セブ島の言語は何語?観光で役立つ簡単フレーズを紹介!

現地情報
39445views

フィリピン・セブ島は、英語留学やリゾートスティに最適な場所として、今注目を集めています。セブ島で話される言語は英語のイメージが強いかもしれませんが、実は他のフィリピンの島々とは別の言語も話されています!

今回は、セブ島で話されている言語・ビサヤ語について紹介していきます。セブ島の言語や文化を最低限知っておくことは、さらに充実した滞在にする上で重要なポイントです。セブ島観光で使える簡単フレーズもぜひ参考にしてください。

本記事を紹介しているタビナカでは、日本語ガイドによる海外ツアーを3,000プラン以上提供しています。セブ島で何を体験しようかな?と悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてください!

タビナカ限定

フィリピンの公用語は「タガログ語」

フィリピンでは、タガログ語が公用語として使用されています。しかし、7,000以上の島で構成されるフィリピンでは、島によって独自の言語が発達しています。その結果フィリピン国内には、100以上もの言語が誕生しました。

日本でいう方言かと思いきや、似ている部分はあるものの、それぞれがまったく別の言語となっています。

そのため、フィリピン人同士でも会話が通じないこともあるのだとか。同じ国の人なのに会話に困ることがあるのは、不思議な感じがしますね。

フィリピン・セブ島の言語は「セブアノ語」

セブ島で使われる言語は、ビサヤ語(セブアノ語)になります。

セブ島の人たちが視聴するテレビはタガログ語で放送されているため、セブ島出身のフィリピン人はタガログ語も話せますが、普段日常生活で使用している言葉はビサヤ語です。

フィリピン中部に位置するビサヤ地域の中では、さらにいくつかの言葉が使われています。そのため、セブ島で話されている言葉はビサヤ語の中のセブアノ語と言われています。関西弁の中の大阪弁や京都弁といったイメージというと、わかりやすいかもしれません。

フィリピン・セブ島の人は英語も話せる

フィリピンの中学校・高校ではEOP(English Only Policy)の元、英語のみで授業が進められています。

フィリピンのテレビでは、アメリカの番組が字幕や吹き替えなしで放送されており、小さい頃から英語に触れる環境が身近にあります。そのため、フィリピン人は英語が話せるのが一般的です。

もともとセブアノ語と英語には共通点が多いこともありますが、基本的にフィリピン人の語学力はバイリンガル以上と言われています。セブ島の英語留学が人気である理由がうかがえるでしょう。

セブ島言語の簡単フレーズ①挨拶編

日本で外国人に話しかけられたら嬉しいですよね?この気持ちはフィリピン人も一緒!

流暢でなくてもセブ島の言語で話しかけると、セブ島の人たちは笑顔で親切に対応してくれますよ。セブ島の言語を覚え、フィリピン人との距離をグッと縮めてセブ島観光を満喫しましょう!

まずは簡単な言葉からスタートです。普段からよく使う言葉なので、意識して使っていくだけですぐに覚えられます。

セブ島の言語の基本!挨拶編
  1. ありがとう: Salamat(サラーマット)
  2.  どういたしまして:Way sapayan(ワイ サパヤン)
  3. おはよう: Maayong buntag(マアヨン ブンタン)
  4. こんにちは:Maayong hapon(マアヨン ハポン)*ハポン単体は日本人という意味です。
  5. こんばんは: Marayong gabie(マアヨン ガビィ)

セブ島言語の簡単フレーズ②応対編

セブ島観光中に、お店やレストランなどで店員を呼ぶときなどに使える、便利なフレーズを紹介します。

セブ島の言語の基本!応対編
  1. 男性への呼びかけ
    Kuya(クヤ)
  2. 女性への呼びかけ (お店で定員さんを呼ぶ際に使います)
    Ate(アテ) 
  3. はい 
    Oo(オオ)
  4. いいえ 
    Dili(デレ)
  5. お願いします
    Palihug ko(パリホグ コ)
  6. すみません
    pasayloa(パサイヨア)
  7. 問題ありません
    Okay ra way problema(オッケーラ ワイ プロブレマ)

