" />

セブシティの観光スポット・見所を一挙ご紹介!サンペドロ要塞やサントニーニョ教会など

観光
26466views

セブシティはその名の通り、セブ島の中心部セブ島随一の繁華街であり、東南アジアならではのエネルギーを感じられるエリアです。

セブシティは歴史観光名所ショッピング夜景スポットなど、人気観光地から便利スポットまで勢揃い!絶対に押さえておきたいセブシティの人気の観光スポット7つと市内の便利な過ごし方をご紹介します。

またセブ旅行の基礎となる安心便利なホテルも合わせてお届けしますので、ぜひセブ島旅行の際にご参考にしてみてください。

また、本記事を紹介しているタビナカでは、日本語ガイドによる海外ツアーを3,000プラン以上提供しています。で何を体験しようかな?と悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてください!

タビナカ限定

セブシティの観光スポットは集中している!

旅行

セブ島の人気観光スポットは密集しており、徒歩でも移動可能。今回紹介するセブシティのダウンタウンの5つの観光スポットも徒歩2~3時間位で観光できるため、短い間でさまざまな観光地を見たい方におすすめです。

また、セブシティのブサイ地区には、ブサイヒルズ(Busai Hills)と呼ばれる丘があり、その山頂にも2つの観光スポットがあります。

より充実した観光をするためには歴史的建造物のちょっとした知識や、エリアによって気を付けたいポイントを事前に頭に入れていきましょう。

セブシティの観光スポット①サンペドロ要塞(Fort San Pedro)

1738年、かつてフィリピンがスペインの植民地時代に建築された石造りの砦サンペドロ要塞(ようさい)」。 元の要塞は1565年頃、スペイン統治後初の総監であるレガスピによって建築された木造の要塞でした。

しかし、敵対するムスリムや海賊に対抗するために、次第に強固なサンゴ石の造りへと建て替えられました。その後サンペドロ要塞はアメリカ統治時代に兵舎として、第二次世界大戦中は日本軍による捕虜収容所として使用された歴史を持ちます。

サンペドロ要塞の見どころは、入り口頭上に飾られる幼少のキリスト「サントニーニョ像」や、フィリピンにおけるキリスト教の布教や歴史などを学べる資料館。そして現在でも当時のままに姿を残す14門の大砲でしょう。

自然豊かな中庭が見渡せるサンペドロ要塞の屋上で、その歴史感溢れる姿を目にすることができます。

大砲がある屋上や緑溢れる中庭には、スペイン情緒を残す石畳が敷かれています。当時の悲しい戦いの面影は影を潜め、現在はこの異国情緒溢れる石畳や美しい中庭を目当てに、多くの人々が集まる憩いの場となっています。

さらに夜になるとサンペドロ要塞の敷地内にある街灯の灯りが幻想的な雰囲気を作り出し、現地のカップルが訪れるデートスポットとしても人気の観光地です。

アクセス サントニーニョ教会から徒歩10分(タクシーで「フォート サン ペドロ」と伝えるとよい)
入場料 大人30ペソ/子供20ペソ
開園時間 AM8:00~PM8:45分頃

セブシティの観光スポット②サントニーニョ教会(Santo Niño church)

1565年、スペイン統治時代に建造されたフィリピン最古の教会サントニーニョ教会」。毎週日曜日にはフィリピン全土か熱心な信者が足繁く通う、カトリックの聖地として知られるセブシティの代表的な観光地です。

サントニーニョ教会の見どころは、偉大なる冒険家マゼランから贈られた「サントニーニョ像」でしょう。この像は数々の戦火を切り抜けたとされ、フィリピンカトリックの守護神として人々に愛されています。

サントニーニョ像は教会奥の祭壇に安置されていますが、入場に人数制限が設けられているため、長蛇の列になることも。

毎年1月にはサントニーニョ像を祝う祭典「シヌログ・フェスティバル(Sinulog Festival)」が開催され、セブ島内は国内・海外からの多くの人々で賑わいます。

時期を合わせてセブシティを訪れるのもよいですが、日曜日毎のミサの日に、サントニーニョ教会に集まる人々の美しく神聖な雰囲気を、垣間見るのもおすすめです。

アクセス マゼランクロスから徒歩1分、ITパークからタクシーで15分(タクシーで「サントニーニョ・チャーチ」と伝えるとよい)
入場料 無料
開園時間 AM5:00~PM7:00

セブシティの観光スポット③マゼランクロス(Magellan’s Cross)

