" />

バンコクでムエタイ観戦!人気スタジアムや料金を徹底ガイド!

アクティビティ
865views

バンコク観光で外せないのがムエタイ観戦!ムエタイはタイの国技で、キックボクシングのような格闘技です。

おすすめ観戦スタジアムとして「ラチャダムヌーン・スタジアム」「ルンピニー・スタジアム」の場所や料金を詳しくご紹介します。またムエタイ体験ができるジムもあわせてチェック!

タイの国技・ムエタイとは?

タイの国技・ムエタイは、400年以上もの歴史があるといわれている格闘技です。

かつて領土拡大のための戦いにて、ムエタイをベースとした格闘技を実践していたほか、13世紀のスコータイ王朝時代には、軍の実践格闘技として取り入られていたとされています。

その後はタイの学校でもムエタイの授業が導入され、広く浸透していきました。

ムエタイの特徴は、力強いキックやひざ蹴りに加え、肘で相手を攻撃する肘打ちと、相手の首に手を回し組む首相撲を取り入れている点です。

ムエタイと同じようなイメージを持たれがちなキックボクシングは、日本発祥の格闘技で、肘打ちや首相撲は禁止といった違いがあります。

ムエタイは危険な技である肘打ちと首相撲をOKとしているため、より激しい試合展開が特徴です。

最近では、タイを訪れた観光客の間でもジムでムエタイ体験をするというアクティビティが人気となっています。ムエタイ体験ができるジムは、記事の最後に紹介するのでぜひ参考にしてください。

バンコクでムエタイを観戦するならここ!おすすめスタジアム

タイの首都・バンコクにある2大ムエタイスタジアムを紹介します。それぞれ場所や行き方、料金などもまとめたので、本場のムエタイ観戦の際にはぜひ参考にしてください。

ラチャダムヌーン・スタジアム

ラチャダムヌーン・スタジアムは、バンコクの2大ムエタイスタジアムの1つとして知られています。

スタジアムへのアクセスは、BTSラチャテウィー(Ratchathewi)駅またはMRTフアランポーン(Hua Lamphong)駅から、タクシーを利用しましょう。料金の相場は、100バーツ(約350円)ほどです。(2021年3月現在のレートは、1バーツ=3.52円)

渋滞がなければ約30分で到着しますが、スタジアム周辺は渋滞が起きやすいため、時間に余裕を持って早めに向かうことをおすすめします。

ラチャダムヌーン・スタジアムでのムエタイ試合は、基本的に毎週月曜・水曜・日曜の18時30分からと、木曜の18時から開催されます。

チケットは4種類あり、窓口または事前に公式ホームページからの購入が可能です。

リングサイドの席は、名前の通りリングに非常に近く、迫力満点のムエタイ試合を間近で鑑賞できるため、人気の席です。ビールを飲みながら、大歓声に包まれる白熱のムエタイ試合を観戦できます。

食事はスタジアム周辺のローカル屋台で可能ですが、衛生面が気になるところも多いため、事前にコンビニなどで購入し持参するのがおすすめです。

スタジアムの入り口付近にはショップがあり、ムエタイグッズが購入できます。

英名 Ratchadamnoen Stadium
住所 8 Ratchadamnoen Nok Rd, เเขวง วัดโสมนัส Pom Prap Sattru Phai, Bangkok 10100
営業時間 18:00~22:00
休日 火曜、金曜、土曜
入場料 リングサイド:2,000バーツ、クラブクラス:1,800バーツ、セカンドクラス:1,500バーツ、サードクラス:1,000バーツ
HP https://rajadamnern.com/

ルンピニー・スタジアム

バンコクのもう1つのムエタイ聖地が、ルンピニー・スタジアムです。ドンムアン空港の近くに位置しており、BTSモーチット(Mochit)駅からタクシーで10分ほどでアクセスできます。

チケットの料金は、ラチャダムヌーン・スタジアムと同様に席によって値段が異なります。チケット売り場近辺では、ガイドのようなスタッフが日本語でチケットの説明をしてくれることもあるので、当日の英語の対戦表をもらいましょう。

