" />

バリ島観光情報まとめ!2020年最新版!おすすめスポット・絶景・アクティビティ

観光
204653views

直行便も就航し人気急上昇中の観光地・バリ島。海も川も山も自然の美しい景色、バリ島ヒンドゥー教の伝統文化、観光地化が進む中にも確かに残されているのどかな街並みなど、どこをとっても魅力的なバリ島はオプショナルツアーが豊富に組まれるなどリピーターもとても多い人気観光地です。今回は、バリ島観光の見どころを観光の基本情報とともにご紹介します。

本記事を紹介しているタビナカでは、日本語ガイドによる海外ツアーを3,000プラン以上提供しています。バリ島で何を体験しようかな?と悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてください!

>>>バリ島の人気アクティビティはこちら

タビナカ限定

バリ島観光の基本情報

バリ島にはたくさんの見どころがあり、美しい海はもちろん、雄大な山々も魅力的です。バリ島の魅力を堪能するには1日では足りません!まずは、バリ島観光に役立つ基本情報をチェックしましょう。

バリ島の位置

バリ島はインドネシアに属する島で、首都のジャカルタがあるジャワ島から東側に位置しています。美しい海に囲まれた広さ約5,633平方キロメートル(東京都の約2.6倍)の島には火山などもあり、自然溢れる雄大な光景が大きな魅力です。

人口は年々増加していて、5年単位の推移を見ても10万人~20万人の単位で増加。総人口は300万人を突破しています。

バリ島と日本の時差

バリ島と日本の時差は1時間で、バリ島のほうが日本よりも1時間遅れています。つまり、日本が昼の13時の時、インドネシアのバリ島は12時ということです。

バリ島の入国ビザ

バリ島観光ではビザの有無について気になっているという方もいるでしょう。現在、30日以内の短期滞在・ショートステイの場合は、パスポートと航空券があれば入国可能でビザは必要ありません

ただし、30日以上の長期滞在・ロングステイを希望の場合は、観光ビザであるVOAの取得が必要となっています。ビザの取得費用には50万ルピアかかります。

バリ島で話されている言語

バリではインドネシア語が公用語となっていますが、地元の人同士の会話ではバリ語が使われています。

バリ島の観光地では基本的に英語が通じます。また、近年日本人観光客が多くなっていることで、日本語対応のサービスも増えてきているようです。

ただし、インドネシア語やバリ語を話すと現地の方は非常に喜んでくれるので、簡単なあいさつや感謝の言葉などを覚えていくのは良いかもしれませんね。

バリ島観光で使ってみよう!簡単なインドネシア語

・ありがとう 「Terima kasih」(テリマカシ)

・どういたしまして「Sama sama」(サマサマ)

・おはようございます「Selamat pagi」(スラマッパギ)

・こんにちは「Selamat siang」(スラマッシアン)

・こんばんは「Selamat malam」(スラマッマラム)

バリ島の主な観光エリア

バリ島の観光エリアは南部に集結しています。北部は火山地帯や森林地帯などが広がり、未だに人の手が入っていない未開拓領域が多く残されています。

海外旅行の限られた日数で回る場合は、ある程度どのエリアを観光するのか決めて回った方が効率的。特に南部は集中しているので、3泊4日~4泊5日あれば回ることができるでしょう。それでは、バリ島の主な観光エリアを見ていきましょう!

クタ

バリ島の観光で外せないのが「クタ」でしょう。クタは絶景のビーチやバリ島最大級の繁華街があるリゾートエリアで、巨大なショッピングモール「ディスカバリーショッピングモール」で買い物も楽しむことができます。空港からも車で約20分というアクセスの良さも人気の理由です。クタにはレストランも多いので、バリ島ならではの食事をお楽しみください。

スミニャック

バリ島のオシャレスポットとして知られる「スミニャック」。近年は個性的なファッションや雑貨などのお店が増え、ショッピングを楽しみたい人たちで賑わっています。バリ島の流行発信地ともいわれているスミニャックでぜひとも訪れたいのが「オベロイ通り」です。

