" />

ハワイでパールハーバーツアー!アリゾナ記念館など見どころやアクセス方法解説!

観光
54379views

年間約100万人もの観光客が訪れるパールハーバー(真珠湾)はハワイ観光には欠かせない人気スポット。有名サイトのランキングにおいてもパールハーバーは何度もトップに輝いています。ハワイのパールハーバーは私たち日本人にとっても戦争教育を受ける上で、一度は聞いたことがある場所ですよね。

パールハーバーでは実際に使われていた戦艦や飛行機が見れるだけではなく、博物館や資料館にて”見て、触れて、体験して”楽しみながらパールハーバーの歴史を学ぶことができます。日本人としては辛いパールハーバーの歴史ですが、ハワイに訪れた際にはワイキキから少し足を伸ばして、パールハーバーを訪れてみてはいかがでしょうか?

この記事ではパールハーバーの概要や、パールハーバーで人気の観光地・ワイキキからパールハーバーの行き方などを紹介しています。特に、パールハーバーで一番人気の「アリゾナ記念館」について詳しくご紹介していきます。これさえ押さえておけば、パールハーバーツアーを効率的に楽しめます!

日米の歴史とパールハーバーの関係性とは?

最初に日米の歴史とパールハーバーの関係性について解説します。日本人として真珠湾攻撃の背景や太平洋戦争、そして現在に至るまでのパールハーバーについて事前学習していくと、実際にパールハーバーを訪れた時の感動がより強くなるでしょう。

歴史的瞬間!安倍首相がオバマ大統領とパールハーバーを訪れる!

2016年12月27日(日本時間28日)ハワイを訪問中の安倍内閣総理大臣がオバマ大統領と共にパールハーバーでの慰霊に臨みました。戦後、現職のアメリカ大統領と共に日本人首相がパールハーバーで慰霊するのは今回が初めてで、旧日本軍の真珠湾攻撃から75年が経過した中での歴史的なパールハーバー訪問になりました。

オバマ大統領自身もこれを機に「戦争が残した傷は友情に変わり、日米関係は過去の歴史を乗り越えて強くなった」といった内容のスピーチをしています。

日米の歴史とパールハーバー

満州事変など中国大陸への侵略を始めた日本軍の動きを警戒したアメリカが日本への石油の輸出を完全にストップ。それと同時に本土にあった基地をパールハーバーへと移動させました。それに対し、日清戦争最中で石油が欲しい日本人はワシントンにて石油輸出の交渉を行ったが、双方の意見が折り合うことはなく、真珠湾攻撃が決行されました。

そして、太平洋戦争勃発。

日本時間1941年12月8日未明。アメリカ合衆国ハワイ準州オアフ島にあるアメリカ海兵の太平洋艦隊ならびにパールハーバー基地に対して日本軍が奇襲攻撃をかけました。後に日本はアメリカとイギリスに対して戦線布告を行い、パールハーバーを機に太平洋戦争が始まりました。

ハワイ パールハーバーツアーに欠かせない観光スポット5選

ここからはパールハーバーに行くからには絶対に観光で訪れたいハワイのスポットを紹介します。見所や滞在時間の目安も紹介しているので、パールハーバーのツアーを組む際の参考にしてくださいね。

①パールハーバー・アリゾナ記念館

パールハーバーの代表的な記念館であるアリゾナ記念館は、真珠湾攻撃でパールハーバーに沈んだ戦艦アリゾナ号の上に建てられた記念碑です。日本人がパールハーバーに沈めた戦艦ということです。記念館ではパールハーバーの海中に沈没した戦艦の姿を見ることができます。

当時のパールハーバーの写真や遺品も展示されている博物館でもあり、いかにパールハーバーでの戦争が酷いものであったかが伝わってきます。アリゾナ記念館へはボートでしか行けないため、1日の見学人数には制限があります。

見学はツアー形式で行われ、所要時間は75分。確実に見るためには、11時ごろには到着しておくと安心です。混雑時には2時間待ちになることもあるので、旅程にはゆとりを持ちましょう。

②パールハーバー・アリゾナ資料館

パールハーバーのアリゾナ資料館では、真珠湾攻撃に関する資料や模型が展示されています。暗号解析のスペシャリストが日本軍の暗号を解析する過程は圧感。日本人のことも相対的に見れて詳しく学ぶことができるので、非常に実りある時間になります。所要時間は約30分です。

③パールハーバー・戦艦ミズーリー

パールハーバーでの戦闘だけでなく太平洋戦争や湾岸戦争で出動した戦艦ミズーリ。役目を終えた今は、記念館としてパールハーバーで一般公開されています。降伏文書調印式の日本人がサインする様子などが船内の随所に展示されています。