リングサイドの席には若者や外国人が多く、観光客でも鑑賞しやすい雰囲気が特徴です。

試合前後や合間には、スタジアム内の食堂で食事をとれるほか、ショップでムエタイグッズを購入することもできます。

英名 Lumpinee Boxing Stadium
住所 6 Ram Inthra Rd, Anusawari, Bang Khen, Bangkok 10220
営業時間 火曜と金曜:18:00~23:00、土曜:16:00~19:00 20:00~24:00
休日 月曜、水曜、木曜、日曜
入場料 リングサイド:2,000バーツ、2階席:1,500バーツ、3階席:1,000バーツ
HP https://www.lumpineemuaythai.com/

ムエタイ試合の流れ

ムエタイの試合は5ラウンド制となり、1ラウンド3分でラウンドの間には2分の休憩をはさみます。一度入場料を払うと全てのラウンドが鑑賞可能で、途中の入退場も可能です。全試合の所要時間は、4時間ほどを見ておくと良いでしょう。

試合前には、伝統音楽の生演奏に合わせて、選手がワイクルーという踊りをします。ワイクルーは、選手が師匠などに感謝を示すために踊るもので、内容は選手ごとに異なります。

試合開始とともに、会場内は一気に大きな熱気に包まれます。まわりの観客と一緒に大きな声援を送りましょう。

試合が終わり選手が退場する際には、選手に声をかけると一緒に写真を撮れることもあります。会場内は人が密集しているため、貴重品の管理には十分気をつけましょう。

ムエタイ体験ができる!おすすめジム

バンコク市内では、ムエタイ試合鑑賞だけでなく、自分自身もムエタイ体験ができるジムがあります。今回は、観光客にもおすすめのムエタイ体験ができるジムを2つ紹介します。

マスター・トゥデイ・ムエタイ・アカデミー(Master Toddy Muay Thai Academy)

マスター・トゥデイ・ムエタイ・アカデミーは、タイ国政府教育省と国際ムエタイ協会の認証を受けたムエタイジムとして、数多くの優秀なムエタイ選手を輩出してきました。

現在はムエタイの普及を目指し、観光客へのムエタイ入門コースを用意しています。性別や年齢、ムエタイ経験を問わず、誰でもムエタイを体験できるのが特徴です。

1時間または2時間のマンツーマンコースとなっており、2時間以上のコースを修了すると、タイ政府の認定証をもらえます。

BTSベーリング(Bearing)駅からタクシーで6〜7分、徒歩では27分ほどでアクセス可能です。

住所 55, เขต แบริ่ง 103-109 Sukhumvit 107 Rd, Bangkok, Amphoe Mueang Samut Prakan, Samut Prakan 10270
営業時間 平日と土曜:9時〜12時、14時〜21時、日曜:14時〜19時
休日 なし
電話番号 +66-2-743-3372
HP https://www.mastertoddy.com/

ロンポー・ムエタイジム(Rompo Muaythai Gym)

ロンポー・ムエタイジムは、日本人オーナーの神田氏が運営しているジムです。観光客には、ムエタイの1日体験コースが人気で、500バーツ(約1,760円)で受講できます。熟練のトレーナーが個人のレベルに合わせて指導してくれます。

MRTクイーンシリキット・ナショナル・コンベンション・センター(Queen Sirikit National Convention Center)駅から、徒歩12分でアクセス可能です。

住所 Rompo Mansion, Khwaeng Khlong Toei, Khlong Toei, Bangkok 10110
営業時間 月曜〜土曜:16時〜18時30分、日曜:18時〜20時
休日 なし
料金 リングサイド:2,000バーツ、クラブクラス:1,800バーツ、セカンドクラス:1,500バーツ、サードクラス:1,000バーツ
HP https://muaythai-bkk.com/

バンコクにはムエタイ体験のほかにも、人気のアクティビティがいっぱい!アクティビティについては、別記事「タイ・バンコクのおすすめアクティビティ12選!子供も大人も大満足!」で、詳しくご紹介します!

バンコクのムエタイ観戦・体験情報まとめ

タイの国技であるムエタイについて、紹介しました。バンコクでは本場のムエタイを観戦できるスタジアムがあるほか、実際にムエタイ体験ができるジムも豊富に揃っています。

ちょっと変わったバンコク観光を楽しみたい方や、ムエタイなどの格闘技ファンの方は、ぜひチェックしてみてください!

WRITER natsumi
パリ在住、"WORK HARD, TRAVEL HARDER"がモットーのフリーランスライター。旅先ではカフェで人間観察するのが好きです。workhard-travelharder.com 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND タイのおすすめ記事

RELATED ARTICLES アクティビティカテゴリの関連記事