こちらはバリのリゾート感を味わえるお店や人気のファッション店が立ち並ぶスポットなので、ぜひたっぷりと時間を確保して訪れましょう。また、スミニャックの北側にもの「クロボカン」もあるので、バリ島屈指のハイセンスなエリアとなっています。

ウブド

バリ島南部の都市部から車で約90分の場所にある人気観光地が「ウブド」です。ウブドは静かな田園風景が広がるスポットで、階段状に連なるライステラス(水田)があることで知られています。観光客も沐浴ができる「ティルタウンプル寺院」や、本物のバリ芸術が楽しめる「ネカ美術館」など見どころ満載です!

サヌール

デンパサール国際空港から車で約30分の場所に位置する「サヌール」は、バリ島屈指のビーチリゾートです。サヌールの魅力はとにかく自然の中でのんびりと過ごせること!日頃の忙しさを忘れて、ただただゆっくりと過ごしたい人におすすめです。青い海と白い砂浜が広がる「サヌールビーチ」は観光客に人気のスポットです。

ヌサドゥア

ヌサドゥア」は五つ星ホテルなどの高級ホテルが多く立ち並ぶリゾート地です。実は、ヌサドゥアはインドネシア政府が特別に開発したエリアで、メインゲートではセキュリティチェックも行われるという徹底ぶりです。そのため、家族連れでも安心して滞在することができるでしょう。

ジンバラン

デンパサール空港から車で約20分の「ジンバラン」。高級ホテルやレストランなどが立ち並ぶリゾート地で、いつも多くの観光客で賑わっています。絶景のビーチ沿いにはシーフードが楽しめるレストランが立ち並び、新鮮な魚介類が堪能できるバーベキュー「イカン・バカール」が人気です。特に、夕日を眺めながらの食事は最高ですよ!

バリ島の人気観光スポット

バリ島には、観光におすすめの絶景スポットがたくさんあります。ここからは、バリ島観光で訪れたい人気の絶景スポットについて紹介します!

バリ島の人気観光スポット1:棚田

稲作が盛んなバリ島には、その豊かな自然と地形をうまく生かした棚田が多くあります。バリ島で最も有名なのは、ウブド郊外にある「トゥガララン(テガララン)の棚田」。南国の木々の間に広がる棚田は、幻想的な自然と人間の造形美が調和したまるで一枚の絵のような景色です。太陽の光加減によって黄金色に輝くこともあり、特に朝焼けや夕焼けは言葉にならないほどの美しさです!

トゥガラランの棚田よりもスケールが大きく、写真に収まりきらないほど見渡す限りの緑が続く「ジャティルウィの棚田」。こちらはユネスコの世界遺産にも登録されています。目に鮮やかな棚田の光景に圧倒されることまちがいありません!

棚田を訪れると、海だけではないバリ島の計り知れない魅力を感じることができますよ。

タビナカ限定

バリ島の人気観光スポット2:ジンバランのロックバー

バリ島南部にあるジンバラン、そのビーチの岩の上に広がるのが「ロックバー」です。「アヤナ リゾート&スパ バリ」の敷地内にあるということもあって、アクセス抜群の人気観光スポットです。

海の上にせり出すように作られたトップデッキが特徴で、360°のパノラマを楽しむことができます。まるで海の上に浮かんでいるかのような感覚を覚える開放的な空間で、圧巻の景色をお楽しみください。

毎日オープンが16時となっているのですが、オープン時間よりも早めに行って並んでおくことをおすすめします。神秘的な美しいサンセットを見るため16時前にはすでに行列が!増築され席数は増えたものの、ラウンドデッキ以外は予約不可となっています。

夜になると幻想的にライトアップされ、一気にロマンチックは雰囲気に包まれます。大切な人と訪れれば、一生想い出に残る素敵な時間を過ごすことができるでしょう。

バリ島の人気観光スポット3:クタビーチ

「クタビーチ」はバリ島観光でも人気の高いビーチです。美しい砂浜と高い透明度を誇るエメラルドグリーンの海が広がり、絶好の波を求めて世界中からサーファーが集まる憧れのサーフィンスポットでもあります。

そんなクタビーチの絶景といえば、やはり美しい夕焼けでしょう。太陽が水平線に吸い込まれていくと同時に赤く染まっていく空、優しく揺らめく波に反射する夕焼けは一生忘れることができないほどの絶景となるはずです!

