" />

ヒルトゥガン島の魅力紹介!セブ島アイランドホッピングの定番スポット!

観光
10423views

セブ島の定番アクティビティ「アイランドホッピング(もしくはアイランドピクニック)」の人気の行き先である「ヒルトゥガン島」をご存知ですか?ヒルトゥガン島は、アイランドホッピングの人気の島々の中でも変わった特徴を持つ島です。

いくつかの方法で実際にヒルトゥガン島に行ってきましたので、実際の島の様子や行き方をまとめました!

また、本記事を紹介しているタビナカでは、日本語ガイドによる海外ツアーを3,000プラン以上提供しています。で何を体験しようかな?と悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてください!

>>>セブ島の人気アクティビティはこちら

セブ島の離島ヒルトゥガン島の基本情報

ヒルトゥガン島は無人島ではなく、人口1000~2000人ほどが住む小さな島です。周辺の海は海洋保護区に指定されており、透明度がとても高く、船の上からでも魚が鮮明に分かるほどです。海の美しさがヒルトゥガン島の最大の特徴です。

セブ島のアイランドホッピングツアーでも人気のヒルトゥガン島は、マクタン島の港にもっとも近く、船で20分ほどで行けるアクセスの良さも人気の理由です。

セブの離島ヒルトゥガン島のアイランドホッピングツアーでは島に上陸せずに、船からヒルトゥガン島周辺の海で楽しむというパターンも多いです。

セブ島周辺の海でも随一のきれいな魚がみられるスポットで、魚の種類と数が本当に多いです!シュノーケリング初心者でもたくさんの魚と一緒に泳げます。

また入島して島を歩くと島民の素朴な生活を見ることができます。子連れの文化体験としても人気です。

シュノーケリングをする際に支払う必要がある費用は150ペソで、料金に入島料も含まれていますので、上陸に追加のお金は不要です。

セブの離島ヒルトゥガン島への行き方

セブのアイランドホッピングツアーで人気のヒルトゥガン島は、マクタン島の港から船で向います。ここでは2パターンの訪れ方を紹介します。

旅行者はほとんどツアーで参加することが一般的ですが、費用を抑えたい方向けに自力での行き方も紹介します。

【自力での行き方】ヒルトゥガン島への船を手配する方法

セブ島に長期に滞在している方や、何度も訪れている方は自力でアイランドホッピングツアーの手配をすることが多いです。マクタン島には無数の船を出している会社があり船一艘の料金になるので、自力のアイランドホッピングツアーを申し込むと交渉次第でかなりお得な料金になります。

セブ島やヒルトゥガン島現地の方々との直接交渉になりますので、現地文化や言語に慣れていない日本人旅行者にはハードルが高い手段です。

セブ島現地でアイランドホッピングの予約をする1つ目の方法は、事前にマクタン島のボート会社に電話をして船の予約をする方法です。その場合、もちろん日本語は通じませんから、英語か現地語かで交渉することになります。

セブ島やヒルトゥガン島でアイランドホッピングの予約をする2つ目の方法は、マクタン島の港に行って当日船を直接交渉する方法です。船会社やダイビングショップなどでボートのオーナーに掛け合うか、直接船の船長を見つけます

アイランドホッピングでヒルトゥガン島に行きたい旨を伝えて、料金や昼食などのオプション内容を交渉。とにかく船さえ予約できれば、後はどこの島でも連れて行ってくれます。

どちらのパターンでも料金相場は変わりません。船の料金は行き先の島によって変わりますが、ヒルトゥガン島の場合、料金の相場は10人まで乗りの小型ボートで2000~3000ペソです。

船の料金には操縦士とスタッフ1~2名が含まれています。

【ツアーでの行き方】ヒルトゥガン島ツアーに参加する方法

セブ・ヒルトゥガン島のアイランドホッピングツアーに訪れる旅行者は、日本から旅行会社のツアーを申し込んでいくことが一般的です。ヒルトゥガン島ツアーの料金は10,000円前後が相場

日本語で申し込みができますし、信頼できる船会社で内容もわかっているので安心です。

ツアーでは通常ホテルまで車で送迎に来てくれて、船の手配もしてあり、島に入るための手続きもしています。また入島料やランチもツアーに含まれており、船上でのお昼ごはんや島でのBBQなどができます。

