" />

ダナンの聖域「ミーソン遺跡」はまるでドラクエの世界!ベトナム世界遺産の魅力に迫る

現地情報
9052views

ベトナム・ダナンで聖域と称される「ミーソン遺跡」をご存じですか。ベトナムは日本でも親しみが深い国ではありますが、異なる文化も多数存在しています。その象徴である世界遺産の中でも、ドラゴンクエストの世界に迷い込んだような異世界感を堪能できる「ミーソン遺跡」のみどころをご紹介します。

聖域・ミーソン遺跡の概要と歴史

世界遺産のホイアンから南西へ約40キロ、ダナンから南へ約70キロほど行った先に見えるのがミーソン遺跡です。

ミーソン遺跡の概要

ベトナム国内に8つしかないの世界遺産のうちのひとつであり、1999年に世界遺産に登録されたミーソン遺跡は、6世紀から13世紀頃まで栄えたチャンパ王国の遺産が見られます。ジャングルの中たたずむ姿かが神秘的なレンガ作りの遺跡群となっております。

ミーソン遺跡の歴史・背景

ミーソン遺跡の歴史を語るのは、同時にチャンパ王国の歴史を紐解くのと同じこととなります。

チャンパというのは、ベトナムの中部から南部に至るまでに存在した王国のことを指します。当時から海を挟んだフィリピンやマレーとの交流もあったようです。

チャンパ王国は長い間、海洋国家として、アジア海域全体で活躍のしていたのですが、16世紀にキン族という今のベトナムを作った民族により滅ぼされてから、一度歴史からも姿を消してしまいます。

しかし、その後世界的に歴史の研究が進む中で、アジア海域全体を舞台にしていたチャンパ王国は「海のシルクロード」としての歴史ある王国だった。ということで一気に注目を浴びるようになったそうです。

ミーソン遺跡のみどころ

ミーソン遺跡は、先述したチャンパ王国の軌跡が見えるものに混在して、ベトナム戦争の頃の名残なども見ることができます。さらにヒンドゥーの建築物に注目してお話をすると、900年の間、継続的に宗教建築が造営されることは、東南アジアでは特に珍しいので必見です。

謎多く美しいミーソン遺跡の外観

まずミーソン遺跡で最初に注目されるのが外観です。ミーソン遺跡は接着剤を使用せずに作られているんです!どうやって建てているかというと、レンガをずらして内部空間を作りながら行う建築技法です。

外観にもたくさんの美しい彫刻物を見ることができますが、歴史研究が進んだ今でも、どのようにして彫られたのかは謎のままだそうです。今だに解読されていない碑文も何か所かあり、ミステリアスな雰囲気を感じることができます。

周囲は森林に囲まれていることから、いまだたくさんの発掘物が期待されるミーソン遺跡ですので、今回行ったからといって全貌が見えるわけではなく、また数年後に行くと違った一面を見ることができるというワクワクもあります。

ベトナム戦争の爪痕が残るミーソン遺跡

歩いていると、至る所にベトナム戦争の爪痕を見ることができます。今なお修復が続いていますが、不幸の産物とはいえ、二度と繰り返してはいけない戦争の悲惨さなどを知るためにも、ダメージを負った展示物や建築物を見るのもいいと思います。

8つにグループ分けされたミーソン遺跡群

ミーソン遺跡は、A〜Gまでアルファベットでグループ分けがされています。さらに未開拓の地としてH・L以降も存在します。もちろん見られるのであれば、全てを周りたいと思いますが、すべてを見て歩くと2時間くらいかかります。体力と相談して、これから紹介するグループごとの特徴に興味を持ったところを順に回って行くと良いと思います。

ミーソン遺跡グループA

ミーソン遺跡で一番高く美しいとされていた主祠堂があるのがグループAです。残念ながらベトナム戦争の爆撃により、現在は見る影もありません。戦争の恐ろしさを実感しますね。しかし、なんとか土台だけは確認ができますので、その上に立っていた姿を想像してみてください。

