" />

タクシーやGrabなどホイアン市内の移動手段を徹底解説

航空券・移動
562views

ランタンの街としても有名な観光地「ホイアン」。今回は、観光名所も多いホイアン市内の交通手段について徹底紹介します!タクシーやGrabなど初めての土地では交通手段に迷ってしまいますよね。初めてのホイアン旅行の人にも分かりやすく解説しますので是非、旅行計画に役立ててくださいね。

イアン市内の交通手段①タクシー

ホイアン市内で旅行者にも安心の交通手段のひとつ目はタクシーです。利用の際の注意点も紹介しますので、しっかりチェックしてくださいね!

タクシー選びは慎重に

ホイアン市内では日本のように地下鉄や電車などの公共交通機関が整っていません。ホイアンでの移動はタクシーの利用がとても便利です◎特に常夏のベトナムでは、エアコンのついているタクシーは有り難いですね。バスの利用も可能ですが、言葉の壁があるのでベトナム語に自信がある人であれば問題なく使えるかと思います。

観光地間などの市内移動であればタクシーが便利ですが、利用するタクシー会社には注意しましょう。ホイアンでは白の車体に緑のロゴまたは緑の車体のマイリンタクシーが主流です。マイリンタクシーは街中でも多く走っていますし、観光客が利用しても安全なタクシー会社と言えます。

マイリンタクシーに良く似たエムタクシーという偽物もよく走っているので注意してくださいね。

ぼったくりに注意

観光名所が集まるホイアン市内では、旅行者を狙ったぼったくりタクシーが頻発しています。目的地と違うところへ連れていかれないよう目的地の住所や場所を的確に伝えましょう◎英語でも問題ありませんがベトナム語しか話せないドライバーもいるので、住所と目的地の地名を書いて見せると安心です。

運転手にお金を渡す際もお札の取り違いもないよう、渡す金額をきちんと管理しておくことが大切です。目的地を伝える際におおよその時間と金額をドライバーに聞いておくとさらに良いかと思います。

しっかりとメーターの確認を

基本的にホイアンのタクシーはメーター制です。どのくらい走ったか、降車の際にいきなりメーターが増えていないかなど、しっかりと注意しましょう!

観光客を狙ったぼったくりタクシーも多いので、ドライバーと乗客のトラブルも日常です。楽しい旅行を台無しにしないためにも、タクシーを利用する際は細心の注意を払いましょう!

ホイアン市内の移動手段②配車アプリ「Grab」

アジア圏で主流の配車アプリ「Grab」もホイアンでは利用可能です。タクシーより手軽に安心して使えます!

Grabを利用するメリット

アメリカや日本などで広く知られている配車アプリ「Uber」のアジア版「グラブ(Grab)」。

ベトナムでは絶大な人気を誇っており、老若男女たくさんの人が利用している安心のアプリです。インターネットが繋がっていれば、どこにいても車を呼べるので道に詳しくない旅行者にもおすすめです。

配車の際に目的地を入力するので、「目的地が読めない!」なんていう場合も心配ありません。支払い額が乗車前に分かることやクレジットカード支払いのためドライバーとの金銭のやり取りがないことも安心です。

Grabの使い方

まずはホイアンで使用する予定のスマートフォンで「Grab」のアプリを登録します。アプリの登録にはSMSを受け取れる電話番号が必要なので、日本を出国する前にアプリの登録を済ませておきましょう。

ホイアンに着いたら乗車賃の支払いに使用するクレジットカードの事前登録も忘れずに!Grabではアプリ内で現在地を発信するので、現地でもインターネット通信状態にする必要があります。SIMカードの購入またはWiFiのレンタルがおすすめです。

イアン市内の移動手段③トゥクトゥ

ホイアンの街中を歩いているとたくさんのトゥクトゥクを見かけます。旅行客の多いホイアンでは観光向けのトゥクトゥクも多く、ドライバーさんに話しかけられることも多いと思います。

街の雰囲気を楽しみながら移動するにはぴったりのトゥクトゥク。ベトナムに来たら一度は乗っておくのもおすすめです!観光客が多い街なので、タクシー同様ぼったくりトゥクトゥクも少なくありません。料金や目的地には注意して乗りましょう!

