" />

バンコクの「アイコンサイアム」を徹底ガイド!タイ最大級の商業施設!

ショッピング
3441views

アイコンサイアム(ICONSIAM)は、バンコクで今最も旬な商業施設!2018年にオープンしたばかりで、タイ最大級のショッピングスポットとして人気を集めています。

高島屋の出店や、巨大な噴水ショーなども話題に。そんなアイコンサイアムについて、行き方や見所、レストラン・フードコード情報などを詳しくご紹介します!

アイコンサイアムのここがすごい!

2018年11月オープンの商業施設「アイコンサイアム(ICONSIAM)」。タイ・バンコク注目の最旬スポットとして話題を集める、ショッピングエリアです。

世界中から来る観光客だけでなく、タイの若者にも注目されているアイコンサイアム。なぜここまで注目されているのか、どんな点が「すごい」のかについて解説します。

バンコクのショッピング情報については、別記事「タイ好き女子が厳選!バンコクの買い物エリア&ショッピングモール11選」、お土産については別記事「タイ・バンコクのお土産20選!各ジャンルで喜ばれるお土産はコレ!!」でも、詳しくご紹介します!

アイコンサイアムはタイ最大級の商業施設!

2018年11月にオープンした「アイコンサイアム」は、バンコクのチャオプラヤー川沿い、クローンサーン地区にある巨大な商業施設。オープン当初から、タイの最旬スポットとして注目を集めています。

アイコンサイアムは「専門店ゾーン」「百貨店ゾーン」の2つの棟に分かれ、600以上の店舗が集結。タイ国内の人気ショップからタイ初出店の世界の有名ブランドまで、バラエティ豊かな店舗が入っているのも特徴です。

日本生まれのデパート・高島屋やコスメ口コミサイト運営の店舗である@cosme storeをはじめ、タイでも人気の日本食レストランも出店。

また、日本の商業施設のように映画館巨大な本屋、さらに美術館まで入っているので、老若男女問わず誰でも楽しめる最旬スポットというわけです!

楽しい仕掛けが盛りだくさん!

アイコンサイアムは、グルメやショッピングだけでなく、エンターテインメントスポットが充実しているのもポイントです。

1階にある「スークサイアム(SOOK SIAM)」には、バンコクの水上マーケットをモチーフにしたエリアが。運河を模した水場の一角には、細長いボートにタイ料理を乗せたボートが停泊しており、川辺の露天商からローカルグルメを購入するような気分が味わえます。

また、アイコンサイアムに来たら絶対に見逃せないのが、毎日開催中の噴水ショーです。チャオプラヤー川沿いに設置された全長400メートルの噴水は、東南アジア一の長さを誇ります

アイコンサイアムの噴水ショーは夜間に1日2回、1回2部構成で15分程度行われます。色とりどりの照明で鮮やかな噴水ショーは、プロジェクションマッピングを駆使してより豪華なものとなっています。

ちなみに鑑賞料金は無料で、雨天は中止とのこと。アイコンサイアムで夜まで買い物を楽しんだ後は、締めに噴水ショーと満喫した1日を過ごせますよ!

アイコンサイアムで食を満喫!レストラン・フードコード情報

「アイコンサイアム(ICONSIAM)」には、タイ伝統の料理が楽しめるレストランや、家族連れにもおすすめなフードコートなど、グルメスポットもたくさん設けられています!

G階「スークサイアム(SOOKSIAM)」

アイコンサイアムのGフロアにある「スークサイアム(SOOKSIAM)」。タイ全土の特産品や伝統文化をテーマにした店舗で、先程紹介した水上マーケット風のエリアで屋台グルメやタイ料理が味わえます。

屋台グルメは軽食にも便利なサイズ、レストランではカオソーイの名店「ラムドゥアン」どの伝統的なタイ料理が中心。情緒あふれる世界観で味わう屋台グルメは、SNS映えも間違いなし!

G階「ザ・ベランダ(THE VERANDA)」

Gフロアに位置する「ザ・ベランダ(THE VERANDA)」は、20店舗のレストラン&カフェが立ち並ぶフードコート

シンガポール発のシーフード料理「Jumbo Seafood」やリボンバッグで有名なショップのカフェ「NaRaYa Cafe」のほか、「日本海マーケット」などの日本食も楽しめます。

4階「ダイニング・オン・フォース(DINING ON 4TH)」

4階にある「ダイニング・オン・フォース(DINING ON 4TH)」は、レストランとカフェを併設したフードコート。

タイの伝統スイーツが楽しめる「Cher Cheeva」や台湾ビュッフェの「BAR・B・Q・PLAZA」、タイ料理をアレンジしたレストラン「S&P」やタピオカミルクティーが飲めるカフェもあります。

4階「ローズダイニング(ROSE DINING)」

日本の高島屋が出店したサイアムタカシマヤの4階にあるのが「ローズダイニング(ROSE DINING)」です。高島屋のロゴ、バラをモチーフにしたレストランには、日本食レストランと香港系中華レストランの計7店舗が出店しています。