1521年に世界一周で有名な冒険家マゼランが、キリスト教発祥の地として記念に建てた木製の十字架「マゼランクロス」5mほどの大きな十字架は、1834年からサントニーニョ教会のすぐ横にある「八角堂」と呼ばれる御堂内に保管されています。

マゼランクロスの見どころは、八角堂内の天井に描かれる美しい絵画。当時のセブ領主であるフマボン王やファナ王女、臣下800人がキリスト教徒として初の洗礼を受けた様子が、細部にわたって描かれています。

木製の十字架は「万病に効く」と言い伝えられ、削り取って持ち帰る人が後を絶たないために、現在は木製のカバーで覆われています。

マゼランクロスで売られる蠟燭は1本10ペソ。蝋燭には火を付けず、クロスの台座の上にそっと置いて祈りをささげてみましょう。

アクセス サントニーニョ教会に隣接、セブ市庁舎City Hall正
入場料 無料
開園時間 AM5:00~PM6:45(金曜日のみAM4:00~PM9:00)

このように、セブ島にはキレイなビーチや離島以外にも、様々な歴史的なスポットがたくさん点在しています。セブシティ内に滞在する場合は、離島をめぐるアイランドホッピングツアーやマリンアクティビティも送迎込み利用できるツアーもたくさんあるので、ぜひ自分に合ったツアーを探してみてくださいね。

セブシティの観光スポット④コロンストリート(Colon Street)

セブ島内の下町であり、激安ローカルショッピングエリアとして有名な通り「コロンストリート」。フィリピン名物ジプニーや馬車などがあちこちに行き交い、雑多な東南アジアのローカルな雰囲気を味わいたい方にも、コロンストリートはおすすめしたいスポットです。

コロンストリートの両サイドは所狭しと露店が並び、見ているだけでも十分に楽しめます。価格は驚くほど安いので、話のタネにフィリピン土産としてもいかがでしょう。

お店の人たちとの値段交渉も思いきって楽しんでください!

すり

<注意点>

コロンストリートは先にご紹介した「サントニーニョ教会」や「マゼランクロス」から近いこともあり、地元の人々に混じって観光客の姿が目につきます。

そんな買物を楽しむ観光客の財布や携帯電話を狙ったスリストリートチルドレンが多く、注意が必要です。対策として「鞄は抱えるように前にもつ」「むやみに携帯を鞄から出さない」こと。

アクセス サントニーニョ教会から徒歩5分程度(ショッピング目的の場合はタクシーに「メトロ コロン」と伝える)

セブシティの観光スポット⑤カルボンマーケット(Carbon Market)

マーケット

セブ島の台所と呼ばれる巨大市場「カルボンマーケット」。前述の「コロンストリート」と繋がっており、魚や肉、野菜、果物などの露店が並ぶ市場として有名です。現在は衣類や雑貨などなんでも入手することができます。もちろん、こちらもすべてローカルプライスで超格安。日本では高値の南国フルーツであるドリアンやマンゴーも、カルボンマーケットでは驚くほどの安価で売られています。ほかの食材と違って洗えばそのまま食べられるフルーツは、カルボンマーケットで一番のおすすめです。本場南国フルーツの味をぜひお試しあれ!

<注意点>

地元の人々の生活を垣間見れるカルボンマーケットは、一度は見ていただきたい観光スポットのひとつです。ただローカルな市場ということもあり、朝夕は食材を買に求める人々で大賑わい。

コロンストリート同様、混雑した人々の隙を狙ったスリ被害を避ける為にも「鞄は抱えるように前にもつ」、「むやみに携帯を鞄から出さない」などの基本的な注意は忘れないようにしましょう。もちろん、夕方以降は犯罪に巻き込まれないためにも、決してこの付近には近づかないでください。

アクセス マゼランクロスから徒歩5分 コロンストリート付近
営業時間 日暮れまで営業している店が多い/日没と同時に店畳みが始まる

セブシティの観光スポット⑥道教寺院(Taoist Temple)

道教

ここまで紹介した徒歩圏内の5つとは異なり、道教寺院は次に紹介する「山頂展望トップス」へ行く道中にあります。山の道中にあるので標高が高く街を一望できる景色も美しいです。

道教寺院は高級住宅街「ビバリーヒルズ(!)」と呼ばれる小高い丘の上にあります。
1972年、戦後中国から移り住んだ「華僑」からの寄付によって建設された、中華系の御寺「道教寺院」。寺院内には華僑が崇拝する中国の思想家「老子」の教えの内容(教義)が祭られ、熱心な参拝者の姿をたびたび目にすることができます。

