" />

マムティック島で遊ぶ!コタキナバルからの行き方と楽しみ方を大公開★

観光
748views

マレーシア・ボルネオ島のコタキナバルからボートに乗ってすぐに行けるマムティック島。でも一体どんな島?ここではコタキナバルからの行き方はもちろん、マムティック島でどんな楽しみ方があるのか様々な遊び方を大公開!老若男女問わずコタキナバル旅行者に必見の内容です♪

コタキナバルからすぐ!マムティック島ってどんな島?

コタキナバルの市街地からボートで20分ほどで行けるマムティック島は、5つの島からなるトゥンク・アブドゥル・ラーマン公園にある島のひとつで、海の中では美しい珊瑚やニモのような可愛い魚の姿を見ることができます

マムティック島は5つの島の中でもメインランドに近く、一番小さな島なので他の島と比べて観光客が少ないため、ゆったりとした時間を過ごせます。

コタキナバルのシャングリラホテルに宿泊すると、リゾート内の浅瀬からマムティック島までボートに乗っていく事ができ、更に専用スペースがあってテーブルなども完備されているため、マムティック島では快適なビーチライフを楽しめます。

マムティック島の入島料 大人RM10(約267円)、子供RM6(約160円)

コタキナバルからマムティック島への行き方

マムティック島へは、コタキナバルの街外れにある船着き場「ジェッセルトンポイント」からボートが1時間毎に1本出ているので、アクセスはとても便利です。

ボート会社もいくつもあるので、それほど出発時間を気にすることはありません。

この項目では、コタキナバルからマムティック島まで個人で行く方法とツアーで行く方法について説明します。

個人で行く方法

ジェッセルトンポイントにはいくつかある旅行会社が並んでいますが、運賃はほぼ一定の往復RM30(約800円)で、往復の好きな時間で選んで購入しますが、必ずチケットに記載された時間を確認しましょう。

シュノーケリングのレンタルやダイビングの予約もできるので、先に済ませておくと良いでしょう

個人で行く場合は、マムティック島に到着したら入島料を支払って島へに上陸します。

注意

ボートは予約制でないので乗客がある程度集まるまで待ちます。そのため時間ぴったりに出航するとは限りません。他の乗客が少ない時は1艘チャーターになることもあり、その場合はチャーター代を払う事になります。結果的に割高になるこも。

ツアーで行く方法

ジェッセルトンポイントでは日本語が通じないので、チケット購入に不安を感じる人はツアーに参加していく方法もあります

日本語ツアーで行けば、ボートの手配やランチなども付いているので言葉の不安は一切ありません。

マムティック島にはクロークやロッカーが無いため、個人で行くと荷物や貴重品の管理が大変なことも。ツアーなら荷物の管理をしてもらえます。

テーブルやチェアなどを利用できるのもツアーの特権です。

ダイビング?まったり?マムティック島の過ごし方

マムティック島ではダイビングやシュノーケリングなどのマリンアクティビティを楽しむのも良し、澄んだ海を見ながらのんびりまったりと過ごすのも良し、過ごし方は人それぞれです。

この項目では、マムティック島での遊び方・過ごし方について紹介します。

ダイビング・シュノーケリング

マムティック島には珊瑚や熱帯の色鮮やかな小魚がたくさん生息していて、海の中はもちろん素晴らしい景色!

ダイビングやシュノーケリングはマムティック島で一番人気のアクティビティです

シュノーケリング用品もジェッセルトンポイントや島でレンタルできるので、日本から持っていく必要はありません。

ダイビング・シュノーケリングの詳細記事はこちら♪

【最新版】コタキナバルのダイビング&シュノーケリング情報まとめ★

マリンアクティビティ

マムティック島では、ダイビングやシュノーケリング以外にもマリンアクティビティを楽しめます。その中でも特に人気のマリンアクティビティを3つ紹介します。

パラセーリング

風に乗って高い所から青い海を見渡す世界は最高!

午後は風が強くなることが多く、強風の場合は中止になるので、午前中に申し込むと良いでしょう。

料金 1人乗り RM100(約2670円)、2人乗り RM180(約4810円)
所要時間 30〜40分(乗っている時間 10〜15分)
バナナボート

家族やグループでマムティック島を楽しむなら、バナナボートがおすすめ!ワイワイはしゃいで楽しめる事間違いなし!

※バナナボートは3名から申し込み可能です。人数が足りない時は周りのグループやカップルに声をかけてみるのおすすめ。

料金 1人 RM40(約1070円)
所要時間 30分(乗っている時間 10〜15分)
フライフィッシュ

ちょっと激しいマリンアクティビティを体験したのならフライフィッシュ!最初は海面を走りますが、スピードがマックスになるとボートは空中へ!必死に掴まるもほとんどの人が海へダイブ!スリリング好きにはたまらないアクティビティ♪

※2人以上で申し込み可能

料金 1人 RM70(約1870円)
所要時間 30分(乗っている時間 10〜15分)

ビーチでまったり

マムティック島で泳いだりアクティビティを楽しむのも良いですが、砂浜で昼寝をしたり、きれいな砂浜で散歩をしたり、木陰で本を読むのも至極贅沢な過ごし方

マムティック島の砂浜はとてもキレイなので貝殻を探したり、サンゴ礁を集めてみたり。お城を作ったりする砂遊びも!子連れにはもちろん、童心に返って遊んでみるのもおすすめです♪

トレッキング

島内をトレッキングしてみるのもおすすめ!

