" />

コタキナバルのサンデーマーケットに行こう!おすすめの時間&アイテムはコレ!

ショッピング
1415views

東南アジアが誇る美しいリゾート地、コタキナバル。ボルネオ島はマレーシア領土にあり、陸海を楽しめる豊富なアクティビティやローカルマーケットが自慢です。

今回はコタキナバル観光でかかせない、「サンデーマーケット」を特集!

民芸品や食料品はもちろん、あらゆるものが売られる人気のサンデーマーケットで、おすすめのお土産やグルメ情報などを紹介していきます。

東南アジアらしい活気ある雰囲気と激安プライスに大興奮まちがいなし!コタキナバル旅行で日曜日に滞在する人は必見!

コタキナバルのサンデーマーケットとは?

コタキナバルのローカルな雰囲気を味わえる「ガヤストリート」。平日はバックパッカーや地元民がのんびりと行き交う通りですが、日曜日の早朝ともなれば色とりどりのテントが立ち並ぶサンデーマーケットに早変わり

海外からの観光客はもちろん、地元民にも人気のこのサンデーマーケットには、食料品はもとより雑貨や民芸品、苗木、ペット、おもちゃなど、ありとあらゆるものが売られます。

自分用、友人へのバラマキ用の土産探しにもよし、東南アジアの活気ある雰囲気を楽しみながらジャラン・ジャラン(散歩)するのもおすすめですよ!

コタキナバル・サンデーマーケットのおすすめ時間帯は?

サンデーマーケットが開かれるのは午前6時半から午後1時まで。遅くなればなるほど市場は大混雑します。ゆっくり雰囲気を楽しみたい人は、開始時刻から8時半までの早朝の時間帯を狙いましょう

とくにサンデーマーケットが大混雑となるお昼前後はスリも多発しやすくなります。のんびりお土産選びを満喫するためにも早め早めの行動が大切なポイントです。

これだけは買う!コタキナバル・サンデーマーケットおすすめ商品7選

ここではコタキナバル・サンデーマーケットで押さえておきたい、おすすめの商品を厳選して7つ紹介します。様々な商品が並ぶ市場の中でも、これさえ買っておけば間違いなし♪

①ボルネオコーヒー

自分用にも友だち用にもおすすめしたいお土産といえば、ボルネオ産のコーヒーは外せません。

コタキナバルはコーヒーの産地として知られ、日本主流のアラビカ種はもちろんロブスタ種やリベリカ種の豆も売られています。

サンデーマーケットではそんなボルネオコーヒーを販売する屋台を、あちこちに見つけることができます。その場で豆を挽いて粉末にしてくれるところもあり、いろいろな風味を楽しむことができるでしょう。

②Tシャツ・パレオ

サンデーマーケットで山積みに売られるTシャツやパレオもお土産におすすめ

Tシャツはコタキナバルならではの絵柄がついたものや、笑えるネタ柄など種類も豊富。冗談の通じる相手にネタ混じりでプレゼントしてみると盛り上がるかも!?

パレオは、柄やクオリティーの違ったものが数えきれないほど売られています。ビーチや、水着の上に羽織る際にも役立つパレオ。沢山買えばディスカウントもあるので、友人、知人、自分用のお土産にぜひ購入しておきましょう。

③伝統織物・布「サロン」

コタキナバルの伝統織物「サロン」もお土産に最適です。

エキゾチックなバティック柄がプリントされたサロンは、現地では巻きスカートや抱っこ紐に早変わり。お土産として購入後はテーブルクロスにしたり、壁にかけて部屋のアクセントにするのもおすすめです。

④トロピカルフルーツ

サンデーマーケットで売られる食料品の中でも、ぜひ試食しておきたいトロピカルフルーツ

日本では見かけない珍しいフルーツは、南国の太陽をたっぷりと浴びた甘酸っぱい味が特徴です。食べやすい状態で売っている屋台もあるので、その場で味を試すのもよし、ホテルに持ち帰っておやつやデザート代わりにするのもおすすめ。

⑤石鹸・アロマグッズ

観光客に大人気の手作り石鹸やアロマグッツも、サンデーマーケットで買っておきたい商品のひとつです。

石鹸なら5~15リンギット(135~405円)と手ごろな価格も魅力。ナチュラルをコンセプトにしたパッケージも愛らしく、バラマキ用のお土産におすすめです。販売している屋台はあちこちにあるのでお気に入りのものを選びましょう。

そのほかにもボルネオ産のオーガニックハーブティーも、軽く持ち運びできるお土産として狙い目です。

⑥ローカルアーティストの作品

コタキナバルのオリジナリティーあふれるアーティストたちの作品も、サンデーマーケットおすすめの商品。

南国らしい色使いや、コタキナバルならではの動植物をモデルにした作品は、お土産としても喜ばれることまちがいなし。

サイズは大小さまざまな大きさがそろいます。気に入った作品があれば旅の思い出としてイチオシ!

