" />

ハワイのスカイワイキキは海まで一望できるルーフトップ!バックバーやハッピーアワーもおすすめ!

グルメ
141views

ハワイの景色を眺めながらゆっくりお酒を楽しみたい。できればお洒落な場所で… そんな願いを叶えてくれるスポットをお探しの方は、ワイキキにあるルーフトップ”スカイワイキキ”はいかがでしょうか。

ホテルやビルが立ち並ぶ街並みとその先に広がるワイキキビーチ、美しいサンセットに夜景など、訪れる時間によって様々なハワイの姿を楽しめるスカイワイキキは、移りゆくハワイの光景を存分に感じられる場所。そこで今回は、ハワイのルーフトップラウンジ”スカイワイキキ”を徹底解説!気になる情報を1つずつ見ていきましょう。

ハワイ・スカイワイキキとは?

ワイキキビジネスプラザの19階にあるスカイワイキキは、ビストロとバーを兼ね揃えた2015年創業のルーフトップラウンジ。冒頭でもお伝えしましたが、スカイデッキから見えるワイキキの景色は素晴らしく、空中庭園にいるかのような気分にさせてくれます。

それもそのはず、スカイワイキキは実際に空中に張り出すように設計されているため、ここから見渡せる水平線や空全体にかけての光景は迫力があり、とても広々と感じられます。サンセットやワイキキの夜景も美しく、ダイヤモンドヘッドやタンタラスの丘まで眺めることができるスカイワイキキ。大晦日には、カウントダウン花火もここから見ることができます。

気になるお料理は、これまでに数々の賞を獲得しているエグゼクティブシェフ”ランス・コサカ”氏監修によるもの。コサカ氏は上階にあった姉妹店、回転式展望レストラン”トップオブワイキキ”の料理も兼任していたハワイを代表するシェフの1人です。

そのほか南国らしいオリジナルカクテルも数多く用意されており、テラスだけでなく店内の席も魅力的なスカイワイキキは、ハッピーアワーや週末のライブ演奏も定評あり!平日から週末まで様々なシチュエーションで楽しむことのできる、おすすめのルーフトップラウンジです。

スカイワイキキの上階にあった回転式展望レストラン”トップオブワイキキ”は、創業から55年もの間ハワイのアイコン的存在として皆に親しまれてきましたが、残念ながら新型コロナウイルスの影響により2020年6月をもって閉店しました。

ハワイ・スカイワイキキへの行き方

スカイワイキキが入っているワイキキビジネスプラザは、たくさんのショップが立ち並ぶカラカウアアベニューに位置しており、ワイキキの中心部からは徒歩でアクセス可能です。スカイワイキキがある19階へはまずエレベーターで18階へ。その後エスカレーターを使い19階へと上がってください。

ホノルル方面からTheBusを利用する場合は、「Kuhio Ave + Seaside Ave」が最寄りのバス停。2、13、19、20、42番のバスが停まります。ここから徒歩3分です。

スポット名 SKY Waikiki
住所 2270 Kalakaua Avenue, Honolulu, Hawaii 96815
電話 +1 808 979 7590
定休日 無休
営業時間 17:00〜23:00(金・土曜日は24:00まで)
サイトURL https://waikikibusinessplaza.com/dining/

ハワイ・スカイワイキキのおすすめメニュー

ハワイの人気シェフ”ランス・コサカ”氏が監修するビストロメニューは、毎日21時30分まで提供されています。メニューの数はあまり多くはありませんが、多国籍なエッセンスを取り入れたインターナショナルキュイジーヌは、ここハワイの気候にもぴったりです。

アヒポケ&アボカドムース

スパイシーなアヒポケとアボカドムースを組み合わせた一品は、前菜としてまず最初に注文したいメニューの1つ。その名の通りマグロの切り身をスパイシーなソースで味付けし、まろやかなアボカドと一緒にいただくお料理ですが、非の打ち所がないパーフェクトな一品です。1杯目のビールのお供にいかがでしょうか。

スパイシー・ガーリックシュリンプ

メニューを見ただけで惹かれてしまうスパイシー・ガーリックシュリンプ。こちらはあえて料理の説明はいらないかと思います。ハワイではB級グルメとして親しまれているガーリックシュリンプ。特にノースショアのフードトラックは有名ですが、スカイワイキキでも外せない人気メニューです。

キングクラブ・テンプラ

日本ではお馴染みの天ぷら。スカイワイキキで提供されるキングクラブ・テンプラは、タラバガニを中心にシシトウやレンコンの天ぷらを、スウィートチリアイオリソースまたは、蒲焼きマヨソースでいただきます。日本の天ぷらとはひと味違いますが、ハワイならでは美味しい一品です。

シズリング・サーフ&ターフ

ハワイの定番料理ともいえるサーフ&ターフ。サーフ&ターフとは、シーフードと赤身のお肉を組み合わせた料理のことで、ハワイをはじめアメリカのレストランでよく見かけるメニューの1つです。

スカイワイキキのサーフ&ターフは、レモングラス風味のシュリンプとステーキのコンビネーションをブラックペッパーソースでいただきます。シズリングの意味はジュージュー、つまりは熱々の鉄板でサーブされます!

