" />

【四季別】サンフランシスコの天気や気温と服装情報をご紹介!

旅行準備
67972views

アメリカのカリフォルニア州北部に位置するサンフランシスコは、アメリカ全土の中でも人気が高い観光地です。

今回は、1年を通して過ごしやすいサンフランシスコの天気や気温の特徴と、現地での服装を四季別でご紹介します。旅行する際の参考にしてください。

タビナカ限定

年間を通して過ごしやすい気温と天気のサンフランシスコ

まずは、サンフランシスコの気温について解説していきます!旅行する季節に合せて、服装や荷造りの参考にしてください。

温暖な気温で過ごしやすい

サンフランシスコは、カリフォルニア州の北部に位置し、ロサンゼルスより北にあります。実は、アメリカには日本のような四季がないことをご存知ですか?特にサンフランシスコは、アメリカ国内で住みやすい都市の一つに数えられるほど、1年を通して過ごしやすい気温と天候が特徴。

サンフランシスコの緯度は、日本の福島県と同じです。一見寒そうにも思えますが、アメリカ国内でもトップクラスとも言われるほど気候が温暖で安定しています。

平均最高気温は20℃前後と、春は暖かく、夏は涼しい、そして秋冬は寒すぎないサンフランシスコ。冬でも最低気温は10℃前後なので、どの季節に行っても快適に過ごせるエリアです。

霧には注意!別名は「霧の街」

別名「霧の街」と呼ばれるサンフランシスコでは、夏になると、朝晩に深い霧が現れます。海に囲まれている街のため、太平洋の冷たい水温と外気温の差によって霧が発生しやすくなるからです。

特に霧が出やすい夏の朝と夜は、気温が下がり冷え込むため、気温の変化に注意が必要ですね。

サンフランシスコ春の天気・気温とオススメの服装

続いて、季節別に詳しい情報を服装情報と合わせてご紹介します。

春の天候情報

日中は過ごしやすい。朝晩の冷え込みに注意!

・4〜6月の平均最高気温:18〜21℃

・4〜6月の平均最低気温:8〜11℃

サンフランシスコの春は、日中は日本と同じような気温なのでとっても過ごしやすいです。ただし、最高と最低気温の差が10℃もあるので、寒暖差に注意してください。

春の服装情報

朝晩は上着をお忘れなく!

・日本の春と同じでOK

・カーディガン、パーカーなどが必要

日中は陽気な天候ですが、朝や夕方以降は冷え込みます。気温の差が激しいので、朝晩に出かける際は、上着を持っていくのがオススメです。 

サンフランシスコ夏の天気・気温とオススメの服装

サンフランシスコの夏は、日本と比べて過ごしやすいです。詳細や温度をチェックしていきましょう!

夏の気温情報

日本よりも涼しい夏!

・7〜8月の平均最高気温:22〜23℃

・7〜8月の平均最低気温:12〜13℃

サンフランシスコの夏の最高気温はなんと、22〜23℃!日本の春とほとんど変わりません。30℃を超えることも多い日本の夏からは想像できませんね。最低気温は夏場でも10℃前半まで冷え込みます。

しかし、油断は禁物。日本の夏のピークを過ぎた9月上旬から気温が急上昇する「インディアン・サマー」が始まります。

とはいっても、24℃を超える程度なので、日本の夏と比べるととても過ごしやすいですね。インディアンサマーは1ヶ月程続きます。サンフランシスコは夏場でも過ごしやすいので、夏の旅先にはオススメです。

夏は、ほとんど雨が降らないのがサンフランシスコの天気の特徴。曇る日はありますが、雨の心配はほとんど不要です。心配な方は折りたたみ傘をバックに忍ばせておく程度でいいでしょう。

月間平均降水量(目安)

・7月 0.8mm

・8月 1.3mm

夏の服装情報

日中は半袖!ただし薄い上着も必須!

