" />

バリ島観光のベストシーズンは?気候・天候とイベントを合わせて解説!

観光
11897views

バリ島にせっかく行くなら、バリ島のベストシーズンに行きたいところですよね!常夏の楽園だと思われているバリ島ですが、実は乾季と雨季があります

それぞれの時期によって気候や天候も違いますし、イベントも異なります。ここでは、バリ島のシーズンを含む気温や天候を時期ごとに解説していきますので、参考にしてみてください!

本記事を紹介しているタビナカでは、日本語ガイドによる海外ツアーを3,000プラン以上提供しています。バリ島で何を体験しようかな?と悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてください!

>>>バリ島の人気アクティビティはこちら

バリ島旅行のベストシーズンはいつ?

バリ島のベストシーズンはいつなのでしょうか。人によってはオールシーズン楽しめるという意見もありますが、やはり楽しめる季節とそうでない季節があると言えるでしょう。

バリ島は日本のようには四季がハッキリしていません一年中を通して温暖な気候で、温度の変化をあまり伴わないのです。バリ島にある季節は、乾季雨季の大きく2つ。乾季は雨が少なく湿度も低い季節、雨季は雨の多い季節です。

観光に適しているバリ島のベストシーズンは、やはり乾季です。雨が少ないので観光しやすいですし景色も綺麗だと言われています。

反してバリ島の雨季は、毎日どこかの時間帯に雨が降る確率が高いので、観光するには少し心配です。

バリ島の乾季にあたる4月〜10月がバリ島観光のベストシーズンと言えるでしょう気温は日本と比べて高いですが、湿度が低いので体感温度も低くなり、日本の夏よりも過ごしやすくなります。

特に、初めてバリ島を旅行する人には乾季がおすすめです。

バリ島のベスシーズン:1年の気候・気温

バリ島のベストシーズンについて、ここではバリ島の気候や気温からご紹介します。

バリ島の平均気温

バリ島の年間を通しての平均気温は28℃。赤道に近い場所にあるので、日本よりも温暖な気候です。

夏になると気温は30℃を超える日も多々あります。ただし、バリ島のベストシーズンにあたる夏の季節は乾季に相当するため、湿度はそこまで高くありません。

バリ島の乾季は思っている以上に、カラッとした気持ちの良い気候を楽しむことができます。

また、バリ島では年間平均気温に比べて7~9月は平均気温が低い気候です。日本の夏に重なる時期にはバリ島の気温が27℃前後となるので、過ごしやすく感じることでしょう。

バリ島の雨季は11月~3月

バリ島の雨季は11月~3月で、気温は26℃~27℃前後と年間平均気温よりも低い気候になっています。バリ島の雨季は湿気が多いため、ドシッと空気が体にのしかかるように感じることでしょう。

湿気が苦手という方は、バリ島のベストシーズンと言える乾季期間のバリ島旅行をおすすめします。

バリ島の年間降水量は1月が最も多く、次に2月や3月と続きます。バリ島の雨季である11月頃から雨が多くなり、降水量も徐々に増えていきます。

バリ島の青空の下で観光やアクティビティを楽しみたいという場合は、雨季はおすすめできません。予定が合うならバリ島のベストシーズンである乾季に渡航するのがおすすめです。

ただし、休みが取れなくて雨季での渡航になってしまうという方も、決してハズレとは言いませんバリ島の雨季は降水量が多いと言っても、短い時間にたくさんの量が降る、いわゆるスコールになります。

スコールは1日のうちのいつ訪れるか分からないという不安はありますが、日本の梅雨のように1日中雨が降り続くわけではないので、晴れ間が広がる時間帯もあるのです。

バリ島のベストシーズン:旅行時の服装

バリ島はベストシーズンを含めて常夏のビーチリゾート!ということで、薄着を心がけようと考える人が多いと思います。

しかし、バリ島の建物では一年を通してエアコンが効き過ぎている場合もあります。そのため、バリ島での服装は気温の変化に対応できるようにしておくのがおすすめです。

またバリ島の乾季の間は、日中と夜中の気温差が激しいこともあります。日中はTシャツなどのラフな服装で良いですが、薄手のカーディガンやパーカーなど、何か羽織るものがあるとより安心してバリ島観光を楽しめます。