この場所からは、マハーパルヴァタと呼ばれる山が見えます。先が尖った特徴的な形なので、すぐに気づけると思います。昔の方々はこの山の方角を目印にしてお祈りをしていたそうです。

ミーソン遺跡グループB・C・D

ミーソン遺跡の中でも一番保存状態が良いとされているグループB・C・D。そのため、一番観光客が常に集まっているの場所でもあります。

まずグループBですが、残念ながらこちらもグループA同様に土台のみの主祠堂があります。近くには水瓶は確認できます。しかし、ミーソン遺跡で一番保存状態の良いグループB・C・Dの中でも特別良いの宝物庫とされています。美しい曲線を描く屋根が特徴です。

宝物庫で絶対に見ていただきたいのが、ヒンドゥー教の女神像の彫刻で、本当に目を引くような美しさです。そして入り口の上部には、二頭の象が向き合っており、こちらも忘れずに見るようにしましょう。

グループCには主祠堂と楼門があります。この主祠堂は保存状態が良いので、グループAの主祠堂とは違い、しっかりと形を確認できます。リンガとヨニという男女のシンボルであり、ヒンドゥー教のシヴァ神の象徴とも言われている神聖な場所なのです。

グループDには中が展示室になっている短形房があります。宝物庫同様に、女神像の彫刻があります。他にも美しいシヴァ神像、あとはベトナム戦争の不発弾もおもむろに置いてあったりするので、ここでも戦争の酷さを感じさせられます。

ミーソン遺跡グループE・F

グループEは、まず宝物庫がありますが、こちらはとても新しく見えるのですが、それもそのはずでつい最近修復をされたばかりで、元々のレンガはほとんど見ることができません。

グループFは現在まだ修復中の主祠堂があります。

どちらもやはりベトナム戦争の爆撃の跡がリアルに残っているので、歴史的建築物を見るというよりは、こういった美しかった建築物をも、戦争は破壊してしまうという惨さを感じるかもしれません。

ミーソン遺跡グループG

13世紀に小高い丘の上に建設されていたグループG。祠堂の周りには、建物を守る神「マハーカーラ」の動物神が飾られているのが大きな見どころです。こちらはしっかりと修復をされており、元のレンガと新しいレンガの色の違いなども見て取れるかと思います。

主祠堂の土台が少しユニークで、体はライオン、頭はドラゴンの像が装飾されているかっこいい作りになっています。あとは、なぜか台座のところに女性の胸部が付いているのも不思議で特徴的です。

ミーソン遺跡グループH・L


丘の上にひっそりそびえ立っているグループHの遺跡は、残念なことに壁面しか残っておらず、建物レベルの建築物は一切確認できません。さらに発掘作業も未着手のままで、このエリアに関する詳しい歴史も判明していないというまさに未開の地となっています。

ですので、ほとんどの方がこのエリアはスキップしていく(ツアーでも立ち寄りません)のですが、どうしても見たい方は、丘の下の通りから見上げることだけできるようになっています。

チャム族伝統舞踊ショー鑑賞

ベトナム最大民族はキン族ですが、そのほかにも、53もの少数民族がベトナムの各地に存在しています。その中でも最大規模を誇る少数民族がチャム族です。

チャム族に関してはいまだに解明されていない歴史や文化も多数存在するため、彼らの伝統舞踊ショーが特に注目されるようになりました。

ミーソン遺跡敷地内で、1日3回、チャム族の伝統舞踊が毎日鑑賞できるます。1しかも鑑賞料はミーソン遺跡の入場料を払えば無料です!嬉しいですね。

時間は、9:30、10:30、14:30となっていますので、お好きな時間を目指して鑑賞しましょう。

ミーソン遺跡観光の所要時間

ミーソン遺跡の所要時間は、普通にメインの見どころのみを回ると1時間〜1時間半程度になっていますが、細かい彫刻などを見ているとあっという間に2時間を超えてしまうので、注意しましょう。

