" />

セブ島でデイユース利用可能なリゾートホテル7選!

観光
13092views

高級リゾートホテルをリーズナブルに利用できる「デイユース」。なんとなく聞いたことはあるけれど、よく分からないことも多いですよね。

そこで今回はそもそもデイユースって何なの?という疑問にお答えして、セブ島でデイユース利用できるオススメのリゾートホテルをご紹介します。セブ観光には耳寄りな情報ばかりなのでお見逃しなく!

本記事を紹介しているタビナカでは、日本語ガイドによる海外ツアーを3,000プラン以上提供しています。セブ島で何を体験しようかな?と悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてください!

>>>セブ島の人気アクティビティはこちら

セブ島のデイユースってどういうシステム?


ホテルのデイユースサービスとは、ホテルの客室を宿泊せずに日帰りで利用することです。もともとはビジネスマンが会議や商談で利用したり、飛行機のトランジットの合間に利用するのが主な利用目的でした。

しかしここセブでは、アクティビティを満喫するためにリゾートホテルを利用することができるんです。宿泊すると1泊3~5万円もするようのリゾートホテルの施設が使い放題!ということで、特に旅慣れた人が最近よく利用されています。

せっかくの旅行なので非日常を味わいたい!でもなるべくリーズナブルに!そんな贅沢な希望を叶えることができるのが、セブ島リゾートホテルのデイユースなんです。

セブ島のデイユースで利用できるサービス

では、デイユースを利用するとどんなサービスが利用できるのでしょうか?ホテルによって若干違いがありますが、主に以下のサービスを利用することができます。

  1. リゾートホテルのプールが使い放題!
  2. プライベートビーチでまったり滞在!
  3. 美味しいビュッフェで舌も心も満足!

リゾートホテルに宿泊する最大の目的は、プールやビーチなどのアクティビティを満喫することではないでしょうか。デイユースを利用すれば、わずか数千円でリゾートホテルのビーチやプールが使い放題

さらにはホテルの豪華なビュッフェまでもついてくるんです!これは絶対に見逃せませんよね。

それでは実際にセブ島でデイユースが利用できるオススメのホテルをご紹介していきましょう。

セブ島でデイユース可能なホテル①シャングリ・ラ・マクタンリゾート&スパ

セブ島NO.1の5つ星ホテルと言えば「シャングリ・ラ・マクタンリゾート&スパ」です。プライベートビーチはもちろん、広大なプールや高級感溢れるスパが自慢のホテル、実はデイユース利用も可能。

デイユースの利用可能時間は9時〜21時まで。料金は下記の2パターンとなっています。

大人 平日3600ペソ(約7500円)  土日祝:4600ペソ(約9600円)
大人 平日5100ペソ(約10600円)  土日祝:6100ペソ(約12700円)

さすが最高級の5つ星ホテルというだけあり、料金設定も少し高めです。ただし、ハイシーズンには1日5万円以上するホテルですし、この料金には朝食orランチorディナーのビュッフェつき

そう考えるとリーズナブルだと思いませんか?それではこのホテルで利用できるオススメのアクティビティもご紹介しましょう。

ホテルのプライベートビーチを一人占め!

ホテルに入ったらまずはビーチフロントを散策しながらシャングリ・ラ海洋生物保護地区へと向かいましょう。エメラルドグリーンの海に飛び込めば、カラフルな魚たちや珊瑚礁など多くの海洋生物が彩る「天然の水族館」を楽しむことができます。

フライフィッシュやシュノーケリングといった各種アクティビティも充実しているので、興味あるものがあれば、参加してみてはいかがでしょうか。

真っ白な砂浜が広がるプライベートビーチでは本を読んだり、美味しいカクテルを飲んだりと日常を忘れゆったりと過ごすのがオススメ。木の椅子に寄りかかり、思いっきりリラックスしちゃいましょう!

五感で感じる癒しをあなたに!

