" />

セブ島のおすすめお土産12選!喜ばれる土産をセブ通が厳選

ショッピング
91074views

青く透き通った海と空が美しく、大自然に囲まれるセブ島。人気の観光アクティビティが豊富に集まったリゾートエリアですが、リゾートエリアとして人気のセブ島には南国らしいお土産の種類も豊富に溢れており、多くの旅行者が何を買おうか頭を悩ませています。

定番のものから穴場商品まで、各お土産の背景を詳細に紹介していきます。あまり認知されていないけど実は超センスの輝くセブ島ならではのお土産もありますので要チェックです。

バージンココナッツオイル

まず最初に紹介するのが、海外の人気トップモデルが使用したことで、日本人女性の間でも話題になったココナッツバージンオイルです。  

美容系お土産の代表格

ココナッツオイル

ココナッツ独特の優しく、甘い香りがするオイルは、老化防止や中性脂肪対策はもちろん、アンチエイジングにも効果があると言われており、日本人にも根深い人気のある商品です。

筆者自身も、美肌のためにお肌に塗ったり、飲み物に入れるなどして普段から使用していますが、なんといっても日本で購入すると、値段がお高い!良いものを選ぼうとすると、1つ1000~3000円するんです。もっと、使用したいのに頻繁に購入できないのが難点でした。

お土産向き!高品質なものを安価で購入可能!

注目ポイント

セブ島のバージンココナッツオイルは性能だけでなくコスパも抜群なんです。実はフィリピンはココナッツバージンオイルの生産量世界No.1!輸出量も世界No2の実力を誇り、国の政府機関として、「ココナッツ庁」があるほど!

そんな世界に誇る高品質のココナッツバージンオイルが、フィリピンでは、アヤラモール等の現地スーパーで300円から購入できてしまうんです!日本で買うより、断然お得ですよね。ちなみに、筆者は、純度世界一のピーターポール社のココナッツバージンオイルがお土産におすすめです!

また、セブ島は女性磨きにぴったりな島。「セブで綺麗になろう!女磨きに最適なセブのお得な美容情報!」ではバージンココナッツオイル以外の美容情報も満載です!

バナナ・ケチャップ

みなさんバナナ・ケチャップって知っていますか?
バナナの生産量世界第2位を誇るフィリピンでは、果物の枠を超え、煮たり、揚げたりと様々な調理方法でバナナが使用されています。中でもこのバナナケチャップは実際の日常生活でも良く使われています。最近セブ島でのお土産としての人気も急上昇です!

Jollibeeでも使用されている!


2018年に日本に進出予定のフィリピンの国民的ファストフード店:Jollibeeでもバナナケチャップは使用されているのです。セブ島ではそれほどメジャーな調味料となっています。

そもそも、このケチャップの原料はマッシュしたバナナなのですが、どう見ても、「バナナのくせに、色が赤い!」という疑問を持たざるを得ない不思議なお土産となっています。

なぜ、赤いかというと、ご察しの通り、合成着色料を使用しているのです。そのことに加え、なぜか、ぶるんぶるんとした質感。私たち日本人が知っているケチャップとは大いに異なるため、口に運ぶのに多少の戸惑いが生まれますが、セブ島を始め、地元フィリピンの方たちからはとっても愛されている調味料なんです。

フィリピンならではの文化をお土産に!


そもそもこのケチャップの始まりは、第2次世界大戦。当時不足していたトマトの代替品として、豊富に手に入るバナナがケチャップに使用したことがきっかけです。このような歴史を背景に、今や、バナナ・ケチャップはフィリピンの食卓には欠かせない調味料のひとつで、現地の方たちは、オムレツやホットドッグ、ソーセージなどにたっぷりかけて食べています。

国民的な調味料ということを示す証拠に、現地ではファーストフード店などのほか、スーパーの棚にトマトケチャップとともに、バナナケチャップがズラリと並んでいます。お値段は、なんと、320グラム約30円。お土産にはうってつけの、お手頃な価格で購入できます。