ミーソン遺跡のアクセスや入場料

ミーソン遺跡のアクセス方法と入場時間、入場料金についてご紹介します。

ミーソン遺跡の住所と行き方


ダナンから行かれる方は車で約2時間ほどです。ホイアンから行かれる場合は、車で約1時間ほどで着くことができます。

ミーソン遺跡入場時間

6時〜17時

ミーソン遺跡入場料

1人10万ドンです。切符売り場で購入できます。その際に小さな手荷物を預けることができます。貴重品は忘れずに持って行くことと、急にお手洗いに行きたくなってしまうこともありますので、ここで一旦お手洗いを済ませておきましょう。

ダナン発ミーソン遺跡ツアーの流れ

ここでは、ミーソン遺跡を見るための代表的なツアーの流れを紹介します。

ミーソン遺跡とホイアン、2つの世界遺産をめぐるツアーが一般的です。

ツアーの流れ

・ダナンのホテルで待ち合わせ

・「ミーソン遺跡」到着

入口から遺跡まてでは電気カートてで移動し、内部を散策

・ベトナム料理、ホイアン名物ランチ

・世界遺産ホイアンの街並み散策、ショッピングなど

・ダナン市内のホテルで解散

▼ミーソン遺跡もホイアンも!世界遺産2つを楽しめるおすすめツアーはこちら!

ミーソン遺跡観光時おすすめの持ち物

ミーソン遺跡のような世界遺産では、周りにコンビニなどの便利な場所が比較的少ないので、持っていった方が良いものをいくつかご紹介します。

飲み物

現地でも購入することは可能ですが、念のため500ミリのペットボトルくらいの水分は用意しておきましょう。最大だと2時間ちょっと歩くので、水分補給はとても重要です。特に2〜9月の乾季の時期は日差しがとても強くなります。少し多めと思うくらいに水分補給をして十分だと思います。

紫外線対策アイテム

日本の3倍ほどあるとされているベトナムの紫外線は、お肌の天敵です!帽子、日焼け止めは必須で持っていくことと、薄手の肌が隠れるカーディガンやストールのようなものも持っていくこともオススメします。日差しがかなり強いので、苦手な方はサングラスを着用していくと良いでしょう。

雨具

2〜9月の乾季をのぞくと、結構雨が降ることがあります。一応折りたたみの傘やカッパなどは用意しておいてもいいかもしれません。とはいえ、雨に濡れても日差しが強いので、すぐに乾いてしまいます。最低限、電子機器などが濡れないようにする対策はしておきましょう。

虫よけスプレー

暑い国なので、日本よりも蚊が多く、一度刺されると日本よりもかゆみが強いので、虫除けスプレーを肌にしっかりすることと、なるべく肌が隠れるような薄手の服を着るようにすると完璧です。

ミーソン遺跡観光時おすすめの服装

過剰に注意する必要はありませんが、最低限やっておいた方がよい、ミーソン遺跡観光寺のおすすめの服装についてお話しいたします。

露出は控えめに

基本的に動きやすければ良いのですが、それを重視しすぎて露出が多すぎるようなものは控えましょう。ヒンドゥー教の聖域であったような場所なので、そういった服装をすると、地元の人から白い目で見られてしまいます。暑がりな方は、なるべく薄手の服を着ることにしましょう。万が一、服装で入れないなんてことがあっては悲しすぎますからね。

スニーカーやカバン

かなり歩くのと、水たまりや足元が悪い場所もあるので、サンダルやヒールものよりもスニーカーなどを着用しましょう。カバンも手さげカバンよりは、リュックや肩がけなど、両手が使えるようなものが好ましいです。

ミーソン遺跡観光まとめ

年々と謎が解明されていく、ミステリアスなミーソン遺跡。実際に歩いているだけでも十分にその存在感と、さらにベトナム戦争の爪痕が重みを増しているように感じます。しかしながら、事前に行く前に魅力をしっておくと、より現地でその長い歴史を誇った王国の偉大さを肌で感じることができると思います。

その他のミーソン遺跡に関するツアーはミーソン遺跡ツアー一覧をご覧ください。

RECOMMEND ダナンのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 現地情報カテゴリの関連記事