" />

ハワイで体験するジップライン!大自然を駆け抜け気分はターザン!

アクティビティ
1229views

ハワイ諸島は海だけでなく、緑豊かな大自然が残る島。ハワイの玄関口であるオアフ島もその例外ではなく、ホノルルエリアから少し離れるだけで、島ならではの自然を満喫できる場所にたくさん出会うことができます。

そんな大自然の中で過ごしていると、ふと頭をよぎるのがあの光景。そう、子どもの頃に思い描いたターザンごっこです。きっと多くの人が一度は想像したであろう大自然を駆け抜ける自らの姿!そこで今回は、オアフ島で体験できるジップラインについてご紹介。せっかくですから、あの頃の夢を叶えておきましょう!

ジップラインとは?事故はないの?

オアフ島で体験できるジップラインを紹介する前に、そもそもジップラインとはどんなアクティビティなのでしょうか。気になる安全面についても触れておきましょう。

ジップラインとは木と木の間にワイヤーロープを張り、そのスタート地点からゴール地点までを滑車を利用して滑りおりる遊びのこと。緑豊かな森の中にいくつかのコースを設ける施設が多く、インストラクターの案内のもと自然を満喫することができるアクティビティです。

心配される安全面ですが、残念ながら過去には落下を中心にさまざまな事故が起きています。滅多に起こることではありませんが、まずはインストラクターの指示をよく聞き、体重制限などの規則を必ず守って参加することが大切です。

ハワイでジップラインを楽しめる場所

それでは本題の、オアフ島で体験できるジップラインについて紹介していきましょう。オアフ島にはジップラインを体験できる場所がいくつかありますが、今回紹介する2つの施設は特におすすめ。

自然豊かなハワイで体験するジップラインは、まさにディズニーアニメの“ターザン”や、エドガー・ライス・バローズ原作の映画の世界!本当に気持ちよいです。

クライムワークス・ケアナファーム

オアフ島の北部・カフクにある「クライムワークス・ケアナファーム」は、ノースショアの海まで見渡せる壮大な景色の中、ジップラインを楽しめるスポット。美しい田園風景や点在する吊り橋など、絵本に出てくるかのような光景がそこかしこに広がっています。もうそれだけで心が満たされる、素晴らしいスポットです!

スポット名CLIMB Works Keana Farms
住所1 Enos Road, Kahuku, Hawaii 96731
電話+1 808 200 7906
定休日日曜日
営業時間8:00〜17:00
サイトURLhttps://www.climbworks.com/

クアロアランチ

ジュラシックワールドをはじめ、数々の映画のロケ地としても使用されている「クアロアランチ」。オアフ島の東に位置する4,000エーカーもの敷地内には、3つの渓谷で構成された美しくも迫力ある光景が広がります。ジップラインのツアーは、ハイキングを含めて冒険に繰りだすような気分!大人もワクワクできる、とっても楽しいツアーです。

スポット名Kualoa Ranch
住所49-560 Kamehameha Highway, Kaneohe, Hawaii 96744
電話+1 808 237 7321
定休日クリスマス、1月1日
営業時間8:00〜17:30
サイトURLhttps://www.kualoa.com/

ハワイのトレッキング情報についてはこちらをチェック!
▶︎ハワイ・トレッキング情報!初心者から上級者まで楽しめる登山スポットをご紹介!

クライムワークス・ケアナファームのジップライン

ここからは、それぞれのスポットで提供しているジップラインについて詳しく見ていきましょう。「クライムワークス・ケアナファーム」のジップラインは、150メートルから805メートルの8つのコースからなるジップライン。1つ目の簡単なコースを練習がてら体験したあとは、四輪バギーに乗り広大な農園や熱帯雨林が茂るジャングルの中を、山頂付近まで駆け抜けます。

ここからは残り7つのコースに挑みながら、吊り橋を渡ったり美しい遊歩道を散歩したりと、約3時間のコースを堪能していきます。安全面も非常に考慮されているため安心して楽しめるだけでなく、ちゃんとスリルも味わえる素晴らしいコースです。

参加条件

クライムワークスの参加条件は、7歳以上で体重が123キロ未満の人。14歳以下の参加者は大人が同伴する必要があります。7歳以上で32キロ未満の子どもは、インストラクターまたは別の軽量の兄弟とタンデム参加することが条件。また、体重が113kg以上の人に関しては、健康状態が良好であることが求められます。

料金

料金は大人・子どもに限らず1人169ドル(約18,300円)で、消費税と予約手数料が別途必要。ワイキキからの送迎を希望する場合は、予約時に滞在先を伝えてください。送迎料金は30ドルです。

※クライムワークスは、2021年5月現在コロナウイルスの影響により送迎を停止しています。状況は日々変わりますので、最新の情報はホームページをご確認ください。

服装・持ち物

スカートやワンピース、ショートパンツは避け、靴はつま先が閉じたフラットタイプで参加しましょう。雨が降ったり止んだりしやすい地域のため、濡れても気にならない服装だと尚良しです。ロングネックレスやぶら下がったタイプのイヤリング、生地面積が広いだぼっとした服装は非常に危険。動きやすく怪我をしにくいスタイルを心がけましょう。

サングラスやメガネを使用することは可能ですが、ストラップ付きなど落ちない工夫が大切。ロングヘアの人は、ヘアゴムで結ぶ必要があります。また、バッグを持って参加することができないため、荷物は必要最小限のみ持っていくようにしましょう。携帯電話や鍵は、小さなロッカーに預けることができます。水に関しては、途中に給水所があるので安心してください。

