" />

セブ島からナルスアン島へ…絶景のアイランドホッピングに行こう!行き方や楽しみ方を紹介!

観光
22238views

アイランドホッピング」はセブ島周辺の多くの離島を巡る、南国らしいセブ島定番のアクティビティです。アイランドホッピングの行き先の中でも知名度・人気度ともにトップレベルの無人島「ナルスアン島」は一体どのような島なのか?
セブから45分ほどの位置にある「ナルスアン島」へ実際に行ってきたので、セブ・ナルスアン島の行き方やアイランドホッピングが楽しめる島の中の様子を紹介していきます。実際に感じた魅力や注意点も合わせて書いていきます!

また、本記事を紹介しているタビナカでは、日本語ガイドによる海外ツアーを3,000プラン以上提供しています。で何を体験しようかな?と悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてください!

>>>セブ島の人気アイランドホッピング体験ツアーはこちら

セブ島人気アイランドホッピングスポット「ナルスアン島」の基本情報

セブ島でアイランドホッピングが楽しめる、ナルスアン島がどのような島なのか基本情報を確認していきましょう。

ナルスアン島基本情報①無人島


セブ島のアイランドホッピングで訪れる方も多い、ナルスアン島は完全な無人島です。定住している人はおらず、非日常のリゾート感溢れる雰囲気が魅力の一つです。

島に唯一あるリゾートホテルの従業員のみがいる場所で、生活感は一切ないです。島は小さく30分ほどで一周できますよ。

ナルスアン島基本情報②船で45分で到着

ナルスアン島は、セブ島と2本の橋で陸続きとなっているマクタン島の港から船で片道45分ほどで到着します。島に到着するまでのハンガーボートは開放的で移動中も気持ち良いので、ちょうど良いくらいの距離感です。

ナルスアン島はセブ島のアイランドホッピングで訪れる日帰り観光客が多く、日々賑わいを見せています。

ナルスアン島基本情報③設備が充実している


ナルスアン島はセブ島周辺の離島の中で最も設備が整っているリゾートアイランドです。綺麗な本格的レストランやカフェ、ホテルまでもが島内にあります。

綺麗な海はもちろんのこと島内は緑も溢れ、ハンモックやビーチチェアも用意されており、リゾート感満載です。

ナルスアン島はセブ島の中でも小さな島ですが、見どころや設備がぎゅっと凝縮しており、短時間の滞在でも目一杯に無人島を満喫することができます。

ナルスアン島基本情報④長い桟橋がランドマーク


セブ島の離島ナルスアン島の玄関口には、大きくて長い桟橋があります。ランドマークでもある桟橋を渡った先には、緑豊かな島が広がっており、まるで楽園への入り口のようですよ。

真っ青な海と空を背景に長い桟橋上で撮影する一枚は、超フォトジェニックです。

入場料:200ペソ

セブ島の離島ナルスアン島は、入場料に200ペソ(約460円)が必要です。他の島も入島料は取っていますが、100ペソか150ペソが多く、ナルスアン島は1番高いですね。

その分本格的な設備があるので仕方ないですね。桟橋を渡りきったところにスタッフがいるので、そこでお金を払います。

セブ島人気アイランドホッピングスポット「ナルスアン島」アクセス方法


セブ島から日帰りで訪れることができる、人気のアイランドホッピングスポット「ナルスアン島」までの行き方をご紹介します。

セブ島からナルスアン島までの主な行き方は二つあります。両方行きましたが、セブ島に慣れていない旅行者へのおすすめは手段2のツアーの方です。

ナルスアン島の行き方①自力で行く

セブ島の人気アイランドホッピングスポット「ナルスアン島」は、ツアーなどに参加せず個人で訪れる方法もあります。セブ島在住者がナルスアン島へ行く場合には個人で行くこともありますが、旅行者には難易度は高いとされています。

