カリブ海の楽園「コスメル島」の見どころ・行き方徹底ガイド

観光
21919views

カリブ海に浮かぶメキシコの島「コスメル島」は、スキューバダイビングの人気スポットとして有名です。

さまざまなダイビングスポットの他、マナティやイルカなどウォッチングスポットもあり、多くの観光客が訪れる魅力的な島です。

今回は、カリブ海の楽園と呼ばれる「コスメル島」の魅力を、余すところ無くお伝えしますので、観光やダイビングなどの参考にしてみてください。

リゾート地「コスメル島」とは

カリブの楽園と名高い「コスメル島」の魅力は、どこまでも青く澄んだ海です。青い海に魅せられたダイバーが多く訪れることで有名。

また、イルカウォッチングを始めとしたマナティ、ウミガメなどを見ることが出来るため、スキューバダイビングをしない観光客にも人気があるのです。「コスメル島」のエメラルドグリーンの海や白い砂浜は、人々を魅了する美しさがあり、時間を忘れて浜辺で過ごしてしまいそうになるほど。

また、スキューバ以外のマリンスポーツも盛んなため、カイトサーフィンやパラセーリングがお好きな方にも人気スポットになっています。

「コスメル島」は島全体も魅力的

「コスメル島」の魅力は海だけではなく島全体にあります。「コスメル島」は、殆どが開発をされていない自然のままで、ジャングルには動物も多く、訪れた人を楽しませてくれます。

海で泳ぎ疲れたら島内を散策というのもいいですね。また、「コスメル島」は歴史のある島のため、遺跡も多く存在し、歴史好きの方、ロマンを感じたい方にもおすすめのスポットです。

人気リゾート地のため、レストランや土産物屋などもとても多く、ショッピングやグルメを楽しみたい方も楽しく過ごせる場所。「コスメル島」は、各種マリンスポーツ、ジャングル散策、島の伝統、歴史など幅広く楽しむことが出来るリゾート地なのです。

「コスメル島」の治安

「コスメル島」の治安ですが、比較的安全な地域です。「小腹が空いたので、夜にちょっと外で食事を」という時でも安心して外出できます。

しかし、人気リゾートなので安全対策は取られていますが、日本ほど安全とは言い切れませんので、女性の方は用心に越したことはないでしょう。

コスメル島の見どころ&楽しみ方①ダイビング

各種マリンスポーツで遊べる「コスメル島」ですが、その中でも特に人気が高いのはやはりスキューバダイビングです。

透明度が高く、流れが穏やかで水深があまり深くないところが多く、初心者がダイビングをするにはとてもおすすめの場所。慣れている方も、入り組んだ地形のスポットなど楽しめる場所があります。「コスメル島」でダイビングを楽しみたいという方へおすすめのダイビングスポットを紹介します。

チャンカナブ国立公園(ドルフィンディスカバリー・チャンカナブリーフ)

「コスメル島」でダントツの人気を誇るダイビングスポット。特に人気が高いのはドルフィンディスカバリーとチャンカナブリーフの二つです。

ドルフィンディスカバリーは、絶対にイルカに会えるスポットで、これを目的に「コスメル島」を訪れる方も少なくありません。ただ、このドルフィンディスカバリーはとても人気が高く、確実にと考えるなら予約が必須です。水中でイルカと遊びたいという方は、ぜひ予約をして楽しんでくださいね。

次に、チャンカナブリーフですが、ビーチダイブのスポットとして人気です。流れが穏やかで水深が浅いため、初心者でも安心のスポット。

また、ここにはマリア像やキリスト像など、色々な像が沈められていて、さながら水中美術館のようです。カリブ海固有種の魚もおり、お散歩感覚でのダイビングが楽しめます。

パラダイスリーフ

珊瑚礁を楽しみたい方におすすめのスポットで、海底の白砂と珊瑚、点在する岩、カリブ海固有種の魚が、幻想的な世界を作っています。場所は、桟橋の沖にあるために水深が浅く初心者でも安心して楽しめるダイビングスポットです。

コロンビアリーフ

色々な地形が入り組んだ、景観を楽しめるスポット。大小の洞窟、ケープ、トンネルなどが多く、ダイビング中に飽きることがありません。

また、大型の魚やウミガメなども姿を現すので、運が良ければ出会えることもあります。カリブ海固有種の魚も生息しているので、魚たちが深い渓谷の中を泳ぐような幻想的な光景を目にすることもできます。

