" />

ホイアンツアー徹底攻略!ホイアン満喫する為に押さえておくべき13のポイント

観光
6054views

ホイアンツアーを楽しめるかどうかはツアー内容だけでなく、ホイアンの街をどれだけ知っているかでも随分変わります。何も知らないまま行き当たりばったりでツアーに参加するよりも、せっかく行くのですから時間を無駄にすることなく満喫しましょう。

そこでホイアンツアーを満喫するために押さえておくべきポイントを紹介していきます。これでホイアンツアーを楽しめること間違いなしです!

ホイアンツアーの魅力とは

ホイアンツアーに参加するということはホイアンに魅力を感じたからだと思いますが、より詳しく知っておくことでホイアンに到着してからの見方も変わります。ホイアンには昼の魅力と夜の魅力があるのをご存知ですか?

昼のホイアン

世界遺産のレトロな町並み散策してみると少し昔にタイムスリップしたかのような風景を楽しめます。明るいうちがきれいな観光スポットを見ておきましょう。

また、ショッピングを楽しめる街でもあります。旧市街は小さいので 1 日あれば名所をひとまわりできます。

ホイアンのショッピングやおすすめショップ情報について、もっと知りたい方は「ベトナムのホイアンは買い物天国!女子旅ショッピングにおすすめの雑貨・衣服・コスメ店」もご覧ください♪

ベトナムのホイアンは買い物天国!女子旅ショッピングにおすすめの雑貨・衣服・コスメ店

夜のホイアン

夜になると昼間のレトロでのんびりした雰囲気からはガラリと顔を変えるのがホイアンの特徴。ホイアンの夜といえばカラフルなランタンの光ですが、アンホイ橋を渡ったところで開催されているナイトマーケットに足を運んでみてはいかがでしょうか。

色とりどりの灯りがとても幻想的です。

ホイアンの幻想的な夜を満喫♪ナイトマーケットの魅力や行き方徹底解説

ホイアンツアーで楽しめること

ホイアンでは様々な楽しみ方がありますが、ホイアンだからこそ楽しめることをチェックして計画を立てておきましょう。

ホイアンツアーで絶対体験すべき!灯籠流し

ホイアンではボートに乗って灯籠流しを体験することができます。毎晩行われているのですが、特にランタン祭りがある日はいつもよりも灯りが増え、川に浮かぶ灯篭の数が幻想的です。

ランタン祭りは毎月満月の夜に行われ、一年の予定は予め出ているので合わせてみてもいいかもしれません。

【ホイアン・ランタン祭り】2018&2019年最新情報!ベトナムの夜景や灯篭流しを120%楽しむ方法♪

ホイアンツアーで街の散策へ出かけよう!

ホイアンにある日本橋や、チャンフー通りにある貿易陶磁博物館は出土品が展示されていて、「海のシルクロード博物館」なども知られている観光スポット。

このようにホイアンにはいろいろな観光名所がありますので時間が許す限り街を散策してみましょう。もしかしたら穴場が見つかるかもしれません。

ホイアンツアーで幻想的なナイトマーケットへ

毎晩開催されているナイトマーケット。アンホイ橋を渡ると賑やかで、色とりどりのランタンが広がっておりとても幻想的な世界です。お土産屋さんもたくさんありますし、飲食店もずらりと並んでいます。

ホイアンに行った時にははずせないポイントです。お店によっても時間は異なりますが、だいたい日が落ちて19時あたりから始まり、23時前後に閉店となります。

ホイアン名物の食事

ホイアンには三大名物と言われているグルメがあり、とても人気があります。

下記のホイアングルメ記事をぜひ参考にして見てくださいね。

ホイアン名物グルメとおすすめレストラン完全版!