バリ島のパワースポット観光

バリ島には素敵なパワースポットが満載です。女子旅ではもちろん、男子旅でもパワースポット巡りはおすすめ!ここからは、訪れるだけで幸福が訪れるバリ島のおすすめパワースポットを紹介します。

バリ島パワースポット観光1:ウルワツ寺院

バリ島でも屈指の絶景が楽しめる寺院として有名なのが、バリ島南部の半島西端に位置する「ウルワツ寺院」。75mの高さの岬に厳かにそびえるウルワツ寺院からは、海の広さ、地球の広さを体感することができます。

バリ島観光でウルワツ寺院を訪れれば、太陽が沈むときに広がるただただ美しい光景に神秘的なパワーを感じることでしょう。

バリ島観光の現地ツアーでもウルワツ寺院を巡るツアーは大人気。特に人気なのが、「チャッチャッ…」と独特のかけ声をかけながら上裸の男たちが、ユニークなダンスを踊る「ケチャックダンス」鑑賞とサンセット鑑賞が組み合わさったツアー。バリ島の伝統舞踊ケチャックダンスはバリ島各地で鑑賞することができますが、ウルワツ寺院のケチャックダンスは特にエンターテイメント性が高いと評判です。

タビナカ限定

バリ島パワースポット観光2:タナロット寺院

美しい夕陽が望めるバリ島観光で人気の絶景寺院といえば、「タナロット寺院」も有名です。バリ島中部に位置するタナロット寺院は、満潮時には海に浮かんでいるように見えるという不思議な寺院。海の神が祀られ、その化身である蛇が今でも悪霊をバリ島から追い払っているとされています。

美しい岩の灰色と木々の緑色、そして夕焼けの茜色が混ざり合うとき、寺院には神聖な空気が満ちています。そのあまりの美しさから「神々が降臨するのにふさわしい場所」として建設が決まったタナロット寺院。実際に自分の目で確認すれば、そのように称された意味が理解できるでしょう。

タビナカ限定

バリ島パワースポット観光3:ブサキ寺院

バリヒンズー教の総本山である「ブサキ寺院」。約30もの寺院から構成された複合寺院には、各地域から多くのヒンドゥー教徒が訪れています。美しい塔「メル」や立派な彫刻ばかりでなく、バリ島最高峰の聖なる山とされる「アグン山」の圧巻の景色も望むことができます。毎日寺院のどこかで宗教儀礼が行われているので、観光客もその場に遭遇できるかも!?

クタから約2時間の距離なので、日帰りでバリ島観光を行うことも可能です。

バリ島パワースポット観光4:タマンアユン寺院

バリ島中部のタバナンに位置する「タマンアユン寺院」。美しい庭園」というその意味にふさわしく、バリ島内でもっとも美しい寺院の1つと評される庭園寺院です。境内を区切る掘に流れる水は周囲の村々へ供給されており、人々の生活を潤しています。

水の恵み、豊かな自然ときれいに手入れされた庭、幾重にも重なった塔(=メル)の美しさ。バリ島観光では世界文化遺産にも登録されたタマン・アユン寺院をぜひご堪能ください。

特に、朝焼けや夕焼けに照らされるタマン・アユン寺院は、ただひたすら心に染みる感動的な情景を生み出します。

タビナカ限定

バリ島パワースポット観光5:ゴアガジャ遺跡

ウブドから10分ほどの場所にある、バリ島観光スポットの「ガジャ遺跡」。こちらは、「象の洞窟」という意味を持つ11世紀頃の遺跡です。魔女ランダを模したとされる入り口の大きなレリーフが非常に印象的で、洞窟の中にはヒンドゥー教の三大神シヴァ・ヴィシュヌ・ブラフマ神を表すリンガや、シヴァ神の子ガネーシャの像などが設置されています。

