" />

サンディエゴからラスベガスへの行き方を徹底解説!所要時間や料金目安も要チェック

航空券・移動
422views

サンディエゴからラスベガスへは飛行機やバス、レンタカーなど移動手段の選択肢が豊富にあります。サンディエゴからラスベガスに行きたいけれど、どうやって行こうか迷う方もいるでしょう。ここではそれぞれのアクセス方法のメリットとデメリット所要時間料金などをまとめてご紹介します。

サンディエゴからラスベガスへの行き方①飛行機

サンディエゴからラスベガスまでの行き方のうち、所要時間が一番短いのが飛行機を使っての移動です。サンディエゴ〜ラスベガス間は、デルタ航空のほか格安航空会社(LCC)も運航しており、旅行時期やフライト時間によってはリーズナブルなチケットを購入することもできます。

飛行機での移動となると、空港から宿泊するホテルや観光地までの所要時間も気になるところですが、サンディエゴもラスベガスも空港からメインの観光エリアまでは5マイル(約8km)以内と近くて便利です。

メリット・デメリット

<メリット>

飛行機でアクセスする一番のメリットは、短時間・直行でラスベガスまで移動できるところです。サンディエゴの空港から約1時間半のフライトであっという間にラスベガスに到着。窓側席を取れば、飛行中に都会の美しい景色を楽しめるのも魅力です。特に空から一望するラスベガスの夜景は見とれてしまう美しさです。

<デメリット>

飛行機移動のデメリットは現地の連休中や観光シーズンなど、旅行する時期によってはチケットがかなり高くなるところです。LCCでも荷物を預ける場合や座席を指定する場合は追加料金となり、意外と高くなってしまうことも。液体物などの機内持ち込み制限にも注意が必要です。

所要時間・料金

  • 所要時間:1時間20分
  • 料金:$40〜180(約4,200〜18,800円)

サンディエゴからラスベガスへの行き方②アムトラック(Amtrak)

アムトラックは全米の広い範囲、特にアメリカ大陸横断の際に便利な旅客鉄道です。残念ながらサンディエゴとラスベガス間の直通便はありませんが、乗り継ぎをすれば電車旅を楽しみながら移動することができます。

行き方はいくつかありますが、サンディエゴからロサンゼルスユニオン駅までアムトラックで移動し、そこからラスベガス行きのバスに乗るといいでしょう。全体の移動には10時間以上かかることもあるので、アメリカの電車に乗ってみたくて、時間に余裕がある方におすすめです。

メリット・デメリット

<メリット>

サンディエゴからロサンゼルスユニオン駅までは海沿いを走るため、観光スポットとしても人気の高い様々なビーチを眺められます。車内ではWiFiが使え、カフェ(売店)で軽食やドリンクを購入することも可能(例外あり)。料金も安く、飛行機などに比べて交通費を抑えられます。

<デメリット>

アムトラックを利用してサンディエゴからラスベガスへ行くデメリットは、とにかく時間がかかるということです。ロサンゼルスからラスベガスへのバスは本数がありますが、サンディエゴからのアムトラックは運行数が少ないので事前によく確認して計画を立てる必要があります。

所要時間・料金

  • 所要時間:電車約3時間+バス5〜6時間
  • 料金:電車$35+バス$5〜=計$40(約4,200円)〜

サンディエゴからラスベガスへの行き方③バス

サンディエゴからラスベガスまで安く移動したい場合は、長距離バスの利用という選択肢もあります。直行のエクスプレスバスで約9時間の長旅となり、時間の限られた観光旅行にはあまりおすすめしませんが、バスでゆっくり眠れるという方には、1泊分のホテル代を浮かすことも可能です。

エクスプレスバスでなく複数のバス停に停まるバスもあり、それらは最大15時間かかることもあるので、予約の際によくご確認ください。バスの荷物入れに預けられるスーツケースの数も要チェックです。

メリット・デメリット

<メリット>

バス移動のメリットは交通費を抑えられるということ。夜行便を利用すれば、夜サンディアゴを出発して翌朝ラスベガスに到着するので、ホテル代の節約にもなります。チケットはネットで早めに予約しておくとさらに安く購入できることが多いです。

<デメリット>

サンディエゴからラスベガスまでのバスは、観光ツアーバスなどとしてもよく使われる1列4シートのものです。隣に誰かが座ることもあり、長時間となると窮屈に感じることもあります。また、サンディエゴからラスベガスのルートではマナーの悪い乗客が多いという口コミも。周りの音が気になってよく眠れないかもしれません。