その他にもMi Quang(ミークアン)とCom ga(コムガー)という料理も人気があり五大グルメと呼ばれることもあります

  • ミークアン:柔らかいうどんのような食感ですがうどんよりはコシがあります。朝食に食べる事が多く主に豚肉やエビ、たまご、砕いたピーナッツなどがトッピングされています。

  • コムガー:コムガーは鶏を使っている料理です。お店によって添えられているものやご飯のスタイルも違いますが鶏の炊き込みご飯をイメージするとわかりやすいかもしれません。ホイアン風はターメリックを使いご飯はパラパラ。あっさりとした味わいが人気です。

ホイアンツアー参加のメリット


ホイアンには個人で行く人、ツアーを利用していく人など様々ですが、初めてホイアンを訪れる人やまだ数回しか訪れた事がない人はツアーを利用するのがおすすめです。ホイアンツアーに参加するメリットはどんなことがあるのでしょうか。

ホテルの送迎

空港からホテルへ向かう場合、バスやタクシーなどいろいろな交通手段がありますが、慣れていない土地での移動は思いのほか大変。思わぬところで時間をロスしてしまうことも少なくありません。

ツアーの送迎ありプランであれば迷うことなくホテルまで到着することができます。

日本語ガイドで安心!

現地語がわかる人であれば問題はありませんが、自信がない人は買い物や食事、アクティビティに参加する時なども不安があります。ツアーに日本語ガイドが組み込まれている場合は値段の交渉や食事の注文などスムーズにいくので安心です。

限られた時間で効率よくまわれる

事前に下調べをしていても現地に行ってからスムーズに観光スポットへ行けるとは限りません。ちょっと間違ってしまったばかりに1日の予定が大幅に狂ってしまったなんてこともよくあります。

ツアーでは時間単位できちんと計画されていますので、限られた時間の中で必見のスポットを余すことなく楽しむことができます。

ミーソン遺跡とのセットツアーも人気

ホイアンではいろいろなツアーを利用して訪れる人が多いですが、その中でも人気なのがミーソン遺跡とのセットツアーです。

ミーソン遺跡とは

チャンパ王国の聖地であり遺産が次々と発見されているミーソン遺跡は1999年に世界遺産に登録されています。レンガの間に接着剤を使わず建てている建物なども見どころの1つ(現代になってからの修復跡あり)。

遺跡の中はA~Lのグループに分かれていますが、修復中や発掘作業中のエリアもあります。

ホイアン&ミーソン遺跡ツアーが人気の理由

ホイアンからは少し離れていますので個人で行くよりはツアーで行く人が多いです。ミーソン遺跡にはチャンパ王国の歴史が詰まっていますので、ある程度知識があった上で見た方が興味深く面白いのでおすすめ。

ツアーだとミーソン遺跡の歴史に関しても説明をしてくれますし、世界遺産であるホイアンとミーソン遺跡を1日でまわることができます。

ホイアンツアー料金の目安をチェック!

ホイアンツアーはどれくらいの費用がかかるの?個人で行くのとはどれくらい違うの?などツアー料金が気になるところ。会社によってもツアー内容によっても料金には大きな差が出ますがだいたいの目安をチェックしてみましょう。

大手旅行会社 HIS など

  • ナイトホイアン観光ツアー 6250 円~
  • ミーソン遺跡+ナイトホイアン観光ツアー 約 8190 円~

現地催行会社

  • ナイトホイアンツアー 6000 円前後
  • ミーソン遺跡+ナイトホイアン観光ツアー 8000 円前後

ツアー代金にはガイド料金や交通費・灯篭流し体験・夕食料金が含まれている場合が多いです。大手旅行会社も現地催行会社も料金に大きな差はありません。

ホイアンツアーの1 日の流れをシュミレーション

ツアーで参加するからとお任せしてしまうより、自分でも1日の流れをシュミレーションしておくことで計画も立てやすく落ち着いて行動ができます。

【ダナン発の例】

夜のホイアン散策+灯篭流し
  • 16:30 ホテルにて待ち合わせ
  • 18:00 ホイアン名物の食事
  • 19:00 灯篭流し体験
  • 19:30 ナイトマーケットを見学
  • 19:30 ホイアンを出発
  • 21:45 ホテルにて解散
ミーソン遺跡+夜のホイアン散策+灯篭流し
  • 13:00 ホテルにて待ち合わせ
  • 14:45 ミーソン遺跡散策
  • 18:00 ホイアン散策
  • 19:00 灯篭流し体験
  • 19:30 ナイトマーケットを見学
  • 19:30 ホイアンを出発
  • 21:45 ホテルにて解散