このバナナ・ケチャップ、一般的な小物やお菓子、文房具などのお土産に飽き飽きしている友人や家族に贈るお土産にするのがベスト。ちなみに、バナナ・ケチャップを使用したフィリピンの定番料理は、バナナ・ケチャップ・スパゲッティなので、購入したら試してみてくださいね。

ドライマンゴー

やはりフィリピンといえばマンゴー!マンゴーを含む生果物の海外持ち出しへの検査は厳しく簡単にはお土産にはできないのです。ドライマンゴーは検査も不要で、持ち運びも便利!小分けされているのでバラマキ土産にも最適

マンゴーの旨味と栄養素がギュッと凝縮されたドライマンゴーは不動のセブ島の定番土産となっています。

絶大な人気を誇る7Dとは?


中でも、日本人に根強い人気を誇るのが「7D」というブランドのドライマンゴー。日本で買うと、100g400円するところ、なんと、セブ島では100g約180円というお手頃価格で購入できます。筆者の周りにも「7D」のドライマンゴーが好きな子がいますが、1日で1袋ぺろりと食べきってしまうこともあるそう。そういう方にとっては、この値段で購入できるなんて、夢のようですよね。

繊維が少なく、やわらかい触感で、酸味と甘みの絶妙なバランスが魅力的なフィリピンのマンゴーを使用した7Dは、乾燥しすぎず、濃厚で柔らかい食感で、お土産として絶大な支持を得ています。地元のスーパーではもちろん、お土産屋さんでも必ずと言っていいほど扱われているので、探す手間もなく、セブ島で簡単に購入することができます。

そんな7Dをお得に購入する際に注意しなければならないのが、内容量です。

内容量200gがお土産にお得!

注目ポイント

一見、どれも同じ量に見えるのですが、袋の真ん中に100g200gの記載があり、それによって値段が変わって来ます。どこにでも売っており、安いからといって、きちんと確認しないと、逆に損をすることになります。購入する際は、この点確認を忘れないように注意してくださいね。お金を払う前にきちんと、パッケージの下のほうを確認しておきましょう。価格的には200g360円の7Dのドライマンゴーを買ったほうがお得なので、是非、そちらを購入してくださいね!

ちなみに、そのままでも十分美味しい7Dのドライマンゴーのおすすめな食べ方は2つ。

1つ目は、ヨーグルトやバニラアイスクリームに食べやすいサイズに切って、トッピングすること。マンゴーの甘酸っぱさと、乳製品の濃厚さが絶妙にマッチして、病みつきになります。

2つ目は、ヨーグルトの中に入れたまま、冷蔵庫で一晩寝かせること。そうすると、マンゴーが半生状態になり、また違った触感を楽しめます! 購入した際は、この調理方法も合わせて、相手におすすめしてみてくださいね。

バナナチップス

ドライマンゴーと並んで2大人気セブ島土産となっているバナナチップスです。フィリピン名物バナナを最大限に活かしたセブ島の定番&大人気のお土産です。

セブ島お土産の代表格


日本でも既にお馴染みのバナナチップス。薄くスライスされた、甘く、パリパリとした触感に病みつきになっている方も多いはず。小腹がすいた時は、日本のドラッグストアやスーパー等でお手軽に簡単に購入でき、急な空腹時の御供として大いに役立ってくれます!

そんなバナナチップスが、フィリピン旅行経験者ならではのお土産になること、ご存知ですか? フィリピン滞在時、バナナの揚げた料理や煮たお菓子を食べる機会が頻繁に訪れます。そのような中で、現地の方たちと触れ合い、バナナが彼らの生活の一部で、欠かせないものだと実感していくはずです。

お土産を渡すとき、現地で体感したバナナの大切さと魅力とともに、相手にバナナチップスを渡してください。きっと、納得して、受け取ってくれるはずです。

人気はJOVY’S のバナナチップス!