事前に手配が必要となりますので、しっかりとした準備が必要となります

一般的な方法は、2つのいずれかになります。

・事前に現地のボート会社に直接電話をする

・マクタン島の港に行き直接交渉をする

事前電話の場合、英語か現地語(タガログ語)になりますのでお間違いなく。

電話での事前予約をしない場合には、マクタン島にいくつかある港に行き、船を直接交渉する必要があります。ボートのオーナーまたは直接船の船長に、ナルスアン島に行きたい旨を伝えます。

そこから値段交渉や具体的な手配に進みます。

マクタン島の港から離島ナルスアン島までのボート料金は、行き先の距離によって変わります。ナルスアン島への料金の相場は、10人乗りの小型ボートで2500〜3500ペソ(日本円約6000円〜8000円)ほどです。

値段交渉も可能ですので、この相場基準を頭に入れておきましょう。

ボートから出発した後も、しっかりと目的地のナルスアン島へ向かっているか確認する用心する必要があります。「今日はこっちの海の方が良い」などと言い、船長が勝手に違う島へ向かっていることもあります。

出発地の港も分かりにくいところにあるので、旅行者が自力でアイランドホッピングに行くのはなかなかハードルが高いです。費用は節約できるので現地に精通した友人などがいて、手配をお願いできる場合は良いかもしれません。

ナルスアン島への行き方②:ツアーで行く


ナルスアン島へは、日帰りツアーで訪れるのが最もポピュラーです。

・現地で申し込みをするタイプ

・日本から事前に申し込みをするタイプ

の2種類がありますが内容自体はほぼ同じです。現地に着いてからの申込だと空きがない場合、現地会社を通して行うことになるのでトラブルが起きる可能性は高くなったりします。

旅行者へのおすすめは日本から事前にツアーへ申込んでいくことです。アイランドホッピングは船の手配があり、他のアクティビティよりも準備が必要なので事前申込みの方が安心感が強いです。

値段相場は10000円前後で、ホテル送迎・船の手配・入島手続き・ランチもツアー内容に基本的に含まれています。当日になって、「ナルスアン島に行けない!」なんていうトラブルは起きないし安心安全です。

基本的にマクタン島の港までのホテル往復送迎も受けてくれます。 

セブ島人気アイランドホッピングスポット「ナルスアン島」ツアーの1日の流れ

セブ島人気アイランドホッピングスポット「ナルスアン島」のツアーに参加した際の1日の流れをご紹介します。ツアーを催行する会社によって詳細は異なりますが、基本的な流れは同じでしょう。

8:00 セブ市内のホテル出発


セブ市内の宿泊先ホテルに日本語ガイドが車で迎えにきてきれました。ホテルから船乗り場のあるマクタン島の港まで向かいます。

※マクタン島のリゾートホテル宿泊の場合、港が近いので集合時間は30分ほど遅くなるとのこと。

9:00 マクタン島の港を出発


セブ島と二本の橋で陸続きになっている隣の島「マクタン島」の港に到着です。港までの道中に朝ごはんとしてジョリビーのドライブスルーに寄って腹ごしらえ完了!

港で準備万端の船に乗り込み、ついにナルスアン島へ向け出発!

9:30 途中の海で船からシュノーケリング


移動中の開放感も最高です。ナルスアン島へ直接行くのではなく、道中にあるシュノーケリングスポットに寄ってくれました。船から直接海へダイブし、見渡す限り全て海が広がる海のど真ん中でシュノーケルを楽しました。

10:45 ナルスアン島到着


長い桟橋が見え始めたら、ナルスアン島に到着というサインです。ついにお待ちかねのナルスアン島へ上陸!