ベトナム中部観光の拠点・ダナン発ツアーの例を紹介しました。たくさんの人が利用しているツアーなのでぜひ参考にしてみてください。

ホイアンツアーでの注意点

ツアーに参加する時にはどんなことに注意したら良いのでしょうか?ホイアンツアーでの注意点とツアーだけでに限らず個人でも注意したい点をまとめました。

ホイアンツアー催行中に注意すべきこと

ツアーで灯篭流し体験をする場合、台風や大雨など天候の影響で灯篭流し体験が中止になる場合もあります。ツアーではいろいろな場所へ移動しますがホイアンは車やバイクの速度が速いので気をつけてください。

ランタン祭りの開催がある日のツアーは特に混み合っています。貴重品には十分注意しましょう

ホイアン滞在中に注意すべきこと

冷房施設が整っていないので熱中症対策や水分補給の用意をしっかりしておきましょう。ナイトマーケットでは辺りがうす暗いので荷物の盗難や、紙幣のすり替えなどに気を付けてください。

ホイアンツアーに参加時のおすすめの持ち物

旅行に持って行った方がいい持ち物はたくさんありますが、ホイアンツアーだからこそ持っておいた方がいい持ち物を紹介していきます。

飲み物

乾季の時期は日差しがとても強いので熱中症にならないように飲み物を持って歩きましょう。特に建物内は冷房が完備されていないところも多いです。気温が高いと冷たい飲み物が飲みたいですが、常温が一番体調管理には効果的です。

紫外線対策アイテム

一年中気温が高く紫外線も厳しいホイアン。日焼け止めや帽子、手袋など紫外線対策は万全にしておきましょう。

雨具

雨が降ることもあり、傘では行動しにくいこともありますのでその場に応じた雨具を用意しておきましょう。ただし、ホイアンは温かい地域ですので軽い雨であれば濡れてもすぐに乾きます。

ホイアンの雨季は9~12月頃で、10~11月は大雨と台風の季節ですので気を付けてください。

虫よけスプレー

緑が多い場所には虫がたくさんいますし、ホイアンといえば夜の灯りがきれいですが灯りには虫たちも寄ってきます。暗い中では気が付かないこともありますので万全の虫よけ対策をしてから出かけましょう。スプレーだけでなく衣類に虫よけシールを貼っておくのもおすすめです。

ツアー参加時におすすめの服装

せっかくの旅行にはおしゃれな服装で行きたいですが、海外での旅行は行く場所によって注意が必要です。ホイアンではどんな事に気を付けた服装が良いのかまとめてみます。

帽子やサングラス

陽射しが強いのでつばの広めの帽子やサングラスを用意しておきましょう。気温がそれほど高くない日でも紫外線は降り注いでいますので油断は禁物です。

露出は控えめに

ミーソン遺跡はかつてヒンドゥー教の聖域であった場所なので、過剰な露出は控えた方が無難です。また、紫外線対策にもなりますので露出は控えめにしてください。

スニーカー

履き替え用に持っていくのでもかまいませんが、ホイアンでは船に乗ったり、あちこち歩いたりしますので歩きやすいスニーカーがベスト。雨が降れば水たまりなど足元の悪い場所もあるので歩きやすい靴は必須です。

個人でツアーのように行く方法

ツアーではなく個人で市内やスポットへ行く場合は以下のような方法があります。

ホイアンへ自力で移動する方法

ダナン国際空港からホイアン市内へは車で約45分。基本的にタクシーでの移動となります。約1,930円ほど

ナイトマーケットへ自力で移動する方法

来遠橋から徒歩3分。ホイアン旧市街のトゥボン川に架かるアンホイ橋のたもと付近からゴ―クイン通りまで並ぶ露店です。

灯篭流しに自力で参加する方法

チケット購入場所というのはなく、まずバクダン通りと日本橋周辺で売っている灯篭(10000VND・約 50 円)を購入。客引きをしている選主と交渉し手漕ぎボートに乗せてもらって川に灯篭を浮かべます(ボートは 200000VND・約 1,000 円ほどが目安)。歩いてると客引きの人が寄ってきますので値段交渉をします。

ミーソン遺跡へ自力で移動する方法

ダナンから車で約1時間半ほど。ダナンから市内バスもありますが、1 度乗り継ぎが必要となるのでスムーズに行くには車がおすすめ。タクシーは交渉によってかなり差が出ます。

ホイアンツアーのベストシーズン

せっかくホイアンツアーに行くのならベストシーズンを狙っていきたいところです。ホイアンの気候やイベントに合わせたベストシーズンをチェックしてみましょう!

