" />

ラスベガスから日帰りで行ける人気スポット!見どころやおすすめツアーをご紹介!

観光
733views

エンターテイメントの街、ラスベガスに滞在の際は少し足を伸ばして大自然が広がる絶景スポットに出かけませんか?ラスベガスから日帰りで行けるエリアには、世界遺産グランドキャニオンをはじめ一生に一度は見ておきたいと思える絶景スポットが目白押しです。

ここではラスベガスから日帰りツアーで行けるおすすめの観光スポットをご紹介します。一気に複数のスポットを巡れる充実の日帰りツアー情報もあるので、ぜひ旅行計画の参考にしてください。

ラスベガスから日帰りツアーで行ける!①アンテロープキャニオン

ラスベガスから日帰りツアーで行ける定番人気の絶景スポット「アンテロープキャニオン」。アメリカ先住民ナバホ族の居留地内にある渓谷で、現地の言葉ではツェー・ビガニリニ(水が岩を流れる場所)と呼ばれています。

マーブル模様の砂岩は長い年月をかけて鉄砲水や風によって削られてできたもの。現在も少しずつ変化しており、変わりゆく自然の造形美を楽しめます。観光にはナバホ族のガイドが必要となりますが、英語での予約が不安な方はラスベガス発の日帰りツアーに参加するのがおすすめです。

アンテロープキャニオンの天気については、「アンテロープキャニオンの天気を徹底解説!ベストシーズンや気になる服装は?」で詳しく解説します!

見どころ

アンテロープキャニオンで多くの観光客が訪れるのが、アッパーキャニオンという岩層です。キャニオン頂上の開口部から太陽の光が射し込む「ザ・ビーム」の光景は特に美しく、訪れる人々を魅了します。

アッパーキャニオンが平坦なのに対し、ロウアーキャニオンは階段を上り下りして進むより難易度の高いコース。歩く距離もアッパーキャニオンに比べて長く疲れるものの、たどり着いた先では絵画のような絶景が見られます。

英名 Antelope Canyon
定休日 なし
ツアー時間 7:30〜最終16:30
入場料金 ガイド付大人$80, 小人$60

アンテロープキャニオンの観光情報についてはこちら

アンテロープキャニオンは現地ツアーで観光すべき!その4つの理由とは?

ラスベガスから日帰りツアーで行ける!②グランドキャニオン

ラスベガスから片道約450km、車で約5時間のところにある「グランドキャニオン」は言わずと知れたアメリカ有数の人気観光地。4,000万年もの年月をかけて侵食されてできた巨大な渓谷で、1979年にはユネスコ世界遺産に登録されています。

広大な範囲に広がるグランドキャニオンは、見る場所や時間によって楽しめる光景が多彩です。ラスベガス発の日帰りツアーのなかには遊覧飛行をしながらグランドキャニオンを一望するというものもあります。

グランドキャニオンの天気についてより詳しく知りたい方は、「グランドキャニオンの天気攻略!押さえておくべき3つのポイント・おすすめの服装徹底解説」をご覧ください。

見逃せない絶景

グランドキャニオンには複数の展望スポットがありますが、なかでもおすすめなのが「マーサーポイント」と呼ばれるポイント。渓谷沿いを少しトレイルして見られる景色は旅行パンフレットの表紙などにもよく使われる”これぞグランドキャニオン!”といった絶景です。

高さ1,200m、絶壁から約20m突き出すように設置された展望橋「スカイウォーク」も観光客に大人気。ガラス床になっており、空を歩いているようなスリル満点の体験ができます。

英名 Grand Canyon
定休日 なし※冬季は例外あり
営業時間 8:00〜17:00(ビジターセンター)
入場料金 車1台$30, 一人$15

グランドキャニオンの観光情報についてはこちら

世界遺産グランドキャニオンとは?見どころ・観光情報決定版!

ラスベガスから日帰りツアーで行ける!③ホースシューベンド

ラスベガスから車で4時間半ほどでアクセスできる「ホースシューベンド」もよく日帰りツアーに組み込まれています。大きな岩を囲むようにコロラド川が流れており、高所から一望すると名前の通り、馬の蹄鉄の形にそっくりです。

夕日の名所としても知られ、サンセット時間に合わせて訪れる旅行客や写真家もたくさんいます。断崖絶壁で安全柵もロープもないので、十分に注意が必要です。

写真撮影をしよう!

ホースシューベンドは天候や太陽の位置によって、岩の色や水の色が大きく変化します。訪問する時間によってまったく違った写真を撮ることができるので、時間に余裕がある方はゆっくり時間をとって絶景や写真撮影を楽しむのがおすすめです。

断崖絶壁から少し足を出してスリル満点の写真を撮っている方もいます。以前は知る人ぞ知る秘境の地でしたが、近年は旅行誌などで紹介されたことで知名度が上昇中。多くの観光客が押し寄せるようになる前に観光しておきましょう!

