" />

【ホノルル】ダニエル・K・イノウエ国際空港情報やワイキキへの移動方法を徹底解説!

航空券・移動
2878views

初めての海外旅行先としても人気のハワイですが、初めて渡航する場合は移動が不安な方も多いですよね。実は空港からワイキキやホテルへのアクセスはとっても簡単!

この記事ではホノルルへの玄関口である、ダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジなど空港内施設の情報や空港からワイキキ中心地への各移動手段別のアクセス方法・料金などを紹介します。

オアフ島(ホノルル) の現地オプショナルツアー

オアフ島(ホノルル)のおすすめツアーを紹介しています。

ホノルル・ダニエル・K・イノウエ国際空港を知ろう!

ダニエル・K・国際空港とはハワイ州オアフ島のホノルル近郊にある、国際空港です。

旧名称はホノルル国際空港でしたが、2017年4月27日からダニエル・K・イノウエ国際空港が正式名称になりました。

ところで「イノウエさん」ってどんな人?

1924年ホノルル生まれ。ハワイ大学とジョージ・ワシントン大学で学んだ後に、第二次世界大戦では米陸軍に入隊しました。1959年、ハワイ州選出の下院議員に当選。1962年には米上院議員に選出され、新たな航空交通管制施設の建設や滑走路と誘導路を改善するなどホノルル空港の発展に寄与しました。

また、オバマ政権で議員を務めた際には副大統領の次の位である第3位の職に。日系の血を引く人の中で一番大統領に近い人物だったと言われています。

ダニエル・K・イノウエ国際空港は生前のイノウエさんの功績や努力を称え、敬意を表すべく、2017年4月27日にホノルル空港から改名されました。まさに、イノウエさんの人生の集大成とも言えますね。

ホノルル・ダニエル・K・イノウエ国際空港内の施設に思わず感動!

オアフ島ホノルル市の中心から約15kmの場所にある、ハワイ諸島最大規模の空の玄関口「ダニエル・K・イノウエ国際空港」

ここでは空港内の施設やレストラン・免税店などについて紹介します。

▽ホノルルのお土産・ショッピング情報はこちら▽

英語が話せなくてもOK!安心の日本語対応♩

日本語の案内表示が整備されている、ダニエル・K・イノウエ国際空港。空港には日本語が話せるスタッフも駐在しているので、海外旅行が初めての方でも安心です。

建物外の通路などがオープンエアなエリアになっていて、到着してすぐに!そして出国する直前までハワイならではの南国の島の雰囲気を堪能できるのも特徴。

空港がもはやショッピングモール並み?!

中央ロビーの周辺を中心に多くのブランドショップや免税店があるので、搭乗手続き後も飛行機に乗る直前までお買い物を楽しめます。免税店には外資系のラグジュアリーブランドを中心に70程のブランドが参入。化粧品やバッグ・衣類品などさまざまな商品を取り揃えています。免税店以外にもギフトショップや雑貨屋もあるので、お土産選びにもうってつけです!

ほかにもレストランやカフェが充実しているので、帰国便を待つ時間もゆったりと食事を取ることができますよ!定番のスターバックスからHonolulu Cookie Company・The Local @ HNLなど、ホノルルならではのお店もあり。どのお店に入るか迷ってしまいそうですね。

インターネットや充電サービスも♩

インターネット利用ができるコンピュータワークステーションやスマホを充電できるReCharge Stations(充電ステーション)が空港内のいたるところに設置されています。

観光前にしっかりと充電ができるので、機内で携帯を使い過ぎても安心!記念撮影を楽しむためにも、充電は満タンにしておきましょう◎

ホノルル・ダニエル・K・イノウエ国際空港ラウンジ情報をチェック!

空港内にはカードラウンジが1ヵ所・プライオリティパスで利用できるラウンジが2ヶ所・旅行会社が経営するラウンジが1ヵ所・航空会社のラウンジが多数あります。ここでは、各ラウンジごとの利用条件や場所を解説していきます。

ラウンジはすべて免税制限エリア内にあるので、荷物を預けてからゆっくりと利用できます。

IASSハワイラウンジ

プライオリティパス利用が可能。空港内唯一のクレジットカードラウンジでJCBカード・セゾン・楽天カードなど代表的なクレジットカードのゴールドカードメンバーであれば利用できるのが嬉しいポイント♩

一番手軽に利用できるラウンジですので、事前にご自身のクレジットカードが対応しているかを確認しておきましょう!