色鮮やかな複雑な形をした3つの建造物が合わさった道教寺院は、教会が多いフィリピンの中でも名物的な存在といっても過言ではないでしょう。

99段の階段を上がり本堂へ向かうと、天気が良い日にはマクタン島やセブシティを一望できるのも見どころの一つ。

毎週水曜日と土曜日に道教の儀式がある寺院内では、木片を使った占いが有名です。占いは願い事をしながら2枚の木片を投げ、両方とも表の場合は願いが叶う、というシンプルなもの。

セブシティを訪れた記念に、あなたの願いを占ってみるのも一興かもしれませんね。

<注意点>

道教寺院で帰りのタクシーを見つけるのは困難です。ドライバーと料金交渉の上、現地で待機してもらい、帰りも同じタクシーを利用しましょう。すべての料金は最期に支払います。

アクセス ITパークから車で20分ほど(タクシーで「チャイニーズ テンプル イン ビバリーヒルズ」と伝えるとよい)
入場料 無料
開園時間 24時間

セブシティの観光スポット⑦夜景展望台トップス(TOPS)

トップス

セブシティ観光で絶対に外せない夜景スポットトップス」。トップスはブサイヒルズと呼ばれる山頂にある広大な展望台のことで、セブシティはもちろん、マクタン島の街並みを一望することができます。

それもそのはず、トップスはなんと海抜2000フィート(610m)に位置し、晴れた日の日中には海を挟んだオラゴン島やボホール島までも見渡すことができるのです。

そんな日中の景色もおすすめですが、ここでご紹介するトップスの夜景はとにかく一見の価値あり!この夜景観賞は夕方5時頃にトップスへ到着するように向かうとよいでしょう。

ちょうどその頃になると、力強い太陽が地平線へと沈んでいく姿を見ることができます。また、トップス内には、バーやカフェなどが併設されています。

山頂にあるトップスは夜になると気温が下がるので上着を一枚もっていくとよいでしょう。

<注意点>

トップス付近でタクシーを捕まえることはほぼ不可能です。ドライバーと料金交渉の上で現地で待機してもらい、帰りも同じタクシーを利用しましょう。

すべての料金は最期に支払います。

アクセス セブシティから車で30分ほど(バスなどの公共交通機関がないため、タクシー利用がベスト)
入場料 100ペソ
開園時間 24時間
タビナカ限定

セブシティ観光におすすめの安心で便利なホテル3選

ホテル

マクタン島リゾートエリアでのんびり南国気分を満喫するよりも、観光やショッピングを思いっきり楽しみたいアクティブ派の方には、アクセス重視のセブシティ滞在がおすすめ。

ここからは、セブシティの中でも特に立地が良く、大型ショッピングモールや人気レストランへも好アクセスな人気ホテルを3つ紹介します。

マリオットホテル(Cebe City Mariott Hotel)

セブシティのビジネスパーク中心に位置し、どこにアクセスするにも非常に便利な「マリオットホテル」。特筆すべきは、セブ島内最大級ショッピングセンター「アヤラモール」と隣接していることです。

日用品が揃うスーパーはもちろん、洋服や雑貨、レストラン、カフェ、映画館などがギッチリと詰まった観光客にも大人気の最先端モール。そんな、“なんでもござれの”ショッピングモールと直結しているマリオットホテルに滞在すれば、セブ島での時間も有意義に過ごせることは間違いないでしょう。

ホテル内も至れり尽くせりのサービスが満載です。観光に疲れた夜にはサウナやプール、マッサージで疲れた体を労わって。ラウンジやプール・バーでは、ライブショーを観賞しながらお酒を楽しまれても。

セブシティ最高級のマリオットホテルで、のんびりと贅沢なセブシティライフはいかがでしょう。どんなタイプの旅の方にもおすすめしたいホテルです。

アクセス セブシティ・ダウンタウンまで車で10分、マクタン国際空港まで車で30分
住所 Cardinal Rosales Avenue, Cebu City, 6000, Philippines
チェックイン/チェックアウト PM3:00/PM0:00
総客室数 301室

マルコポーロ(MARCO POLO PLAZA CEBU)

夜景展望台「トップス」に行く道中に位置し、セブシティで唯一の5つ星ホテル「マルコポーロホテル」。喧騒とは無縁の静かな場所にありながら、ITパークやJYスクエアへは、車で5分ほど。

