" />

【海の楽園】グレートバリアリーフの魅力を徹底紹介!おすすめ観光スポット6選!

観光
122028views

オーストラリアにあるグレートバリアリーフは世界遺産にも登録されている人気観光スポット!「人生で1度は行ってみたい!」と思っている人も数多くいるのではないでしょうか?

グレートバリアリーフには900以上もの島が連なり、その大きさは北海道〜九州間以上!

本記事では、そんな広大なグレートバリアリーフの中でも絶対に訪れたい6つの観光スポットをご紹介!おすすめのアクティビティや過ごし方についてもご案内致します♪

グレートバリアリーフってどんな所?

オーストラリア随一の観光スポットでもある“グレートバリアリーフ”。ここではそもそもグレートバリアリーフがどんな所か、ご説明いたします。

900以上の島が連なる世界遺産のサンゴ礁

グレート・バリア・リーフは、全長2,300km・約35万㎢に広がる世界最大級の珊瑚礁地帯。なんと日本列島とほぼ同じ面積で、宇宙からも見えるというから驚きますよね。

1800万年前から形成し始められたグレートバリアリーフは、その規模の大きさと美しさから1981年に世界遺産に登録されていて、オーストラリアの豊かな自然を満喫するには最高の観光スポットです。

とにかく広大なので、場所によって全く違った景色を楽しむことができるのも魅力の1つ。ダイビングやシュノーケリングも良いですが、ただ眺めているだけでも充分満足できますよ。

▶グレートバリアリーフのダイビングスポットが知りたい方は、「世界遺産グレートバリアリーフでダイビング体験♪」をご覧ください。

グレートバリアリーフの場所は?

オーストラリア北東部のクイーンズランド沖に位置しているグレートバリアリーフ。様々な都市にまたがっていますが、一般的にはケアンズが玄関口になっています。

行くスポットにもよりますが、ケアンズの港からはクルーズ船で約1〜2時間。日帰りで楽しむことができるのも人気の秘密です。

グレートバリアリーフで行きたい必須観光スポット6選!

ここまではグレートバリアリーフの基本情報などをお伝えしてきました。ここからは、グレートバリアリーフで是非行って頂きたいおすすめの観光スポットを6つご紹介します!

どこも素晴らしい絶景が楽しめる場所ばかりなので、グレートバリアリーフ旅行を予定している方は必見ですよ。

人気No1★グレートバリアリーフの玄関口!グリーン島

グレートバリアリーフ内で観光客から1番人気の島である、グリーン島。ケアンズから近く、高速船で45分ほどで着きます。

グリーン島では泳ぐことはもちろんですが、海以外にも楽しめる施設が数多くあるのが特徴。プールや海の生物が見れる小さな水族館、また迫力満点のワニ園などがあります。

さらに、様々なウォーターアクティビティも体験可能♪シーウォーカーと呼ばれる潜水用のヘルメットを着用しての海中散歩や、パラセイリングも楽しめますよ!

グリーン島内のツアー案内所やダイビングのガイドには、日本人スタッフがいることも多いので英語が話せなくても安心なのも嬉しいポイント。

▶グリーン島の詳しい観光情報は、「グリーン島の楽しみ方徹底紹介」をご覧ください。

パワースポットのハートリーフがある島!ハミルトン島

ハートのサンゴ礁「ハートリーフ」があるハミルトン島は、新婚夫婦やカップルに大人気!ハートリーフはカップルで見ると幸せになると言われているので、ロマンチックさ抜群です。

ただしハートリーフを見るには、ヘリコプターセスナの利用が必須なので要注意。豪州一といわれるホワイトヘブンビーチへの観光もセットとなったツアーがとても人気です。

▶ハートリーフの詳しい情報や行き方は、「ハートリーフの行き方から見どころまで」をご覧ください。

ハミルトン島内にある「WILD LIFE Hamilton Island(ワイルドライフ ハミルトンアイランド)」では、コアラを抱っこして写真撮影が可能!愛くるしい動物たちと間近に触れ合える貴重な体験ができます。

さらに絶景のゴルフコースプールバギーレンタルなど有意義に過ごせる施設が充実。オーストラリアを代表するレストラン「Bommie」もあるので、食も楽しめますよ。

ハミルトン島にも日本人スタッフがいますので、安心して島を満喫してくださいね。

若者におすすめ!アクティビティ天国★フィッツロイ島

フィッツロイ島は、アクティビティが充実しており若い世代にうってつけの島SUPシーカヤックで綺麗な海を楽しんだり、シュノーケルで海の魚と触れ合ったりして楽しめます。

魅力が海だけではないのも、フィッツロイ島ならでは。熱帯雨林の97%が国立公園に指定されている森があり、1周3時間のウォーキングコースがあるので、大自然に囲まれながらトレッキングもできちゃいます。

アクティブに体を動かして満喫したいという方には、フィッツロイ島はぴったり。ただしフィッツロイ島の周りはサンゴ礁が少ないので、サンゴ礁を楽しみたい方は違う島へ行くのがおすすめです。