また、バリ島に旅行する際は、水分補給もしっかりと心がけましょう

バリ島のベストシーズンとなる乾季は過ごしやすいので長時間外にいることが多くなりますが、脱水症状を起こしたり熱中症になってしまうこともあります。

バリ島の街中では気軽に水を買うことができますが、田舎の方に行くとコンビニなどの便利な店は少なくなります。観光をする前に、ペットボトル2本ほどの飲み物を確保しておくと安心です。

バリ島の現地ツアーによっては、参加する時にペットボトルの水を提供してくれるところもあります。

バリ島のベストシーズン:祝祭日&イベント

バリ島のベストシーズンにも重なる、バリ島の祝祭日やイベントについて紹介していきます。

1-3月のバリ島の祝祭日&イベント

1月~3月のインドネシアは、バリ島を含めて日本の冬の寒さとは異なります。バリ島は常夏の気候ですので、冬の間も気温は高いです。ただし、バリ島では雨季にあたるため、湿気が多くジトジトした季節になります。

バリ島のベストシーズンは乾季ですが、お正月や旧暦新年、ニュピの祝日と重なる季節ということもあって、バリ島に多くの観光客が訪れます。

●バリのお正月

バリ島の新年は1月1日からとなります。日本で言う大晦日から元旦にかけて、大勢の観光客が訪れるのも特徴です。雨季とは言っても、この時期に訪れる観光客はとても多くなります。

特にインドネシア国内外はもちろん、アジアやヨーロッパなどからの渡航者が多くなるのが特徴です。

バリ島の年明けの雰囲気としては、街中でホルンやトランペットを一斉に吹くということもあって、イベントムードを味わうことができます。

紙製のトランペットなども販売されているので、年末年始に合わせて訪れて、バリ島で新年を迎えてみるというのも良いのではないでしょうか!

また、バリ島でも日本のように新年から営業している店もあるので、通常通りに観光を楽しむことができます。ただし、あくまでもバリ島は雨季なので、観光の際には注意しておきたいことも多々あります。

バリ島のベストシーズンは乾季ですが、雨季でもさまざまなイベントがありますので、あえてバリ島の雨季シーズンに訪れるのも良いですね。

●バリ島の旧暦新年

バリ島には中華系の方も多く生活しているため、旧暦新年という考え方も根付いているのが特徴です。この時期になると、アジア圏や中華系の観光客が多くなります。

地元ではチャイニーズイヤーなどのイベントとしても知られ、中華系の方の間ではかなりの盛り上がりとなります。クリスマスやハロウィンの文化よりも、こちらの旧暦新年のイベントの方が盛り上がるとも言えますね!

バリ島の旧暦新年は毎年の西暦によって変わってくるのですが、大体1月下旬~2月中旬となります。

ベストシーズンではありませが、お正月と並んで盛り上がるイベントなので、その時期に合わせて旅行してみるのも面白いかもしれませんね!

●ニュピの祝日

バリ島のニュピというのはサカ暦の新年のことを意味します。前日にはオゴオゴとよばれる祭りが開かれ、鬼の張りぼてが町を練り歩くのですが、この様子がとても面白くお祭りの見学を目的にバリ島を訪れるという方もいるほどです。

ただし、ニュビ当日はあまり観光向けの日ではありません。ニュピの祝日は、バリ島すべてのサービスがストップする祝日だからです。

ニュピ当日は「外を出歩くこと」「労働すること」「大声を出すこと」「灯火の⽤」「殺生」がすべて禁止され、ほぼすべての公共交通機関や商店、テレビやラジオの放送もストップするのです。

このルールはバリ島の観光客にも適⽤されるので、ニュピ周辺の観光は避けるのがベターだと言えるでしょう!

バリ島観光で人気のアクティビティもストップしますし、グルメを楽しもうにも店が開いていません。せっかくバリ島旅行を訪れても、通常のイベントを行えない場合もありますので、注意しておきましょう。

注目ポイント

バリ島をお得に楽しむには、航空券とホテルがセットになったツアーがおすすめです!