ユカブリーフ

流れが穏やかで水深もあまり深くないため、初心者に人気の定番エリアです。カリブ海固有種の魚を見ることができ、ダイバーの目を楽しませてくれます。「コスメル島」で初めてのダイビングという方には、とてもおすすめのダイビングスポットです。

セノーテ

ダイバーに人気の高いセノーテですが、「コスメル島」にあるセノーテには利用に制限がかかっています。そのため、どうしてもセノーテに潜りたいという場合には、プレヤ・デル・カルメンへ戻り、そちらのセノーテへのダイビングになります。

「コスメル島」の海は透明度が高く、独特の青はコスメルブルーとも呼ばれています。そのコスメルブルーの海中から見る太陽光、カリブ海固有種の魚たちや珊瑚など、ここでしか味わえないダイビングは特別な思い出になること間違いなし!ぜひ楽しんでくださいね。

コスメル島の見どころ&楽しみ方②マヤ遺跡

メキシコの歴史と言えばマヤ文明。「コスメル島」は、マヤの女神に捧げられた島であり、マヤ文明の遺跡が島全体に点在しています。

中には、スペイン人が破壊してしまったものや、第二次世界大戦のときに飛行場建設のために破壊されてしまった物などもあります。そんな遺跡の中から、ここは絶対に外せないという場所を紹介します。

サン・ヘルバシオ遺跡

「コスメル島」の中央部分にある、島内最大の遺跡。観光地としても人気が高く、訪れる人もとても多い遺跡なのできちんと整備がされています。

基壇や神殿、家屋などが点在しており、マヤ文明後古典期の様々な建造物を見ることができますし、当時の石畳などもあり、マヤ文明の時代にタイムスリップしたような感覚を楽しむことができます。

エル・カラコル

「コスメル島」最南端にある遺跡。小さな遺跡ですが、マヤ文明時代の灯台です。ここには現在の灯台もありますので比べてみたり、海の側にあるため、「コスメル島」の美しい海との調和を眺めてマヤの歴史に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

「コスメル島」は、マヤ文明でも重要な島だったため島内には多くの遺跡があります。観光を考えている方の中には、すべて見て回りたいという歴史好きな方もいると思いますが、日程の関係などで諦めなければならないこともあるでしょう。そんなときは、島内にあるマヤ文明の博物館へ行くのをおすすめします。

コスメル博物館

「コスメル島」の歴史を知ることが出来る博物館で、マヤ文明時代、植民地時代などの「コスメル島」の歴史に触れることが出来ます。ホテルを改造した博物館なので、あまり博物館らしくないところも見どころの一つ。館内の案内は、英語とスペイン語になります。

Discover Mexico Park Cozumel

 

Promos Cozumelさん(@promoscozumel)がシェアした投稿

「コスメル島」の歴史や文化だけでなく、メキシコ全体の文化や歴史を扱っています。遺跡のレプリカが屋外にあったり、映像なども利用してメキシコを紹介。メキシコ各地の物産などもありますので、ここだけでメキシコを色々と旅行した気分に浸れて、とてもお得です。

コスメル島の見どころ&楽しみ方③サン・ミゲル

プラヤ・デル・カルメンからフェリーに乗って到着する場所であるサン・ミゲル。「コスメル島」で最初に訪れる場所になります。

ここサン・ミゲルは「コスメル島」の中心部で、クルーズ船が寄港することもあり、多くのお店が建ち並んでいます。特に、土産物屋、レストランなどが充実しており、土産物屋はメキシコの特産品も多数。また、掘り出し物が見つかることもあるので色々なお店を見て回ってみましょう。

メキシコ料理を堪能!

コスメル島では、もちろんメキシコ料理も堪能できます!屋台から高級レストランまで色々なメキシコ料理を味わえるのが、とても嬉しいですね。メキシコ滞在が長くて、ちょっと別なものを食べたいという方には、イタリア料理など他国の料理を味わえるお店もあるので安心です!