桟橋ではInstagramにあげる写真撮影必須です。島内部から海を背景に撮影する方がおすすめです。

11:45 ナルスアン島レストランでランチ


ナルスアン島の中にある本格的なレストランで休憩がてらランチをとります。素朴な味や新鮮なフルーツなど、フィリピン風味付けの食事を離島で楽しみます。

シュノーケリング後でお腹空いていたので、より美味しく感じます。船の上で食事を楽しむ船上ランチやBBQランチのパターンもあるそうです。

13:30 ナルスアン島を出発


リゾート感溢れるナルスアン島内を満喫し、2時ほどのまったり滞在を経て、港へ向け出発です。帰りの船での移動時間も海風を浴びながらくつろぐことができます。

帰りは海から上がった後で、さらに少し風が強く寒かったので、上着があればより良かったです。

14:30 マクタン島到着


マクタン島の港に到着です。迎えの車に乗ってセブ市内へ帰ります。

16:00 セブ市内のホテルへ到着


帰りはホテルではなく、そのままショッピングをするためにセブ島最大のショッピングモール「アヤラモール」まで送ってもらいました。

最初から最後まで現地を知るガイドが同伴するので、安心感MAXでした。初めてのセブ島でのアイランドホッピング、初めての無人島、初めてセブ島に訪れる方はツアーがおすすめです。


またセブ島のアイランドホッピングとして、1日に2つの島に訪れるパターンのセブ島アイランドホッピングツアーも人気です。その場合は、ナルスアン島での滞在が午前と午後のどちらかになり、もう1つの島に向かうことになります。

セブ島付近に散らばる離島それぞれの距離は近いですが、島ごとに違う顔を持つので、島巡りで飽きることありません。時間が許す限り、2つの島へ行くのもおすすめです

セブ島アイランドホッピングツアーで、ナルスアン島と合わせて訪れるおすすめの島も下記でまとめて紹介します。

このように、セブ島の周りには簡単に行ける自然豊かな離島がたくさん!セブシティ内から送迎込みで手軽に利用できるツアーもたくさんあるので、青い海&白い砂浜という絶景を楽しみながらマリンアクティビティを体験してみて下さいね!

>>>セブ島の人気アイランドホッピング体験ツアーはこちら

セブ島人気アイランドホッピングスポット「ナルスアン島」での過ごし方

セブ島人気アイランドホッピングスポット「ナルスアン島」内での実際の過ごし方について記載していきます。セブ島市内よりも遥かに自然豊かで人口密度も低く、まさにリゾート気分を味わえる島です!

無人島ナルスアン島では4つのおすすめの過ごし方があります。

ナルスアン島おすすめの過ごし方①シュノーケリング


ナルスアン島はシュノーケリングスポットとしても最高のロケーションです。島内にはシュノーケリングができる場所が2つあります。一つは島の入口(シンボルマークの長い桟橋の麓あたり)、もう一つは、島の奥にある海です。

入口のスポットはとにかく海の透明度が高く魚が非常に多いので、初心者でもシュノーケリングを楽しめます。魚の餌用のパンも20ペソで販売していて、パンを使うと魚がよりたくさん集まってきます。

人馴れしているのか、手までお魚の感触を感じるほど近くにきましたよ。

ナルスアン島の奥のスポットは遠浅の海となっており、子連れの方も初心者の方も遊びやすいです。こちらは実際にシュノーケリングをする人は少なく、のんびり過ごす用の穏やかなビーチです。

海の中にハンモックまであり、非日常的な時間を過ごすことができます。


島の奥のビーチ前のビーチチェアで、白い砂浜・青い海に、サンサンと照る太陽を感じながらのんびりするのも通な過ごし方。

ナルスアン島おすすめの過ごし方②ダイビング


ナルスアン島付近ではダイビングもできます。海中の特徴としては、ナルスアン島のシンボルマークである長い桟橋を境目に東側と西側で海の中の景色が変わります。

東側には色鮮やかなサンゴや熱帯魚が多く生息しており、地上とはガラッと雰囲気が変わります。西側には砂地が広がっていますが、エイなどの珍しいお魚に遭遇することもあるそうです。