《成田発着》【3泊5日】バリ島満喫!航空券+ホテル+アレンジ可能な現地アクティビティツアー!(レンボンガン島ツアーorウブド&ケチャック鑑賞ツアー)[空港往復送迎・ホテル朝食付][日本語ガイドで安心]

4-6月のバリ島の祝祭日&イベント

4月~6月のバリ島は、ベストシーズンの開始時期ということもあって、多くの観光客が訪れます。この時期から乾季に入るため、天候はカラッと晴れていることが多く、夏のような清々しい気分で観光することが可能です。

様々なイベントがあるのもバリ島のベストシーズンの特徴で、バリ島の文化にとっては重要なイベントも多い時期です。

●メイデー

バリ島ではメイデーが2014年から導入されることになりました。メイデーはバリ島のベストシーズンに当たる5月1日に春の訪れを祝うイベントです。

日本では馴染みの薄いイベントですが、世界では常識とも言えるものとなっています。

バリ島の場合は労働者による祭典が開かれる祝日となっていて、この時期の盛り上がりもなかなかのものです!あまり観光客向けのイベントという雰囲気ではありませんが、普段とは違うバリ島を体験できるかもしれません。

●ムハマッド昇天祭・仏教祭

バリ島に根付いている宗教、それがヒンドゥー教やイスラム教です。

このイスラム教で重要なのが、ムハマッドという人物です。ムハマッドは大天使ガブリエルに伴われて天に召され、預言者になったと考えられています。

そのため、バリ島ではこの時期が祭日となっているのです。時期としてはバリ島のベストシーズンに当たる4月下旬になることが多いです。

●ガルンガン

バリ島のガルンガンというのは霊を迎える日のことです。日本で言うところのお盆のようなものとなっています。祝日ではないものの、商店やレストランは休みになることが多いので注意が必要です。

バリ島のベストシーズンにあたる4月4日前後にガルンガンが開催されることが多くなっています。

この時期には帰省する地元の方が多く、現地の人で混雑することも多いので、観光に支障が出ることもあるので注意してくださいね。

●クニンガン

バリ島のクニンガンは、ガルンガンの10日後に開催される祭典です。先祖の霊を天に送り返す儀式をおこなう日となっていて、雰囲気も普段のバリ島とは少し異なるでしょう。

家では黄色く色が付いたご飯を作って、それをお供えします。もちろん、この時期も休業するお店があり、帰省ラッシュのUターンに巻き込まれることもあるので注意してください。

●断食明け大祭

ヒンドゥー教やイスラム教徒が多いインドネシアでは、断食も頻繁におこなわれています。バリ島でもそれは同じで、断食をしている期間は独特の雰囲気が流れています。

バリ島に限らずイスラム圏に旅行する場合は、この断食の時期を避けるのがおすすめです。

しかし、そんな断食から解放される日が、この時期にはあります。それが断食明け大祭です。断食明けの解放的な気分で宴のような騒ぎになることもあるのが特徴です。

実際にこの大祭には、バリ島現地の人が参加するのはもちろん、訪れた観光客も恩恵を受けられることが多いと言えます。

断食明けは欲求から解放された人たちで溢れるので、雰囲気も普段とは違ったバリ島が楽しめますよ!

このように、時期によって、気候や祝祭日&イベントがはっきり分かれているバリ島は、比較的旅行の計画が立てやすい場所の一つ。旅行時期が決まったら、シュノーケリングなどのマリンアクティビティ、ライステラス、スパなどの体験、スケジュールに合った体験を探してみてくださいね。

>>>バリ島の人気アクティビティはこちら

7~9月のバリ島の祝祭日&イベント

バリ島が本格的な乾季に入るのが7月~9月です。この時期は宗教的にも重要なイベントも多いですし、観光で訪れるにはまさにバリ島のベストシーズンだと言えるでしょう!

