" />

シドニーの現代アートの世界がここに。おすすめの美術館・博物館10選まとめ

観光
8170views

家族旅行や女子旅にも大人気の観光スポット「シドニー」。シドニーはオーストラリアの中でも最も人口が多いとされている世界都市です。世界的に有名なオペラハウスをはじめ現代的・近代的な建物がとても多い一方で、どこがオススメなのかわからない人も多いのではないでしょうか?

今回はシドニーならではの魅力が楽しめる美術館・博物館をご紹介します!

展示作品4000点越え!「現代美術館」

凸凹とした近代的な形が目を引く建物で有名な「現代美術館」

現代美術館には4000点以上とも言われる芸術作品や絵画・彫刻などが展示されており、1つ1つに込められた様々な世界観を楽しむことができます。

シドニーの絶景も一望できる!最高のロケーション

現代美術館はシドニー港に面しており、館内に併設されているカフェテラスからは対岸にあるオペラハウスハーバーブリッジを一望することも可能!

テラスの屋外は広々と開放されており、風車のオブジェが飾られているなど、細かいところにも芸術性を感じさせてくれます。シドニーの景色とオブジェのコラボレーションを楽しめるのも現代美術館ならではの魅力。館内には可愛い雑貨もたくさん販売されています。自分用に思い出としてお土産を買うのもオススメです♪

英名 Museum of Contemporary Art
住所 PM5:00 頃〜AM1:00 頃
営業時間 月~水10:00~17:00/木10:00~21:00/金~日10:00~17:00
アクセス サーキュラーキー駅北側のシドニー港沿いにある歩道を西側へ。
海に沿って歩くと左手にあります。
定休日
日本語 不可
入館料 無料(※特別展示のみ有料の場合があります)

シンプルで壮大な世界観「ニューサウスウェールズ州立美術館」

国内でも最大規模コレクション数と言われている「ニューサウスウェールズ州立美術館」。外観は巨大な円柱が印象的な建物です。

様々な世界観が融合される中でもシンプルな展示で、1つ1つの作品に込められた世界を感じることができます。主に17~20世紀中頃の作品を中心として展示されています。

オーストラリアに古くから伝わるアート作品も見どころ

ニューサウスウェールズ州立美術館で見ておきたい作品の一つ、「アボリジナル・アート」。

オーストラリアの先住民が使っていた絵画の表現からヒントを得たアボリジナル・アートの特徴はドット・ペインティングで、小さなドットから作り出される様々な作品を間近で楽しむことができます。館外にある芝生広場にもアート作品が飾られているので、散策途中にもアートの世界を楽しむことができますよ。

英名 The Art Gallery of New South Wales
住所 Art Gallery Rd. The Domain, Sydney
営業時間 水曜日以外10:00~17:00/水曜日10:00~22:00
アクセス セントジェームス駅から東方面へ行くとアートギャラリーロードへ行くことができます。
アートギャラリーロードを北側方面に行くと右側にあります。
定休日 無(休業:クリスマス・聖金曜日)
日本語 不可
入館料 無料

歴史的建造物がそのまま美術館に「THE MINT」

「THE MINT」造幣局として1926年まで運営された後、美術館として一般公開されています。周辺は様々な歴史的建造物も建ち並ぶなど、レトロな場所になっています。

アート作品は廊下に展示されているなど館内の雰囲気はそのままに、歴史的な空気を感じることもできますよ♪

THE MINTならではのコレクションも楽しめる

館内の一部は博物館として設けられており、元造幣局らしい貨幣切手のコレクションも楽しむことができ、その時代に使用されていたコインを間近で見ることもできます。

ギフトショップやカフェも併設されており、オープンカフェでは伝統的な建物と現代の空気が融合し合う特別な空間になっています!モダンでおしゃれな雰囲気を過ごすなら、ここで1杯休憩などいかがでしょうか?

英名 THE MINT
住所 10 Macquarie St, Sydney NSW 2000
営業時間 月~金9:00~17:00
アクセス セントジェイムス駅からセント・ジェーム・スロードへマクアリー・ストリートを北へ行くと右側にあります。
マーティン・プレイス駅からマクアリー・ストリートに出て南へ進むと左側にあります。
定休日 無(休業:クリスマス・聖金曜日)
日本語 不可
入館料 無料

冒険気分を味わえる「オーストラリア国立海洋博物館」

フェリー乗り場に面した場所にドンっと存在感を醸し出す「オーストラリア国立海洋博物館」。オーストラリアの海についての歴史やこれまでの発展を知ることができます。

子供は子供のままに、大人は童心に還った気持ちでちょっとした冒険感を楽しむことができる場所なので、家族でのおでかけにも最適な場所です。ヘリコプターや実物の碇なども展示されており、海の壮大さを感じることもできます。

大人の心もくすぐる展示物

展示物だけでなく体験型の展示も人気で、オーストラリア国立海洋博物館の中でも人気なエンデバー号の見学やその他の帆船の船内も見学することができます。

屋外にも船にまつわる展示物の他、白くそびえ立つ灯台にも登ることができ、灯台から見えるシティの景色やハーバーの景色を楽しんでみてはいかがでしょうか。週末になると子供向けのイベントも開催されているので、家族で訪れる際には週末を狙い目に行くとより楽しめますよ!