注目ポイント

お土産として王道のバナナチップスですが、特におすすめのブランドがJOVY’Sのバナナチップスです!しかも、400g300円と格安で、ショッピングモール等で簡単に購入できるんです!なんとこれ、2017年から日本でようやく発売されたのですが、100g430円と結構お高め。これは、現地ならではのお土産として、是非、おすすめしたい商品です。

そんなJOVY’Sバナナチップスの特徴は、材料が、バナナ・ココナッツオイル・砂糖の3つのみとすごくシンプルなこと。そして、分厚く、食べ応えがあるバナナをココナッツオイルでコーティングし、優しい甘さとカリッとした食感で、香り豊かで甘すぎない味付けのどこか懐かしさを感じさせる味わいです。

一度食べると手が止まらなくなるバナナチップスとして人気で、気が付いたら、1度に1袋全部食べてしまうという話もよく聞くので、その美味しさを是非、まずセブでご自身で堪能して、お土産にしてください!

ドリアン

食べ物系お土産シリーズの中でも特に話題性が強い果物の王様:ドリアン。少し変わり種のドリアンもセブ島ではお土産にできちゃうんです!

日本へ持帰り可能!


日本でもお目にかかることのあるドリアンですが、実際、手に取り、購入をしたことのある方はどれくらいいるでしょうか。正直、「洗濯をしていない靴下の匂い」という印象が先行してしまい、本当の魅力が薄れてしまっているようにも感じます。ドリアンの果実は強い甘味を持ち、ビタミンB1を多く含有している栄養満点の果物

実際にその強烈なにおいとは対照的に、味はとても甘くクリーミーで、癖になってしまう人もいる、一部のマニアの間で人気の果物となっています。 栄養価もとても高く、体にとっても健康的な果物が現地で1個約440円で購入できるのです。

日本では最低でも1個3000円近くするので、ネタとして購入するにしても、現地で買う方がとてもお得です。ドリアンはマンゴーとは違い、フィリピンで購入して日本に持ち帰ることができる数少ない果物のひとつなので、現地で出会った時には是非、話題作りに購入してみてください。

ネタ受け抜群のお土産!ドリアンキャンディー!


果物を持ち帰るのは重いし、大変という方には、こちらのドリアンキャンディーがおすすめです。本物のドリアンと同様の強い香りが特徴で、これだけでも、ちょっと変わり種のお土産として話のネタになります。

日本では、あまり進んで購入することのないドリアンを、気兼ねなく楽しめるお菓子なので、話題作りという点を兼ねてもお土産として、人気があります。実際の果実は試す勇気はないけど、ドリアンを味わいたいと思っている方やみんなでゲーム感覚で試すのに最適なお土産です。

セブ版うなぎパイ「OTAP」

家族や親しい友人以外のお土産を購入する際、一番最初に思いつくのが、小分けに渡しやすいお菓子ですよね。セブ島民にとっては定番のスナック菓子OTAPはとっても使いやすいお土産になりますよ。

個別配布がばらまき土産に嬉しい


お手軽に購入できることはもちろん、1個1個袋に入っているものならば、会社の休憩室に置いておき、自由に取っていってもらうことも、大学の友人に小分けで渡すこともでき、臨機応変に対応してくれる万能なお土産の代表格です。

先ほどのドライマンゴーやバナナチップス、ドリアンキャンディーもその類になりますが、配布を行うという観点からいくと、「量」の面で中々苦労する印象を持った方も多いはず。そんなあなたの悩みを解決してくれるのが、ドライマンゴーに次ぐ人気を誇るOtapです。

値段は約110円で、日本ではまだメジャーではないので、フィリピンのローカル土産として、まさにうってつけのお土産となっています。

日本のパイ菓子と食べ比べ!