フレンドリーな人が多いセブ島は、初めて訪れる旅行者にもおすすめの旅行先です。言葉の不安がある場合は、オプショナルツアーを使うのもオススメ!シュノーケリングなどの人気マリンアクティビティはもちろん、秘湯温泉ツアー、エステなどのリラクゼーションも充実しているので、自分に合った体験を探してみてくださいね。

タビナカ限定

セブ島言語の簡単フレーズ③注文編

セブ島のレストランやマーケットなどで注文するときは、セブ島の言葉で数字や値段の聞き方を覚えておくと、よりスムーズに進みます。とてもシンプルで簡単なので、ぜひ覚えておきましょう。

セブ島で注文に使える言葉
  1. 1つ: Usa(オサ)/2つ:Duha(ドハ)/3つ:Tulo(トロ)
  2. いくらですか? Pila?(ピラ)

セブ島言語の簡単フレーズ④形容詞編

セブ島の言語で簡単な形容詞を覚えておくと、自分の気持ちを伝えやすくなり、セブ島の人とのコミュニケーションがよりスムーズになります!ぜひいくつか覚えて、セブ島観光中は積極的に使っていきましょう。

セブ島観光で便利な形容詞フレーズ
  1. かわいい:Gwapa(グワパ)
  2. おいしい:Lami(ラミ)
  3. お腹が空いた:Gigutom(グートン)
  4. 眠い:Katogon(カトゥルゴン)
  5. 痛い:Agay(アガイ)
  6. 疲れた:Gikapoy(カポイ)
  7. 大きい:Dako(ダコ)
  8. 小さい:Gamay(ガマイ)

セブ島言語の簡単フレーズ⑤観光編

セブアノ語に慣れてきたら、観光の際に使える少し長い文章も覚えていきましょう。写真を頼む際やタクシーに行き先を告げる際など、ぜひ使ってみてくださいね。

便利なフレーズ
  1. 写真を撮ってください。
    Palihug ko pikturi ko(パリホグ コ ピクチョリ コ)
  2. ○○まで行ってください。
    Sa(サ)○○?
  3. 席は空いていますか?
    naa pay bakante(ナア パイ バカンテ)
  4. 私は日本人です。
    Ako kay hapon(アコ カイ ハポン)

セブ島言語を覚えて観光を満喫しよう

フィリピンは多くの島で構成されていることから、国内でも100以上の言語が使用されています。ビサヤ地域の中の一つの島であるセブ島では、ビサヤ語の中のセブアノ語という言語を使用しているのが特徴です。

セブ島を訪れる際はセブアノ語の挨拶などを少し覚えておくと、セブ旅行がさらに充実しますよ。今回の記事を参考に、ぜひセブアノ語を使ってみてください!

旅行プランを計画しよう!

ここまで言語について紹介してきましたが、現地で何を体験できるのかも旅行先を決める上で重要です。

まだ旅行先を迷っているようでしたら、現地ならではの体験を探して、どのように現地で過ごすのかイメージを膨らませておきましょう。全世界のツアー・体験を3,000プラン以上扱う「タビナカ」では、セブ島だけでなく、世界中のビーチリゾート・観光名所に関する体験を取り扱っています。ぜひ次の旅行前に、何をするのか参考にしてみてくださいね。

タビナカ限定
タビナカ限定

RECOMMEND セブ島のおすすめ記事

【セブ島で夜遊び】男性が喜ぶセブのナイトスポットを満喫!キャバクラからビキニバーまで…料金や場所もご紹介!

リゾート観光地として人気を集めているセブ島ですが、今回紹介するのは定番の海ではなく、セブ島の夜遊び事情です。日本では味わうことのできないような、東南アジアらしい夜の活気に溢れたセブ島の夜遊びについて紹介していきます。また…

RELATED ARTICLES 現地情報カテゴリの関連記事