" />

タイ・バンコクの交通事情・乗り方まとめ!タクシー・電車・バス・レンタカーなど

航空券・移動
646views

タイ・バンコク観光の主な交通手段は、BTS(高架鉄道)・MRT(地下鉄)・ARL(エアポートリンク)などの電車とタクシー、レンタカーの3種類です。今回は、そんなタイの交通情報と乗り方&料金についてわかりやすくご紹介します!

また、タイ郊外の観光時に便利な、タイ国鉄の鉄道情報も必読です!

タイ・バンコクの交通手段1:タクシー

タイ・バンコクの観光時に便利な交通手段が、現地のタクシーです。タイには乗用車タイプのタクシーのほか、トゥクトゥクと呼ばれる三輪車タイプのタクシー、トラックを改造したソンテウと呼ばれる乗り合いタクシーがあります。

ここでは、乗用車タイプのタクシーの乗り方や注意点について解説します。

タクシーのメリット・デメリット

タイ・バンコク観光時にタクシーを利用するメリットは、以下の通りです。

  • タイ国内のほとんどの場所で走っている
  • キャリーケースやお土産など荷物が多い時に便利
  • 公共交通手段が少ない観光地でも移動しやすい

タイ・バンコクのタクシーは、海外旅行に出かける機会が少なく、公共交通手段での移動が不安な人におすすめの交通手段です。

しかし、タイ・バンコク国内を走るタクシーには、以下のデメリットもあります。

  • 観光客を狙ったぼったくりが横行している
  • 運転手の都合による乗車拒否が多い
  • メーターを使用しないタクシーがいる
  • 通勤または帰宅時間は渋滞に巻き込まれやすい

タイ・バンコクだけではありませんが、海外では観光客を狙って料金を高く請求するタクシーが多くいます。また、時間帯や天候などを理由にタクシーで乗車拒否をされることは日常茶飯事です。

タイ旅行に何度も訪れたことがある人や、タイ語で料金交渉ができる人におすすめの交通手段です。

タクシーの乗車料金

タイ・バンコクを走るタクシーの乗車料金は、初乗り1kmで35バーツ(約120円)と大変リーズナブルです。乗車料金は1kmごとに加算され、走行距離数によって加算料金が異なります。※2021年3月現在のレートは、1バーツ=3.52円

ただし、渋滞時は1分ごとに2バーツ(約7円)ずつ加算されるため、朝や夕方の乗車時はご注意ください。また、空港で利用する際は空港利用料金がかかるほか、高速料金は乗客が実費で支払うなどタイならではのルールもあります。

タクシーの乗り方

  1. 肩くらいの高さで腕をあげ、手のひらを下にして左右に振る
  2. タクシーの助手席または後部座席を開けて、運転手に行き先を告げる
  3. 運転手のOKが出たら、タクシーに乗り込む

タイでは頭が神聖な部分とされており、頭の上で手を振る日本スタイルの乗り方は良く思われません。また、日本のようにすぐに車に乗り込まず、行き先を告げたうえで運転手と交渉しましょう。

タクシー乗車時の注意点

  • 個人タクシーを利用しない
  • 観光地やホテルに停車中のタクシーを利用しない
  • 乗車前にメーターがあるか確認する
  • 行き先をきちんと伝える
  • 小銭を用意しておく
  • 女性は1人で乗らない

イエロー&グリーンのボディカラーの個人タクシーは、トラブルが起きたときに危険なため乗車は避けましょう。また、観光地やホテルに停車する客待ちのタクシーは、乗車料金をぼったくる可能性が高いので注意です。

タイ国内のタクシーはおつりを用意していないため、乗車前にお金は細かく崩しておいてください。さらに、乗客を狙った性犯罪を避けるためにも、女性の1人乗りはおすすめしません。

タクシーの乗車時以外にも、気を付けておくべきことや治安については、別記事「【最新版】タイ・バンコクの治安情報まとめ!気を付けたい7つのポイントとは?」をご覧ください。