巨大な主砲塔アンテナタワーは間近で見ることができ、迫力満点!戦艦からパールハーバーを見渡せば、自身も敵国日本人ながら乗組員の一員になったような気分を味わえます。所要時間は約60分。

④パールハーバー・太平洋航空博物館

1941年12月7日の真珠湾攻撃時に使用されていた格納庫真を改修して造られたのがパールハーバーの太平洋航空博物館です。2010年にはトリップアドバイザーにて、航空関係のアトラクショントップ10にも選ばれており、今パールハーバーで注目を集めている博物館です。

広い博物館内には日本人におなじみ大日本帝国海軍の零戦21型や、アメリカ海軍グラマンF4F-3ワイルドキャットなど、貴重な機体を間近に見ることができます。戦闘機によるシュミレーター体験は老若男女問わず人気を集めており、楽しみながらパールハーバーの歴史を学べるアトラクション施設としてパールハーバーに確立。所要時間は約60分です。

⑤パールハーバー・ボーフィンパーク

パールハーバーで戦闘潜水艦として活躍したボーフィン号と資料館を見学できます。実際に潜水艦の中に入ると、その狭さに驚きます。敷地内にはミサイルや魚雷の展示もあり、中でも人間魚雷「回天」の姿には衝撃を受けます。

戦時中はこの中に人が入り、死を覚悟して突撃していたのか…と考えることで戦争の愚かさや惨たらしさを改めて実感させられますね。所要時間は約20分です。

ハワイ パールハーバーツアー:おすすめの回り方

パールハーバーではまず最初にアリゾナ記念館・アリゾナ資料館を見て回り、次にボーフィンパークを見学します。戦艦ミズーリ・太平洋航空博物館へはパールハーバーのビジターセンターからシャトルバスに乗る必要があるので、上記3つを全て見学してから、見に行くことをおすすめします。

現地ガイドツアーでパールハーバーを効率よく回る

パールハーバーをより深く理解するのであれば、現地日本語ガイドを利用するのがおすすめです!日本語で細かいところまで丁寧に教えてくれるので分かりやすいと好評です。

パールハーバーのハーバービューを楽しめるランチ!

パールハーバーはアリゾナ記念館の横、レインボー・ベイ・マリーナ内にあるレストラン「604」では爽快感と開放感溢れるオープンテラスが自慢の店内からはパールハーバーのハーバービューを楽しめます。地産の食材をふんだんに使用しており、肉料理だけでなく魚料理を楽しめるのも魅力です。

各施設内にもサンドウィッチやカキ氷などを販売する売店がありますが、ゆっくりとパールハーバーでランチを楽しむのであれば、604をおすすめします。

アリゾナ記念館とは?

パールハーバーツアーおすすめ観光地の中でも、一番人気のアリゾナ記念館について、詳しくご紹介していきます。

パールハーバーのアリゾナ記念館とは、1962年に戦艦アリゾナ号の真上に建てられた記念館です。映画「パールハーバー」や、歴史の教科書で学んだ方も多いのではないでしょうか。

1941年12月、日本連合艦隊による真珠湾奇襲攻撃で、パールハーバーの海底へ沈んだ戦艦アリゾナ号。太平洋戦争のきっかけにもなった、大きなパールハーバーでのできごとでした。

今では、毎年100万人以上の人が訪れるパールハーバーを代表する記念館となっており、アリゾナ号自体はアメリカ合衆国の国定歴史建造物にも認定されています。

アリゾナ記念館の見どころ

なんといっても、パールハーバーに沈没したアリゾナ号を見ることができるのは大きな見どころです。パールハーバーの水中に沈んでいるため、すべての外観を見ることはできませんが、太平洋戦争の重みや、積み重なったパールハーバーの歴史を感じられます。

今でもアリゾナ号からは、オイルが漏れ続けているといわれており「アリゾナの涙」と呼ばれています。パールハーバーの環境へダメージを与えているとも言われているため、アメリカの軍隊で調査を続けています。戦争は終わっても、余波は後世にまで続いていることの現れですね。

また、アリゾナ博物館では、真珠湾攻撃や船に関する様々な資料が展示されています。すべて英語になりますが、日本語のオーディオガイドがありますのでご安心ください。観光前にパールハーバーの歴史を復習しておくと、より深く理解できますのでおすすめです。

アリゾナ博物館の中には、アリゾナ号がちょうど沈没した時間のまま止まっている時計も展示されています。戦争が終わって時代が変わっても、戦争の悲惨さや、人々の命の重さを忘れてはいけない。戦争や平和について、改めて考えさせられるパールハーバーの記念館となっています。

アリゾナ記念館に入場前に知っておくべきポイント

入場料

金額は2021年3月現在のものです。変わる場合がありますので、都度公式サイト(https://www.nps.gov/valr/index.htm)も合わせてご確認ください。

チケットに関してですが、アリゾナ記念館・ビジターセンターへの入場チケットは無料です。このチケットは送迎ボートを含みます。毎日、パールハーバービジターセンターでは先着順で1,300枚以上もの無料チケットが配られています。もちろんチケットはなくなってしまうこともありますので、確実にチケットを手に入れたい方は早めの時間にパールハーバーを訪れましょう。

※戦艦ミズーリ記念館は別途有料チケットですのでご注意ください。

チケットの予約は必要?