英名 The Australian National Maritime Museum
住所 2 Murray St, Sydney NSW 2000
営業時間 9:30~17:00
アクセス メトロモノレールを利用した場合:ピルモントベイ駅から東側に出てすぐ。
タウンホール駅を利用した場合:タウンホール駅から北に進み、2つ目の交差点を西側に進みます。ピアモントブリッジを渡ると右側にあります。
定休日 無(休業:クリスマス)
日本語 不可
入館料 大人A$7.00/子供(4歳~15歳)&学生A$3.50/4歳以下無料

空を近くに感じられる「シドニー天文台」

眺めの良い「Observatory Hill」の丘の上にあり、オーストラリアで最古の天文台として有名な場所です。140年以上に渡り多くの天文学者が空の景色を観察してきたと言われています。

現在では博物館として一般公開されており、天文台に関しての歴史や天文台に関係する望遠鏡や測量器具など実際に天文台で使用されていた物が数多く展示されています。

天文台ならではの展示や体験を楽しめる!

1日に2回3Dシアターが上映されるなど、天文台らしい体験を楽しむことができます。夜には星空観察体験も実施されており、普段なかなか見ることができない無数の星や夜空の絶景を間近に見ることができるなど、非日常的な時間を過ごすことができます。

天文台近くにある公園では、見晴らしの良さから結婚式の撮影が行なわれている事も多く、ハッピーな瞬間に遭遇できるかもしれませんね♪

英名 Sydney Observatory
住所 1003 Upper Fort St, Millers Point NSW 2000
営業時間 10:00~17:00 ※夜間は要予約
アクセス サーキュラー駅から西方面へ2つ目の交差点を北側に進む。
現代美術館を過ぎて西方面へ進み、高架下をくぐりアーガイル・ストリートへ。アーガイル・ストリートからワトソン・ロードに入ると右側にありす。
定休日 無(休業:クリスマス・聖金曜日・ボクシングデイ・元旦)
日本語 不可
入館料 無料
-昼の3Dシアター&天体望遠鏡ドームツアー:大人A$10/子供(4歳~15歳)A$8
-夜の3Dシアター&夜空観察体験:大人A$18/子供(4歳~16歳)A$12

囚人施設の歴史を持つ「ハイド・パーク・バラックス博物館」

外観からは少し独特な空気をも感じられる「ハイド・パーク・バラックス博物館」

元々流刑囚の収容所として建築された施設ですが、その後移民収容所から法廷や庁舎としても利用された施設を、現在では博物館として公開されています。

独特な雰囲気漂う歴史的博物館

オーストラリアの流刑囚遺跡群のひとつとしても有名で、世界遺産にも登録されています。

当時の生活の様子が分かる物や囚人用の物品の他、建物の歴史を細かく展示しており、模型で歴史を辿れるなどその独特な歴史ゆえ、興味深い遺物を一目見ようと訪れる人も多い場所です。

英名 Hyde Park Barracks Museum
住所 Queens Square Macquarie St., Sydney
営業時間 10:00~17:00
アクセス セントジェームズ駅から北方面進み、セント・ジェームス・ロードへ。
円を描くように道なりに進むと左側にあります。
定休日 無(休業:クリスマス・聖金曜日)
日本語 不可
入館料 大人A$10/子供A$5(15歳以下)/5歳以下無料
※ファミリーパスは大人2人+子供2人でA$20もあります。

リアルに歴史を感じられる「シドニー博物館」

展示品と映像で歴史をより身近に感じることができる「シドニー博物館」。館内ではリアルな歴史を感じられるような映像・写真の展示が豊富です。

映像や写真が豊富で日本人でもわかりやすい

歴史に関する映像を見ることができるなど、写真の展示だけでは感じることができない時間の経過を現代と比べながら感じることができます。

上映室も完備されており、昔も今と変わらない程の大都会だったシドニーの様子や、映像自体からもレトロな雰囲気や時代を感じさせる当時のオシャレなテレビCMを視聴することができます。

