーマーケット、レストランやカフェなど、余程急いでいない限り困る事はないでしょう。もちろんホテルも使用可能です。

フリーWi-Fiの注意点

フリーWi-Fiは本当に便利ですが、気をつけなければならないのがセキュリティ。ヘルシンキのWi-Fiはセキュリティに対応しているところもありますが、とはいえ公共Wi-Fi。パスワードなど情報を盗む側の技術も日々発展していますので注意が必要です。

まず、観光地のチケットを購入する際など、クレジットカードやパスポートの情報を入力する必要がある場合で、レンタルWi-FiやSIMカードを使用していない場合は、できる限りホテルで行いましょう。絶対安全とは言えませんが、街中の公共Wi-Fiよりは安心できます。

その他の対策としては、ウイルス対策のソフトを端末に入れておくこと。最近は無料のアプリも色々あるので、お金をかけたくない方はそちらを利用しましょう。ただし、アプリ自体にウイルスが仕掛けられている場合もあるので、ダウンロードする前に安全性についてよく確認を!

ヘルシンキの電圧やプラグは?

ここからは、旅行先で必要な電圧とプラグについて解説していきます。フィンランドの電圧は、220/230V・50Hz、日本の電圧は100V・50/60Hzです。日本の電圧は、世界と比べると非常に低く珍しいので、基本変圧器が必要になります。

日本のプラグとヘルシンキのプラグ

ヘルシンキのプラグは、丸ピン2つ型のCタイプを主流に、稀にSEタイプを使用しています。日本のプラグはA型を使用。その為、日本から電化製品を持っていく場合は、変換プラグが必要です。変換プラグは、単品のものと全てのプラグに形状を変化させられるセットの物があります。どちらを購入するかは、海外に行く頻度によって決めると良いでしょう。

変圧器は必要?

変圧器に関しては、スマートフォンやパソコン・カメラなどは、よほど古いものでない限り世界中の電圧に対応できるようになっています。半年以上など長期で使用する場合、日本製品には、変圧器を使用した方が長持ちさせる面において良い場合もありますが、短期の旅行ではまず必要ありません。

注意すべきは、その他電化製品を持参する場合。ドライヤーや電気シェーバーなどは変圧器が必要です。先述した通り、日本の電圧は100Vと非常に低いです。渡航前には、必ず使用機器の電圧を確かめておきましょう。

スマホ充電は?

スマートフォンの充電に関しては、変換プラグがあれば大丈夫。アイフォンなど世界共通の物ではなく、日本のスマートフォンを使用している方も基本世界対応になっています。念のため、スマートフォンの充電器に記載されている電圧が「AC100〜240」と書かれているか、渡航前にチェックしておきましょう。

ヘルシンキ旅行を無駄なく快適に楽しもう!

今回の記事では、ヘルシンキのレンタルWi-FiやSIMカード、電圧について解説しました。ヘルシンキやフィンランドの主要都市では、基本ホテルや街中のフリーWi-Fiを使用することにより不自由なく過ごす事ができます。しかし、郊外へ行かれる場合や、より快適さと安全面を重視するならば、レンタルWi-FiやSIMカードがあると便利です。

レンタルWi-Fiは、価格.comを利用することにより安くレンタルする事ができますし、今回紹介したSIM「DNA」は、実はフィンランド国外でも利用可能。最初にフィンランドでアクティベートする必要はありますが、EU圏を全てカバーしてくれるのは、隣接する国を訪れたい時にも本当に便利!皆さんも、フィンランドを旅行する際は活用してみてくださいね。

RECOMMEND ヘルシンキのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 旅行準備カテゴリの関連記事