誰によってなんのためにこの場所に造られたのかというような情報ははっきりとわかっておらず、その多くが謎に包まれたミステリアスな遺跡です。バリ島観光スポットの中でも神聖な空気が流れるこちらの遺跡では僧呂が瞑想を行ったとも言われており、この場所に宿るパワーを感じ心が浄化されることでしょう。

洞窟の前には1945年に発掘された沐浴場があり、6体の女神像が彫られています。

タビナカ限定

人気急上昇中のバリ島最新観光スポット

上でご紹介したスポット以外にもバリ島には素敵なスポットが満載!ここからは、寺院や遺跡以外のバリ島観光ホットスポットを紹介します。

人気急上昇中バリ島観光1:レンボンガン島

バリ島周辺の離島で特に人気が高い島が、「レンボンガン島」。バリ島からレンボンガン島までスピードボートで約30分~40分と比較的近場にあることも人気の理由です。バリ島よりものんびりとした雰囲気で、喧噪に疲れた心を癒やすのにぴったりでしょう。

エメラルドグリーンの美しく透明な海の中で泳ぐ魚やサンゴ礁はもちろん、ジンベイザメやマンボウなどの海洋生物も見ることができるかもしれません。

マリンスポーツマリンアクティビティも豊富で、シュノーケリングやダイビングはもちろん、マングローブ探検やSUP体験などなど。バリ島観光を十分に満喫したら、お次は離島でのんびり楽しみましょう!

タビナカ限定

人気急上昇中バリ島観光2:キンタマーニ高原

バリ島の北東に広がる「キンタマーニ高原」。大型のカルデラとバリ島の水がめと呼ばれる世界文化遺産にも登録されたバトゥール湖」が織りなす自然のダイナミックなパノラマが見事なスポットです。バリ島中心部の喧噪と南国の暑さから離れた静かで涼しい空気は、火照った体と疲れた心を癒やしてくれます。

タビナカ限定

人気急上昇中バリ島観光3:チャングー

旬なスポットが次々と開発されていて、人気急上昇中のホットなバリ島観光スポット「チャングー」。かつては初心者も上級者も楽しむことのできる良質な波が魅力のサーフィンスポットでしたが、近年は開発も積極的に進められリゾートとしても発展してきました。

観光地化が進んでいるものの、のどかな自然がまだまだ豊富に残されており、バリ島の田舎の空気を感じることもできます。町を走れば見えてくるのはペイントされた壁の建物と畑の数々。新しさと昔ながらの風景が共存する穴場的エリアです。

バリ島観光で楽しめるアクティビティ

バリ島観光では大満足のアクティビティをとことん遊び尽くしましょう!ここではバリ島観光で人気の代表的なアクティビティを紹介します。

バリ島ダイビング・シュノーケリング

バリ島は世界でも屈指の美しい海が目玉!バリ島観光の定番アクティビティは、ダイビングシュノーケリングです。

バリ島周辺の海には豊富な海洋生物が生活しており、宝石のように美しい魚やサンゴ礁、マンボウ、ウミガメなどに遭遇することができます。

サーファーにとって憧れの聖地バリ島でサーフィン

バリ島のビーチは、世界中からサーファーが訪れるサーフィンの聖地としても知られています。サーフィン初心者も、上級者も楽しむことのできる上質な波が魅力的です。

「クタビーチ」は定番のビーチスポット。他にも、豪快な波が楽しい「ウルワツ」、穏やかな波が特徴の「チャングー」など、初心者から上級者まで一年中楽しむことのできるサーフィンポイントが多数あります。

サーフボードやウェットスーツをレンタルできるマリンショップも多く、インストラクターに一から教えてもらえる初心者用ツアーから豪快な波に乗りにいく上級者用ツアーまでサーフィンツアーも多いのが特徴です。

美しい自然を肌で感じる!サイクリング

バリ島観光でも屈指の絶景を望むことができるキンタマーニ高原ウブドの田園地帯を、サイクリングで楽しみませんか。輝く太陽の下、心地良い風を切って颯爽と自転車で駆け抜ければ気分は爽快!バリ島の豊かな自然を間近で体感すれば、バリ島が持つ真の魅力に触れることができるでしょう。