また、在住の日本語ガイド付きのセブ島アイランドホッピングツアーだと、アイランドホッピングだけでなく、おすすめレストランやお土産など、セブ島旅行全体についても良いアドバイスがもらえることも嬉しいです。

セブの離島ヒルトゥガン島のツアーでは、たいていヒルトゥガン島のみに行くアイランドホッピングよりも、他の島と組み合わせて2島を訪れるパターンが多いです

ヒルトゥガン島とお隣の島「ソルパ島」に上陸してBBQや、ヒルトゥガン島+人気の島「ナルスアン島」などの組み合わせが特に人気です。

このように、セブ島の周りにはキレイなビーチがある離島が点在しています。

セブシティ内からこのような離島をめぐるアイランドホッピングツアーや、マリンアクティビティ体験ができる送迎込みのツアーもたくさんあるので、ぜひ自分に合ったツアーを探してみてくださいね。

>>>セブ島の人気アクティビティはこちら

セブの離島ヒルトゥガン島へ行く日の1日の流れ

こちらではセブのヒルトゥガン島アイランドホッピングツアーの一日の流れをご紹介していきます。ヒルトゥガン島以外の島はどの島でも基本的に同じような行程になります。

7:30 セブ市内のホテル出発

セブ市内の宿泊先ホテルにお迎えの車が来るので、車に乗ってマクタン島の港に行きますセブ市内から45~60分マクタン島のホテルからは20~30分かかります。

船酔いにもなりやすいので、空腹よりも少し朝食をお腹に入れておいた方がいいでしょう。ホテルの朝食が間に合わなければ、お弁当に詰めてもらうか、行きの車でファーストフードなどに寄ってもらって朝ごはんを手に入れます。

9:00 マクタン島の港を出発

バンカーボートと呼ばれる船に乗り込みマクタン島の港から島に向かって出発です。開放感あふれる小舟で風を感じることができます。

9:30 ヒルトゥガン島の海でシュノーケリング

ヒルトゥガン島に到着しますが、まずは海の中で船を止めてシュノーケリングを体験します。お魚がいっぱいで感動します。パンを持っていくと魚が集まってきて非常にかわいらしいです。

セブ島の海洋保護区では場所によっては使用料がかかり、お金を徴収にきます。ツアーの場合はツアー代金に含まれていますのでガイドが全て処理してくれるので、気にする必要はありません。

10:15 ヒルトゥガン島上陸、村散策 

ヒルトゥガン島に上陸して、島の中を散策します。のどかな村があり住民がいて、子どもたちがたくさん遊んでいます。

子どもが物売りに来ることもあります。ヒルトゥガン島に上陸をせずに次の島に行くパターンもあります。

11:00 ヒルトゥガン島出発

ヒルトゥガン島を後にして別の島に向かいます。

11:30 2つ目の島の手前で船上ランチ

お昼頃に差し掛かり、船上でランチをするツアーも多いです。次の島がナルスアン島の場合などは、飲食持ち込み禁止という事情があるからです。

船上でBBQをしたり、フィリピンの地元料理を食べる体験は南国感満載です。

12:30 2つ目の島上陸

島に上陸して思い思いの時間を過ごします。船上でランチではなく、島のレストランで食事をしたり、美しいビーチでまったり過ごしたり、島を散策したりと、特徴に応じて過ごし方もいろいろ。

マイペースな過ごし方ができるのが、セブ・ヒルトゥガン島アイランドホッピングツアーの良いところです。

14:00 2つ目の島出発

マクタン島からの距離によって出発時刻も違いますが、再び船に乗ってマクタン島への帰途につきます。疲れた方は、帰りは船でお昼寝してナイトライフに備えて休憩をとってもいいですね。

15:00マクタン島到着

マクタン島の港に到着します。着替えをして、車でホテルに送ってもらいます。

16:00 セブ市内のホテルへ到着

セブ市内への帰りは渋滞に巻き込まれるので、行きよりも時間がかかります。夕食のレストランの予約などは余裕をもって設定しておきましょう。

セブの離島ヒルトゥガン島の3つの楽しみ方

セブのアイランドホッピングツアーで人気のヒルトゥガン島では、どのように過ごせば良いのでしょうか?ヒルトゥガン島で主な楽しみ方3つを紹介します。

シュノーケル


ヒルトゥガン島は海洋保護区に指定されており、魚の数と種類の多さはセブ島随一。ヒルトゥガン島の海はNo.1シュノーケリングスポットとも称されるほどです。

海に慣れていなくてもカラフルな熱帯魚がたくさん見られますよ。泳ぎが苦手な方でも、船にライフジャケットの貸出し一式もついていて、誰でも簡単にできるのでおすすめです。