場所
国際線ターミナル1階のガーデンコートエリア内


HIS Lea Lea エアポートラウンジ

HISの対象ツアーに申し込んでいる方であれば、どの航空会社のエコノミークラスでも利用することができる、HIS Lea Lea エアポートラウンジ。

ツアー参加者以外の方でも$35で利用できるので、出発前の時間をゆったりと過ごしたい方はぜひ利用してみてください。

場所
ホノルル空港国際ターミナルグランドフロア(1階)


JALサクララウンジ

JALとワンワールドの上級会員・ビジネスクラス・エコノミークラス普通運賃(予約クラスY)・プレミアムエコノミークラス(東京 羽田行きJL89便)の乗客の方が利用できます。

授乳室やキッズルームがあるので、家族旅行での利用にもおすすめです。

場所
JALチェックインカウンター横の保安検査場を過ぎた目の前にフードコートがあり、そのフードコート手前の階段を3階に上ったところ


ユナイテッド航空 ユナイテッドクラブ

ANAとユナイテッド航空・その他スターアライアンス(ニュージーランド航空など)の乗客の方の中でも「ステイタス」もしくは「ビジネスクラス」の利用で、ラウンジを使用することができます。

場所
ゲート6-11 ダイヤモンドヘッドコンコース内


デルタ航空 デルタ スカイクラブ

デルタ航空・チャイナエアライン・大韓航空などのスカイチーム所属のエアラインに搭乗する乗客の方でビジネスクラスや上級会員、スカイマイルのゴールドメダリオン会員の方が利用できます。

場所
メインコンコース 13番ゲート向かい


ハワイアン航空 プルメリア ラウンジ

プライオリティパス利用が可能です。国際線ビジネスクラスを利用する方であれば、どなたでも無料で利用可能。エコノミークラスなどを利用する方でも、チェックイン時にラウンジパス($30〜$40)を購入すれば利用できるのが魅力です。

ラウンジ内は開放感があり、広々としていますので、温かいコーヒーを飲みながらホッと一息という過ごし方も素敵ですね。

場所
ハワイアン航空のインターアイランドターミナル3階 Wiki Wikiシャトルの乗り場近く


チャイナエアライン ラウンジ

中華航空のダイナスティラウンジですが、名称がチャイナエアラインラウンジに名称変更をされています。利用の際には、ビジネスクラスや上級会員・スカイチームのステイタスが必要です。

場所
国際線ターミナル1階のガーデンコートエリア内


大韓航空 KALラウンジ

デルタ航空やチャイナエアラインと同様でスカイチームのステイタスや大韓航空の上級会員・ビジネスクラスの利用者のみが利用可能です。

場所
国際線ターミナル1階のガーデンコートエリア内


カンタス航空 インターナショナル ビジネス ラウンジ

カンタス航空のファーストクラスとビジネスクラス、ジェットスター航空のビジネスマックス料金の乗客の方とワンワールドステイタス・カンタス航空の上級会員の方が利用可能です。

場所
国際線ターミナル1階のガーデンコートエリア内


アメリカン航空 アドミラルズクラブ

JALサクララウンジと共同のラウンジです。AAの上級会員やワンワールドステイタス保持者、ファーストクラス、ビジネスクラスなどの利用者の方が利用可能です。

食べ物の持ち込みが禁止となっておりますので、注意してくださいね。

ダニエル・K・イノウエ国際空港の位置


オアフ島観光の中心地であるワイキキやアラモアナから西へ約15km、時間にして約40分の距離に位置します。

所在地
300 Rodgers Blvd, Honolulu, HI 96819


空港からワイキキへの行き方は?

ダニエル・K・イノウエ国際空港からホテルもしくはワイキキへのアクセス方法や料金を紹介します。

各方法のメリットやデメリット・所要時間なども解説しておりますので、アクセス方法を選ぶ際の参考にしてくださいね。

エアポートシャトルでの行き方

空港からワイキキのホテルを巡回して、滞在先のホテル前で降ろしてくれる便利な乗り合いシャトルです。空港での乗り合い人数調整や同乗者のホテルを巡回するため時間がかかることもありますが、ワイキキまでの所要時間は約20〜40分と平均的!少人数での旅行の場合、タクシーよりも経済的です。

◾️メリット

運行本数が多いので待たずに乗れます。

◾️デメリット

大きな荷物(スーツケース)やゴルフバッグは有料になることも!

◾️料金

片道:$15.48

クレジットカードの利用が可能なので、あまり現金持ち歩きたくない方にもおすすめです!

ザ・バスでの行き方

「アメリカで最も優れた公共交通システム賞」を何度も受賞している優れた交通サービスでもある、ザ・バス。うまく利用すれば、どの交通手段よりも安くワイキキまで行けちゃうんです!