カンクンからコスメル島への行き方①カンクン~プラヤ・デル・カルメン

カリブ海に浮かぶ楽園「コスメル島」への行き方は、ツアーで行く方は添乗員さんが案内をしてくれますので安心ですが、一人旅や少人数での旅行などツアー旅以外の方はとても悩まれると思います。そんな方のために、一人でも迷わない「コスメル島」への行き方を案内させていただきます。

まずは、カンクンから「コスメル島」までのフェリーが出ているプラヤ・デル・カルメンまで行かなくてはなりません。

プラヤ・デル・カルメンまで、どうやって行けばいいの?と悩みますよね。そこで、カンクンから利用できる乗り物をご紹介。カンクンからプラヤ・デル・カルメンまでは、「バス」「コレクティーボ」「タクシー」と三つの選択肢があります。

カンクンのADOバス

まず最初は、メキシコ全体に交通網を張り巡らせているADOバスは日本でも乗り慣れているバスで、楽々移動が可能。椅子も座り心地がよく大きなスーツケースも問題なく載せられます。

ADOバスを利用する場合、空港から直接プラヤ・デル・カルメンまで行くことができますので、カンクン国際空港に到着後、即バスに乗れるのは嬉しいところですね。すぐにでも「コスメル島」へ行きたいときにおすすめです。

プラヤ・デル・カルメンのバスターミナルからフェリーターミナルまでは、徒歩で五分ほどという近さ。バスは、朝の8:30ぐらいから夜の0:30ぐらいまで運行していますので空港への到着が早朝や深夜になっても安心です。

カンクン国際空港については「【これで安心】タクシーやバスでの移動方法も!カンクン国際空港完全マニュアル★」をチェック!

カンクン国際空港~プラヤ・デル・カルメン
運賃 190ペソ、日本円で約1,100円 (2018/02/09の運賃)
乗車時間 約1時間

空港からまっすぐ「コスメル島」へ行くのも良いけど、ちょっとカンクンでお買い物などしたいという場合は、カンクンダウンタウンからもADOバスが出ています。

ショッピング、グルメを楽しんでから、カンクンダウンタウンのADOバスターミナルへ向かいましょう。カンクンにはいくつかバス亭があるので、分からなければ「ADO」と紙に書くかスマホのメモを現地の人に見せて聞いてみるのもいいですね。

カンクンダウンタウン~プラヤ・デル・カルメン
運賃 74ペソ、日本円で約430円 (2018/02/09の運賃)
乗車時間 約1時間半

バスターミナル、運賃、発車時刻などはADOバス(スペイン語のみ)で確認が出来ます。

カンクンのコレクティーボ

カンクンで市民の足としてよく利用されているのが、コレクティーボ。乗り合いのバスでバンタイプの車を利用しているのがとても多いです。バスと比べると小さい車なので、乗車人数も限られてしまいます。

また、車内も大きなスーツケースを持ち込むのは大変。ただ、このコレクティーボはとても安いのが魅力的で、市民の足として、毎日利用されていることからも、その魅力が分かりますね。

乗車時間はADOバスと同じですが、少しでも安い料金で行きたいという方や荷物が少なくて、プラヤ・デル・カルメンのフェーリーターミナルまで少し歩いても大丈夫という方は、このコレクティーボでカンクン市民の感覚を味わってみてはいかがでしょうか?

コレクティーボの乗り場は、ADOバスターミナルの向いにあり、料金は、乗るときに運転手さんへ行き先を告げて聞きましょう。また、運転手さんはおつりを持ち合わせていないため、出来るだけ小銭を用意しての乗車をお願いします。

※運賃は運転手さんに行き先を伝えると教えてくれます。HPは無いので、運賃の値上がりなどは日本からの確認は不可です。(参考価格:2017年38ペソ)

カンクンのタクシー

プラヤ・デル・カルメンへの一番楽な行き方は、やはりタクシーです。地図を見せてココ!と指させば、後は黙っていても目的地に連れて行ってくれるでしょう。荷物がたくさんあったり、大きなスーツケースがある場合でも楽に移動できるのが、とても魅力ですね。

ただ、非常に料金が高いのがネック。あと、ぼったくりもあります。特に観光客だとぼったくられる可能性は非常に高いため、安全のために、まず最初に行き先を告げて料金を確認してから乗車しましょう。

また、タクシーで支払いに利用できるのはUSドルとペソのみになります。クレジットカードは使えません。おつりを持ち合わせていないことも多いので、細かいお金を用意しておくと、高額の紙幣でおつり無しということが無くなるので安心です。

※運賃はメーターが無いため、行く場所によって料金が決まります。

カンクンから「コスメル島」への中間地点、プラヤ・デル・カルメンへの行き方はいかがでしたでしょうか? 時間、料金、荷物などと相談して、自分にあった移動手段を見つけて、上手く利用してみてくださいね。

