" />

ホイアン「来遠橋(日本橋)」の魅力をご紹介!行き方やチケット情報も♪

観光
12574views

ダナン国際空港から車で約40分のところに位置する古都ホイアンは旧市街地全体が世界遺産に登録されている人気観光地です。そんなホイアンのシンボルでもある来遠橋は、ホイアン観光で外せないスポット。ここでは来遠橋の基本情報や魅力をまとめてご紹介します。

ホイアン・来遠橋の基本情報

来遠橋は、古い町並みが世界文化遺産に登録されている古都ホイアンのランドマーク的存在で、ホイアンの定番観光スポットになっています。ホイアン旧市街の中心部に位置し、かつての日本人居住区と中国人居住区を繋いでおり、日本らしさも中国らしさも感じられる興味深い建築様式です。

別名「日本橋」

来遠橋は、1593年に当時ホイアンに居住していた日本人がかけた橋と言われています。そこから日本とベトナムの友好の架け橋のような存在で、我々日本人にとってもホイアンに来たらぜひ見ておきたいスポットになっています。

当時の日本人がこだわって作り上げた橋は細かなところに丁寧な彫刻が施されているので、屋根や壁なども近くでじっくり見てください。

紙幣にも描かれている有名な橋

現在ベトナムで流通している2万ドン紙幣の裏面にも来遠橋が描かれており、多くのベトナム人にとってもなじみ深いものです。来遠橋に行くときは、2万ドン紙幣を持って、実物と比べてみましょう。細部まで細かく描かれていて感心します。2万ドンは日本円で約100円ほどなので、旅の記念に持って帰り、写真と一緒に残しておくのもおすすめです。

来遠橋昼のみどころ

日中にホイアンを訪れるという方は、来遠橋でも明るい時間ならではの楽しみ方をしましょう。細かな装飾や彫刻がよく見えて、魅了されますよ。

カウ寺

日中に来遠橋に観光に行くのであれば、橋の中央にあるカウ寺も見学することができます。お寺の中には赤を基調とした華やかな祭壇があり、色とりどりのランタンの装飾もあるため、日本のお寺とはまた雰囲気の違った印象で興味深いです。それでいてどこか懐かしい気持ちになるような不思議な感覚を味わえます。

申と戌の像

来遠橋の両端には、申と戌の像が祀られています。これは、橋の建築開始の年の干支が申で、建築完了の年の干支が戌であったことに由来しています。見逃してしまわないよう、左右に注意してゆっくりと進みましょう。橋の西側には申、東側には戌の像がそれぞれ1対ずつ向き合って鎮座しています。

来遠橋夜のみどころ

ホイアンと言えば、ランタンが灯る夜のイメージが強いという方も多いでしょう。来遠橋も夜になると昼とは違った姿を見ることができます。

来遠橋には、日が暮れたあと暗くなってからも多くの観光客が訪れます。昼間の荘厳な雰囲気も魅力的ですが、夜は昼間とはまた違う幻想的な光景で人々を魅了します。もし時間がある場合は、昼はカウ寺を見て、夜には来遠橋の外観だけ見に行くのもおすすめです。

ライトアップ

日が暮れてからの来遠橋は、ランタンや照明によって明るく照らされ、川の上に幻想的に浮かび上がります。昼に来遠橋を見た方も、夜また見に行くと昼とは全く違った雰囲気を楽しめます。滞在するホテルが近くにある場合は、夜のお散歩で来遠橋を訪れてはいかがでしょうか。暑い国ですが、夜風が気持ち良く清々しい気分になれます。

ライトアップの時間帯

来遠橋がライトアップされる時間帯は、毎日18時から22時までです。また、来遠橋周辺の通りでも多くのランタンが灯され神秘的な雰囲気に包まれます。ぜひ周辺の通りも散策し、ホイアンの夜の雰囲気を存分にお楽しみ下さい。

来遠橋周辺のみどころ

来遠橋周辺には、買い物に便利な通りやとても有名な景色が見られるスポットもあります。どれも所用時間は長くかからないので、1日で一気に見てまわることをおすすめします。

グエンチミンカイ通り

グエンチミンカイ通りは、1600年頃に日本人街として栄えた通りです。現在は、観光客向けのお土産店も数多く並んでいるため、ショッピングを楽しむ観光客の姿も多く見かけます。ベトナムの伝統工芸品や小さな雑貨など、ばらまき用のお土産を探すのにもおすすめです。

トゥボン川

トゥボン川は世界的にも有名な運河で、川の向かいからホイアンの町を見た景色は、ベトナムを代表する景色のひとつでもあります。クルーズ船や小舟に乗るツアーもあるので、水上からホイアンの町を眺めるのもおすすめです。船に乗って町を眺めていくと、運河がどれだけホイアンの町の発展に貢献してきたのかを知ることができます。

ホイアンツアー徹底攻略!ホイアン満喫する為に押さえておくべき13のポイント

来遠橋のアクセスと所要時間

旅行前に来遠橋へのアクセス方法や観光の所要時間をチェックして、スムーズに観光ができるようにしておきましょう。

来遠橋の住所と行き方

来遠橋はベトナム・ホイアンの旧市街に位置しており、チャンフー通りとグエンチミンカイ通りを繋いでいます。ダナン国際空港からホイアンまでは車で約40分ほどで、ホイアン旧市街はあまり広くないので徒歩でまわることができます。ホイアン名物の人力車(シクロ)に乗って街をぐるっと見せてもらうのもおすすめです。