さらに大型ショッピングモールへは、無料シャトルバスが定期的にでているので安心です。マルコポーロホテルはトップスの近場にあるだけに、ホテル内から見える景色が抜群です。

日中はセブシティを一望でき、晴れた日にはボホール島まで見渡せます。客室は山側、海側が用意されていますが、どちらからの景色もあなたに違った美しさを見せてくれるでしょう。

マルコポーロホテルの魅力はそれだけではありません。地元の若者や観光客にも人気が高いルーフトップバーのBleu Barは特にイチ押し。全体が薄いブルーの光に包まれ、幻想的でロマンチックな雰囲気を醸し出すこのバーは、デートスポットとしてもおすすめです。

それ以外にもホテル内にはさまざまなサービスが盛りだくさん。広々とした子供用プールやキッズクラブ、託児所もあるのでお子様連れのご家族にも向いています

特に言葉に不安がある方は、至るところに日本語表示があるマルコポーロホテルは安心ですね。

アクセス マクタン国際空港から車で25分、ITパークやJYスクエアは車で5分
住所 CEBU VETERANS DRIVE, NIVEL HILLS, APAS,CEBU CITY,6000, Philippines
チェックイン/チェックアウト PM2:00/PM0:00
総客室数 329室

クエストホテル(Quest Hotel and Conference Center)

日本人観光客に大人気の「クエストホテル」。その人気の理由は大きくあげて2つあります。

1つ目は大型ショッピングセンター「アヤラモール」が目の前にあること。その距離わずか徒歩5分。お買い物やレストラン、美容院、映画館などとにかく何でも揃っているので、滞在中の時間のロスを大幅にカットできそうです!

人気の理由2つ目は、マリオットホテルやマルコポーロホテルに比べて、コスパが断然によいこと。価格の割に、一流ホテルに引けをとらない清潔感やスタッフの対応は抜群!

プールやフィットネス、託児所サービスなどの施設設備もひととおり揃っています。もちろんセキュリティー面も安心で、「道教寺院」や「サントニーニョ教会」へも車で20分ほど。

アクセス良し、コスパ良し。滞在が少し長くなる方や、費用を抑えたい方にクエストホテルはおすすめです。

アクセス ダウンタウンまで車で10分、マクタン国際空港まで車で30分
住所 Archbishop Reyes Avenue, Cebu City 6004, Philippines
チェックイン/チェックアウト PM3:00/AM11:00
総客室数 427室

セブ島人気アクティビティランキング1~3位

最後に、「セブ島」での人気ツアーランキングを紹介します。ぜひ今後の旅行プランをたてる上で参考にしてくださいね!

第1位:ジンベイザメと泳ぐシュノーケリング体験+秘境カワサン滝

タビナカオリジナルルートで、遭遇率100%を誇る野生のジンベイザメと一緒に泳げるツアーです!シュノケーリング後は、秘境の滝壺でたっぷりとマイナスイオンを浴びて癒されましょう。ホテルまでの往復送迎&日本語ガイド付きなので初セブ旅行の方にもオススメのツアーです。

タビナカ限定

第2位:ジンベイザメと泳ぐシュノーケリング

セブ島最南端のオスロブでジンベイザメと一緒に泳げるツアーです!タビナカで最も人気があるツアーの一つで、セブ旅行者に特にオススメのツアーです。日本語での対応が可能なので、英語が苦手な方にもオススメです!

タビナカ限定

第3位:アイランドホッピング体験

長い桟橋が有名なナルスアン島と高い透明度を誇るヒルトゥガン島、セブを代表する2つの島で、シュノーケリングを楽しめるツアーです。フォトジェニックな白い砂浜と真っ青な空を満喫しましょう!

セブ島には、他にも秘湯温泉ツアー、エステなどのリラクゼーション体験も充実しています。まだ現地で何をするのか決まっていない方は、セブ島で何ができるのか、まずは探してみませんか?自分に合った楽しみ方を見つけて、充実した旅行を過ごしてくださいね!

RECOMMEND セブ島のおすすめ記事

【セブ島で夜遊び】男性が喜ぶセブのナイトスポットを満喫!キャバクラからビキニバーまで…料金や場所もご紹介!

リゾート観光地として人気を集めているセブ島ですが、今回紹介するのは定番の海ではなく、セブ島の夜遊び事情です。日本では味わうことのできないような、東南アジアらしい夜の活気に溢れたセブ島の夜遊びについて紹介していきます。また…

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事