リゾートホテルで疲れた体と心をゆったりと癒やしたい、という方ににオススメしたいのがホテル内にある「CHI・スパ」です。

CHI・スパではボディマッサージエクササイズ・ストレッチ、ハイドロセラピーに心を解放するメディテーションなど、さまざまなメニューが用意されています。

プライバシーもしっかり確保された個室で過ごす癒しの時間はまさに至福のひととき。二人で利用できるカップルビラもあるので、恋人との旅行や新婚旅行にもピッタリですね。

セブ島にはこのようなラグジュアリーホテルの他にも、カップルや女子旅にオススメのスポットがたくさん!シュノーケリングなどの人気のマリンアクティビティはもちろん、絶景の夜景スポット、秘湯温泉ツアー、エステなどのリラクゼーションも充実しているので、自分に合った体験を探してみてくださいね。

>>>セブ島の人気アクティビティはこちら

セブ島でデイユース可能なホテル②クリムゾンリゾート&スパ


シャングリラホテルに勝らとも劣らないのが、毎年「Would Ludxury Award」を受賞する一流リゾートホテルの「クリムゾンリゾート&スパ」です。

6ヘクタールという広大な土地にありながら、全てにおいて高級感が漂う施設と最上級のおもてなしを受けることができます。

デイユースの利用可能時間は9時〜18時まで。

大人 平日・日曜2490ペソ(約5200円)
子供 12歳以下無料
その他 大人1名につき子供1名無料
※土曜日のみ2500ペソ

「シャングリ・ラ・マクタンリゾート&スパ」に比べるとぐっとリーズナブルですよね。さらに利用料金が大人1名につき子供1名無料なのも嬉しいところ。家族旅行にもピッタリと言えそうです。

それではこちらのホテルで利用できるアクティビティもご紹介していきましょう。

海と空とプールが一体になる景色!

このホテルの最大の目玉が、海とプールがまるで続いているように見える「インフィニティプール」です。目の前には息を飲むほど美しいブルーの世界!プールに入りながら見る海はまた格別です。

そしてなんとこちらのデイユースプランではドリンクが無料なので、好きなドリンクを飲みながらプールサイドのビーチチェアでまったりと過ごすのもステキですよね。

もちろんプールだけではなくプライベートビーチに繰り出すのも忘れないでください。ここのビーチの透明度も非常に高く、カラフルな魚たちがたくさん見られます。ホテルのビーチスタッフがエサ用のパンをくれるので、それを撒きながら泳ぐとびっくりするほどの数の魚たちが自分の周りに集まってきますよ。

旅の記念に水中カメラを用意すると良いかもしれませんね。

サンセットビューで大人の時間

1日遊んで疲れた体をホテル内にある「アズールプールバー」で休めるのはどうでしょうか?こちらのバーにはソファ席があり、ゆったりとしながら美味しいお酒とキレイな景色を楽しむことができます。

特にオススメなのが夕暮れの時間帯。オレンジ色に染まる海の向こうに沈んでいく夕日の姿は忘れられない旅の思い出になること間違いなし!ですよ。

セブ島でデイユース可能なホテル③モーベンピックホテル

元々ヒルトンホテルだったところをスイスの企業が買い取ったという5つ星ホテルが、こちらの「モーペンピックホテル」です。内装が美しいのはもちろんのこと、外観はまるでお城のよう!

