" />

コタキナバル旅行を満喫!体験アクティビティをジャンル別で一挙公開★

観光
579views

マレーシアが誇る常夏のビーチリゾート・コタキナバル。ダイビングなどのマリンアクティビティから広大なジャングルでのトレッキング、伝統文化に触れられるスポットなど、アクティブに観光を楽しみたい方にもぴったりの旅行先です!今回は、コタキナバルで楽しめるアクティビティをジャンル別に紹介。いろんな楽しみ方ができるコタキナバルで遊びを満喫しよう!

コタキナバルでアクティビティを楽しもう!

コタキナバルは、マレーシアのボルネオ島北部・サバ州に位置しています。美しいビーチから壮大な熱帯雨林まで、さまざまな顔を持つレジャーの宝庫です。30以上もの先住民がいまもなお暮らしていることから、多文化に触れられる貴重な機会もありますよ。

コタキナバルのアクティビティはどうやって参加する?

コタキナバルでアクティビティを体験したい際の、主な2つの参加方法を紹介します。初めてのコタキナバル旅行の方は、最初にしっかり確認しましょう!

個人で予約

海外旅行に慣れている方などにおすすめの方法が、個人で予約して参加する方法です。現地に着いてから、ビーチや船着場でアクティビティ利用の交渉をしたり、各施設と直接連絡を取り自力で予約が必要です

個人で予約をした方が、ツアーを利用するよりも安くなるほか、スケジュールも柔軟に組めるといったメリットがあります。ただし、短期間の滞在で観光の時間が限られている人や英語でのやりとりが不安な人は、ツアーを利用したほうが安心かつスムーズです。

ツアーで予約

ツアーは、主に飛行機代やホテル、アクティビティ込みの日本発着ツアーと、現地発着のオプショナルツアーの2種類。

海外旅行初心者の方は日本発着ツアーを利用すると安心です。基本的には自由行動で、アクティビティのみ自分のタイミングで参加したい方は、オプショナルツアーがおすすめ。

ツアーでアクティビティに参加すると、観光スケジュールも読みやすく計画が立てやすいといったメリットがあります。

団体行動なので、自力での交渉ややり取りが不安な方も安心です。ただし、個人で行くより割高になるほか、自由度が低くなることは考慮する必要があります。

コタキナバルのおすすめアクティビティ~マリンアクティビティ~

コタキナバルで大人気のマリンアクティビティ!せっかくビーチリゾートを訪れたら、一度は体験してみたいですよね。今回は、おすすめのマリンアクティビティを11個まとめて紹介します!

アイランドホッピング

コタキナバルで必見のマリンアクティビティと言えば、アイランドホッピング!

エメラルドグリーンの海に囲まれた、トゥンク・アブドゥル・ラーマン海洋公園を構成する、サピ島・マヌカン島・マムティック島・ガヤ島・スルグ島の5つの離島が舞台です。各離島では、シュノーケルやダイビングなどのアクティビティが楽しめます。

コタキナバルからはボートで約15〜20分でアクセスできるので、日帰りも十分可能です。2島を巡るアイランドホッピングの現地ツアーに参加すると、コタキナバル市内のホテルからの送迎、入島料、ボート代、シュノーケルセットなどを合わせて、RM120が相場です。

ダイビング

コタキナバルの美しい海の世界を満喫するなら、ダイビングは欠かせません!トゥンク・アブドゥル・ラーマン海洋公園周辺の海は、透明度が高いと評判!

アイランドホッピングでも定番のサピ島・マヌカン島・マムティック島には、一軒ずつダイブショップがあるため、その場でダイビングに申し込むことも可能。

コタキナバルでツアーを申し込んでおくと、島へのボート代やランチ代も込みで同程度の料金になりお得です!ファンダイビングは、1本RM250が相場です。

ダイビング・シュノーケリングについてさらに詳しく紹介中♪

【最新版】コタキナバルのダイビング&シュノーケリング情報まとめ★

シュノーケリング

トゥンク・アブドゥル・ラーマン海洋公園の離島で、気軽に楽しめるシュノーケリング。ダイビングライセンスを持っていない人や、子連れ旅行にも人気のマリンアクティビティです。

特にサピ島は、浅瀬に美しいサンゴ礁が生息しており、シュノーケリングにぴったりのスポット。

船着場や離島のビーチでシュノーケルセットをレンタルすることもでき、非常に便利!シュノーケルとマスクのセットでRM10、ライフジャケットやフィンもそれぞれRM10で借りられます。