英名 Horseshoe Bend
定休日 なし
営業時間 24時間
入場料金 無料

ラスベガスから日帰りツアーで行ける!④モニュメントバレー

ラスベガスから約700kmのところにある「モニュメントバレー」は、先住民ナバホ族の聖なる土地です。どこまでも続く赤い大地に大小さまざまな形のビュート(孤立丘)やメサ(平たい岩山)が点在し、映画の世界のような不思議な光景が広がります。

実際にCMや映画の撮影で使われることもあるので、どこかで見たことがあると思う方も多いかもしれません。実際にこの地に行ってみると写真からでは伝わらない大地の力強さや自然のパワーを感じられます。

超有名スポット

モニュメントバレーではさまざまな映画の撮影が行われてきましたが、なかでも有名なのが「フォレスト・ガンプ」に登場したこのスポット。まっすぐにのびる道路の先には巨大な岩山があり、ドライブ中に絶景を楽しめます。

フォレスト・ガンプ・ポイント」と呼ばれるこのスポットには、残念ながら車を停める場所がないので、自分で運転するのではなくツアーなどで訪れた方が走行中にもよく見られるでしょう。

英名 Monument Valley
定休日 なし
営業時間 夏6:00〜20:00, 冬8:00〜17:00
入場料金 車一台$20(4人まで), 1人$10

ラスベガスから日帰りツアーで行ける!⑤ルート66

アメリカで人気のドライブコースといえば「ルート66」が有名です。シカゴとロサンゼルスのサンタモニカをつなぐ全長2,347マイル(3,755km)の旧国道で、廃線後の現在は一部しか残っていません。

それでも多くの観光客がルート66でドライブを楽しむのは、沿道近くに有名観光スポットがあったり、古き良き時代のアメリカを体験できる町があったりするからです。ラスベガスからの日帰りツアーでもルート66を通って帰るというプランが用意されています。

絶対にはずせない!

ルート66のドライブではずせないのが、「歴史的ルート66の生誕地」と称されるセリグマンという町です。人口約450人ほどの小さな田舎町で、ラスベガスとグランドキャニオンの中間付近に位置しています。

町にはルート66にちなんだ看板やお土産ショップなどがあり、モーテルやガソリンスタンドなどからも古き良き時代のアメリカの様子を感じることができます。フォトジェニックな町なので写真撮影もお楽しみください。

英名 Route 66
定休日 なし
営業時間 24時間
入場料金 なし

ラスベガス3大絶景日帰りツアー

ラスベガスから日帰りで行けるエリアには有名な絶景スポットが複数あります。そのなかでアメリカ西部を代表する3大絶景と称されるスポットを一度に見て回れる日帰りツアーは、観光客に大人気。

朝早くラスベガスを出発し、世界遺産グランドキャニオン、幻想的なアンテロープキャニオン、ダイナミックなホースシューベンドを巡ります。途中ルート66も経由し、有名な町セリグマンでの休憩タイムも。

ホテル送迎やガイド、観光スポット間の移動など全てツアー料金に含まれているので、面倒な手続きも移動手配も必要ありません。快適に移動し、思う存分観光を満喫しましょう。

ツアースケジュール例

ラスベガス発3大絶景ツアーのスケジュール例は以下の通りです。天候や観光スポットの入場制限などによって順序や行き先が変更になることもあります。詳しくは予約するツアーページでよくご確認ください。

出発時間が早いので疲れがでないか心配という方もいるかもしれませんが、自分で運転するレンタカーと違い移動中は車内でゆっくり寝ることができるのがツアーの魅力です。

<ツアースケジュール例>

1:30(夏時間2:30) ラスベガスのホテル出発

7:30 ホースシューベンドで断崖から絶景を一望

9:00 先住民族のガイドでアンテロープキャニオン見学

12:00 車内でランチ

12:45 世界遺産グランドキャニオンの絶景を満喫

16:15 ルート66の街「セリグマン」で休憩

18:30 ラスベガスの指定ホテルまでお送り

ラスベガスの大自然ツアーについてより詳しく知りたい方は、「【ラスベガスから行く大自然ツアー】感動の連続!アメリカの壮大な絶景スポットへ」をご覧ください。

ラスベガス近郊日帰りツアー

アンテロープキャニオンやグランドキャニオンほど遠くに出なくても絶景を楽しめる人気スポットがあります。ラスベガスから日帰りで気軽にアクセスできる3大人気スポットを巡るツアーも観光客に大人気です。

燃えるような色の絶景が見られるバレーオブファイア州立公園、世界最大級のフーバーダム、映画やCMに度々登場するレッドロックキャニオンを効率よく巡ります。

ランチはプレミアムアウトレットでの自由時間にお楽しみください。日本語ガイドがついているので移動中の車内などでおすすめのお店を聞いてみるのもいいでしょう。

日本語のオプショナルツアーについてより詳しく知りたい方は、「【英語が話せなくてもOK】日本語ツアー情報&ラスベガスで使える英語表現」をご覧ください。

ツアースケジュール例

ラスベガス近郊の3大絶景ツアーのスケジュール例は以下の通りです。朝早く出発し、車内でゆっくり休み絶景巡りへ。フーバーダム見学後にはラスベガス・ノース(またはサウス)・プレミアムアウトレットでのショッピング&ランチも楽しめます。

午後のレッドロックキャニオン観光に向けて美味しいものを食べてパワーチャージしたり、お土産の買い物を満喫したりしましょう。帰りは18時前後にラスベガスに到着するので、カジノやナイトショーなど夜のラスベガスをじっくり楽しめます。

<ツアースケジュール例>

6:45(夏時間7:45) ラスベガスのホテル出発

9:00 バレーオブファイア州立公園

11:30 世界最大級のフーバーダム見学

13:30 アウトレットでショッピング&ランチ

16:00 荒野に広がるレッドロックキャニオン

17:00 ラスベガスに向けて出発

17:45 ラスベガスの指定集合場所までお送り

ラスベガス発日帰りツアーで絶景を満喫しよう!

いかがでしたか?ラスベガスからは世界遺産のグランドキャニオンやアンテロープキャニオンなど多くの人気絶景スポットに日帰りで行くことができます。レンタカーを借りてロードトリップを楽しむのもいいですが、ツアーに参加するとより安全・快適に観光スポット巡りを満喫できます。

限られた滞在時間のなかで効率よく観光スポットを楽しむため、ぜひ日帰りツアーの利用もご検討ください。

ikata
WRITER ikata
旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND ラスベガスのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事