スライダートリオ・サンプラー

スカイワイキキのメニューに、ガーリックチキンスライダー、ロブスターロールスライダー、照り焼きポークスライダーの3つの小さなサンドイッチがあります。どれを選ぼうか迷ってしまった時は、一皿で3つの味が楽しめるスライダートリオ・サンプラーがおすすめ。

サンドイッチに使用しているパンは、キングスハワイアンのスウィートブレッド。ハワイでは超有名なベーカリーです。ふわっと柔らかく、一口食べると口の中に広がるほんのりとした甘さが特徴的なスウィートブレッドは、スカイワイキキのスライダーとも相性ばっちり。ぜひお試しください。

ハワイ・スカイワイキキのハッピーアワー

スカイワイキキのハッピーアワーは、カラカウアデッキとスカイラウンジのバーコーナーにて毎日実施されています。メニューは限られるものの、ビールやハウスワインは4ドル(428円)で、スカイタイやピナコラーダなどのカクテルは7ドル(749円)で楽しむことができます。

これは、通常メニューよりビールで2〜3ドル、カクテルに関しては半額以下のプライス!フードも対象のものは3〜6ドルほどお得に注文することができますよ。バーコーナーのみとはいえ、スカイワイキキのハッピーアワーは17時から21時までと長時間。そのためサンセットを見ながら食事の前に一杯することもできますし、食後にバーコーナーへ移りお酒を楽しむことも可能です。

サンセットは季節によっては真正面に太陽が沈みます。水平線に沈む夕日を眺め、映りゆく空の色を感じ、夜にワイキキのビル群が輝きだすその時間帯までハッピーアワーを楽しむことができるスカイワイキキ。本当におすすめです!

ハワイ名物の花火に関してですが、スカイワイキキからは先述した通り、年越しにワイキキビーチで行われるカウントダウン花火(パーティーに参加必須)については見ることができます。がしかし、毎週金曜日に行われているヒルトン花火は、残念ながらビルの影に隠れて見ることはできません。

ハワイ・スカイワイキキのバックバー

スカイワイキキにはバックバーと呼ばれるスピークイージースタイルのバーがあります。金曜日と土曜日の18時から24時にのみオープンするバックバーは、喧騒から逃れてゆっくりお酒を楽しみたい方におすすめの場所。入店には事前予約とシークレットコードが必要ですが、そのパスワードをエントランスで提示すると、スタッフが裏手にある隠し扉まで連れて行ってくれます。

1920年代の禁酒法時代に生まれたスピークイージーという言葉は、当時のもぐり酒場を意味し、現代ではそのような隠れ家バースタイルのお店のことを指します。スカイワイキキのバックバーは元々はVIPルームだった場所。意外にも、一歩中に入るとソファー席もある開放的な空間となっています。

また、バックバーを担当しているカリスマミクソロジスト”ジェニファー・アクリル”さんが作るオリジナルカクテルも評判でどれも美味しい。メニューにあるカクテル以外にも、好みを伝えるとその場で作ってくれます。さらには、彼女はとてもポジティブなエネルギーに溢れた人。そのサービスのおかげで本当に気持ちの良い時間を過ごすことができます。

ハワイ・スカイワイキキのウィークエンドライブ&カラオケルーム

毎週土曜日に開催されていたナイトクラブが、2019年をもって終了したスカイワイキキ。2020年からは代わりにウィークエンドライブが行われています。地元のミュージシャンによるライブ演奏は、木曜日から土曜日の18時から21時まで

自分が歌い手側に回りたい方は、カラオケルームの利用はいかがでしょうか。あまり知られていませんが、スカイワイキキにはセミプライベートルームで使用できるカラオケルームがあります。予約が必要ですが、少人数でのパーティーにもおすすめです。

ハワイ・スカイワイキキの平均予算&チップ

スカイワイキキの平均予算とチップに関しても見ていきましょう。ハワイの中では比較的リーズナブルに楽しめるスカイワイキキ。ハッピーアワーを利用することでさらに価格を抑えることも可能です。(※価格は2020年7月現在 / 日本円は1ドル107円換算)