・日中は日本同様半袖でOK

・夜はいきなり気温が低くなるので夏でも上着は必須

サンフランシスコの夏は、霧が発生することもあって朝晩がとにかく冷え込みます。日中の服装は半袖やタンクトップでも大丈夫ですが、朝晩に行動するときは必ず、羽織るものを持ち歩きましょう。夜景を見に行く時は特に忘れずに!

サンフランシスコ秋の天気・気温とオススメの服装

サンフランシスコの秋は、過ごしやすいものの雨の降りやすい天気が続くこともあります。気温などの詳細をチェックして旅に備えましょう!

秋の天候情報

雨が降りやすい季節が始まります!

・9〜11月の平均最高気温:17〜23℃

・9〜11月の平均最低気温:8〜11℃

サンフランシスコの雨季は、11月ぐらいから3月まで続きます。しかし、平均最高気温は18〜23℃です。雨が降ると少し冷えますが、日本のように冷え込むことはありません。

月間平均降水量(目安)

・9月 5.1mm

・10月 31.0mm

・11月 72.6mm

ご覧いただいて分かるように、11月になると、一気に降水量が増加します。天気も不安定になりがち。11月に旅行される方は、急な天候の変化に対応できるように傘は必ず持っていきましょう。

秋の服装情報

雨が降るとかなり冷え込む!

・長袖の服装

・長袖にプラスして厚めの上着を

春と変わらない気温とはいえ、雨が降るとやはり肌寒くなります。上着は厚めのものを用意しておきましょう。

サンフランシスコ冬の天気・気温とオススメの服装

サンフランシスコの冬は、「寒い冬」ではなく、春と温度が大きくは変わらず、過ごしやすい陽気です。服装のポイントなどぜひご参考にしてください!

冬の天候情報

日中は冬でもそこまで寒くない!

・12〜3月の月間平均最高気温:6〜8℃

・12〜3月の月間平均最低気温:13〜16℃

気温は冬になると10℃を下回るものの、日中は16℃ぐらいまで上昇します。1日の中でも寒暖差がそこまでないため、冬でもそこまで寒くはありません。屋外でのッショッピングやアクティビティも問題なくできます。

月間平均降水量(目安)

・12月 78.5mm

・1月 110.5mm

・2月 80.5mm

・3月 77.7mm

1月になると降水量はピーク。天気が悪い日が続く時もあるので、必要があればレインコートを持っていくことをオススメします。

冬の服装情報

風が冷たいので体感温度が低い!

・ジャケットはマスト

サンフランシスコの冬は、海岸沿いから流れてくる冷たい風で、気温は16℃ほどでも、体感ではそれ以下に感じることもあります。日本の冬ほどの厚手のジャケットは必要ありませんが、必要に応じて冬物を用意しましょう。

サンフランシスコの紫外線・乾燥情報

続いて、女性が気になる紫外線や乾燥情報についてご紹介していきます!

1年中日差しが強いサンフランシスコ

サンフランシスコは、非常に日差しが強いため、夏場だけでなく、一年中日焼け対策が必要です。日差しは日本よりも強いです。日焼け止めを塗らずに外を出歩くと、すぐに焼けてしまうので注意してください。

サンフランシスコは年中乾燥に注意!保湿ケア必須

海沿いにあるサンフランシスコは一年中乾燥しやすい気候なので、保湿ケアも必須です。特に乾燥しやすい冬は、保湿ケア用品を持っていくといいでしょう。

サンフランシスコはオーガニックの街としても知られています。お土産がてらお気に入りの保湿ケアグッズを探すのもオススメです。

サンフランシスコの天気と気温からみるオススメの旅行時期

コンパクトに観光スポットがまとまったサンフランシスコは、街には至る所に観光スポットがあり、街歩きが楽しいエリアです。そして、年間を通して、日中は通年過ごしやすい気温のため、留学先や観光にぴったりです。

特に、雨季を外した4〜10月がオススメです。ぜひ今回の気温や服装情報を参考にして、旅行を満喫してくださいね。

タビナカ限定
タビナカ限定

RECOMMEND サンフランシスコのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 旅行準備カテゴリの関連記事