" />

【ネバダ州ラスベガス】観光でしたいこと!7つのToDoリスト

観光
97775views

アメリカ旅行では不動の人気観光地、ネバダ州ラスベガス。24時間遊べるカジノやショッピングモールが立ち並び、豪華なホテルがひしめく様子は街全体がアミューズメントパークのよう!

ここでは、ラスベガス観光のおすすめスポットやショーなどのアクティビティを、To Do(実行したいこと)リストとしてご紹介!

市内観光から郊外の大自然観光スポットまで、日本語地図付きでまとめました!ベストシーズンやイベント情報も、ぜひラスベガス旅行計画の参考にしてください。

タビナカ限定

ラスベガス観光ToDoリスト①カジノホテルへ行こう

ラスベガス観光の目玉は、やっぱりカジノホテル!せっかくのラスベガス観光なので、カジノの聖地で一度はゲームに挑戦してみてはいかがでしょうか?

基本的にはラスベガスでカジノができる場所は、ホテル。巨大なカジノホテルがストリップと呼ばれる街の中心に集合しています。

カジノは夜遊びイメージがありますが、昼間でも遊ぶことができますよ!

一階部分にカジノエリアが設置されているカジノホテルは、宿泊客だけでなく、ビジターもウェルカム!

ホテル経営の動脈であるカジノでは、成人以上(21歳)の誰もが楽しむことができるのです。初めてでは入りづらい雰囲気があるかもしれませんが、女子同士の旅行でも積極的に飛び込んでくださいね!

また、ラスベガスのホテルの客室では冷蔵庫やミニバーなどのサービスがないことが大半。これは「お酒が飲みたければ、カジノに降りてきてね♡」という、カジノスペースへの集客が目的でなされている方針です。

ラスベガスでおすすめのカジノホテルを日本語地図付きでいくつかご紹介するので、どのホテルに宿泊しようか?カジノを楽しもうか?と悩んだときはぜひ参考にしてください。

ベラージオ

ラスベガスに数あるカジノホテルのなかでも最高級クラスの有名ホテル。日本人にも人気が高く、カジノ目的だけでなくハネムーンで訪れるカップルにもよく選ばれています。

ベラージオホテルの前で行われる噴水ショーはストリップ大通りの名物のひとつ。できれば予約の際に噴水側(ファウンテンビュー)の客室を選ぶことをおすすめします。客室からもゆっくりと噴水ショーを満喫しましょう。

ベラージオの噴水ショーについてより詳しく知りたい方は、「ラスベガス・ベラージオ噴水ショーのベストポジション&上演時間」をご覧ください。

英名 Bellagio Las Vegas
住所 3600 Las Vegas Boulevard South, Las Vegas, Nevada 89109
電話 +1702-693-7111
サイトURL https://bellagio.mgmresorts.com/

パリス ラスベガス リゾート&カジノ

アメリカ・ラスベガスでパリの雰囲気を感じられるおしゃれなホテル。敷地内にあるエッフェル塔や凱旋門は本物そっくりで、ラスベガスのシンボル的存在にもなっています。

ホテルの外観はパリ市庁舎を模しており、カジノスペースはパリの街並みを再現。客室を含め、ホテル内のいたるところでパリにいるような気分になれます。

英名 Paris Las Vegas
住所 3655 Las Vegas Boulevard South, Las Vegas, Nevada 89109
電話 +1702-946-7000
サイトURL https://www.caesars.com/paris-las-vegas/

シーザーズパレス – リゾート&カジノ

ラスベガスの中心地ストリップ大通りで長年多くの旅行客を迎えてきた老舗カジノホテル。5つのタワーに約4,000もの客室があり、レストランの選択肢も豊富です。

紀元前ローマの独裁者シーザーの名を冠しているこのホテルは、建物内の装飾も古代ローマを思わせるもので趣があります。カジノのほか、スパ・ナイトクラブ・プール・コンサートホール・ショッピングモールなどもあるので、ホテルや周辺だけで1日楽しむのもいいでしょう。

英名 Caesars Palace
住所 3570 Las Vegas Boulevard South, Las Vegas, Nevada 89109
電話 +1702-731-7110
サイトURL https://www.caesars.com/caesars-palace/

アリアリゾート&カジノ

ストリップ地区に位置する複合商業施設「シティセンター」内に2009年にオープンした高級カジノホテル。近代的でスタイリッシュな外観にハイテク機器を導入した客室、ゴージャスなカジノスペースなどが魅力です。