⑦雑貨・民芸品

こまごまとした雑貨や民芸品も、サンデーマーケットで見逃せない商品。とくに小さくてチープな雑貨類はバラマキ土産としても最適です。自分用にはコタキナバルらしいバティック柄の扇や手編みカゴバックなども素敵です。

そのほかにも子供たちが喜びそうなオラウータンの縫いぐるみや、手作り系の雑貨・民芸品も盛りだくさん。同じ店でまとめて買えば更に割安になるので、ほかの屋台と比べながら賢くショッピングを楽しみましょう。

植物の購入には注意が必要!

サンデーマーケットではコタキナバル産地の美しい植物も売られています。とくに日本で高価な蘭の花は素晴らしく、思わずお土産として購入したくなる人も多いはず。ただし輸入規制のある野菜や果物、植物には注意が必要です。

基本的に海外からの「土」は持ち込みが禁止されています。よって土のついた植物の持ち込みもできません。切り花の場合は「検査証明書および入国時の検査」によって持ち込むことも可能ですが、手間と時間がかかることは覚悟しておきましょう。

サンデーマーケットでブレイクタイムを楽しむ!

安くて愛らしいものがギュッとつまったサンデーマーケットには、休憩する場所もしっかりとあります。ここではサンデーマーケットのブレイクタイムに相応しい、アイテムと場所を紹介していきます。

休憩所

ガヤガヤとしたサンデーマーケットに疲れたら、入口にある藁ぶき屋根でできた「休憩所」でリラックスしてみましょう。旅のパートナーと戦利品を披露しあったり、行き交う地元の人々を眺めるのも一興です。

ただし、あまりぼーっとしているとスリに狙われやすいので要注意

グルメとレストラン

サンデーマーケットに点在するグルメ系屋台でスイーツやナシゴレンを買って、前述した休憩所で食べるのもおすすめのブレイクタイム法。

手軽に食べられるスイーツ系は、食べ歩きを楽しんで。ガッツリとランチと楽しみたい方はサンデーマーケットが位置するガヤストリートのレストランもおすすめです。

とくに地元民に人気の安くて美味しいスープ専門店などは、さっと食べれる上にお腹も満たされるので、ショッピング中のブレイクタイムに最適です。

マッサージ

ショッピングに疲れたら、通りで開かれる野外足つぼマッサージに行くのもおすすめ。

基本的にサンデーマーケットのマッサージは目の不自由な方が施術を担当しています。経験値が高く、的確に足つぼをマッサージしてくれるので一度は受けておいて損はありません。金額も安く面倒な手続きもないので、その場でさっと施術を受ければ、足取り軽く再びショッピングを楽しめるでしょう。

ジュース

サンデーマーケットのブレイクタイムに外せない「ジュース」は、ショッピングで興奮した身体をクールダウンしてくれるアイテムとしておすすめ。

売られるジュースはどれも日本では見かけないものばかり。珍しいサトウキビジュースや海藻ジュース、アボカドジュース、ハイビスカスジュースなど、美容と健康に良さそうなものがたくさん売られています。

氷は飲料用を使用している屋台がほとんどですが、なかにはそうでないものも。お店の雰囲気や価格などをよく見極めて購入するのがポイントです。

アイス・ジェラート

冷たくて美味しいアイスやジェラートも、サンデーマーケットの見逃せないブレイクタイム・アイテム。

おすすめはサンデーマーケットが位置する、ガヤストリートに並ぶジェラート店「Veda Blu」。コタキナバル産地のフルーツをたっぷりと使ったジェラートは、地元民からも注目を集めます。

フレーバーは定番のものから南国らしいココナッツやマンゴーなどがおすすめ。珍しい「ドリアン」風味のジェラートに挑戦してみるのも旅の思い出になるでしょう!

コタキナバル旅行の思い出を充実させてくれるサンデーマーケット

おすすめの時間帯や買っておきたい土産物、ブレイクタイムに最適な場所やグルメなど、これさへ知っておけばより充実した時間を過ごせることまちがいなし。コタキナバル旅行の思い出のひとつとしてもおすすめのサンデーマーケットは、日曜日が旅行日程とかぶるなら一度は足を運んでおきたい観光地です。この記事を事前に読んで、賢くショッピングやグルメを楽しみましょう!

RECOMMEND マレーシアのおすすめ記事

RELATED ARTICLES ショッピングカテゴリの関連記事

ハワイ『ワイケレ・プレミアム・アウトレット』を徹底解説!行き方や取り扱いブランドなど必見情報

ハワイのオアフ島にある「ワイケレ・プレミアム・アウトレット」。こちらはオアフ島でショッピングを満喫したい人には欠かせない、おすすめのアウトレットモールです。オアフ島の西部に位置しているため、主要観光エリアのワイキキからは…