渓流ラフティング

海だけじゃないバリ島観光のポテンシャルを存分に感じる、ラフティングはいかが?小型のゴムボートに乗り込み、自分たちで川の中を漕いで進むことができるラフティングは、バリ島観光で自然をもっと近くに感じることのできるアクティビティです。

ウブド近くの「アユン川」は、比較的流れが穏やかで初心者から上級者まで満足度の高いラフティングを楽しむことができます。「トラガワジャ川」はアユン川に比べ急な流れが多いので、よりスリリングな体験をしたい方はこちらの川がおすすめです。

穏やかな流れだけではなく、激しい揺れや水飛沫などのスリリングな体験も楽しみの1つ。ジェットコースターのような迫力をお楽しみくださいバリ島ラフティング最大の魅力は、コースの周りに広がる自然の豊かさでしょう。川を下りながら景色にも目を配り、美味しい空気を思い切り吸って美しい自然を味わうことも忘れないでくださいね。

ビーチアクテビティ

定番のバナナボートジェットスキーフライフィッシュパラセーリングなど、バリ島の海の美しさを堪能できるビーチアクティビティが満載です。ちょっと珍しいものでは、特殊なヘルメットを被って海の中を散歩できるシーウォーカー」などもおすすめ!

▲シーウォーカー。顔をぬらすことがないので、お化粧したままでも、眼鏡をつけたままでも楽しむことができます。

これらのマリンアクティビティを楽しむなら「タンジュン・ブノア」がおすすめです。ヌサドゥアを北上してすぐの場所に位置し、アクセスも抜群!オールマイティーなビーチなので、マリンアクティビティなら何でも楽しめますよ。

タビナカ限定

バリ島観光でのヒーリング体験

バリ島は神秘の島なので、ヒーリング体験も観光にぜひ取り入れたいですね。ここからは、バリ島で満喫できる贅沢な癒やし体験を紹介します。

女子旅必須のバリ島スパ

バリ島女子旅の定番といえばスパですね。南国のアジアンテイストな雰囲気の中、暑さに疲れた体をスパでゆっくりと癒やしましょう。

バリ島観光と合わせて楽しめるスパは質も高く、日本と比べてリーズナブルに体験できるのが魅力です。格安な店から高級な店まで幅広く様々なお店があるので、自分の好みに合わせて極上の体験をお楽しみください。

心まで健康に!ヨガ

近年、世界各国からヨガをするために多くのバリ島観光客が集まっています。ヨガには本場インドのヒンドゥー教の考えが根付いており、神聖な雰囲気漂う島で行うヨガは体だけでなく心の健康まで促進してくれるでしょう。

リゾートホテルで行われることの多いヨガですが、ほとんどのホテルでは宿泊していなくてもヨガの参加が可能です。

バリ島映画の舞台を観光

バリ島では、まるで映画のワンシーンに登場しそうな美しい景色を楽しむことができます。ぜひ映画の主人公になったような気分で旅をしてみましょう!

バリが舞台になった映画

バリ島を舞台にした映画も実は多いです。特に今回はその中でも、おすすめの作品を紹介します!

「神様はバリにいる」

2015年に公開された、実在する破天荒な大富豪とその周りの人たちを描いた映画。題名にもある通り、バリ島の各所でロケが行われ、バリ島らしさを存分に感じることができます。

こちらは人情コメディーですが、もともとはハウツー本の「出稼げば大富豪」をベースにしており、参考になることも多いはず。観ればバリ島に行きたくなることまちがいなし!