施設名 来遠橋(日本橋)
英名
Japanese Covered Bridge
住所 Tran Phu Street, At the West end of Tran Phu St.Hoi An, Vietnam
営業時間  7:00〜18:00

ホイアンの行き方・アクセスまとめ!ベトナム世界遺産への交通情報

来遠橋の入場可能時間

来遠橋の入場可能時間は、毎日7時から18時までです。橋の通り抜けは24時間可能で、地元民も多くの方が日常生活で利用しています。橋の上にスタッフがいたり、いなかったりするのでチケットをチェックされるかは行ったときにしかわかりません。念のためチケットをすぐに出せるようにしておきましょう。

来遠橋の観光所要時間

来遠橋観光の所要時間は、中の寺院に入っても約10分程度です。アクセスしやすいところにあり、短時間で見てまわれるので気軽に立ち寄ることができます。ホイアン旧市街の観光時に立ち寄り、かつての日本人が建てた趣のある橋を見学してベトナムと日本の歴史やつながりを感じてみてはいかがでしょうか。

来遠橋の入場チケット

来遠橋に入場するにはチケットが必要です。各観光名所で入場料を払うのではなく、5枚綴りの共通チケットを購入するシステムです。チケット売り場はホイアン旧市街地の入り口7カ所にあり、5枚で12万ドンまたは6USドルで販売されています。来遠橋では通り抜けは無料で、入場する場合共通チケットの1枚分が回収されます。

チケットがあると旧市街への入場に加えて、22カ所の指定観光名所に入ることができます。ホイアン観光で必ず買っておきたいチケットです。行きたい観光スポットの数に合わせて必要数を購入しましょう。チケットの有効期限は24時間だけですが、小さな街なので多くの観光名所を1日で見てまわることができます。

観光チケット5枚を使い切るおすすめスポット

ホイアンの観光チケットは5枚で1セットで販売されているので、来遠橋を起点に残りのチケットを使って入場できるおすすめスポットをご紹介します。チケットを有効活用し、ホイアンの人気スポットを巡って充実した1日にしましょう。

フン・フンの家

フン・フンの家は、来遠橋を渡ってすぐのところにある民家です。200年の歴史があり、建築には先人の知恵が活かされた工夫がいくつも見られます。天井には洪水のときに荷物を上に運べるように大きな窓があります。また、2階のベランダからは世界遺産の町並みを眺めることもできるので、特徴的な屋根の造りなども見ておきましょう。

施設名 フン・フンの家
英名
The Old House of Phun Hung
住所 4 Nguyen Thi Minh Khai St.Hoi An, Vietnam
営業時間  8:00〜18:00

廣肇会館

廣肇会館は、チャンフー通りに位置している華やかな中国風建築が目を引く建物です。館内には、天后聖母、関聖大帝が祀られています。庭園には9つの頭を持つ龍の像があり、その煌びやかで迫力のある姿に圧倒されます。ベトナムと中国の歴史的関わりの深さを感じられるスポットです。

施設名 廣肇会館
英名 Chaozhou Hall 
住所 176 Tran Phu, Hoi An, Quang Nam
営業時間  7:30〜18:00

タンキーの家

タンキーの家は、約200年前にベトナムに移り住んだ中国人商人が貿易で成功し、建てた家です。中国・ベトナム・日本の建築様式が合わさった特徴的な造りで多くの人を魅了します。部屋の中に数ある調度品も美しく、当時の住人の華やかな生活が想像できます。

施設名 タンキーの家
英名 Old House of Tan Ky
住所 101 Nguyen Thai Hoc Street.,Hoi An, Vietnam
営業時間  8:00〜12:00、13:00〜17:30

クアンタンの家

クアンタンの家は約300年前に建てられた民家で、浴槽や台所が当時のまま残っています。壁には繊細な彫刻が施されており、足を止めてじっと見たくなる美しさです。また、民家の奥ではホイアン名物のホワイトローズというワンタンのような料理をいただくこともできるので、訪問中に販売していたらぜひ食べてみてください。日本人の口に合い、とても美味しいと評判です。

施設名 クアンタンの家
英名
Quang Trieu (Cantonese) Assembly Hall
住所 77 Tran Phu Street.,Hoi An, Vietnam
営業時間  7:00〜19:00

福建会館

豪華な門が目を引く福建会館は、17世紀に中国の福建省からきた家族が建てたのが起源とされています。いつも多くの観光客で賑わっており、敷地内にお土産ショップもあります。天后聖母が祀られており、現在では災厄避けを祈願に来る人も多いです。みどころがたくさんあるスポットなのでゆっくり時間をとってまわりましょう。

施設名 福建会館
英名 Fukian Assembly Hall
住所 46 Tran Phu, Hoi An, Vietnam
営業時間  7:30〜18:00

ベトナム・ホイアンの観光地12選!ランタンが美しいナイトホイアンやチケット情報も♪

来遠橋観光まとめ

ダナンから車で40分で行ける名所「来遠橋」の魅力をご紹介してきましたが、いかがでしたか?来遠橋を含め、ホイアンでは昔の人々がどのような生活をしていたのかを想像しながら見学できるスポットがたくさんあります。ダナンでは発展する町並みを、ホイアンでは歴史を感じられる町並みをそれぞれお楽しみください。

▼ホイアンへの旅行を計画中の方はこちらもチェック!

【ホイアン・ランタン祭り】2018&2019年最新情報!ベトナムの夜景や灯篭流しを120%楽しむ方法♪

ikata
WRITER ikata
旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND ダナンのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事