タイ・バンコクの交通手段2:電車

タイ・バンコクの公共交通手段である電車には、BTS(高架鉄道)のほかMRT(地下鉄)、空港へ向かうエアポートリンクなどがあります。

電車の種類によって走行エリアや料金に違いがあるため、観光中は目的地によって使い分けましょう。

電車のメリット・デメリット

タイ・バンコクでの電車移動のメリットは、以下の通りです。

  • 営業時間が長く運行間隔も短いので乗りやすい
  • 観光地など主要スポットに駅がある
  • 切符の買い方が分かりやすい
  • 料金がリーズナブル

タイの電車は、日本と同じように自動発券機や自動改札を導入しているため、買い方や乗り方がわからないということは少ないはずです。

また、タクシーに比べて長距離移動でもリーズナブルですので、移動費を節約したい人にもおすすめします。

対して、電車移動のデメリットは以下の通りです。

  • バンコク郊外の駅が少ない
  • 夜中~早朝は運行していない

タイ・バンコクの電車は現地民だけでなく海外の観光客も利用するため、移動時に困ることはまずありません。ただし、タイ郊外の観光地周辺には路線が開通していないことが多く、深夜は運行していないのでご注意ください。

BTS(高架鉄道)

タイ国内で最も使用されている電車のBTS(高架鉄道)は、バンコクでの観光時におすすめの交通手段です。スクンビット線とシーロム線の2路線があり、午前6時~午前0時の間に約3~8分間隔で運行しています。

乗車料金は15バーツ(約50円)から乗車距離によって変動し、切符は駅構内の自動発券機で購入可能です。

BTSの乗車券は1回ごとに使い切るカードタイプの切符と料金をチャージして使うIC乗車券があり、お得な1日乗り放題の乗車券なども販売されています。

BTSの運行情報や料金などの詳細はBTS公式サイトをチェックしてみてくださいね。

MRT(地下鉄)

2004年に開通したMRT(地下鉄)は、バンコク市内を走る地下鉄です。BTSやエアポートレールリンクと連結しているため、バンコク市内の観光地やホテル、空港などの移動に便利な交通手段です。

MRTにはブルーラインとパープルラインの2路線があり、午前6時~午前0時の間に約4~9分間隔で運行しています。

乗車料金は14バーツ(約50円)から乗車距離によって変動し、切符は駅構内の自動券売機で購入可能です。MRTの切符はコイン型のトークンまたはストアード・バリュー・カードと呼ばれるIC乗車券があります。

MRTの乗車料金や運行情報はMRT公式サイトで確認できます。

ARL(エアポートリンク)

ARL(エアポートリンク)は、バンコク市内の観光や空港への移動時に便利な交通手段です。バンコク市内とスワンナプーム国際空港を結ぶ路線で、午前6時~午前0時の間に約12~15分間隔で運行しています。

エアポートリンクの乗車料金は15バーツから45バーツ(約50~160円)で、切符はコイン型のトークンを使用します。

乗車料金や運行情報はエアポートリンク公式サイトをご確認ください。

スワンナプーム国際空港については、別記事「バンコク・スワンナプーム国際空港を徹底ガイド!市内へのアクセス情報も紹介」で、詳しくご紹介します!

タイ・バンコクの交通手段3:バス

タイ・バンコクの公共交通手段であるバスは、電車と同じくタイの現地民の足となっており、観光時にも役立つ交通手段です。

バスのメリット・デメリット

タイ・バンコク観光時のバス利用のメリットは、以下の通りです。

  • 路線が多い
  • 電車が運行していないエリアに行ける
  • 乗車料金がリーズナブル

対してデメリットは以下の通りです。

  • 時刻表を調べる必要がある
  • 路線が複雑で分かりにくい
  • クーラーの付いていないバスがある

バスは路線も多く首都バンコク市内からタイの郊外まで、さまざまな場所に移動したいときに便利です。しかし、バスは路線番号のみで時刻表がなく、事前に運行情報を調べたうえで該当するバスに乗らなければいけません。

また、日本のようにすべてのバスにクーラーが付いているわけではありません。乗車料金が安いので移動時にお金をかけたくないという人は、ぜひ事前に準備をしたうえでバスをご利用ください。

バスの乗車料金

  • イエローのクーラー付きバス:10~12バーツ(約35~40円)
  • オレンジのクーラー付きバス:11~24バーツ(約40~85円)
  • エアコンなしのバス:一律8バーツ(約30円)~