島内には20分くらいで周れるジャングルトレッキングコースもあるので、日本ではなかなか見られない熱帯雨林の植物を見るのも良い体験になること間違いなし!

特に、トレイルではオオトカゲに遭遇できるチャンスも♪見かけたらシャッターチャンスを逃さないで!

マムティック島でランチ

マムティック島ではランチの心配は無用!

ツアーで参加する場合は、ほとんどのツアー会社でBBQビュッフェのランチがついています。

個人の場合でも、マムティック島内のダイビングセンターにセミオープンのレストランがあります。そこでビュッフェランチがあります。レストランの値段はコタキナバルと同じくらいです。

ランチを簡単に済ませたい方は、コタキナバル出発前に食べ物を買って島に持ち込んでもOK!

マムティック島の注意点

マムティック島には自然がたくさんありますが、それ故、野生動物も多く生息しています。この項目では、マムティック島での注意点をまとめています。

クラゲ

マムティック島にはクラゲ注意を促す看板が建てられています。見た目はふわふわしているクラゲですがとても危険。クラゲに刺されて病院に行く人も多く、時には死に至るケースもあります。

コタキナバルでは主に6月~9月ごろにクラゲの発生率が多く、この時期は危険!泳げないこともあるので要注意。その他の時期は比較的少なく、全く見かけないこともあります。

マムティック島で海に入ったりビーチを歩く時は注意しましょう。特に子連れの場合は、子供が刺されないよう目を離さないことが大切です。

対策として、裸足でなく、マリンシューズやビーチサンダル、スニーカーを履きましょう。

水着も、ウェットスーツを着る、長袖のラッシュガード・ラッシュパンツを着るなどできるだけ露出していない方が安心です。

他にも、クラゲ避けの専用の日焼け止めを塗ることで予防ができます。万が一刺されてしまった場合は、すぐに病院へ行きましょう。

オオトカゲ

マムティック島には野生のオオトカゲも生息しています。体長は2メートルと普通の成人男性よりも大きいサイズ。

そんな大きなトカゲに遭遇すると驚いてしまいますが、慌てないことが大事。基本的に大人しく臆病な性格なので、人間と遭遇すると逃げていくことがほとんどです。

サピ島では餌付けされていて懐いているオオトカゲも多くいます。だからと言ってトカゲを刺激するのはとても危険なので、写真を撮るくらいにしておきましょう。

観光客が多いと楽しめない

マムティック島は小さな島なので、多くの観光客が押し寄せてしまうと綺麗な海も濁ってしまい、島の魅力も半減してしまいます。

マムティック島に行くなら、早朝に行って団体客が来はじめる頃にコタキナバルに戻るのがおすすめです

マムティック島からアイランドホッピング!

トゥンク・アブドゥル・ラーマン公園には、マムティック島の他に4つの島々があります。

その中でもマヌカン島やサピ島は人気の島。せっかくなら、アイランドホッピングを利用してマムティック島から行ってみましょう♪

サピ島

トゥンクアブドゥルラーマン国立公園内の島々の中でも一番透明度の高い島。施設も充実しているのでコタキナバル旅行者のほとんどが訪れる「定番の島」と言っても過言ではありません。

真っ青な海の中には色鮮やかな魚や珊瑚が生息していて、地上とは全く違う海の中の世界に感動します。

サピ島に行くならシュノーケリングは体験しておきたいところ!シュノーケリングはダイビングのようにタンクを背負うなどの負担がなく、ゴーグルだけで楽しめるので、子連れにもおすすめ♪

サピ島は夕方になるとスコールに遭う事が多いため、早朝からお昼くらいまでの滞在がおすすめです。サピ島からガヤ島まではジップラインで繋がっていて、ターザンのようなスリル満点のアクティビティも体験できます

マヌカン島

マヌカン島はトゥンクアブドゥルラーマン国立公園の島で2番目に大きな島で、海洋保全研究センター、ロッジ、レストランなどが充実しています

コタキナバルではサピ島とマヌカン島でしか体験できない「水中スクーター(スキューバドゥ)」のアクティビティも体験できます。ホテルもあり、レストランや売店も充実しているわりには観光客も多くないので穴場的存在♪

マムティック島ではマリンアクティビティを楽しもう!

ダイビングやシュノーケリングなど数々のマリンアクティビティやトレッキングを楽しむことができるマムティック島。海では美しい珊瑚やカラフルな熱帯の小魚があなたを出迎えてくれます。家族やグループで行って遊び尽くすのも最高!1人で行ってのんびりと贅沢に過ごすのもおすすめです。コタキナバルに行くならぜひ足を伸ばして行ってみてくださいね。

RECOMMEND マレーシアのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事