「食べて祈って恋をして」

この映画はジャーナリストとして活躍していたものの、大きな失恋を機に旅に出ることを決めた女性の人生を描いた作品です。女性からの支持が大きいエリザベス・ギルバードの自伝をベースにしていて、世界中を旅する姿が描かれています。映画の中ではバリ島を訪れる主人公が描かれ、豊かなバリ島で人生の大切なことに気づいていきます。

伝統と自然と洗練された現代らしさを兼ね備えた花形観光地ウブド

バリ島のウブドは、人間の息吹と自然の息吹が色濃く混ざり合った地域。バリ島の人気観光地とあって近年急速に観光地化が進み、オシャレなカフェが続々とオープンするなど、その街並みはますます洗練されています。ちょっと奥に入れば、伝統的な田園風景やのどかな雰囲気を色濃く感じることのできる魅力的なエリアでしょう。

ウブドでは、バリ島伝統舞踊パフォーマンスの鑑賞や美術館など、バリ島の文化を肌で感じることができます。

スピリチュアル体験

バリ島には、昔から医者やカウンセラーとして活躍する「バリアン」という人々がいます。彼らは地元の人たちに頼りにされており、西洋医学が普及してもなおバリアンは現地で非常に重宝されている存在です。バリ島の人々だけでなく、世界各地からスピリチュアルなパワーを求めてバリアンに会いに来る人がいるほど!あなたもその不思議なパワーを感じてみては?

バリアンの相談を受ける際には、「チャナン・サリ」と呼ばれるバリのお供え物の中に気持ちでお金を入れて渡しましょう。

バリ島観光まとめ

魅力的な観光スポットやアクティビティなどが満載のバリ島観光。その魅力に魅了され、一度といわず二度三度と足を運びたくなるような島です。発展が進む中でも伝統を重んじる心を忘れないバリ島に住む人々。バリ島全体に漂う神秘的な雰囲気は、バリ島を訪れる人々の心を惹きつきてやみません。

バリ島人気アクティビティランキング1~3位

最後に、「バリ島」での人気ツアーランキングを紹介します。ぜひ今後の旅行プランをたてる上で参考にしてくださいね!

第1位:レンボンガン島満喫ツアー!シュノーケリング+マングローブの林探検+悪魔の涙

バリ島人気の離島、「レンボンガン島」は手つかずの自然や熱帯魚に出逢える楽園です。このツアーでは、レンボンガン島を取り囲むエメラルドグリーンの美しい海でシュノーケリングを楽しめるのはもちろん、「マングローブ林」や「悪魔の涙」など、見所満載の観光スポットを日本語ガイドの解説付で余すことなく巡ります。バリの大自然に抱かれる充実の1日をお過ごしください。

タビナカ限定

第2位:ウブド満喫!ゴア・ガジャ遺跡+テガラランの棚田+ケチャックダンス

「自然と芸術の街」ウブドの人気スポットを一日でぐるっと回るツアーです!謎多き世界遺産ゴア・ガジャ遺跡、ライステラスの幻想的な雰囲気をお楽しみください!ホテルからの送迎&日本語ガイド付きなので海外旅行に慣れていない方にもオススメのツアーです。

タビナカ限定

第3位:ウルワツ寺院の絶景サンセット+ケチャックダンス鑑賞ツアー!

荒波が打ち付ける断崖絶壁の岬に厳かにたたずむウルワツ寺院の魅力は何といっても夕方のサンセット。バリ島の海とフォトジェニックな夕日、ここでしか味わえない体験です。炎に包まれた男たちが独特の耳障りの良い”ケチャ、ケチャ”というリズムと伴に舞う、バリの伝統芸能ケチャックダンスは迫力満点!

タビナカ限定

バリ島には、他にもライステラス、スパなどの体験も充実しています。まだ現地で何をするのか決まっていない方は、バリ島で何ができるのか、まずは探してみませんか?自分に合った楽しみ方を見つけて、充実した旅行を過ごしてくださいね!

タビナカ限定
WRITER sato
海外旅行を愛するフリーライター。 暇さえあればフラッと世界に飛び立ちます!こちらのサイトでは、海外の色々な情報を書かせていただいています。 実際に自分が訪れた国はもちろん、これから訪れたい国の情報などもわかりやすく解説したいと思っています!よろしくお願いいたします! 個人ブログ「チキンジャーニー~CHICKEN JOURNEY~」(http://chicken-journey.com/)も見てくださいね! 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND バリ島のおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事