エメラルドグリーンに輝く海は時間によって海の色が変わります。船上から見るだけで海の美しさを感じられますが、ぜひ海の中へ入ってその美しさを存分に味わってみてはいかがでしょう。

ダイビング

透明度抜群で深さもある海ですので、シュノーケルと同様にダイビングもとても人気です。ダイビングのライセンスがあれば、ぜひ体験してみてください。

ライセンスがなくても、体験ダイビング付きのツアーもあります。海面近くのシュノーケリングとはまた異なる種類の魚が見られますよ。

ヒルトゥガン島内散策


ヒルトゥガン島は、シュノーケルだけで終えて上陸しないツアーも多いですが、島の散策もおすすめです。

他の人気の島「パンダノン島」「ナルスアン島」などのリゾートアイランドと違い、ヒルトゥガン島は田舎のたたずまいが残る村が広がっていて、島の人の暮らしを見ることができます。学校もあり元気な子供達の笑顔がたくさん見られて印象的です。

また島独特のお土産も買えます。リゾート感は一切無いですが、文化体験も兼ねて子連れ旅行で上陸する方も多いです。

セブの離島ヒルトゥガン島にはレストランもあり

アイランドホッピングツアーで人気のセブの離島ヒルトゥガン島には、レストランもあります。島には2箇所の入り口があり「ヒルトゥガン島」というメインの看板がある方から入ると、100名以上入れる大規模なレストランが1つだけあります

ナルスアン島の桟橋ほど長くないですが、島入り口とレストランを結ぶ桟橋も撮影スポットです。

さらに進んだ島の横側に船をつけられる場所があり、そちらから入るとすぐに村となります。どちらの港から入っても全て陸続きになっているので歩いて双方を訪れることも可能です。

セブの離島 ヒルトゥガン島と合わせて訪れたい島

セブ島のアイランドホッピングツアーに行くからには、人気の島を合わせて訪れるのが定番です。ヒルトゥガン島と一緒に訪れられることが多い島をご紹介します。

 ナルスアン島

ヒルトゥガン島アイランドホッピングツアーの組み合わせでは1番バランスが良いとされており、人気も満足度も高い組み合わせです。位置的にヒルトゥガン島は、ナルスアン島とマクタン島の間に位置し、アクセスもちょうど良いです。

ナルスアン島は長い桟橋がランドマークのリゾートアイランドです。海岸より300mは海が浅いので船が直接島に付けられず、沖に桟橋をつくって繋げており、これがとてもフォトジェニックな風景です。

リゾート用の島なので、島内はとても清潔。コンパクトで島内を歩いても10分ぐらいで横断できます。

まさに南国の楽園という風情でしょう。桟橋がある側はシュノーケリングポイントで魚の数も多いです。桟橋の逆側は、遠浅すぎてシュノーケリングはできません。引き潮時には、1kmほど遠浅な海が続きます。

過ごし方としては、ビーチチェアでカクテルを飲みながら、ビーチでまったり過ごすのもおすすめです。島にはしっかりしたきれいなレストランもあり、宿泊施設もあります。

ソルパ島

ソルパ島は10~15分で行けるマクタン島から最も近い島です。ヒルトゥガン島からも10分ほどで着きますので、セブのアイランドホッピングツアーにおすすめです。

ソルパ島は無人島で、オランゴ島の人が管理しています。遠浅の海で引き潮時には隣のオランゴ島まで歩いていけます。遠浅すぎて、シュノーケリングはできません。

ソルパ島の過ごし方として一般的なのは、島内ビーチで行うBBQランチです。ツアーですと、コテージを借りてBBQが一般的です。お酒も飲みながら、きれいな海のそばでBBQを満喫することができます。