OTAPの食感と味ですが、日本のもので近いものとなると、日本の”うなぎパイ“をちょっと固めにした感じです。味は、様々な種類があり、チョコレートやシナモン味、セブ島ならではのウベ味などバラエティ豊かで、甘さもちょうどよく、何個でも飽きずに食べらることができます。

複数の会社が様々な味のOTAPを販売しているので、会社ごとに何種類か購入してみるのもあり!また、食した人たちの間で、日本の様々なパイ菓子に味や触感が似ているという声が上がっているので、日本に持ち帰って、どのパイ菓子に似ているのか、皆で比較してみるのも楽しみの一つです。

ハンドジェル

セブ島では至るところで可愛いハンドジェルが購入できます。それは東南アジアならではの衛生事情が関わっています。

女性のお土産にうってつけ!


海外滞在者なら誰もが体験したことがあるであろう、衛生問題。日本ほどしっかりとした衛生管理ができている国はないという言葉をよく耳にしますが、それは正にその通り。美しい大自然に囲まれているセブ島もまた然りで、屋台やローカルなお店など、魅力的なお店が溢れていますが、衛生面に関して不安になってしまうお店もたくさんあります。

「自分は大丈夫!」と高を括り、きちんと食事を取る場所の選定を行わないと、そこで食した食べ物や飲み物が原因で、楽しいはずの旅行が病院にこもりっきりで終わってしまうという結果になってしまいます。 もし、手を汚してしまい、手を洗いたいと思った場合、日本のようにいつでも手を洗える環境は整っていないので、お店でものを触ったり、買い物をした際にお金に触れた手で直接口に触れるようなことは極力避けてください

また、レストラン等で食事をする際、残念ながら、日本のようにお手拭きは出てきません。もし、仮に出てきたとしても、衛生的に使用できないものという認識を持っていた方が無難です。このような非衛生的な環境の中で、大いに役立ってくれるのが、殺菌効果のあるサニタイザーです。

衛生管理の必需品!


たとえ、日本で買い忘れたとしても大丈夫。現地の薬局やスーパーで売っているので、簡単に購入することができます。それもそのはず、海外旅行者のみだけではなく、現地の人も常にサニタイザーを持ち歩き、衛生面に気を使っているからなのです。 サニタイザーは主にスーパーマーケットや薬局などで見つけることができ、ジェルタイプのものからサラサラとした液体タイプなど、数多くの種類があります。

特に食事する前や、トイレに行った後に使われることが多く、フィリピンには必需品になっているのです。おすすめはGreen Natrialsというブランドのサニタイザー。殺菌能力はもちろん、バッグの取っ手部分などに簡単に取り付けられるため、女性にもオススメです。ディズニーなどとコラボした商品も販売しているので、お揃いのお土産として渡すのにうってつけの商品です。

パンシット・カントン

日本人にとってなじみの深いインスタントヌードル。フィリピンでも同じで、スーパーに行くと、一角がインスタント麺で占められており、その傍で大量に買い物かごに商品を入れる方たちを見かけます。

フィリピン流のインスタントヌードル!


1人暮らしの時、「料理しなきゃ」と思いながらも、ついついそのお手軽さと美味しさに惹かれ食べてしまいますよね。フィリピン人も同じ気持ちを持っています。

日本の企業もそこに目を付け、現地でフィリピン人の方に愛されているインスタントヌードルを模倣して、販売したそうなのですが、とあるブランドのものにはどうしても勝てなかったそうなのです。

味の種類が豊富でお土産に便利!


その人気のカップ麺が、フィリピン料理のパンシット・カントンパンシット・カントンです。こちらは、フィリピン風の焼きそばの様なもので、甘めな味付けから、カラマンシーという柑橘系が入ったもの、チリ風味で辛いものなど様々なフレーバーがあります。特に、フィリピンで一番人気のメーカーは、元祖、Lucky meのパンシット・カントンです。

そんなパンシット・カントンのインスタントヌードルですが、味はホットチリ味、チリマンシー味、スウィートチリ味などを含む、全5種類パンシット・カントンは、チリマンシーやオリジナルフレーバーといった、現地ならではの味付けが魅力な商品なので、お土産として買う際はせっかくなら、「日本にない味」をお土産に、フィリピンの味を堪能してもらうのがいいかもしれません。

パンシット・カントンは各スーパーマーケットで18円くらいで購入することができるので、とってもお得!ただ、持ち帰る際は、中身の面が粉々になってしまわないように、注意してくださいね!