パラセーリング

コタキナバルの美しい海が空から楽しめる人気のマリンアクティビティが、パラセーリング です!風に揺られながら絶景を楽しめる至福の時間が体験できます。

午後は風が強くなり中止になることもあるので、午前中に申し込み参加するのがおすすめ。

料金は1人で乗る場合はRM100、2人で乗る場合はRM180が相場。所要時間は準備も含め30〜40分で、実際に乗っている時間は10〜15分です。

ラフティング

コタキナバル近郊には熱帯雨林が広がっており、大迫力のラフティングを楽しむには最適のスポットです!レベルに合わせて、比較的流れが穏やかなパダス川、スリル満点のキウル川など、コースが選べます。

オプショナルツアーに参加して体験するのが一般的。コタキナバル市内から郊外へ移動する必要があるため、ツアーの所要時間は15時間など、丸一日かかります。

ツアー料金は、英語ガイドと送迎かランチなどが付いて、RM200前後が相場。

コーラルフライヤー

コーラルフライヤーとは、サピ島とガヤ島を結ぶ250メートルのジップラインを、時速60kmで滑るスリル満点のアクティビティです!

滑り始める前は緊張しますが、いざ始まると眼下に広がるエメラルドグリーンの海の美しさに、夢中になること間違いなし♪

サピ島で申し込みを済ませたら、ツアー会社のボートでガヤ島へ移動し、ガヤ島からサピ島に向けて滑ります。営業時間は10時〜15時30分、料金はRM68。

バナナボート

日本でも有名な、大人数で楽しめる定番のマリンアクティビティと言えば、バナナボート!コタキナバルをグループ旅行で訪れる方におすすめのアクティビティです。

コタキナバルの美しい海を猛スピードで駆け抜けるのは、まさに爽快感たっぷり!申し込みは3名〜で1人RM40で参加できます。準備を含め所要時間は30分、乗っている時間は10〜15分です。他のマリンアクティビティと組み合わせて楽しむのもおすすめ!

フライフィッシュ

バナナボートだけでは刺激が足りない?そんな方におすすめなのが、フライフィッシュ!

ボートのスピードが上がるにつれてボートの先端が浮き始め、空中に飛び立ちます。掴まっているのもハードなので、海にダイブしていく人がほとんどで、バナナボートよりもスリリングです!

申し込みは最低2名〜で、料金は1人RM70。所要時間はバナナボートと同じく、準備を含め所要時間は30分、乗っている時間は10〜15分です。

ジェットスキー

定番のマリンスポーツの1つであるジェットスキー、コタキナバルでも体験できます!アイランドホッピングをしながら、それぞれのビーチで楽しめるのが特徴です。

また、コタキナバルのホテル「シャングリラ・ラザリア・リゾート&スパ」では、宿泊者向けにジェットスキー体験を提供しています。15分でRM142、30分でRM285、1時間でRM416で体験可能です。

カヤック

コタキナバル郊外では、マングローブの森を散策するリバーカヤックが楽しめます。

中心部の喧騒から離れて、雄大な自然を満喫できる人気のアクティビティ。特にカヤックから見るサンセットは絶景と評判です!

カヤックのレンタルは1時間あたり、1人乗りがRM70、2人乗りでRM100。サンセットの時間帯を狙った夕食付きのオプショナルツアーは、RM370ほどが相場です。

シーウォーキング

コタキナバルから行ける離島の中で最も人気のサピ島で体験できる、マリンアクティビティ。

シーウォークは、空気が送られるヘルメットを被り、水中を歩き海の中を探索するものです。沖まではボートで移動し、ヘルメットを被りハシゴを降りていくと、そこはもう美しい海の世界!水深約5メートルを、ロープ伝いに散策します。

7歳から参加可能なので、家族旅行でも楽しめるので子連れ旅行者にもおすすめ♪

料金は大人(12歳以上)がRM250、子ども(7〜11歳)がRM210となっており、所要時間は約1時間で潜水時間は約30分です。

コタキナバルのおすすめアクティビティ~自然体験アクティビティ~

コタキナバルの魅力は、ビーチリゾートだけではありません!雄大な熱帯雨林のジャングルなどの大自然も必見ですよ。ここでは、コタキナバルでおすすめの自然体験アクティビティを5つ紹介します!