セブの離島ヒルトゥガン島の注意事項

食べ物・飲み物持ち込み禁止

ヒルトゥガン島は島内への食べ物や飲み物の持ち込みは禁止です。

日焼け注意

非常に日差しが強いので、日焼け止めやサングラスなどを忘れないように用意しましょう。日焼け防止のためのラッシュガードを持っていくのもいいですね。

羽織物

水から上がると水着だけでは寒いこともあるので羽織モノを持っていった方がいいでしょう。セブは冷房が強い場所が多く、どこに行くにしても羽織物は非常に役立ちます。

虫除け

ヒルトゥガン島やソルパ島は虫が多いです。上陸する場合は、虫除けがあれば安心です。

現金決済

ヒルトゥガン島では島らしい雑貨系のお土産やココナッツジュースが島内で売っており、人によってはお金を使う場面もあります。大金は持っていかない方がいいですが、少しの飲食代用に小銭入れあれば便利です。

カードは基本的に使えずに現金決済onlyです。

物売り

ヒルトゥガン島でよく問題になるのが物売りです。アイランドホッピング中の船に、たとえ上陸をしなくても船に乗り込んできて魚介類や土産物を売りにきます。

また上陸してもしつこく物を売りにきます。そしてボッタクリとも言える高額な値段をふっかけてきます。日本人観光客は強く断れず、買ってしまう傾向があります。

ツアー会社の周旋で物売りが来ているわけではないですが、船も島民と良好な関係を築いていないと島に行きにくいので許している現状です。ウニや海産物はそれなりにおいしいので、興味があれば購入すればいいですがきっぱり断っても、また値切っても大丈夫です。

セブの離島ヒルトゥガン島人気アクティビティランキング1~3位

最後に「ヒルトゥガン島」での人気ツアーランキングを紹介します。ぜひ今後の旅行プランをたてる上で参考にしてくださいね!

第1位:ヒルトゥガン島&ソルバ島アイランドホッピング

【allblue催行】フィリピン ヒルトゥガン&ソルバ島アイランドホッピングツアー!体験ダイビング付きのツアーの画像

ダイビング体験の後は、ヒルトゥガン島&ソルバ島に上陸するツアーです!BBQ付きのプランなので、じっくり離島を満喫したい方にオススメです♪

>>>人気ランキング第1位「アイランドホッピング」の体験はこちら

第2位:ナルスアン島&ヒルトゥガン島アイランドホッピング

【セブ島】 帰着地アレンジ可能!絶景のナルスアン島&ヒルトゥガン島でアイランドホッピング体験ツアー!《日本語ガイド/船上ランチ付き》のツアーの画像

島よりも長い桟橋が有名なナルスアン島とヒルトゥガン島を回るアイランドホッピングツアーです!セブを代表するこの2島でのシュノーケリングは誰もが一度は体験する必見のアクティビティです♪

>>>人気ランキング第2位「アイランドホッピング」の体験はこちら

第3位:シュノーケル体験

【セブ・アイランドホッピング】海洋保護区「ヒルトゥガン島」でカラフルな魚たちと感動シュノーケル!|Go Pro貸出可!のツアーの画像

ヒルトゥガン島の海洋保護区エリアでシュノーケリングできるツアーです!魚の種類が豊富なので、多種多様なお魚たちやサンゴに出会うことができますよ。バンカーボートにのんびり揺られながら、ゆったりとアイランドホッピングを楽しみましょう!

>>>人気ランキング第3位「シュノーケル」の体験はこちら

セブ島には、他にも秘湯温泉ツアー、エステなどのリラクゼーション体験も充実しています。まだ現地で何をするのか決まっていない方は、セブ島で何ができるのか、まずは探してみませんか?自分に合った楽しみ方を見つけて、充実した旅行を過ごしてくださいね!

>>>セブ島の人気アクティビティはこちら

RECOMMEND セブ島のおすすめ記事

【セブ島で夜遊び】男性が喜ぶセブのナイトスポットを満喫!キャバクラからビキニバーまで…料金や場所もご紹介!

リゾート観光地として人気を集めているセブ島ですが、今回私が紹介したいのは定番の海なんかじゃありません。旅行好きの男性の皆さん!セブ島の夜遊び事情は気になりませんか!?セブ島の夜は、ちょっぴり大人な世界が広がっているんです…

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事