日本のお盆とも被るということもあって、この時期にバリ島に行くという方もとても多いです。渡航する方は、ハイシーズンということで混雑が予測されるので、予約は早めにしておくことをおすすめします。

●独立記念日

インドネシアの独立記念日は、8月17日です。この時期はバリ島でも祝賀ムードに包まれます。いたるところで赤と白の国旗が掲げられ、賑やかな雰囲気に包まれます。

街中に人が溢れるだけではなく、観光客も集まってくる時期ということで、かなりの喧騒となることもあります。

ゆったりと過ごしたい方にはあまりおすすめできない時期ですが、活気あるバリ島を楽し見たい方にはおすすめのバリ島のベストシーズンです!

●メッカ巡礼最終日

メッカ巡礼イスラム教にとってとても重要なイベントの1つ。厳粛な雰囲気で遂行する人生最大のイベントとなります。

インドネシアの多くはイスラム教やヒンドゥー教なので、特にこのメッカ巡礼は重要な日。観光で気軽に立ち寄るには、少し注意が必要となります。

特にメッカ巡礼最終日は、現地の人の人生でも最も重要な日の1つと言われるので、マナーを守って観光しましょう。

●イスラム暦新年

イスラム歴新年イスラム教が多い国で採用されているシステムで、この日は休日となります。時期は年によって異なりますが、イスラム歴ではこの時期に新年を迎えるので注意しましょう。

イスラム歴新年では、公的機関が休みになることが多いです。つまり、観光には向いていない時期だと言えるでしょう。7月~9月はバリ島のベストシーズンと言われていますが、イスラム歴新年の日の観光は避けた方が良いです。

アルコールの提供はもちろん、賑やかなエンターテイメントなども禁止されることが多いです。つまり、ライブやクラブ、バーなどにも立ち入れない可能性が多くなります。

イスラム歴新年はイスラム教の方にとってはとても重要なものなので、観光する際には注意が必要です。基本的にこの時期は観光客にとっては不便なことが多いため、あまりおすすめできない時期と言えます。

10~12 月のバリ島の祝祭日&イベント

バリ島のベストシーズンである乾季を終えた10月~12月は、気温が温かいものの雨季に入っていく時期です。雨が多くなる気候ですし、湿気が多いので観光にはあまり向いていない時期となります。

この時期でもバリ島を観光をする方が多く、10~11月なら雨季の影響を受けにくい時期となります。ただし、バリ島では12月頃から雨が多くなり、毎日どこかの時間帯で雨が降ることもあります。

●ガルンガン・クニンガン

バリ島のベストシーズンである4月~6月にもガルンガンやクニンガンがあるのですが、実は10月~12月にも同じイベントがあります。

ウク暦により210 日ごとにおこなわれる行事ということもあって、時期はそれぞれの年によって異なります

このガルンガンやクニンガンというのはお盆のようなもので、現地では重要なイベントです。旅行中は普段とは違うバリ島を楽しむことができるかもしれませんが、休みになる店もあるので注意が必要です。

バリ島のガルンガンやクニンガンは、ニュピなどのイベントよりは比較的小規模です。

●ムハマッド誕生の日

ムスリムが多いインドネシアでは、ムハマッドの誕生日もとても重要な行事です。毎年12月12日前後に降誕祭が行われます。

聖者生誕祭の中でも特に重大なイベントとして考えられ、盛大に祝われるのが特徴です。

●クリスマス

インドネシアでもクリスマスは重要なイベント。イスラム教が多いので、キリスト教文化のクリスマスはあまり歓迎されていないと思う方も多いかもしれませんが、年々若者を中心にクリスマスを祝う傾向が強くなっています。

常夏のバリ島では、クリスマスと言っても雪はありません。しかし、ホテルではクリスマスツリーを飾ったり、デコレーションやイルミネーションが飾られることもあります。

最近は街中でもクリスマスムードを楽しめることが多くなっているので、バリ島のベストシーズンではないもののクリスマスの季節にバリ島を訪れるのもありですね!