予約

空きがある場合は当日でも参加できますが、事前に予約するほうがおすすめです。特にハイシーズンに訪れる人は、遅くとも5日前には予約しておいたほうが良いでしょう。予約はホームページまたは電話で受け付けており、ホームページは日本語にも対応しています。

クライムワークス・ケアナファームへの行き方

ワイキキからレンタカーを利用する場合は、まずはH1のルナリロフリーウェイへ。20A出口をでたら、63号線、83号線、カメハメハハイウェイへと進みます。そのままカフク方面へと走っていくと、左手に看板が見えてきます。所要時間は混雑状況にもよりますが、1時間〜1時間30分です。

ワイキキからザ・バスを利用する場合は、クヒオアベニューにあるバス停から2、13、20、42番のバスに乗車し、途中で60番のバスに乗り換えてください。最寄りのバス停「Kamehameha Hwy + Opp 56-350」からは徒歩1分、所要時間は約2時間15分です。

クアロアランチのジップライン

次は「クアロアランチ」のジップラインについて詳しく見ていきましょう。クアロアランチのコースは、敷地内にあるカアアヴァ峡谷に設置されています。7つのジップラインは最長で400メートル、最大高低差は30メートルと迫力がありスリル満点!眼下には大草原が広がっています。

ジップラインのスタート地点までは、ハイビスカスやククイナッツなどハワイ固有の植物を見ながらバスで移動。ハイキングの途中にある2つの橋は、冒険心を刺激してくれます。子どもの頃に戻ったような気持ちで、ぜひ参加してみてください!所要時間はおよそ3時間です。

参加条件

クアロアランチの参加条件は、年齢制限こそありませんが身長140〜205センチ・体重32〜127キロの人と決められています。そのほかウエストサイズが55〜127センチ、太ももサイズが45〜71センチであることも条件です。

料金

料金は大人が169.95ドル(約18,400円)、10〜12歳の子どもは139.95ドル(約15,100円)で、4.712%の消費税が別途必要です。ワイキキからの送迎は、申し込み時に往復15ドルで付けることができます。

※クアロアランチも、2021年5月現在はコロナウイルスの影響により送迎を停止しています。状況は日々変わりますので、こちらも最新の情報についてはホームページをご確認ください。

服装・持ち物

服装は動きやすく汚れてもよい格好で参加しましょう。靴はスニーカーなどつま先やかかとが閉じているもの、ヒールやジュエリーは禁止で、ハーネスを装着するためスカートも避けたほうがよいでしょう。クアロアランチも給水所が設置されているため、余分な水を用意する必要はありません。財布や鍵はロッカーに預けられます。

予約

クアロアランチはその他のツアーを含めて大人気のスポット。絶対に予約は欠かせません!特に5〜8月のハイシーズンに訪れる人は、2〜3週間前には予約を済ませておきましょう。こちらもホームページから手続き可能で、日本語にも対応しています。

クアロアランチへの行き方

ワイキキからの行き方は、クライムワークスと同様にオアフ島の東海岸を通るルートになります。

レンタカーを利用する場合は、滞在先からH1のルナリロフリーウェイへ入り、20A出口をでて63号線のカリヒストリートへ。続いて83号線、カメハメハハイウェイへと進んでください。東海岸に出たら少し先を左へ入り、斜め右へと走っていくと入り口が見えてきます。所要時間は1時間前後です。

ワイキキからザ・バスを利用する場合も、クライムワークス同様にクヒオアベニューにあるバス停から2、13、20、42番のバスに乗車し、途中で60番のバスに乗り換えてください。最寄りのバス停「Kamehameha Hwy + Opp Kualoa Ranch」からは徒歩2分、所要時間はおよそ1時間40分です。

クアロアランチについて詳しく知りたい方はこちらをチェック!
▶︎ハワイ・クアロア・ランチはアクティビティの宝庫!詳細や魅力を徹底解説!

ハワイでジップラインを楽しむための注意点

ここからは、ハワイでジップラインを楽しむための注意点について見ていきましょう。今回紹介した2つの施設は安全面においても管理が行き届いていますが、リスクが生じるアクティビティであることに変わりありません。そのため参加者全員が、ツアーの前に同意書に著名する必要があります。

また、妊娠中の女性や持病が心配される方、手術を受けて間もない方、薬物やアルコール依存症の方、深刻なハンディキャップや障害を持つ方は、ツアーに参加することができません。アクティビティの特性上、脚を腰まで持ち上げることが困難な方や、3時間のツアーをやり遂げる体力に自信のない方も同様です。

そのほか、どちらの施設も準備や指示を受ける必要があるため、予約の30分前に到着しておく必要があります。ツアーの途中にトイレがないことも頭に入れておきましょう。気になる天候に関してですが、どちらも余程の悪天候でない限りツアーは決行されます。その際は、雨ならではのジップラインを楽しんでくださいね!

ハワイで本格的なジップラインを!

今回の記事では、オアフ島でおすすめの2つのジップラインについてお届けしました。子どもの頃に夢見たターザンごっこを実現させるには、必要不可欠な要素である大自然の森!どちらもたくさんの緑に囲まれた素晴らしいスポットで、この条件を軽くクリアしています。

大人になるにつれて、スリル満点のアトラクションに対する恐怖感が増えている人も多いのではと察しますが、大人になったからこそ感動できる光景もあります。ハワイの歴史や文化、農業についてもレクチャーしてくれるため、この体験はすべてにおいて満足できる3時間になります。皆さんも次のハワイ旅行でぜひ挑戦してみてくださいね!

(※記事内で紹介している画像はイメージです。)

RECOMMEND オワフ島(ホノルル)のおすすめ記事

RELATED ARTICLES アクティビティカテゴリの関連記事