夜のライトアップされた姿には思わず息を飲みます。そんな一流ホテルにも関わらず、デイユースの価格はとてもリーズナブル

大人:平日2000ペソ(4200円) 土日2500ペソ(約5200円)/子供:平日1000ペソ(約2100円) 土日1500ペソ(3150円)
大人:2800ペソ(約5900円)/子供:1400ペソ(約2900円)

普通デイユースと言うと日中だけの利用に限られていますが、モーペンピックホテルは夜も利用できるのが最大の特徴ですね。

どちらのプランにもビュッフェがついていますから、気楽にリゾート気分を味わいたい方にオススメしたいホテルです。

海に浮かぶレストラン

モーペンピックホテル内にあるプールの先に進むと、プライベートビーチの上に浮かぶレストランが見えてきます。こちらのレストランではいただけるのはお肉を串焼きにしたシュラスコ料理

2500ペソでワインが飲み放題になるので、お酒が好きな方にはうってつけかもしれませんね。他にも日替りでDJや地元の人によるライブが楽しめるのも魅力です。

セブ島でデイユース可能なホテル④マリバゴブルーウォーター


ヴィラ形式のホテルで南国感漂うのが「マリバゴブルーウォーター」です。こちらのデイユースの人気のポイントはコストパフォーマンスの良さにあり!

設備はラグジュアリーではないもののしっかりと充実しており、同レベルのホテルと比べて値段が安いのが魅力です。

月〜木曜日 1700ペソ(約3500円)
金〜土日祝 2000ペソ(約4200円)

こんな値段で南国リゾートをたっぷりと楽しめちゃうんですから、人気なのも納得ですよね。

無人島で感じる「非日常」

マリバゴブルーウォーターの敷地内になんと、小さいながらも細長く続くプライベートアイランドがあるんです。島にはヤシの木が生えており、まさに私たちが想像する南国の島そのもの!

普通に生活をしていたら、プライベートアイランドで過ごすなんて夢のまた夢…。しかしここなら手軽に、しかもお得に現実のものとなるんです。一度訪れてみる価値がありますよ。

贅沢スパでリフレッシュ!

思いっきり遊んだあとは、ホテル自慢の「アムマスパ」で心いくまで癒されませんか?マリバゴブルーウォーターにはスパ専用の建物があり、落ち着いた空間の中で安心して施術を受けることができます。

スパには2人用の部屋もあるのでカップルにもピッタリですね。メニューも充実していて、アムマヒロットトラディショナルヒロット指圧スエディッシュマッサージなど。

心地よくて夢のような時間を過ごすことができます。

セブ島でデイユース可能なホテル⑤プランテーションベイリゾート&スパ

海のように広大なラグーンプールを囲むように客室が建ち並ぶホテルが「プランテーションバイリゾート&スパ」です。外から見るとまるで海に浮かんでいるかのよう。

青と白を基調のした外観も可愛らしいホテルです。デイユースの利用時間は9時〜17時まで。

大人 平日2000ペソ(約4200円)  土日祝:2500ペソ(約5200円)
子供 半額

ホテルの敷地内にはヤシの木が茂っており、とてもナチュラルな感じがします。建物自体にも自然素材が使われており、高級リゾートでありながらどこか懐かしい感じが疲れた体を癒やしてくれます。

東京ドーム2個半ほどの広大な敷地を持つため、騒音とはかけ離れた静かな時間を過ごすことができるでしょう。

思いっきりアクティビティを楽しもう!

プランテーションバイリゾート&スパはアクティビティが充実!

ホテルから一歩も出ずに遊ぶことが可能です。カヤックやシュノーケル、ダイビングなどのウォータースポーツだけではなく、 パターゴルフにテニスやセグウェイなどの陸上のアクティビティを楽しむこともできます。

他にもフィットネスセンタービリヤードダーツなどなど、数え切れないほどのアクティビティが待ち構えていて、どれを楽しもうか悩んでしまうほど!

たくさん遊んだ後にはスパで疲れを取るも良し、レストランで食事も良し。と1日を通して楽しい時間を過ごすことができますよ。

セブ島でデイユース可能なホテル⑥Jパーク アイランド リゾート&ウォーターパーク

大型のウォータースライダーなどの設備の整ったプールがあり、カップルはもちろん家族連れにも人気のホテルがここ「Jパーク アイランド リゾート&ウォーターパーク」です。

ウォーターパークと銘打っているとおり、長さ120mと150mの2本のスライダーと螺旋を描きながら落ちるスペースボウルなどを備えたプールは大人も一日中楽しめます。デイユースの利用時間は9時〜17時まで。

大人 3500ペソ(約7300円)
子供 1750ペソ(約3600円)

値段は少しお高めですが、プールの規模はセブ最大級!しっかり遊んで元を取っちゃいましょう!

