" />

ダイヤモンドヘッドへ5つの行き方徹底解説!《初心者でも安心!》

観光
77170views

ハワイ州オアフ島にある”ダイヤモンドヘッド”はリゾート地であるワイキキとも近く、アクセス良好!年間を通して世界各国の観光客が訪れています。

ダイヤモンドヘッドではトレッキングと絶景が楽しめますが、特に山頂の展望台から見る景色は別格です。水平線まで見渡せる美しい海とワイキキの高層ビル!まるで絵葉書のような景色が目の前に広がります。

この記事では、初めてハワイを訪れた人でも安心してダイヤモンドヘッドに行けるように5つのアクセス方法について、徹底的に解説します。

「どのバスに乗れば良いのか」「どの道を通れば迷わずに行けるのか」「各交通手段のメリット」など丁寧に説明しているので、これさえ読めば安心です。

タビナカ限定

ダイヤモンドヘッドとは?

美しいワイキキのビーチとダイヤモンドヘッドと言えば、ハワイ・オアフ島定番の景色。まるで山のように見えるダイヤモンドヘッドですが、実は大昔に噴火した火山の死火山なのです。

ダイヤモンドヘッドの標高はわずか232mと低く、登山道や階段も整備されているため、子どもや高齢者の方でも無理なく登ることができます。

▶もっとダイヤモンドヘッドを詳しく知りたい方はこちら:ダイヤモンドヘッドの日の出鑑賞や行き方など押さえておくべき9のポイント

ダイヤモンドヘッドはオアフ島最南端の海沿いにあり、ハワイ州オアフ島の玄関口であるダニエル・K・イノウエ国際空港から12マイル(約19km)、ワイキキ市内からは3.6マイル(約6km)の場所にあります。

ダイヤモンドヘッド基本情報

営業時間 6:00〜18:00
休園日 なし
入園料 1人$1 (約105円)(車は1台につき$5:約530円)

ではワイキキからダイヤモンドヘッドへ行く方法について解説していきましょう。

各アクセス方法のメリットやデメリットをはじめ、所要時間や料金も紹介しているので、旅程を組む際の参考にしてくださいね。

ダイヤモンドヘッドに行く方法①ワイキキトロリー

ワイキキトロリーを利用する場合、“ダイヤモンドヘッド観光コース”のグリーンラインを利用します。

ワイキキからはTギャラリア発で運行しているので、こちらを利用しましょう。こちらは1回乗車のチケットがなく、フリーパスが必要になるので要注意。

ワイキキトロリーは35分間隔で運行しているので、ご自身の旅程に合わせて乗車すればOK!The busとは違い、クレーターの内部まで入れるのがメリットです。

チケットは事前にネットで購入しておくと、乗車がスムーズに!チケットは1日1ライン乗り放題で$25(約2,630円)です。ダイヤモンドヘッド以外のにも観光予定があるのであれば、購入しておくと便利。

時刻表や路線に関しては、下記リンクよりご確認ください。

具体的な時刻が載っている時刻表がないため、下記リンクにの時刻表をクリックして現在の運行状況をチェックしてみてくださいね。

▶HP:路線/時刻表

ダイヤモンドヘッドエクスプレスを利用しよう

ワイキキトロリーの通常の運行は9時30分が始発。

早朝にダイヤモンドヘッドに行く人は早朝用のダイヤモンドエクスプレス便が便利です♪

ロイヤル・ハワイアン・センターより7時~8時40分まで20分間隔で運行しています。

ワイキキトロリーを利用するメリット

ハワイならではの美しい景色を楽しみながら目的地まで行けるのが、ワイキキトロリーを利用する最大の魅力です。

ダイヤモンドヘッドに行く方法②The Bus

ワイキキからThe Busでダイヤモンドヘッドに行く場合、23番もしくは2番のバスを利用します。各バスでの行き方を詳しくみていきましょう。

23番のバスを利用する場合

  1. クヒオ通り海岸側のバス停から23番「Hawaii Kai Sea Life Park 」行きのバスに乗車します。
  2. 乗車時間は20〜30分程度。左手にファーマーズマーケットで有名なKCCの駐車場が見えて来たら、次で降車するので準備をしましょう。
  3. ダイヤモンドヘッド・クレーター入口のバス停で降車します。
  4. ここからダイヤモンドヘッド・クレーターの中の登山口までは徒歩で約15分ほどかかります。