ナルスアン島でダイビングをするためには、事前にダイビングツアーに申込みをする必要がありますので注意ください。ナルスアン島にはダイビング機材がありませんので、ツアー会社がマクタン島(出発地)からダイビング用の機材を持って来る必要があるからです。

ナルスアン島おすすめの過ごし方③ホテルに宿泊


ナルスアン島のアイランドホッピング後はホテルで一夜を過ごしてみましょう。実際に宿泊はしていないですが、リゾートホテルは一つ一つが孤立したコテージになっているヴィラ形式なので、完全なプライベート空間が用意されていました。

大きなホテルではないですし、宿泊者で満杯なんていうこともほぼないそうです。1泊6000円からとかなりリーズナブルなため、気軽にリゾート生活を満喫できちゃいます。

まるでナルスアン島を独占しているかのような感覚になれ、美しい星空を堪能することもできるそうです。また次は宿泊してみたいと思います。

ナルスアン島おすすめの過ごし方④ レストランの食事


セブの離島ナルスアン島は、セブ周辺の多くの離島の中でももっともしっかりしたレストランがあります。アイランドホッピングやシュノーケリングなどでいつもよりお腹ぺこぺこになっているので、本格的なフィリピン料理は格別です。

レストランでは海を見ながら食べられるため、良い雰囲気の中で食事を楽しめます。

個別での注文もできますが、640ペソでビュッフェ形式もあります。セブ基準ではなかなかお高いですが、種類も多く、島の食材を活かした料理はクオリティが高いので栄養補給もばっちり満たされます。

緑に囲まれたカフェもありますよ。ココナッツの容器に入ったジュースが大人気です。

セブ島人気アイランドホッピングスポット「ナルスアン島」と合わせて訪れたい島


セブの離島ナルスアン島でのアイランドホッピングの醍醐味は、やはり複数の島を巡れること!それぞれ違う顔を持つのでいくついっても飽きません。

特にナルスアン島はロケーション的に組み合わせて訪れやすい島が多いので、セブ島のアイランドホッピングツアーで人気が高い理由の一つです。

セブ島アイランドホッピングおすすめの離島①パンダノン島


パンダノン島は、出発地のマクタン島から最も離れている島です。直接行くと船で60分以上かかりますが、安定的な人気を誇る行き先です。

パンダノン島にはレストランやホテルなどのサービスが何もなく、人間の生活感がありません。

大自然が人の手に壊されていないので、パンダノン島独自の穏やかな空間に浸ることができます。どこを見ても白い砂浜と海が横長に広がっていることから、「天国に一番近い島」なんて表現されることもあります。

綺麗な海を堪能したい!なんていう方は是非パンダノン島へ訪れてみてください。マクタン島の海の10倍以上綺麗なんて言われていますよ。

ナルスアン島とパンダノン島の二つの島にアイランドホッピングするパターンは満足度が高いですが、移動時間が長くややハードです。一日を目一杯使って離島を巡りたい方にはおすすめです。

セブ島アイランドホッピングおすすめの離島②ヒルトゥガン島


ナルスアン島と組み合わせて訪れる離島の中で最もバランスがよく、人気と満足度も高いのがヒルトゥガン島です。ヒルトゥガン島は海洋保護区に指定されていることもあり、魚の生息数はNO.1です。

たくさんのお魚に遭遇できることから、ダイビングやシュノーケリングをする場所として世界的にも人気があります。透き通った海でシュノーケリングを体験することができます。

ヒルトゥガン島は、出発地のマクタン島から20分ほどで到着する好立地です。また、ヒルトゥガン島がナルスアン島とマクタン島の間に位置する離島ですので、この二つの島を合わせて訪れるアイランドホッピングツアーが人気とになっています。