▶フィッツロイ島の詳しい観光情報は、「フィッツロイ島ってどんな島?」をご覧ください。

辺り一面白い砂の幻想的なビーチ…ミコマスケイ♪

数あるグレートバリアリーフの観光スポットの中で、一風変わっているのが、ミコマスケイ。島ではなく木々が生えていない砂浜で、辺り一面白い砂で埋め尽くされたとても綺麗なビーチです。

さらにミコマスケイは、グレートバリアリーフ内で透明度がNo.1の美しい海!海の中に潜らずとも海の中が透けて見えるほど透き通っているので、その美しさに心を奪われる人が続出しています。

ミコマスケイの周りは浅瀬なので、子供連れでも安心。また、ミコマスケイ行きのツアーには日本人スタッフが同行することが多く、何かトラブルなどがあってもすぐに対応してくれます。

とても人気の観光スポットなので、行く際はツアーの事前予約がおすすめですよ。

最も多くのサンゴ礁を見れるスポット!アウターリーフ

アウターリーフは、グレートバリアリーフ内で最も多くの美しいサンゴ礁が見れる場所。サンゴ礁をずっと眺めていたいという方にぴったりです!

見られる魚の数も1番多いので、海の中の世界を存分に楽しみたい方には非常にオススメです。

1日100人限定の無人島!フランクランド島

日々の喧騒からかけ離れて少しゆっくりと海を楽しみたいという方にぴったりなのが、フランクランド島。1日100人限定でしか入ることができない無人島。まるでプライベートビーチで遊んでいるような感覚を味わえます。

フランクランド島へ行くツアーの価格は、他の島に比べると比較的高い値段設定。しかしプライベートビーチ感満載の無人島で過ごす時間は、静かで落ち着いた贅沢な環境でお値段以上の体験ができること間違いなしですよ!

フランクランド島へのツアーも日本人スタッフが同行することが多いので安心です。

グレートバリアリーフならではの楽しみ方

透明度が高く美しい海が魅力のグレートバリアリーフ。過ごし方は様々ありますが、その中でもグレートバリアリーフならではの楽しみ方をご紹介致します。

  • 臨場感たっぷりのグラム・ボトム・ボート
    グラム・ボトム・ボート船の底が透明になっていて、海の中に潜らなくても海底が見ることができる船。お子様や年配の方でも安心して楽しむことができます。グラス・ボトム・ボートの近くで餌をまくので、間近で魚をみれて最高の臨場感を味わえますよ。 透明度が高いグレートバリアリーフならではのボートです。
  • ポンツーンでゆったり休憩
    …グレートバリアリーフには「ポンツーン」と呼ばれる人工島があります。ポンツーンを拠点にシュノーケルやダイビングができるので、食事や休憩をとるのに最適。初心者でも安心して楽しめます。 たくさんの設備が揃っていて便利なので、ぜひ利用してみてくださいね。

▶他にも沢山のウォーターアクティビティがあるので、興味のある方は「グレートバリアリーフを満喫♪ウォーターアクティビティまとめ!」をご覧ください。

グレートバリアリーフのおすすめツアー

絶景に出会えるグレートバリアリーフに行きたいけれど、言語が不安……という方はツアーを利用するのがおすすめ!事前に予約しておけば、スムーズに観光を楽しめます。

日本語ガイドや送迎が付いているツアーを選べば、電車の遅延などのトラブルを心配する必要がありません。グレートバリアリーフを楽しむ事だけに集中できるので、思う存分堪能できますよ。

また日本からのツアーではなく現地のオプショナルツアーを利用すれば、自分の好きなようにスケジュールが組み立てられるのでおすすめ。観光を効率よく楽しみたい方にぴったりです。

①熱帯雨林キュランダ観光ツアー

ケアンズが誇る世界遺産の一つ、キュランダを1日で巡るツアー!キュランダ鉄道もスカイレールも楽しめる、さらにコアラなど動物と触れ合えるツアーとなっています。キュランダを満喫するならこちらのツアーがおすすめ♪

②贅沢クルーズで楽しむ!グレートバリアリーフでのシュノーケリング体験ツアー♪

ワンランク上のゴージャスなグレートバリアリーフを楽しむなら、贅沢クルーズで楽しむシュノーケリングツアーはいかがでしょうか?アウターリーフの美しい海を潜った後は、グルーズの上で一休み…。ワインやチーズ・フルーツなど、船の上でもゴージャスに楽しめるお食事もご用意♪

③グリーン島とアウターリーフへ!グレートバリアリーフ2大人気スポット巡りツアー

グレートバリアリーフ で人気の「グリーン島」と「アウターリーフ」を巡るツアー!ツアー中、人工島のポツーンに立ち寄り美味しいランチビュッフェもお召し上がり頂けます♪アクティビティ盛りだくさんのポンツーンも満喫できちゃうお得なツアー!