ホイアン市内の移動手段④バイクタクシー

日本ではあまり聞かないバイクタクシーですが、バイクや自転車の交通量の多いベトナム「ホイアン」では頻繁に見かけます。バイクタクシーはベトナム語で「セーオム(Xe om)」と呼ばれ、タクシーと並んでホイアンでよく利用される交通手段です。

タクシーですがバイクなので道が混んでいる時にも車をすり抜けて通行でき、短時間で目的地まで移動できることもしばしば。その分メーターも上がらずお得です♪

料金設定も少し変わっていて、ほとんどのバイクタクシーが交渉制を採用しています。乗車前に金額の交渉をして、ドライバーには決定した金額で走ってもらいます。到着した後も既に決まっている金額を支払うだけなのでとても楽です。とはいえ、土地勘や相場の分からない観光客は1kmあたり1万ドンを目安に金額を設定すると良いと思います。

ホイアン市内の移動手段⑤自転車

都内や日本の観光地でも採用されはじめている自転車のレンタルサービスですが、ホイアンでも人気の高い交通手段のひとつになっています。1年を通して気温の高いホイアンでは、サイクリングでの街散策も思う存分楽しめます。

時間制で借りられる場所が多く、丸1日借りて約2万ドン(約100円)と安価にサイクリングを楽しめるのも魅力!滞在先によっては無料で貸し出しているホテルもあるので、宿泊先が決まってない人は視野に入れてみてくださいね。

ホイアンの街中やビーチなど自転車を使って思いっきり市内観光を楽しんでみては?

ホイアン旧市街は歩いて観光を

有名観光地の多い「ホイアン旧市街」は車両進入禁止になっているので歩いてまわりましょう。ナイトマーケットや市場、ランタンなど旧市街内から歩いて行ける観光地はたくさん!

旧市街の橋の近くにはお店や可愛らしい建物も立ち並び、美しい情景が続きます。夜になればランタンに火が灯り、ナイトマーケットが開催されます。ホイアンの旧市街は一気に賑やかになり、ベトナムらしい夜を楽しめること間違いなしです♪

日帰りでホイアン観光するならタクシーチャーターが便利

ダナンやホーチミンなど、ベトナムの都市をまわってホイアンに来る旅行客も多いかと思います。

日帰りでホイアンの観光を考えている人へおすすめなのが、専用車のタクシーチャーターサービスです。街中を走っているタクシーとは異なり事前に配車を予約できるので、初めてのホイアン旅行でも安心!

観光したい場所や目的地が決まっていれば、1日貸切で利用できるタクシーチャーターはとても便利です。支払いも事前に済ませることができ、予約は日本人スタッフが対応と旅行をとって楽にしてくれます。

タクシーやGrabを利用してホイアン市内の観光を楽しんで

今回は、ランタンや旧市街など、歴史と観光の街「ホイアン」で便利な交通手段について徹底解説しました!市内をたっぷり回るならタクシーやGrab、旧市街などの街中はサイクリングで徒歩で散策を楽しんで♪

ベトナム旅行の思い出にトゥクトゥクに乗ってみるのもおすすめです!是非ホイアン旅行の計画に役立ててくださいね。

RECOMMEND ベトナムのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 航空券・移動カテゴリの関連記事

【ハワイ】安い・安心のおすすめレンタカー8選!オープンカーやチャータータクシーの情報もご紹介!

ハワイで現地の観光プランを考えている方必見!おすすめのレンタカー会社を厳選してご紹介します。ハワイにはオアフ島のホノルル空港やワイキキ、マウイ島など日本人が多く訪れる観光地に日本語対応のレンタカー会社がたくさんあります。…