寿司屋の「すし勝」やうなぎ屋「うなぎ徳」など、本場の日本食が味わえるグルメエリアです。

5階「ダイニング・オン・フィフス(DINING ON 5TH)」

5階にある「ダイニング・オン・フィフス(DINING ON 5TH)」は、タイ料理レストランを中心に計6店舗が集結するレストランエリア。

タイ南部料理を扱う「BARN ICE」やイエローカレーが有名な「nara」など、すべてのレストランにはチャオプラヤー川を望む見晴らしの良いテラス席があります。

6階「アランカーン(ALANGKARN)」

アイコンサイアムの中でも特に大きいレストランゾーンが「アランカーン(ALANGKARN)」です。18店舗のレストラン、10店舗のカフェやスイーツショップが入るフードコートです。

日本でおなじみの「辻利」や「coco壱番屋」、小籠包で有名な台湾の「鼎泰豐(ディンタイフォン」など、海外のレストランやカフェもタイに進出。

タイの家庭料理をモチーフにした「THIPSAMAI(ティップ・サマイ)」は、79年以上もの間に渡るパッタイで人気のレストランです。タイの芸能人御用達のレストラン「ルッカイトン(LukKaiThong)」なども入っていますよ。

アランカーンはグルメだけでなく、美しいフロアにも注目です!タイの農場をイメージした内装は、3人のタイ人芸術家によるもの。

フロアの中でも特に目を引く高さ15メートルを誇る滝は、流れ方や照明が不規則に変わり、訪れる人を楽しませています。

6階「タサナ・ナコーン・テラス(TASANA NAKORN TERRACE)」

6階の屋外レストラン&バーが「タサナ・ナコーン・テラス(TASANA NAKORN TERRACE)」です。チャオプラヤー川沿いの美しい景色や夜景を見ながら食事ができるレストランフロアは、カップルにもおすすめ!

フロアには、タイ料理とイタリア料理を融合した創作料理のレストラン「Fallabella River Front(ファラベラリバーフロント)」とエビとムール貝のパスタが人気の「HOBS」の2店舗のみ。

見晴らしの良い景色を眺めながらおいしいグルメとお酒を味わう、おしゃれな雰囲気を味わいたい人はぜひテラスへどうぞ。

アイコンサイアムで買い物を満喫!店舗情報

タイ・バンコクで最も旬な「アイコンサイアム」では、グルメだけでなく買い物も満喫できるスポットです。バンコクに訪れたときは、アイコンサイアムで買い物やお土産探しをしてみてはいかが?

G階「スークサイアム(SOOKSIAM)」

地下のG階にある「スークサイアム(SOOKSIAM)」は、タイ1都76県の文化や特産物を扱うテーマパーク。タイの伝統建築や文化をイメージしたフロアには、寺院を模したエントランスや壁画、伝統工芸品で作られた装飾が至る所に配置されています。

タイの伝統と新たな文化が融合したフロアはSNS映え抜群!巨大なフロアではタイの伝統工芸品や雑貨なども購入できるので、お土産探しにもピッタリです。

1階「JimThompson(ジム・トンプソン)」

グッチやカルティエなど、ラグジュアリーなブランドショップが連なる1階には「JimThompson(ジム・トンプソン)」があります。高品質なタイシルクを使った衣類や雑貨を取り扱うショップは、タイシルクを世界的に広めた立役者。

日本よりもリーズナブルな価格でタイシルクを購入できるので、ちょっぴりリッチな自分への買い物にもいかがでしょうか。

2階「ザ・セレクテッド(The Selected)」

海外の人気ブランドが入る2階でおすすめなのが「ザ・セレクテッド(The Selected)」です。タイの若手デザイナーが手掛けるファッションや雑貨が揃うセレクトショップで、一部の商品はアイコンサイアム限定のものも。

タイの流行や最新ファッションをチェックできるショップでは、おしゃれで可愛いお土産選びにも最適です!

4~5階「アイコンクラフト(ICONCRAFT)」

アイコンサイアムの4~5階の2フロアにあるのが「アイコンクラフト(ICONCRAFT)」です。

タイの伝統工芸品やインテリアグッズ、アート作品を取り扱うショップで、タイの伝統を現代風にアレンジしたグッズも購入可能。

タイのハイセンスで高クオリティーな商品が欲しいという人や、上司や両親など年配の方へのお土産にもぴったりですよ。

5階「ワトソンズ(WATSONS)」

アイコンサイアム5階には、タイ全土にチェーン展開するドラッグストア「WATOSONS(ワトソンズ)」が出店しています。

ワトソンズは日本のドラッグストアと同じ位置づけで、ヤードムやタイコスメがリーズナブルに購入できるのがポイント。1,000円以下の商品が多く、会社の同僚や友人などバラマキ土産を選ぶときにもうってつけのショップです!