オーガニックコスメ「human nature」

現地の買い物で女子が楽しみにしているのが現地ならではのコスメ商品の購入をすること。日本ではまだあまり知られていないけど、現地の人には愛されている&日本未発売のコスメを見つた時のあの高揚感!

女子へのばらまき土産に最適!

それも実際に現地に赴いたからこそ堪能できる幸せな時間でもあります。もちろん、自分が現地で発見したという高揚感を女友達に伝えるため、お土産商品として購入したい気持ちも抑えることはできません。

お土産として渡したコスメを使って貰って、今度は、一緒にセブ島に旅行に行く。そのきっかけづくりにも、コスメはとっても重要なお土産となります。そして、フィリピンにも、この高揚感を堪能できるコスメがあるんです。それが、フィリピン発のオーガニックコスメブランドhuman natureです。

貧困層への支援にも繋がる!


human natureはフィリピン発のオーガニックコスメブランドで、「サスティナブル・パイオニア・アワード」という、人や環境に優しい原料やエネルギーの使用に取り組んでいるコスメティックブランドに与えられる賞をアジアで初めて受賞した、まさにアジアを代表するオーガニックコスメブランドです。

human natureの特徴は、スパプロダクツ作りに携わる農家や職人さんの支援し、貧困層が自立していくためのソーシャルエンタープライズの一環として誕生したということ。つまり、human natureの商品を購入することで、貧困層の支援になるんです。自己満足で終わることなく、それが支援に繋がるなんて、ますますお土産として購入したくなってしまいますよね。 正直、オーガニックコスメと聞くと、「欲しいけど、高いのかも」と不安になりますが、なんとhuman natureは、約115〜1150円の価格帯で購入することができるんです。

品揃えも豊富で、シャンプーやリンスなどのヘア用品はもちろんのこと、ローションや洗顔、コスメティックからメンズケア製品まで、男女問わず様々な世代の日常生活に適した商品を提供してくれています。マンゴーやパッションフルーツなどの果物、レモングラスやローズマリーなどのハーブ類を用いたコスメ&スパ商品に定評があることに加え、化学薬品を一切使用していないため、オーガニックコスメ好きの方にはもちろん、敏感肌の人にもおすすめのメーカーです。

南国アクセサリー「borloloy」

ところで、友人や家族のお土産ばかりに気を取られて、自分へのお土産は十分なものは購入できましたか?先ほどのオーガニックコスメもいいですが、セブ島はアクセサリーの宝庫なので一見の価値ありですよ! 日本ではあまり知られていませんが、フィリピンには魅力的な手作り雑貨や、美しい伝統工芸品がたくさんあります。

華やかな装飾が女子に大人気!

フィリピン先住民が織る生地を使った雑貨や、海の側に住む職人さんが作ったシェルアクセサリーなど種類も豊富。観光地のお土産屋さんや道にある露店でも、職人さんたちが丹精込めて手掛けた、さまざまな手作りのアクセサリーが売られています。特にborloloyを始めとする南国風に装飾されたアクセサリーは、可愛らしく、約70円から購入できることから、お土産としてとても人気があります。

世界に一つのアクセサリー作り!


SMモールの近くにはアクセサリーの問屋があり、そこはセブ島を始め、国内外のリゾート地から商品の買い付けに来る方もいる穴場中の穴。小さなお店が所狭しと並んでいる合間には、ネックレスやブレスレットを丹精込めて作っている方たちがいて、その方たちの技術を目の前で堪能することができます。

あなた自身が購入しようとしているアクセサリーがどのように作られているのか、その様子を生で見ることができる貴重な機会なので、興味がある方は、是非訪れて見てください。ただし、夜は人通りが少なくる場所なので、訪れる際はなるべく明るい時間帯に行くことを心掛け、周りに十分注意して下さいね。

ここに訪れた後、もし、アクセサリー作りがしてみたくなったならば、セブ島(マクタン島)で手作りアクセサリー体験を開いている「Island Girl」という場所があるので、そちらもおすすめします!