昼間は混む可能性があるので、時間に余裕を持って行くのがベター。

バスは30分に1本運行しています。時刻表はバス停に表示されていないため、ザ・バス専用アプリのDa BUs(ダ・バス)を利用すると予定も立てやすくなるので便利!

バスの位置情報やバスの到着時刻がわかるのでハワイ旅行の必須アイテムです。iPhoneにもAndroidにも対応していますので、ぜひダウンロードしてくださいね!

早朝はバス停からダイヤモンドヘッド・クレーターの中の登山口までの道が暗く、危険が伴うのでバス以外の交通手段を利用する方が安心です。

2番のバスを利用する場合

バス待ちの時間を短縮するのであれば、10〜15分に1本来る2番「2 WAIKIKI-KCC」のバスを利用することをおすすめします。ただし、2番のバスはダイヤモンドヘッド・クレーター入口の1つ手前のKCCが終点なので、バス停1つ分を歩く必要があります。

KCCからダイヤモンドヘッド・クレーター入口のバス停までは徒歩で3〜5分程度。2番バスは2連で車内が広いため、座れる可能性が高いのも嬉しいポイントです!

※乗車場所は23番のバスと同じ。いったんバス停まで行ったら、先に来た番号のバスに乗車しましょう。

バス停からダイヤモンドヘッドまで

バス停の後ろにある歩道を通って、ダイヤモンドヘッドの駐車場へと続く道路に合流します。展望台の駐車場を過ぎるとトンネルがあるので、トンネルを抜けます。

トンネル内は極単に道幅が狭くなるので、歩行の際には注意が必要。特に車には気を付け、可能な限り車内から見てもすぐ気付いてもらえるような服装を心掛けましょう。

“徒歩15分”と聞くと少し長く感じるかもしれませんが、実際に歩いてみるとあっという間です。徒歩だからこそ見ることができる、素晴らしい景色には思わず感動です!

The Busを利用するメリット

どの交通手段よりもリーズナブルにアクセスできるのが、The Busを利用する最大のメリットです。また、ハワイのローカルバスに乗ったり、歩いたりとその土地ならではの体験ができるため、旅感を味わいたい方におすすめです。

ダイヤモンドヘッドに行く方法③レンタカー

ワイキキ市内からのアクセス方法を紹介します。

  1. カラカウア通りを走ります。カパフル通りの角を過ぎたら、路面の左矢印のレーンに入り”モンサラットアベニュー(Monsarat Ave.)”に入ります。
  2. 道なりに進むと”ダイヤモンドヘッドロード(Diamond Head Rd.)”に入るので、そのまま直進します。
  3. 左手の”KCC(カピオラニ・コニュニティ・カレッジ)を過ぎ、左にチャペルが見えたらすぐに右側に”ダイヤモンドヘッド(Diamond Head State Monument)”の茶色いサインがあるのでそこを右折します。
  4. トンネルを抜けると駐車場の入り口(料金所)に到着します。

トンネルは出口が見えるくらい短いですが、道路が狭いので注意が必要です。歩行者が歩いている場合は徐行にするなど、安全運転を心掛けてください。所要時間は20分程度です。

注意事項

休日の昼間や長期休暇などは道が混んでしまい、駐車場待ちの渋滞になることもあります。駐車場の台数には限りがある上、頂上まで登って帰ってくるのに時間がかかるため車の出入りはあまり頻繁ではありません。