5階「マザーケア(Mother Care)」

家族連れでアイコンサイアムを訪れたときは、5階のフロアでショッピングを楽しみたいところ。5階にはたくさんの遊具が置かれた無料の遊び場を併設し、買い物中もお子さんが退屈せずに過ごせます。

ほかにも、おもちゃ屋さんの「トイザらス」や、オルゴールが作れる台湾生まれの「wooderful Life」、おしゃれなキッズ用品を扱う「マザーケア(Mother Care)」も見逃せません!

「サイアム高島屋」

日本で有名な百貨店「高島屋」が、タイ初出店地に選んだのがアイコンサイアムでした。サイアム高島屋は、G階から4階までの計7フロアで日本のグルメやファッション、インテリアを取り扱っています。

タイ在住の日本人をはじめ、タイの現地人も買い物に訪れるエリアです。また、4階には旅行者向けのカウンターを併設しています。

アイコンサイアムへの行き方

ここからは「アイコンサイアム(ICOSIAM)」への行き方を詳しくご紹介していきます。

アイコンサイアムの概要

住所 299 Charoen Nakhon Soi 5 , Charoen Nakhon Road, Khlong Ton Sai Sub District, Khlong San District, Bangkok 10600
営業時間 AM10:00~PM10:00
電話番号 (+66)2-495-7000
HP https://www.iconsiam.com/en

アイコンサイアムへの行き方:ゴールドライン

2020年12月開業の「ゴールドライン(Gold Line)」は、バンコク初の全自動無人運転車両(APM)を使用した新たな交通機関!アイコンサイアムへも楽にアクセスできるようになりました。

  1. クルントンブリー(Krung Tonburi)駅」または「クロンサーン (Khlong San)駅」で乗車
  2. チャルンナコン(Charoen Nakhon Station)駅」で下車、徒歩すぐ

乗車料金は一律15バーツとのことで、今後は他の路線を開通予定とのことです。ゴールドラインの駅はBTSの駅からすぐの場所にあるので、ぜひご利用くださいね。

アイコンサイアムへの行き方:BTS+水上シャトルバス

アイコンサイアムへは、BTSと無料の水上シャトルバスを使った行き方が便利です。

  1. BTS「サパーンタクシン(Saphan Taksin)駅」で下車
  2. 駅の2番出口を出て、シャトルボート乗り場「サトーン船着場(Sathorn Pier)」へ移動
  3. ボートに乗り、約5分でアイコンサイアムへ

駅の出口すぐに看板が出ているため、迷う心配はほぼありません。ボートは朝9時~夜11時半まで10分間隔で運行しているため、混雑時以外はアイコンサイアムまでスムーズにアクセスできますよ。

また、滞在ホテルによってはホテルの停留場から水上バスでアクセスすることも可能です。

アイコンサイアムへの行き方:BTS+シャトルバス

アイコンサイアムへは、BTSと無料のシャトルバスを乗り継ぐ行き方もあります。

  1. BTS「クルントンブリー(Krung Tonburi)駅」で下車
  2. 駅の1番出口を出て、シャトルバス乗り場へ移動
  3. シャトルバスに乗り、約5分でアイコンサイアムへ

シャトルバスの運行時間は朝9時~夜11時、15分おきに運行しています。

アイコンサイアムへの行き方:バス

タイ旅行に慣れている人は、アイコンサイアムまでバスで行くことも可能です。アイコンサイアム行きのバスは、以下の通りです。

  • エアコン付きバス:6番、84番
  • エアコンなしバス:3番、6番、84番、88番、89番、111番149番、167番、177番

アイコンサイアムへの行き方:タクシー

タクシーを利用してアイコンサイアムへ行く方法もありますが、バンコクは道路渋滞が多いため、できるだけ公共交通機関の利用をおすすめします。

バンコクの交通事情や乗り方については、別記事「タイ・バンコクの交通事情・乗り方まとめ!タクシー・電車・バス・レンタカーなど」で、詳しくご紹介します!

アイコンサイアムの楽しみ方まとめ

タイ・バンコクの巨大商業施設「アイコンサイアム(ICONSIAM)」は、タイの古き良き文化と最先端の流行が楽しめる、バンコクの新たな人気スポット。高島屋や日本の企業も出店しており、タイでの日本人気を実感できる場所でもあります。

ゴールドライン開設でより便利にアクセスできるようになったのも嬉しいところ。ぜひこの機会に、アイコンサイアムを訪れてみてくださいね!

RECOMMEND タイのおすすめ記事

RELATED ARTICLES ショッピングカテゴリの関連記事

ハワイ『ワイケレ・プレミアム・アウトレット』を徹底解説!行き方や取り扱いブランドなど必見情報

ハワイのオアフ島にある「ワイケレ・プレミアム・アウトレット」。こちらはオアフ島でショッピングを満喫したい人には欠かせない、おすすめのアウトレットモールです。オアフ島の西部に位置しているため、主要観光エリアのワイキキからは…