リバークルーズ(リバーサファリ)

コタキナバル中心部から車で約2時間半のところにあるガラマ川やキリアス川では、ボートに乗ってリバークルーズが体験できます。

マングローブの森に囲まれた川をゆっくりと進むと、木の実を取りにきたテングザルが見られることも!

ボートから美しいサンセットを見たのち、夜はホタル鑑賞をするリバークルーズが人気。オプショナルツアーは午後にコタキナバルを出発する夕食付きのプランが人気で、所要時間は送迎を含み8〜9時間ほど、料金はRM330が相場です。

キナバル公園

2,000年に世界遺産に登録された、キナバル公園。コタキナバル市内からは約2時間の距離で、日帰りで訪れることも可能です。キナバル公園内はマップを見ながら自由に散策できます。

745平方キロの広大な公園の敷地内には、4,500種類もの植物をはじめ、鳥や蝶類も多く生息しています。トレッキングスポットとしても人気で、30〜2時間まで所要時間に合わせたトレッキングコースが9種類も整備されています。

英名 Kinabalu National Park
住所
Kinabalu Park, Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia
営業時間 施設により異なる
休日 なし
入場料 大人RM15 子ども(6〜17歳)RM10 5歳以下は無料
HP https://www.sabahparks.org.my/index.php/the-parks/kinabalu-park
キナバル自然公園のさらに詳しい情報掲載中♪

マレーシアの世界遺産「キナバル自然公園」の行き方・楽しみ方ガイド★

ポーリン温泉

キナバル公園から車で約30分の天然温泉。かつて第二次世界大戦中に日本軍によって開拓されたものです。現在は温泉よりもプール感覚で、地元民や観光客が楽しむレジャースポットとして親しまれています。

2つのエリアに分かれており、水着を着用して入る屋外風呂と有料で貸し切れる室内風呂があります。キナバル公園でトレッキングなどのアクティビティを楽しんだ後に立ち寄るのがおすすめ!

英名 Poring Hot Springs
住所
Ranau, Sabah 89300 Malaysia
営業時間 8:00-18:00(個室風呂、プールの利用は16:00まで)
休日 なし
入場料 キナバル公園の入場料に含まれる
HP https://www.sabahparks.org.my/index.php/the-parks/kinabalu-park
ポーリン温泉の詳しい情報はこちらで紹介中♪

キナバル公園「ポーリン温泉」の魅力を紹介!周辺おすすめスポットも♪

キャノピーウォーク

ポーリン温泉と合わせて訪れたい、キナバル公園の人気アクティビティ「キャノピーウォーク」!

キャノピーウォークとは、ジャングルの中の巨木に連結された4本の吊り橋を歩いて渡るアクティビティで、キナバル公園の目玉になっています。

最も高い地点は地上40メートル以上もあり、まるで空中散歩をしているような気分が味わえます。スリル満点なアクティビティを楽しみたい方は必見です!

英名 Canopy Walk
住所 Poring, Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia
営業時間 8:00-16:00
休日 なし
入場料 大人RM5、17歳以下RM2.5、カメラ持ち込み料RM5
HP https://www.sabahparks.org.my/index.php/the-parks/kinabalu-park

キナバル山登山

マレーシア最高峰で4,095メートルのキナバル山。登山道も整備されており、観光客も多く登山に訪れます。

現地ツアーを利用し、朝10時から登り始め山小屋で一泊、山頂で御来光を拝んだ後は途中休憩をはさみながら下山といったスケジュールで、2日かけて登るのが一般的

なお、山小屋は定員に達すると予約を締め切ってしまうため、早めの予約がおすすめ。高山病のリスクに関する知識をつけておくことや万全の登山装備など、事前準備は念入りにしておきましょう。

コタキナバルのおすすめアクティビティ~文化体験アクティビティ~

30以上もの先住民族がいまもなお暮らしているコタキナバルは、伝統文化体験も人気のアクティビティです。今回は、コタキナバルで伝統文化体験ができる、おすすめの4つのスポットを紹介します!