④フィッツロイ島を満喫!癒しのビーチリゾートツアー

穴場と噂のフィッツロイ島ツアーもおすすめ!リゾートアイランドとして人気のフィッツロイ島は落ち着いた雰囲気が流れる大人の時間を過ごせます。島の中ではパドルスキーやグラスボトムボートツアーなど、アクティビティも充実しているので1日飽きることなく過ごせる隠れ家アイランド!

⑤人口島ポンツーンで楽しむグレートバリアリーフツアー

グレートバリアリーフ でお馴染みの人口島「ポツーン」を満喫するならこのツアーがおすすめ!泳ぎが苦手な方が一緒でも、ポツーン内で美しい海を満喫することができます。ランチビュッフェ付き、アクティビティも盛りだくさんなので、ゆっくりグレートバリアリーフ を楽しみたい方におすすめのツアーです!

グレートバリアリーフへの行き方

グレートバリアリーフは、ケアンズを起点にして日帰りで楽しむ観光客がほとんど。最も近いグリーン島には高速船で片道45分で到着します。

またハミルトン島へはケアンズ空港経由で、直接飛行機で向かうことができます。ただ1日に1便しかでていないのでご注意下さい。

グレートバリアリーフの気候・おすすめのシーズン

グレートバリアリーフのベストシーズンは5月〜12月。透明度が高く波が穏やかな冬の期間がおすすめです。

【1月~3月】★★
ちょうど雨季の時期なので、雨がとても多く、あまりオススメではありません。服装は半袖と長袖、または羽織るものを持っていくことがベストです。

雨季の時期ですが日差しが強いので、日焼け止めを持っていくようにしましょう。

【3月~6月】★★★
晴天の日が多いですが、同時に強風の日も多いです。天気が良くても強風で海には出れないかも…という日がしばしばあるので、天気予報を見て決めるのが良いでしょう。

【7月~9月】★★★★
この時期は、オーストラリアの冬。グレートバリアリーフの海の透明度が高くなり、ダイビングには絶好の時期です!ただし気温は低いので、朝晩の冷え込み対策として長袖が必須です。

【10月~12月】★★★★★
春は気候が安定しており、とても快適に過ごせる時期。しかし全土の旅行シーズンと被るため、旅行客で混んでいる可能性があります。

12月の中旬からは雨季になるので、その時期以降は予定を組まない方が良いでしょう。

グレートバリアリーフに持って行きたい持ち物

年中通して過ごしやすい環境ですが、紫外線も強く船も揺れます。そのため、酔い止め一年中日焼け対策は必須となります。また、ツアーに離島で行く際は食事と簡易トイレの対策は確認しましょう。

おすすめ持ち物リスト

●日焼け止め
…日差しが強いケアンズ。何も塗らずに海へ行けば遮るものがないので30分で真っ赤です。

●ラッシュガード
…サンゴ礁は意外と肌に当たると痛いです。紫外線とサンゴ礁から肌を守るためにも、長袖のラッシュガードがあると便利。

●ビーチサンダル
…しっかりとホールドされる脱げにくいサンダルがあると安心です。

●酔い止め
…船での移動や滞在が多くなるグレートバリアリーフ。揺れに弱い方は事前準備を。

グレートバリアリーフ観光の際の注意点

グレートバリアリーフにある島は、ほとんどの旅行者が日帰りでケアンズに帰るため治安がとても良いのが特徴。またケアンズも治安は悪くはありません。

ただケアンズでは、ナイトマーケットなどを除いて21時以降はお店のほとんどが閉店してしまいます。ひと目がつかない時間帯の外出は控えるようにしましょう。

グレートバリアリーフで絶景を満喫しよう!

グレートバリアリーフはオーストラリアが世界に誇る絶景世界遺産。コバルトブルーの海とどこまでも広がる空のコントラストが美しく、一生に一度は行っておきたい場所です。

ダイビングやシュノーケリングなど、楽しみ方も沢山!どこに行けば良いのか迷っている方には、下記の選び方もおすすめです。是非参考にして下さいね。

  • 滞在期間が短い方はグリーン島
  • パートナーとの思い出を作りたい方にはハミルトン島
  • アクティビティを沢山したい方はフィッツロイ島
  • 他とはちょっと違うグレートバリアリーフを楽しみたい方はミコマスケイ
  • サンゴ礁をとにかく見たい方はアウターリーフ
  • 静かな環境でゆったり楽しみたい方にはフランクランド島

どれもそれぞれ全く違った美しさがあるので、是非何度も行って6カ所全てを制覇してみて下さいね。美しい絶景の海で、忘れられない神秘の体験になること間違いなしです。

▶もっとグレートバリアリーフについて知りたい!という方は「定番からツウ向けの穴場ツアーまで一挙紹介♪」をご覧下さい。

YUMANN
WRITER YUMANN
等身大の情報をお届け致します! 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND ケアンズのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事