平均予算

平均予算は、2人で来店しお酒を各2杯、食事を3皿注文した場合で、だいたい130ドル(13,910円)前後です。ここにプラス消費税4.712%とチップが必要。トータル日本円で17,000円ほどみておくと良いでしょう。

ハッピーアワーを利用した場合は、消費税とチップを入れて日本円で13,000円くらい。参考に、おすすめメニューで紹介した料理の価格を以下に記しておきます。ドリンクに関してはハッピーアワーの項目をご覧ください。

  • アヒポケ&アボカドムース  19ドル(2,033円)
  • シズリング・サーフ&ターフ  42ドル(4,494円)
  • スパイシー・ガーリックシュリンプ  36ドル(3,852円)
  • キングクラブ・テンプラ  39ドル(4,173円)
  • スライダートリオ・サンプラー  23ドル(2,461円)

チップ

スカイワイキキのチップに関してですが、特別なサービスをお願いしない限り15%で問題ありません。計算が面倒な場合は、伝票のサイドにチップの金額が記載されているので参考にすると良いでしょう。

また、チップは現金のほかクレジットカードでも支払い可能です。クレジットカードで支払う場合は、伝票にチップと合計金額を記入し店員さんに渡しましょう。後ほどチップ込みの金額に訂正し精算し直してくれます。

ハワイ・スカイワイキキの予約方法

スカイワイキキの予約方法は、電話や公式サイトのほか、レストランサイトの”OpenTable”からも予約可能です。OpenTableは日本語にも対応しているため英語が苦手な方でも大丈夫。スカイデッキなど席の希望等ある方は、リクエスト欄への記入を忘れないようにしましょう。

ただ、スカイワイキキのテラスは天気が左右します。中のラウンジも雰囲気が良いので雨が降っても問題ありませんが、スカイワイキキの魅力は何といってもこの景色。どうしてもテラスを利用したい場合は、現地に到着してから天気予報をチェックし、現地で予約するのがベターです。

がしかし、サンセットを見たい観光客が多いため、オープン直後にいっぱいになることも多いスカイワイキキ。観光シーズンにハワイに訪れる方は、日本から予約を入れておいた方が良さそうです。

ハワイ・スカイワイキキのドレスコード

スカイワイキキはドレスコードが設けられています。スカイデッキでのサンセットタイムは緩めですが、ディナーの時間帯やバックバーに訪れる場合は、リゾートカジュアルを推奨されていますのでお気をつけください。

男性は襟付きシャツとロングスラックスを、軽めの素材などでカジュアルに。女性は気持ちドレスアップ程度で大丈夫です。以前はナイトクラブがあったため、特に週末の夜はドレスコードが厳しかったのですが、2020年からはウィークエンドライブに変わりドレスコードも緩くなっています。

ただし、緩めのサンセットタイムでも、ビーチウェアやタンクトップ、スポーツウェア、ベースボールキャップなどはNGです。また、ラウンジを利用する場合は冷房が強いため、真夏でもカーディガンなど羽織れるものがあると良いでしょう。

ハワイ・スカイワイキキの年齢制限

気になる年齢制限ですが、スカイワイキキは未成年のお子様が一緒でも問題ありません。ドレスコード同様に、こちらも以前ナイトクラブがあった頃は、週末は21歳以上など制限がありましたが、現在はウィークエンドライブに変わったため、週末でもご家族などでカジュアルに利用できるようになりました。

ただし、ハワイの法律では日本と違いお酒が飲めるのは21歳になってから。日本人は若く見られることが多いため、念のためパスポートなどIDを持参するようにしましょう。また、以前よりカジュアルなお店になったとはいえ、夜のスカイワイキキはある程度大人の空間になります。もしお子様がまだ小さい場合は、サンセットタイムなど早めの時間帯を利用すると良いでしょう。

スカイワイキキでお洒落にサンセットタイム

スカイワイキキは、開放感のある景色とサンセット、ワイキキの夜景をお洒落に楽しめるルーフトップですが、価格がリーズナブルなところも嬉しいポイント。ドレスコードはあるものの、ちょっと背伸びする程度に用意するだけで十分なため、緊張せずリラックスして過ごすことができます。

スカイデッキだけでなく、週末のライブ演奏やラウンジも居心地が良く、ハワイのファッショナブルな空間を楽しむことができるスカイワイキキ。さらには秘密の扉の向こうに広がるバックバーも、ぜひ体験したいおすすめの空間です。

皆さんも次のハワイでは、美味しいお酒と共にワイキキの移りゆく光景をここスカイワイキキで楽しんでみてくださいね!
(※記事内で使用している写真はすべてイメージ画像です。)

RECOMMEND オワフ島(ホノルル)のおすすめ記事

RELATED ARTICLES グルメカテゴリの関連記事