到着した時に既に満車だった場合は入庫できるまでにある程度時間がかかってしまうことを念頭に置いておきましょう。

スムーズに観光するのであれば、午前中(8時〜10時頃)に行くのがおすすめ。特に乾季は午後にかけて日差しが強く、暑くなる傾向があるので午前中の方が快適に観光できます。

レンタカーを利用するメリット

レンタカーであれば登山口まで行けるため、早朝の暗い時間帯や夏の暑い時間帯でも比較的に安全かつ快適にダイヤモンドヘッドまでたどり着けるのがメリットです。

ダイヤモンドヘッドに行く方法④タクシー

ワイキキ市内のホテルからダイヤモンドヘッドまでタクシーを利用した場合の料金と時間の目安を紹介します。

金額

  • チップ込みで$15(約1,580円)〜

ホテルの場所や距離により多少異なります。

所要時間

  • 10分程度

あらかじめ帰りの時間を決めておき、同じタクシーに迎えに来てもらうように頼んでおくと下山後もスムーズに帰宅できます。4人で行く場合バスで行っても片道$10(約1,050円)、1人$2.5(約270円)かかるので、 “タクシーの方が少し高いかな?”程度の料金です。人数が多い場合や子ども連れの場合はタクシーの方が便利かと思います。

タクシーを利用するメリット

待ち時間が少なく、スムーズな観光が可能です。また、人数が多い場合は他の交通手段とほとんど変わらない金額で利用できます。観光時間が限られている場合は迷わずタクシーを利用しましょう。

ダイヤモンドヘッドに行く方法⑤ツアーを利用

自力でダイヤモンドモンドヘッドに行くのが難しい方やダイヤモンドヘッドで有名な日の出鑑賞などには現地ツアーがおすすめです。日の出鑑賞のツアーや他のエリアとセットになったツアーなど様々なツアーが開催されていますので、内容を比較して、気に入ったものに参加すると満足度も上がります!

ツアーの参加料金の目安

【ダイヤモンドヘッドの朝日を見る場合】

  • 1人$32(約3,360円)〜

【ダイヤモンドヘッド登頂】

  • 1人$35(約3,680円)〜

日本円にすると、ダイヤモンドヘッド単体で大体4,000円くらいが相場です。ツアー会社や他の観光をするなどツアー内容により変動しますし、1人参加の場合は割増料金が発生することもあります。事前に必ず確認をするようにしてくださいね!

ツアーの所要時間は?

所要時間はダイヤモンドヘッド単体であれば3時間程度です。なにか他の観光(たとえば有名店での朝食やシュノーケルなど)とセットにした場合は5時間〜12時間とツアー内容により、所要時間が大幅に異なります。

モデルツアースケジュール

送迎付き・ダイヤモンドヘッドで日の出ハイキング&ハナウマ湾でシュノーケル体験ツアー!

6:30 ワイキキ出発

7:00 ダイヤモンドヘッド到着

8:00 山頂

10:00 ハナウマ湾到着

11:00 シュノーケリング

13:15 帰宅時間を選べます

ダイヤモンドヘッドへの行き方は利便性を考えて選ぼう

ダイヤモンドヘッドへのアクセス方法(トロリー・The bus・レンタカー・タクシー)を中心にダイヤモンドヘッドの概要やツアーの価格などを紹介させていただきました。

知らない土地だけに、はじめは不安もあるかと思いますが、実際に試して見ると意外と簡単だった…と驚くはず。

ダイヤモンドヘッドへ訪れた日が土曜日であれば合わせてKCCファーマーズマーケットへ行くことをおすすめします。毎週土曜日に開催されているKCCファーマーズマーケットは、ダイヤモンドヘッドから歩いていくことができ、100軒以上の屋台が並ぶ大人気のイベント♪

ワイキキからも近いダイヤモンドヘッドで心地よい空気と美しい景色を堪能してくださいね!

RECOMMEND オワフ島(ホノルル)のおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事