バリ島のベストシーズン:旅行時の持ち物

バリ島の気候や行事によっても異なるベストシーズン。ここではバリ島のベストシーズンを含む旅行時に欠かせないおすすめの持ち物を紹介します。

羽織もの

バリ島は常夏の国ですが、羽織ものは忘れずに。バリ島のベストシーズンに当たる乾季は朝晩の寒暖差が激しいですし、ショッピングセンターやレストランではクーラーが肌寒く感じることも多いでしょう。

Tシャツの上に1枚羽織るカーディガンやパーカーなどを持っていくと重宝します。

歩きやすいサンダル

バリ島はベストシーズンを含めて1年中気温が高いので、靴はサンダルがおすすめです。ただし、観光で長い時間歩き回ることになるので、歩きやすさを重視してくださいね。

マリンスポーツやラフティングなどを行う予定がある人は、マリンシューズなどアクティビティ用の靴も忘れずに用意しましょう。

ウェットティッシュや除菌ジェル

バリ島旅行であると重宝するのがウェットティッシュ。レストランやカフェでおしぼりが用意されないことが多いので、気軽に消毒ができる除菌ジェルもおすすめですよ。

プラグ変換アダプター

日本とバリ島ではコンセントのプラグタイプが異なります。スマートフォンやデジタルカメラを充電するためにも、プラグ変換アダプターは忘れずに。

バリ島のプラグタイプはCタイプ。最近では、世界中全てのタイプに変換可能なオールマイティタイプが売られて入るので、そちらがおすすめです。

バリ島のベストシーズン情報まとめ

バリ島のベストシーズンは4月~10月です。常夏なので年中温暖な気候ですが、やはり雨季よりも乾季に訪れるのがおすすめです!

ただし、バリ島のベストシーズン中でも、さまざまな暦があるバリ島では、観光に適さないイベントもあります。観光する際には、事前に調べてから渡航してくださいね! 

バリ島人気アクティビティランキング1~3位

最後に、「バリ島」での人気ツアーランキングを紹介します。ぜひ今後の旅行プランをたてる上で参考にしてくださいね!

第1位:レンボンガン島満喫ツアー!シュノーケリング+マングローブの林探検+悪魔の涙

バリ島人気の離島、レンボンガン島は手つかずの自然や熱帯魚に出逢える楽園です。このツアーでは、レンボンガン島を取り囲むエメラルドグリーンの美しい海でシュノーケリングを楽しめるのはもちろん、「マングローブ林」や「悪魔の涙」など、見所満載の観光スポットを日本語ガイドの解説付で余すことなく巡ります。バリの大自然に抱かれる充実の1日をお過ごしください。

>>>人気ランキング第1位「レンボンガン島ツアー」の体験はこちら

第2位:ウブド満喫!ゴア・ガジャ遺跡+テガラランの棚田+ケチャックダンス

「自然と芸術の街」ウブドの人気スポットを一日でぐるっと回るツアーです!謎多き世界遺産ゴア・ガジャ遺跡、ライステラスの幻想的な雰囲気をお楽しみください!ホテルからの送迎&日本語ガイド付きなので海外旅行に慣れていない方にもオススメのツアーです。

>>>人気ランキング第2位「ウブド満喫ツアー」の体験はこちら

第3位:ウルワツ寺院の絶景サンセット+ケチャックダンス鑑賞ツアー!

荒波が打ち付ける断崖絶壁の岬に厳かにたたずむウルワツ寺院の魅力は何といっても夕方のサンセット。バリ島の海とフォトジェニックな夕日、ここでしか味わえない体験です。炎に包まれた男たちが独特の耳障りの良い”ケチャ、ケチャ”というリズムと伴に舞う、バリの伝統芸能ケチャックダンスは迫力満点!

>>>人気ランキング第3位「サンセット&ケチャックダンス」の体験はこちら

バリ島には、他にもライステラス、スパなどの体験も充実しています。まだ現地で何をするのか決まっていない方は、バリ島で何ができるのか、まずは探してみませんか?自分に合った楽しみ方を見つけて、充実した旅行を過ごしてくださいね!

>>>バリ島の人気アクティビティはこちら

WRITER sato
海外旅行を愛するフリーライター。 暇さえあればフラッと世界に飛び立ちます!こちらのサイトでは、海外の色々な情報を書かせていただいています。 実際に自分が訪れた国はもちろん、これから訪れたい国の情報などもわかりやすく解説したいと思っています!よろしくお願いいたします! 個人ブログ「チキンジャーニー~CHICKEN JOURNEY~」(http://chicken-journey.com/)も見てくださいね!

RECOMMEND バリ島のおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事