マリ・マリ文化村

コタキナバルが位置しているサバ州の5つの民族の生活が体験できる、マリマリ文化村。見学には事前に予約が必要で、1グループに1人のガイドが付き、英語で案内をしてくれます。

ジャングルの中を散策しながら、それぞれの民族の民家をまわり、伝統的な食事を体験できるほか、調理の様子も見学します。

最後にステージで、民族ダンスを鑑賞することもできます。コタキナバルのディープな一面が垣間見える貴重な機会です!コタキナバル中心部からは、車で約25分ほどでアクセスできます。

英名

Marimari Cultural Village

住所 Jalan Kiansom Kota Kinabalu Sabah
入場料 大人RM165、子供RM145(ホテル送迎、食事込み)
公式HP http://marimariculturalvillage.com/

モンソピアド文化村

首狩り族の文化が紹介されているテーマパーク、モンソピアド文化村。

運営者は首狩り族の子孫だそうで、展示室には、カダザン族に実在したモンソピアドという戦士が狩った、42分の頭蓋骨が展示されています。

モンソピアドが暮らした村を再現した村となっており、民族舞踊ショーも毎日開催されています。コタキナバル市内からは、車で10分ほどの距離です。

英名

Monsopiad Heritage Village

営業時間 9:00〜17:00
入場料 大人RM75
公式HP https://infomonsopiadcultu.wixsite.com/monsopiadheritage

サバ・ティーガーデン

サバ州で採れる人気の紅茶「サバティー」の茶園。コタキナバルのスーパーにも並ぶほどメジャーなサバティーが実際に作られている場所を見られる貴重な機会です。

園や茶葉製造工場の見学はもちろん、レストランやお土産店、宿泊施設まで完備されており、トレッキングもできます。

日帰りで訪れる場合は、ティーファクトリー見学がおすすめ。ガイドと一緒にサバティーができるまでの過程を見学し、レストランでの食事も楽しめるプランです。ファクトリー見学は、毎日8:00〜12:00の間に1回45分で、2人以上集まったらスタートします。

英名

Sabah Tea Garden

営業時間 8:00〜16:30
入場料 なし
公式HP https://www.sabahtourism.com/destination/sabah-tea-garden/

コタブルのタムー

コタキナバル市内から車で1時間ほどの場所にある、野外マーケット。「タムー」とは、サバ州に伝わる青空マーケットのことで、特にコタ・ブルのタムーは規模が大きく有名な観光スポットです。マーケットを散策していると、南国ならではの食材や、伝統工芸品を見ることができます。

毎年10月には「タムー・ブサール」というタムーイベントが開催されます。騎馬民族として有名なバジャウ族による騎馬ショーは必見!

コタキナバルのおすすめアクティビティ~乗り物アクティビティ~

コタキナバルでは、ユニークな乗り物に乗った貴重な体験ができます!コタキナバルの大自然を満喫できる、おすすめの乗り物アクティビティを2つ紹介します。

北ボルネオ鉄道(蒸気機関車)

コタキナバル市内のタンジュン・アル駅を出発し、パパールを目指し南へ50km走る蒸気機関車。

大英帝国時代の蒸気機関で、レトロな雰囲気がたまりません!車窓を流れるボルネオ島の雄大な自然を眺めながら約4時間で往復する、ツアー列車です。

途中の村に立ち寄ったり、車内で提供されるお弁当を食べたり、景色以外にも楽しめるポイントがたくさんあります。コタキナバルでちょっと特別な体験をしたい方におすすめです!

運行日は水曜と土曜の週2日で、料金はRM358.50。

ノースボルネオクルーズ

コタキナバルのステラハーバーを出航し、中心部沿岸の景色を眺めながら満喫するクルーズ。なかでも、南シナ海に沈む大きな夕日を一望できる、サンセットクルーズが人気♪

船内ではビュッフェ形式の夕食を味わいながら、生バンドのライブやダンスパフォーマンスなどが楽しめ、特別な思い出になること間違いなし!

記念日旅行で参加するのもおすすめです。サンセットクルーズは16:50〜19:00、ディナークルーズは19:30〜21:45に開催しています。

コタキナバルでアクティビティを大満喫しよう!

コタキナバルでおすすめのマリンアクティビティ、自然体験、文化体験、乗り物アクティビティの4種類について、それぞれ紹介しました。定番からユニークなものまで魅力的なアクティビティがたくさんあるコタキナバル。ぜひ観光プラン計画の参考にしてください!

WRITER natsumi
パリ在住、"WORK HARD, TRAVEL HARDER"がモットーのフリーランスライター。旅先ではカフェで人間観察するのが好きです。workhard-travelharder.com 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND マレーシアのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事