チケットの予約がなくても当日空きがあれば参加できます。ただ、パールハーバーは年間100万人以上が訪れる大人気の観光スポットですので、チケットの予約をおすすめします。せっかくハワイ・パールハーバーツアーを計画したのに、いざ当日アリゾナ記念館には入れなかった・大混雑で長い時間待つ必要があったというのはもったいないですよね。

持ち物の注意点

鞄の持ち込みは禁止されており、入口横で預ける必要があります。(4ドル)アリゾナ記念館の中には、お財布・小型カメラ(ケースから出す必要あり)・ペットボトルの水・携帯電話のみ持ち込み可能ですのでご注意ください。

パールハーバー・アリゾナ記念館への地図と行き方

この地図はワイキキからパールハーバーまでのおおよその地図です。この地図から分かるように、パールハーバーは空港の反対側になりますが、それほど離れているわけではありません。地図上でもほぼ真っ直ぐな道のりで行きやすそうですね。

ワイキキからパールハーバーへ個人で行きたい方へThe Busを利用してお得にパールハーバーへ行く行き方や、レンタカーでパールハーバーまで行く行き方を徹底的に解説します。

パールハーバーのツアーに参加する場合の料金も紹介していますので、参考にしてくださいね。

The Busでのパールハーバーへの行き方

ワイキキからパールハーバーへのバスを利用した行き方は、20番または40番のバスに乗車します。行き先の表示名は下記をご確認ください。

  • 20番:Airport – AZ Memorial – Stadium – Pearl ridge
  • 42番:EWA BEACH Via Arizona Memorial

バスが来たら、バス上部にある電光掲示板に書かれた番号と行き先が合っているかを必ず確認しましょう。降りるバス停は「Arizona Memorial」もしくは「Kamehameha Hwy + Kalaloa」。ワイキキからパールハーバーへまでは約1時間で到着します。

バスは大人料金$2.75、1DAYパス料金だと$5.50です。バスには両替機がなく、お釣りも出ませんので料金はきっちり用意しておきましょう。1DAYパスを購入する場合は料金ボックスに料金を入れる前に運転手に申し出てください。

次に紹介するレンタカーと違って駐車場を探したりする手間も省けておすすめです。

レンタカーでのパールハーバーへの行き方

ワイキキからパールハーバーへの車での行き方は下記の通りです。スマホの地図アプリを見たり、地図好きな人はお土産も兼ねて現地で地図を買っていくのもいいですね。切り離せる地図付きのガイドブックもありますので、その地図を利用するのもgoodです。

  1. 最寄りのフリーウェイ入り口からH1 Westに進みます。
  2. H1をAirport方面に向かい、車を走らせます。
  3. 15A「Arizona memorial, Stadium」でフリーウェイを降りてください。
  4. そのまま真っ直ぐ99号「カメハメハ・ハイウェイ」を進みます。
  5. 「kalaloa」の交差点を左折したところにビジターセンターがあります。

レンタカーを利用すると、パールハーバーに約30分程度で到着します。運転に自信がある方であれば、レンタカーを利用した方が効率よくパールハーバー観光を楽しめますね!

レンタカーの場合気になるのは駐車場。パールハーバーの場合はビジターセンターに駐車場があります。その駐車場に駐車して付近のパールハーバーの記念館等を回ることができます。しかし、ここパールハーバーの駐車場は混雑していることも。

時期として9月下旬などは閑散期となり駐車場にも空きができやすいようですが、逆に毎週末は駐車場に入れないほど駐車場が混んでいるようです。パールハーバーで駐車場に確実に入るためにも、早めのお出かけをおすすめします。また、ハワイの駐車場は日本と違う点もありますので、混雑時は細心の注意を払って駐車しましょう。

歴史を語り、未来を守るパールハーバー

この記事では日米の歴史とパールハーバーの関係性について、見ておきたいパールハーバーの観光地・パールハーバーまでのアクセス方法についてご紹介しました。

ビーチやリゾートのイメージが強いハワイですが、実は日米の関係性や戦争史を学ぶ上で重要な場所であり、これからも日米が信頼関係を築いていく上で守っていきたい場所でもあります。

パールハーバーはハワイ・ホノルルの中心地であるワイキキから最短30分程度でアクセスできますので、ぜひ観光の際には一度パールハーバーまで足を運んでみてはいかがでしょうか。

RECOMMEND オワフ島(ホノルル)のおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事