所要時間・料金

  • 所要時間:約8時間40分
  • 料金:$20〜(約2,000円〜)

サンディエゴからラスベガスへの行き方④レンタカー

中短期のアメリカ旅行では、レンタカーを利用して自由に複数都市の観光スポット巡りをするという方も少なくありません。雄大な自然に囲まれた田舎道や高層ビルが立ち並ぶ大都会でのドライブはアメリカ旅行の素敵な思い出のひとつになるでしょう。

一人旅やカップルでは割高となりますが、3〜4人のグループでレンタカーを借りればレンタル費用もガソリン代もシェアできてお得感があります。サンディエゴから15号線にのってラスベガスまで北上するのが最短ルートです。

メリット・デメリット

<メリット>

レンタカーを利用すれば、サンディエゴからラスベガスまでの道中に観光スポットに立ち寄ったり、買い物をしたりと臨機応変にプランを変更できます。少し遠回りにはなりますが、アンザ・ボレゴ砂漠州立公園やソルトン湖に立ち寄るルートも旅行者に人気です。複数人でシェアすれば一人あたりが支払う費用も抑えられ、飛行機よりお得に。

おすすめショッピングモール付きカジノの情報はこちらで詳しく解説!「ラスベガスで得するお買い物はココ♩ショッピングモール・アウトレット12選

<デメリット>

アメリカでレンタカーを借りるにはアメリカの免許証か国際運転免許証が必要です。国際運転免許証で運転しようと思っている方は、旅行前に余裕をもって申請・取得しておきましょう。週末や連休中などは渋滞に巻き込まれることもあり、ラスベガスまでかなり時間がかかってしまうこともあります。

所要時間・料金

  • 所要時間:最短約5時間
  • 料金:レンタカー代+ガソリン代

サンディエゴにあるレンタカー会社

サンディエゴにはいくか旅行者向けのレンタカー会社があり、中には日本語対応の店舗もあります。アメリカ旅行も海外でレンタカーを借りるのも初めてという方は、以下のレンタカー会社を利用し、困ったときは日本語で相談できるようにしておくと安心です。

  • Renty:サンディエゴで学生や駐在員、旅行者に人気のレンタカー屋。バイリンガルスタッフが在中しており、日本語での対応も可能です。良心的な料金設定ときめ細やかなサービスで安心して利用できます。
  • Bayside Rental:アメリカ国内どこでもレンタル・返却可能で、見積もりからトラブル対応まで日本語でOK。スポーツカーや高級車、家族旅行向けのミニバンまで多様な車種から選択できます。

ラスベガスの観光についてはこちら

【ネバダ州ラスベガス】観光でしたいこと!7つのToDoリスト

サンディエゴからラスベガスへの行き方⑤ツアー

飛行機や公共交通期間、レンタカーのどれも下調べや手続きが面倒だという場合は、ツアーに参加するという選択肢も。サンディエゴ発でラスベガスへ行く2泊3日バスツアーなどが催行されています。

ホテル送迎もあり、終日移動の心配をすることなく観光や買い物を満喫できるので、旅行日程に余裕がある方はツアーを探してみるのもいいでしょう。

メリット・デメリット

<メリット>

ツアーに参加する一番のメリットは観光計画やホテル予約、移動について悩む必要がないということです。ツアー中にはフリーモントストリートやアウトレットに立ち寄ったり、オプショナルでグランドキャニオン観光を追加したりでき、充実した時間を過ごせます。

<デメリット>

サンディエゴからラスベガスは日帰りでも移動は可能ですが、ツアーは観光の時間も含まれているので1泊2日〜2泊3日になっていることが多く、その分料金も高くなります。特に一人旅の場合はホテル代が高くなるので費用を抑えたい方には向きません。

所要時間・料金

  • 1泊2日〜2泊3日
  • $260〜440(約27,000〜45,900円)

最適な移動方法でサンディエゴからラスベガスまで行こう

いかがでしたか?サンディエゴからラスベガスまでは、最速で移動できる飛行機、安さが魅力のバス、自由度の高いレンタカーなど様々なアクセス方法があります。高くても効率よく観光スポットを巡りたい場合はツアーに参加するのもいいでしょう。旅行日程や予算を考えつつ、自分の旅スタイルにあった移動方法でラスベガスを楽しんできてください。

その他のラスベガスの行き方についてより詳しく知りたい方は、「ラスベガスへの行き方まとめ!おすすめの経由地や航空券の料金相場をご紹介」をご覧ください。

ikata
WRITER ikata
旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND ラスベガスのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 航空券・移動カテゴリの関連記事