バンコク市内を走る路線バスの料金は、バスの種類や行き先によってそれぞれ異なります。他にもたくさんの路線バスが走っていますので、事前にバスの行き先検索で行き先を入力したうえで指定のバスに乗りましょう。

バスの乗り方

  1. 乗車予定のバス停留所に向かう
  2. バスが来たら手を振り、運転手に乗車をアピールする
  3. バスに乗り、乗車料金を支払う

長距離バスに乗る場合は、以下の乗り方を参考にしてください。

  1. バンコク市内のバスターミナルに向かう
  2. チケット売り場でチケットを購入する
  3. 指定の停留所に向かいバスに乗る

タイの長距離バスはグレードや距離によって、食事が付く場合があります。オンラインチケット予約サイトを利用すれば、バスの事前予約も可能です。

バス乗車時の注意点

  • 指定のバス以外に乗らない
  • 冷房付きのバスでは羽織るものを用意する
  • 路線バスの降車時はブザーを鳴らす

タイのバスターミナルでは、観光客に声をかけて個人運営のバスに乗らせようとする人がいますのでご注意ください。

また、別の路線番号のバスが停車する場合もあるので、バスに乗る前は必ず路線番号と行き先を確認しましょう。

バンコクの交通手段4:レンタカー(あるいはチャーター)

タイ・バンコク観光時の交通手段として、レンタカーまたはチャーターがあります。レンタカーは現地で車を借りて自身で運転する交通手段、チャーターは運転手付きで車を1日レンタルするサービスのことです。

レンタカー(チャーター)のメリット・デメリット

レンターカーまたはチャーター移動のメリットは、以下の通りです。

  • タイ国内のさまざまな場所に自由に行ける
  • 日本車のレンタカーも豊富
  • 料金も比較的リーズナブル

レンタカーまたはチャーターは、タイの公共交通手段が通っていない場所や自由にタイ国内を観光したい人におすすめの交通手段です。

対してデメリットは、以下の通りです。

  • 国際免許の取得が必要
  • 日本と交通ルールが異なる
  • 運転手との意思疎通が難しい

タイで運転するには国際免許を取得したうえで、現地の交通ルールを守らなければいけません。また、現地でタイ人が運転手のチャーターする場合、英語などで意思疎通ができないとトラブルに繋がるでしょう。

レンタカーまたはチャーターの料金

  • レンタカー:1日2,000~5,000円
  • チャーター:1日12,000~20,000円

レンタカーは、借りる車種や日数で料金が変動します。チャーターも車種や時間、運転手の性別や日本語が話せるかどうかで料金が異なりますので、事前に条件と料金を見極めたうえで最適なものを選びましょう。

レンタカーまたはチャーター利用時の注意点

  • 運転前に車に傷がないかをチェックする
  • 返却時はガソリンを満タンにしておく
  • 現地の交通ルールに注意
  • 語学力に合わせた運転手を選ぶ

レンタカーを借りる際は、レンタカー会社とのトラブルを避けるため、事前に車の外装や内装を撮影しておいてください。傷がある場合はきちんと会社にその旨を伝えておけば保証金を支払う必要がありません。

また、運転時は交通ルールを遵守し安全運転を心がけてください。チャーターは運転手との意思疎通が重要なため、外国語に堪能な運転手を選ぶのがおすすめです。

バンコクの交通手段5:タイ国鉄(SRT)

タイ国家が運営するタイ国鉄は、東西南北の4路線を中心にバンコクからタイ国内を走る鉄道の総称です。車両は各駅停車の普通電車のほか、特急や快速などでは寝台列車も運行しています。

タイ国鉄については、別記事「タイ国鉄の乗り方ガイド!チケット予約・購入方法や料金を簡単まとめ」で、詳しくご紹介します!

バンコクの交通事情まとめ

タイ・バンコクで利用できる交通手段についてお伝えしました。旅行初心者さんは料金や乗り方が分かりやすい電車を利用し、トラブルが起こりやすいタクシーやレンタカーは極力避けたほうが良いでしょう。

タイやバンコクの観光を楽しく過ごすためにも、自分に合った交通手段での移動をおすすめします。

RECOMMEND タイのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 航空券・移動カテゴリの関連記事