パパイヤ石鹸

日本人女性なら一度は憧れたことのある「美白」。欧米であまり人気がないものの、インドや日本、中国などアジア・太平洋地域では、美白商品が大人気。お土産としても爆発的に売れています。

中でも「美白」の最大市場は日本だとも言われ、それを象徴するかのように、日本人女性はいかにして自分自身の肌を白くするか日々試行錯誤し、化粧品も美白を売りにしたもので溢れています。

美白効果抜群!

普段から、美白に注目している女性に是非、使ってもらいたいのが、フィリピンのパパイヤ石鹸です。「美人の条件=美白」「美白=お金持ち」という文化が根付き、日本に負けないくらい、美白に力を入れているフィリピンが生み出したのがこのパパイヤ石鹸。

パパイヤに隠されたビタミンC、カロテン、リコピンの抗酸化作用が美白に効果的で、更に、古い角質までも取り除き、肌の細胞を活性化する作用もあると言われていることから、地元の方にも大人気の商品となっています。日本人女性へのお土産としても最適です。

オーガニック素材の人気ブランド「GT」


パパイヤ石鹼の中でも、自然派志向の方に、最近大人気のブランドがGTです。値段は、約160円とお手頃価格にもかかわらず、箱にも高級感があり、ちょっとした大切な人へのお土産にピッタリです。

ココナッツオイルも配合されており、洗顔後のツッパリもなく、しっとりとした仕上がり。泡立ちもよく、とっても長持ちします。ただし、パパイヤの甘い香りが特徴的で、香り系が苦手な方にはおすすめしません。小分けで売られており、大小も様々あるので、バラで渡すお土産にぴったりです。

変わり種のココナッツ石鹼もあり!


最近、ココナッツオイルを使用したココナッツ石鹼よりも、人気が先行していると言われているパパイヤ石鹸。そのような中で、マクタン島(セブ島)の隠れた名店「アルティベルマン」が、ココナッツ石鹸からバナナやビール、セブの海水の香りがする面白い商品を販売し、注目を集めているので、そちらもチェックしてみてください!

Islands Souvenirs

南国らしさ溢れるお土産専門店がIslands Souvenirsです。中でも人気なのが文字入りティーシャツ。海外の方たちの中には、この文字入りティーシャツを、「海外旅行の醍醐味」として着用している方も多く、現地の言葉が書かれたティーシャツを着て、観光を楽しむ方を、国内外のいたるところに見かけます。

世界にたった1枚しかないTシャツ!

最近は日本でも、漢字が刻まれたティーシャツを着て日本の観光を楽しんでいる海外観光客の方もちらほら。刻まれてる文字は、日本人が英語のティーシャツを着ているときと同じ現象が起こっているものが多いですが、それがまた、親近感を沸かせてくれている気がします。

でも、やっぱり着るのなら自分が好きな現地の言葉を刻み、尚且つ、他の方たちとは、一線を画すティーシャツが欲しくありませんか?そんな思いを叶えてくれるのが、セブ島の人気ティーシャツ専門店、Islands Souvenirsです。

ポップなデザインが大人気


islands souvenirsは、ティーシャツの中でも「I LOVE CEBU」と書かれた人気商品を販売しているお店で、。ここで特に人気なのが、1枚約1200円のハートのついたティーシャツに、英語で好きな文字を10文字まで無料で刻んでくれるサービスです。お金に余裕のある場合は、2枚購入し、現地滞在時は、思い切って「I LOVE CEBU」と書かれたティーシャツを着て、現地を満喫するのもいい思い出になりますよ!

そのほかにも、セブ島が描かれたティーシャツやポップでカラフルな文字入りティーシャツなどがあるので、チェックしてみてくださいね。また、ティーシャツのほかにも、キーホルダーやエコバック、帽子やステッカーにサンダル、更にバナナチップスなどのお菓子類まで、販売しているので、お土産に困った際はここで一式そろえることもできます!ただし、衣類の商品の場合、サイズ表記が、アメリカサイズの表記が書かれているので、選ぶ際は、ネットなどで自分自身に合った大きさを調べて、お土産として購入してくださいね!