セブ島人気アイランドホッピングスポット「ナルスアン島」の注意事項

ナルスアン島へ訪れる際に気をつけるべきポイントを3つ紹介します。しっかりと島独自のルールに従い、気持ち良く観光をしましょう。

ナルスアン島の注意事項①食べ物/飲み物の持込み禁止


ナルスアン島内には、事前に購入した食べ物や飲み物の持込みが禁じられています。持ち込んだものを島で食べようとすると注意されるので気をつけましょう。

ナルスアン島の注意事項②日焼け対策


日差しが強いことは覚悟していきましたが、想像以上でした。これはナルスアン島だけでなく、離島各地は非常に日差しが強くなっています。日焼け止めやサングラスなどの用意は必須です。

ナルスアン島の注意事項③現金決済の準備


ナルスアン島には、レストランやカフェなどのお食事どころがありますので、念のため現金を持ち合わせておくのが便利です。特にカフェでココナッツジュースなどを飲む人は多いので、その際に現金は必要となります。

クレジットカードは使えずに現金での取引となりますので要注意!

また島なのでお釣りがないこともあり得るので細かいお金を持ち合わせましょう。小銭入れがあればなお便利ですね。

ナルスアン島人気アクティビティランキング1~3位

セブ島のアイランドホッピングツアーでも人気のナルスアン島。ここでは特に人気の高いツアーランキングを紹介します。

ぜひ今後の旅行プランをたてる上で参考にしてくださいね!

第1位:ナルスアン島&ヒルトゥガン島でアイランドホッピング体験

【セブ島】 帰着地アレンジ可能!絶景のナルスアン島&ヒルトゥガン島でアイランドホッピング体験ツアー!《日本語ガイド/船上ランチ付き》のツアーの画像

長い桟橋が有名なナルスアン島と高い透明度を誇るヒルトゥガン島、セブを代表する2つの島で、シュノーケリングを楽しめるツアーです。フォトジェニックな白い砂浜と真っ青な空を満喫しましょう!

>>>人気ランキング第1位「アイランドホッピング体験」の体験はこちら

第2位:シュノーケリング

【セブ島】 帰着地アレンジ可能!絶景のナルスアン島&ヒルトゥガン島でアイランドホッピング体験ツアー!《日本語ガイド/船上ランチ付き》のツアーの画像

海洋保護区でのシュノーケリングをお楽しみいただけるツアーです!美しいサンゴやカラフルな魚たちを近くで見たり、エメラルドグリーンの海をバッグに写真撮影してみませんか?

>>>人気ランキング第2位「シュノーケリング」の体験はこちら

第3位:アイランドホッピング+シュノーケリング+シーウォーカー

【セブ島】1番人気のアクティビティ「アイランドホッピング」!ナルスアン島 & マクタン島で「シュノーケリング」+「シーウォーカー」満喫ツアー《日本語ガイド/ホテル送迎付き》のツアーの画像

アイランドホッピングとシュノーケリングに、マクタン島で大人気の海底散歩シーウォーカー体験がセットになったお得なプランです♪1日でいろんなマリンアクティビティを体験したい方にオススメです!

>>>人気ランキング第3位「アイランドホッピング+シュノーケリング+シーウォーカー」の体験はこちら

セブ島には、他にも秘湯温泉ツアー、エステなどのリラクゼーション体験も充実しています。まだ現地で何をするのか決まっていない方は、セブ島で何ができるのか、まずは探してみませんか?自分に合った楽しみ方を見つけて、充実した旅行を過ごしてくださいね!

>>>セブ島の人気アイランドホッピング体験ツアーはこちら

RECOMMEND セブ島のおすすめ記事

【セブ島で夜遊び】男性が喜ぶセブのナイトスポットを満喫!キャバクラからビキニバーまで…料金や場所もご紹介!

リゾート観光地として人気を集めているセブ島ですが、今回私が紹介したいのは定番の海なんかじゃありません。旅行好きの男性の皆さん!セブ島の夜遊び事情は気になりませんか!?セブ島の夜は、ちょっぴり大人な世界が広がっているんです…

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事