プールだけじゃない!「楽しい」が溢れる空間

こちらのオススメはもちろんプールですが、それ以外にも楽しめる施設がいっぱい揃っています

敷地内にはカジノやスパジムにキッズクラブ、その他にもゲームセンターやレストランといった、大人にも子供にも嬉しい施設がずら〜り!万が一プールに飽きてしまっても、他の施設で充分楽しむことができます。

ホテルには日本人スタッフもおりますので、何か困ったことがあれば日本語で丁寧に助けてくれます。日本語が通じるのはやっぱり安心ですよね。

セブ島でデイユース可能なホテル⑦コスタベリャ トロピカル ビーチ ホテル

先程ご紹介したJパーク アイランド リゾート & ウォーターパークより少しランクは落ちるものの、リーズナブルな料金で人気を集めているのが「コスタベリャ トロピカル ビーチ ホテル」です。

大人 1100ペソ(約2300円)
子供 660ペソ(約1400円)

ランチはビュッフェではありませんが、この値段なら全然OK!リゾート気分を味わいたいけど、なるべくリーズナブルに。という方には自信を持ってオススメできるホテルです。

プライベートビーチでゆったり過ごす至福の時間

ホテルの目の前には白砂のプライベートビーチが広がります。白い砂浜とターコイズブルーの海のコントラストは最高!インスタ映え間違いなしのロケーションです。

海水浴やマリンスポーツを楽しむのもちろん良いですが、ヤシの木の影の下で何もせずにゆったりとした時間を過ごすのも贅沢な旅の味わい方ではないでしょうか。

【フライト・ホテル・空港送迎】セブ島3泊4日|ジンベイザメとシュノーケルorアイランドホッピングツアー選択可!

セブ島でデイユース利用可能なリゾートホテルまとめ

大きなプールやプライベートビーチを有する高級リゾートホテルで過ごすのは、南国リゾートのまさに醍醐味!そんなセブを代表するリゾートホテルをお手軽に楽しめるのがデイユースです。

「デイユース」と聞くとなんとなーくお昼過ぎまでかな?と想像していたのですが、どこのホテルも夕方18時ごろまで、もしくは遅いところであれば22時までゆったりできると知って本当に驚きました。美しい夕日だけではなく夜景まで楽しめるだなんて、本当に贅沢ですよね。

セブ島を訪れた際にはぜひ「デイユース」を利用して、南の島の至福のひと時を過ごしてみてくださいね!

旅行先は、”何をするのか”もあわせて計画しよう!

ここまでセブ島での過ごし方について紹介してきましたが、現地で何を体験できるのかも旅行先を決める上で重要です。

まだ旅行先を迷っているようでしたら、現地ならではの体験を探して、どのように現地で過ごすのかイメージを膨らませておきましょう。全世界のツアー・体験を3,000プラン以上扱う「タビナカ」では、セブ島だけでなく、世界中のビーチリゾート・観光名所に関する体験を取り扱っています。ぜひ次の旅行前に、何をするのか参考にしてみてくださいね。

>>>世界中の人気アクティビティを探してみる

RECOMMEND セブ島のおすすめ記事

【セブ島で夜遊び】男性が喜ぶセブのナイトスポットを満喫!キャバクラからビキニバーまで…料金や場所もご紹介!

リゾート観光地として人気を集めているセブ島ですが、今回紹介するのは定番の海ではなく、セブ島の夜遊び事情です。日本では味わうことのできないような、東南アジアらしい夜の活気に溢れたセブ島の夜遊びについて紹介していきます。また…

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事