⽤途・相⼿別のおすすめお⼟産

種類別のおすすめお土産を紹介してきましたが、まとめてとして渡す相手別のおすすめのお土産を紹介します。

女性向けのおすすめ土産


女性向けのお土産として、喜ばれるのはやはり、現地で以下購入できないコスメやアクセサリーなどが定番となります。紹介したパパイヤ石鹼human natureなどの現地で人気のコスメ、islands souvenirsの商品など見た目が愛らしい商品はきっと喜んでくれるはず。

また、ネット社会といわれる今、現地に行って、自分の足で見つけた、地元民しか知らないお店で見つけたコスメやアクセサリー商品をお土産にするのもおすすめ。コロンストリートなんかにも可愛い雑貨が格安でありますよ。

隠れた名店を自分自身の手で開拓すれば、いくら万能なインターネットでも購入できないはず。せっかく旅行をするのだから、地元の方たちと積極的にコミュニケーションを取って、隠れた名店を教えてもらいましょう!

男性向けのおすすめ土産


まず、お酒がお好きな方におすすめなのが、フィリピンのビールマーケットシェアを約90%も占めているサンミゲル社のビール。特に「サンミゲル ライト」は、軽い飲み口で、普段ビールを飲まない方でも楽しめるます。しかも、現地で約80円で購入できるので、「ビールが苦手」という方にお試しとして、お土産として持っていくのもあり!

また、マンゴーの美味しい国であるフィリピンディステレリア社のマンゴーリキュールも、世界中で称賛されている1本となっています。癖のある味なので、賛否はありますが、大きさによっては、約200円で買えるので、こちらもお試しで購入してみてください。また、お酒とセットで、おつまみとしてパンシット・カントンも持っていくと、更に喜んでくれること間違いなしです!

大勢へのバラマキ用!おすすめ土産


大人数に渡すお土産は、やはり小分けに袋に入っているものがベスト!ドライマンゴーやバナナ・チップスも1袋当たりの単価が安いので、配りやすいですが、それなりの人数がいる場合は、箱の中で⼩分けにされているOTAPのような商品がおすすめです!

小さな子供向け!おすすめ土産


お菓子を贈るのが、無難だと思っている方も多いでしょうが、やはり、形に残るものを贈るのをおすすめ!というのも、もしかしたら将来、そのお土産を見て、セブ島に足を運んぶきっかけになるかもしれないからです。形に残るお土産を渡すことで、いつか、一緒に海外旅行に行って、旅の思い出を語る日が来ることのではないか、という夢を膨らますのも楽しいですよね。

そんなきっかけにもなりえるセブ島のお土産ですが、もし、男の子で、乗り物好きなら、フィリピン独自の交通手段として、国を象徴するアイコンであるジプニーの置物(約1100円)を、これから、おしゃれに敏感になり始める女の子へはborloloyのアクセサリーがおすすめ。また、取っ手に果物のついたペン(約270円)など男女どちらにも渡せる商品もあるので、年齢や性別に合わせて何品か掛け合わせて渡すのもおすすめです。

おすすめのお⼟産購入場所

合わせて、実際におすすめのお土産を購入するのに便利なスポットを紹介します。

Islands Pasalubong Mall


Island Pasalubong が正式名称ですが、Island Souvenirsという名前で親しまれている「I LOVE CEBU」シリーズで有名な同店。ビーチサンダル、かごバッグなどの衣類・小物系の他に、ドライマンゴーをはじめとするお菓子系、バナナケチャップなどの調味料系、ボディクリームなどのコスメ系が取り揃えられています。

他にも、キーホルダーやマグネット、マグカップなどのお土産の定番商品から、おなじみの「I LOVE CEBU」シリーズグッズも充実しています。カラフルでポップな色使いが魅力的ということもあり、地元の方にも人気で、愛されてやまないお土産店となっています。