気候のベストシーズン

乾季の 1~8 月ごろは雨が少なく、古い町並みをゆっくりと散策できます。陽射しが強い日もありますので紫外線対策や熱中症対策を万全にしてこの時期を狙いましょう。9~12月の雨季は雨が非常に多く、洪水や台風も考えられるのでおすすめとは言えません。

灯篭流しのベストシーズン

毎月旧暦の 14 日に開催されるランタン祭りの時期がおすすめです。毎月14日ではなく旧暦なので1年の予定が発表されています。事前に日程をチェックしましょう。

ホイアンツアーで必ず食べたい3大グルメ

ホイアンには3大グルメと呼ばれている料理があります。ホイアンツアーに参加する際にはぜひ食べてみてください!

カオラウ

米粉で作られた麺料理で、具材はお店によっても異なりますが豚肉、もやし、香草などが主流。スープの味は濃い醤油味で、少ないので底からすくってよく絡めて食べましょう。麺はホイアンにある井戸水からしか作れないということでホイアン以外ではあまり食べられません。

ホワイト・ローズ

米粉で作られた生地の上にエビのすり身、揚げたにんにくなどが添えられた料理です。生地の上に具材が乗っているもの、餃子のように包んでいるものなどお店によって違いがあります。ホワイトローズもホイアンの井戸水でしかおいしさを出すことができないため、ホイアンでしか食べることができません。

揚げワンタン

ワンタンを挙げたものの上に具材が乗っていて一緒に付いてくるスープに付けて食べます。お店によっては揚げワンタンに具材が乗っていなくて具材が入っているソースのようなものにつけて食べることもあります。観光客だけでなく地元民にも愛されている料理です。

ホイアンで必ず行くべき観光スポット

ここを見逃してしまってはもったいない!ホイアンに行く際には必ず行っておきたいポイントを紹介します。

来遠橋


ホイアンにある日本橋の正式名称は来遠橋といいます。紙幣にも印刷されている有名な橋で日本人が建てたと言われています。昼間は内装の隅々までじっくり見ることができますし、夕方になると照明が灯り始めてまた違う橋を楽しむことができます。

住所 D Nguyen Thi Minh Khai Town Centre, Hoi An
アクセス ホイアン市場から徒歩で約10分
所要時間 10分
営業時間 見学自由(寺院7:00~20:00)
料金 ホイアン観光チケット(通行のみは不要)

フーン・フンの家

日本橋を渡ってグエンティミンカイ通りに入ったすぐ右手にある黒い建物。200年も前に貿易商の家として建てられ、現在も8代目が住んでいます。一階から大きな荷物を二階へと上げることができる天井やテラスから見える街並みは必見です。

住所 4 Nguyen Thi Minh Khai St.Hoi An
アクセス 来遠橋(日本橋)を渡ってグエンティミンカイ通りに入ってすぐ
所要時間 15分
営業時間 8:00~18:00
料金 ホイアン観光チケット

潮州會館


チャンフー通りを真っ直ぐ進み、ホイアン布市場を少し過ぎた左手にある潮州會館は1776年に中国人が建てたと言われており、現在も華僑が集会を開く場所となっています。

中心部ではないので観光客があまり多くないところがポイントで、中国文化にじっくり触れられる場所でもあります。繊細な彫刻にも注目です。

ホイアンツアーまとめ

ホイアンで過ごす時間を楽しんでいただくためにホイアンツアーの魅力を13個の項目にまとめてお届けしました。日本のようにいかない部分も多いですが、ポイントをしっかり押さえておけばきっと有意義な時間になるはずです。たくさんの笑顔で旅行ができますように!

その他のホイアンに関するツアーは、ホイアンオプショナルツアー一覧をご覧ください。

RECOMMEND ダナンのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事