英名 Museum of Sydney
住所 Cnr Phillip and Bridge St Sydney
営業時間 10:00~17:00
アクセス サーキュラーキー駅南側出口からヤングストリートへ。
1つ目の大通りを東に進むとあります。
定休日 無(休業:クリスマス・聖金曜日)
日本語 不可
入館料 大人A$10/子供A$5(15歳以下)
※ファミリーパスは大人2人+子供2人でA$20もあります。

リアルジェラシックパーク?!「オーストラリア博物館」

オーストラリア国内で最古と言われる「オーストラリア博物館」コレクション数は1千万点以上にも及び、オーストラリアの人的・建物的歴史だけではなく、自然科学や文化的な歴史も知ることができます。

なんといっても迫力ある恐竜の骨の展示は大人も興奮すること間違いなし!10体の恐竜の全身骨格が展示してあるので、歩いているだけでも自然と長い歴史の経過を見ながら過ごすことができます。

子供も大人もワクワクが止まらない!

子供達の好奇心も掻き立て体験できる対話型の展示や、大人の好奇心を掻き立てる自然の不思議が溢れている場所でもあります。触れることができる展示物も多く、レストランも併設されているため、一日を通して家族でも楽しめる博物館として人気です。

英名 The Australian Museum
住所 6 College Street Sydney (opposite Hyde Park) NSW 2010
営業時間 9:30~17:00
アクセス ミュージアム駅から東へ進み、カレッジ・ストリートを北へ進むと右側にあります。
定休日 無(休業:クリスマス)
日本語 不可
入館料 大人(16歳以上)A$15/16歳以下無料

犯罪専門の印象強い…「犯罪博物館」

実際に刑務所として使われていた場所を博物館として公開しているので、何とも言えないリアルな空気と共に、実際に起こった犯罪の歴史が展示されています。

罪人の顔写真や押収した物品が展示や、実際に取締を行なった資料も展示されており、当時の法廷や留置所、独房なども再現されています。

過去200年の間にシドニーで起きた犯罪の歴史が紹介

刺激の強い物が多い中でも、裁判官のコスプレで写真を撮ることができるなどここでしか体験することができない展示もありますよ。

英名 Justice & Police Museum
住所 Cnr. Albert & Phillip Sts., Circular Quay, Sydney 2000
営業時間 土・日10:00~17:00
アクセス サーキュラーキー駅の南出口から東に進みフィリップ・ストリートへ。
フィリップ・ストリートを南に進むと左側にあります。
定休日 月~金・クリスマス
日本語 不可
入館料 大人(16歳以上)A$10.00/子供(15歳以下)A$5
※ファミリーパスは大人2人+子供2人でA$20もあります。

発電所として使用されていた「パワーハウス博物館」

パワーハウスとは「発電所」という意味を持ち、「パワーハウス博物館」の名の通り機械や科学に関する博物館として人気があります。

オーストラリアの中でも最大級の博物館で、1988年に改装されて以降はコンピューター技術や実際に体感しながら学ぶことができる博物館として子供からも人気の高い場所ですよ。

実物大展示が人気!

乗り物好きにはたまらない、飛行機ヘリコプター実物大で展示されており、その他にも蒸気機関車や宇宙船なども展示されています。また無重力実験室があるなど、様々な科学と触れ合うことができます。特別展示が行なわれるなど、訪れる人に常に新しい刺激を与えてくれます。

英名 Justice & Police Museum
住所 Cnr. Albert & Phillip Sts., Circular Quay, Sydney 2000
営業時間 9:30~17:00
アクセス モノレール/エキシビション・センター駅南側
定業日 クリスマス
日本語 不可
入館料 大人A$12/子供(4~15歳)A$6

シドニーの美術館・博物館まとめ

いかがでしたか?シドニーの美術館・博物館を10ヶ所ご紹介しました。

1つ1つそれぞれの施設で見方や見え方が変わり、展示されてある物も様々なので、それぞれの場所でそれぞれの世界と出会うことができます。見どころやおすすめポイントを紹介しましたが、実際に行ってみるとイメージとは違った新しい発見もあるので、是非足を運んでみてくださいね!

hashimoto
WRITER hashimoto
国内外の観光スポットが大好きです。たくさんの情報収集をするのが好きです♪ 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND シドニーのおすすめ記事

これで完璧!シドニーのおすすめ定番・穴場観光地20選!時差やベストシーズン、治安まで徹底解説!

オーストラリア有数の観光都市であるシドニーは、歴史とモダンさが入り交じった街並みが魅力。歩いているだけでも充分に楽しめて、まさに“観光スポットの宝庫”の都市でもあるんです!でも観光スポットが多い都市だからこそ、どこに行けば…

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事