アヤラモール


アヤラモール
は、セブ島最大級のショッピングモール。建物内部は開放感たっぷりで、海外の高級ブランドからカジュアルファッション・雑貨まで、さまざまな店舗が収容されています。セブ島で最も高級感のあるショッピングモールとして知られていますが、レストランなどが充実していることもあり、地元の人たちにとても人気です。

「The Maze」は現地の若者に人気のあるセレクトショップのような雑貨店で、アクセサリーをはじめ、洋服や小物もあり、地元ならではのお土産を買うのに便利。また、「Metro」は食料品や日用雑貨など、生活に必要なものは何でもそろう大型スーパーで、簡単なお土産品なども手に入れることから、買い足りないお土産をまとめ買いするのにうってつけのお店となっています。

アヤラモール周辺には、コンドミニアムやホテルが居を構えており、観光客のみならず、現地の人の利用も多く、常にたくさんの人で賑わっています。

SMセンター


お土産を買う時間がない方や何を買えばいいのかわからない方におすすめなのが、SMセンターです。中でも、モール1階にあるKulturaでは、ココナッツを使ったシャンプーやトリートメントなど現地ならではの日用品をはじめ、ココナッツのお酒、バナナの繊維で編んだ正装、カゴバッグや手刺繍のポーチやカゴバッグなどフィリピンならではのお土産が数多く揃っています。

比較的ローカルなお店が立ち並ぶエリアに位置していることもあり、アヤラモールよりも地元の方が多く利用しています。また、館内を周遊する電車が走っているなど、子供心をくすぐる様々な仕掛けが用意されていることもあり、地元の家族連れにも大変人気があります。地下1階には、室内遊園地もあるので、お子様がぐずったときは、ここでリラックスさせながら、お買い物を楽しんでください!

Gaisano Grand Mall


最後にご紹介するのは、2009年11月にオープンしたばかりの新しいショッピングモールGaisano Grand Mallです。マクタン島のほぼ中央に位置しておりビーチリゾートエリアからもアクセスが便利なので、ビーチでたっプリ遊んだあと、ショッピングを楽しむのにうってつけです。

日本でもお馴染みの「ミスタードーナッツ」やフィリピン料理店「ピノイナサル」などカフェやレストランが充実しているのも魅力の1つ。ほとんどの日用品が揃う為、セブ島に住む人々が日頃から利用するショッピングモールです。

なお、お土産を含みセブ旅行で気になるのが物価。セブ島の気になる物価に関しては「セブ島の物価はどれくらい?お得な使い方を紹介!」をご覧ください。

【注意】空港税の支払いを忘れないで!


セブ島旅行に夢中になっていると、ついつい忘れがちになってしまう空港税。そもそも、一般的に、空港税はチケット代金と併せて徴収しているため、利用者が空港で自ら払込をするという手間は発生しないのですが、マクタン・セブ空港の場合は例外

空港利用の当日に利用者が自分で支払いを行わなければならないので、忘れないように注意してください!必要な空港税は750ペソ(約1700円)で、現金のみでしか受け付けてくれません。なので、旅行前に金額分、別に分けて置くようにしましょう! 空港税のことを念頭に、大自然あふれるセブ島旅行を、たっぷりご堪能ください!

セブ島初心者でもセブ島らしいセンスの輝くお土産を購入できるよう、各商品の背景まで紹介しました。

セブ島旅行で何をお土産にすればよいのか悩んだ際は、ここでご紹介した商品を参考にしていただければと思います。セブ島旅行、楽しんできてくださいね!

日本語ガイド付でお土産を購入できる市内観光ツアーも用意しています。セブシティ観光ツアー一覧をご確認ください。

他にセブ島人気No.1アクティビティのジンベイザメと泳ぐツアーはこちら!

 

RECOMMEND セブ島のおすすめ記事

RELATED ARTICLES ショッピングカテゴリの関連記事