ザ・バスは路線バスですので、一般道路を利用します。各停留所に止まるのでワイキキまでは約1時間と少し長め。旅程に余裕がある方や節約旅行の方におすすめしたい交通手段です。

※ザ・バスを利用する場合は空港から19番または20番のバスがワイキキ行きです。

◾️メリット

ワイキキに到着するまでに、カメハメハ大王像・ウォールアートで有名なカカアコなどいくつかの観光地を通過します。

移動しながらプチ観光を楽しめるのは、ザ・バスならでは!ちょっと得した気分に!

◾️デメリット

タクシーなどと違い、ホテルの前まで連れて行ってくれないのがネック…!自分がどこで下車するのかを予め調べておく必要があります。

また、荷物は膝で抱えられる程度までと決まっており、スーツケースやゴルフバッグは持ち込みはできません。荷物が少ない人でないと、ザ・バスの利用ができないのでご注意を!

◾️料金

$2.50

タクシーでの行き方

タクシー乗り場に待っているタクシーに乗り、行き先を伝えればOK!事前予約も必要ないので、楽チン!交通状況にもよりますが、最速20分程度でワイキキまで行けます。

基本的なやりとりは英語になるので、予め住所を控えたメモを用意しておきましょう!

◾️メリット

ホテルまで直行してくれるのが最大の魅力です!

◾️デメリット

基本ドルの現金払いになるので、現金を持ち歩くのが好きでない方には不向きです。

◾️料金

$40〜50+料金の15%ほどのチップ

※荷物の大きさや多さに応じて、+@のチップが必要です。

レンタカーでの行き方

自分のスケジュールで動け、プライベートな空間なので色々な意味で気楽なのがレンタカーです。車の運転に自信があり、滞在期間中にレンタカーを使用する予定があるのであれば、レンタカーがおすすめ。

◾️空港内レンタカーショップへのアクセス方法

空港ターミナルビル前の国際線駐車場(Overseas parking Garage)内に、レンタカーショップ5社が入っています。

  1. 空港から個人用出口を出ます。
  2. 歩道を右側に直進。
  3. ファーストハワイアン銀行の手前の横断歩道を渡ると正面に国際線駐車場があります。

空港を出てから国際線駐車場に入るまで約350mなので徒歩でも心配ありません。

◾️料金

空港からレンタカーを借りた場合の目安料金です。レンタル会社や車種・レンタル時期により、多少変動します。

  • 1日$109〜$169(車種による)
  • カーナビ1日$13
  • ロードサービス1日$5.99

慣れない道を走ることになるので、カーナビのレンタルや保険への加入はしておいた方が安心です!日本での運転経験が少ない方は、公共の交通機関を利用することをおすすめします。

◾️空港からワイキキへの行き方

空港を出てすぐにH1の標識が見えるので、East方面に車を走らせます。Exit22を過ぎたら、右車線により、Exit23で降りましょう。Beretania st.は一方通行なのですぐに一番左の車線にはいり、一つ目の角を左に曲がるとKalakaua ave.に入ります。そのまま進めばWaikikiに到着。

時間の目安は道が空いている時で30分、混んでいる時で1時間くらいです。

◾️メリット

車を使うことで、行きたい場所に自由に行けるのが最大のメリット!車中でのおしゃべりも旅の思い出に♩家族連れや卒業旅行など、人数が多い旅行であればみんなでわいわい盛り上がれますね。

◾️デメリット

ハワイは所々道が悪い場所があるので注意が必要です。また、事前にハワイの交通ルールを把握しておく必要があります。

ダニエル・K・イノウエ国際空港のまとめ

ダニエル・K・イノウエ国際空港について、理解を深めていただけましたか?日本に親しみある「イノウエ」という名前が空港名になっているだけでも、ついつい反応しちゃうのが日本人!イノウエさんが日系の方だと知り、親近感や空港名に愛着が湧いた方もいらっしゃるかと思います。

空港内にはレストランやショップ・ラウンジなどが充実しているので、早く空港に着いても飽きることなく楽しめそうですね。

何かと悩みがちなワイキキもしくはホテルまでの交通手段に関しては、旅程に合わせて予め何を利用するかを決めておくと、着いてからがスムーズに!その際にはぜひこの記事を参考にしていただければと思います。ハワイ旅行、楽しんで来てくださいね!

オアフ島(ホノルル) の現地オプショナルツアー

オアフ島(ホノルル)のおすすめツアーを紹介しています。

RECOMMEND ホノルルのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 航空券・移動カテゴリの関連記事