プラヤ・デル・カルメンに関する記事はこちら!⇒プラヤ・デル・カルメンの観光・グルメ情報とカンクンからの移動方法

カンクンからコスメル島への行き方②プラヤ・デル・カルメン~コスメル島

プラヤ・デル・カルメンへ到着したら、「コスメル島」へは後一歩です。ここからはフェリーでの移動になります。

プラヤ・デル・カルメンから「コスメル島」へ行くフェリーは三社。フェリー会社によって料金がかなり違いますので、購入するときは確認をしてくださいね。チケットは、フェリーターミナルで三社とも購入することができます。

「MEXICO社」

船内の設備は売店があり、ちょっとした飲食物を手に入れることが出来ます。「コスメル島」へ行くフェリーの中ではかなり安い運賃なので、必然的に人気が高くなってしまいます。運航は1時間に一本のため、早めに予定を立ててチケットを購入しておくと良いでしょう。

運賃 69ペソ、日本円で約399円 (2018/02/09の運賃)
乗車時間 30~40分ほど (波などの海の状況によって変わります)
ホームページ MEXICO社(英語)

「CARIBE社」

船内には売店があります。荷物の預かりがあるので、手ぶらでの乗船が可能。荷物は荷物引換証と引き替えに受け取りになります。到着後、ターンテーブルを流れて来ますので、そこで荷物を受け取ってください。

こちらのフェリーで人気なのは、リクライニングシートです。「コスメル島」に到着するまでの間、ゆったりと身体を休めることが出来ます。朝早くや夜遅くにフェリーに乗る場合、疲労を回復するのに役立ちますね。料金についてですが、色々なプランがあるのでホームページでの確認をお願いいたします。

運賃 片道135ペソ、日本円で約785円  往復270ペソ、日本円で約1570円 (2018/02/09の運賃)
乗車時間 30~40分ほど (波などの海の状況によって変わります)
ホームページ CARIBE社(英語)

「ULTRAMAR社」

設備は売店があり、とてもお洒落な船内が人気。お手洗いがきれいなのも評価が高いです。船内でライブミュージックの演奏があり、船上での楽しみの一つ。

こちらは、サービスによって料金に違いがありますが、よく利用されているのは往復で300ペソの「Premium Plus Service」になります。ファーストクラスなどの更に高額な料金もあるため、予算と目的に合わせて利用してみてください。

運賃 片道163ペソ、日本円で約948円  往復300ペソ、日本円で約1744円 (Premium Plus Service)(2018/02/09の運賃)
乗車時間 30~40分ほど (波などの海の状況によって変わります)
ホームページ ULTRAMAR社(英語)

プラヤ・デル・カルメンから「コスメル島」への行き方はいかがでしたでしょうか?フェリー会社によって料金がかなり異なりますので、お財布と相談して決めるというのもありかもしれません。乗船時間はどこも大差はありませんので運賃、出航時間などで選んでみるのが良いのではないでしょうか?

コスメル島での移動手段はレンタカーやツアーがおすすめ

「コスメル島」で気になるのは移動手段ではないでしょうか?ちょっとした観光なら、港に馬車が待機していますので、そちらでメキシコならではの観光を楽しめます。

ダイビングスポットや遺跡などを巡りたいという場合は、長距離を移動になるのでタクシーかレンタカーがおすすめ!タクシーなら、道に迷うことなく目的地へ連れて行ってもらえるので、とても楽で安心です。ただ、観光後に別のタクシーを探さないといけない手間や、目的地までの料金もその都度必要になります。

費用を抑えたい、自分で好きなように島内を観光したいという方には、レンタカーがおすすめです。料金は24時間レンタルで800ペソほど。国際運転免許証が必要になりますので、こちらは忘れないようにしてください。

知らない土地での運転や移動は不安という方はツアーを利用するのが気楽でいいですね。

知れば知るほど穴場感満載のコスメル島!

カリブ海の楽園、「コスメル島」の見どころや行き方を紹介しました。「コスメル島」といえば、スキューバダイビングのスポットとして有名ですが、ダイビング以外にもマヤ遺跡やセノーテなどまだまだ認知度が低い穴場スポットも多い島です。

ダイビングを楽しみながら、ジャングル散策や遺跡訪問など贅沢な過ごし方をしてみてはいかがでしょうか? 商業施設も多く、比較的治安がよいので、夢のような楽園リゾートを楽しめます。

RECOMMEND カンクンのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事