カジノはラスベガスで屈指の規模を誇っており、カジノ目的の旅行者も多く訪れます。レストランは洋食や中華からタイ料理、寿司まで選択肢が豊富です。

英名 Aria Resort and Casino
住所 3730 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89158
電話 +1702-590-7111
サイトURL https://aria.mgmresorts.com/

ザ ヴェネチアン リゾート ラスベガス

ストリップ地区に位置し、カップルやファミリーなど幅広い旅行者に人気の5つ星高級リゾート。複数のプールや約20のレストランなど施設が充実しており、客室は全室スイートです。

ホテル内のショッピングモールにはベニスの水路をモチーフにした人工川があり、アトラクション感覚で舟での移動を楽しむこともできます。イタリアをテーマにした館内の装飾も必見です。

英名 The Venetian Resort Las Vegas
住所 3355 Las Vegas Boulevard South, Las Vegas, Nevada 89109
電話 +1888-283-6423
サイトURL https://www.venetian.com/

ラスベガス・カジノの遊び方についてやカジノホテルの、より詳しい情報は「【初心者も安心】ラスベガスの名店カジノベスト7&ルール解説」をご覧ください!

ラスベガス観光ToDoリスト②観光スポットを満喫しよう

ラスベガスのあるネバダ州や隣接する州には世界遺産の国立公園をはじめ、国内有数の人気観光スポットが目白押しです。

限られた旅行日数のなかで、ここだけはぜひ行ってほしいというスポットをピックアップしました!地図からもわかるように車でないとアクセスできないスポットが多いので、レンタカーのほか、ツアーを利用するのもおすすめです。

LAS VEGASの名物看板サイン

ラスベガス観光に来た足跡としてフォトジェニックな写真が撮れるおすすめの場所は、「WELCOME TO FABULOUS LAS VEGAS(素晴らしきラスベガスへようこそ)」のサイン前!

数々の映画でもおなじみの「ラスベガス入り口の名所」として多くの観光客が写真を撮りに訪れます。

場所はマンダレイベイホテルから少し南、バリハイゴルフとマッカラン空港間の中央分離帯の上。

裏側にはDRIVE CAREFULLY COME BACK SOON(運転に気を付けて、近いうちにまたお越しください)の文字。ラスベガスを出ていく人へのメッセージが書かれていますよ!昼間と夜のネオンサインの違いもお楽しみください。

ラスベガス・ストリップについてより詳しく知りたい方は、「必見!ラスベガス ストリップのおすすめ観光・ホテル15選」をご覧ください。

グランドキャニオン国立公園

ラスベガス観光に訪れる人に最も人気の郊外観光の地が、アリゾナ州にあるグランドキャニオン。

コロラド川の浸食によってできた巨大渓谷はまさにアメリカ大自然の象徴!その壮大さには圧倒されるばかりです。

砂漠地帯のラスベガスを出発して陸路では片道5時間の移動になるので、アメリカでのレンタカーやツーリングに慣れていなければ、現地ツアーで参加するのがおすすめです。

時間を短縮できる飛行機でのオプショナルツアーやヘリコプターでの遊覧飛行ツアーもありますよ!事前予約して上空から大渓谷を見下ろしてみましょう。

英名 Grand Canyon
定休日 なし
営業時間 24時間
サイトURL https://www.nps.gov/grca/planyourvisit/

グランドキャニオンのオプショナルツアーについてより詳しく知りたい方は、「グランドキャニオンはツアーでの観光がおすすめ!その4つの理由とは?」をご覧ください。

アンテロープキャニオン

砂漠の中の秘境とも言えるアンテロープキャニオンは、雨水が鉄砲水となり岩肌を削ってできた渓谷の観光スポット。近年、SNSで写真映えするスポットとして話題となり、ますます多くの旅行者が訪れるようになっています。

自然にできたとは思えないほどなめらかな曲線とやわらかな色合いが美しく神秘的!その構造は日光との相性がとてもよく、砂漠に照りつける太陽が差し込む幻想的な世界は、まるで夢の世界に迷い込んだようです。

ラスベガスから日帰りで行ける観光地のなかで、グランドキャニオンに匹敵する人気!グランドキャニオンと同じアリゾナ州にあり、アメリカ先住民ナバホ族の領内に位置しています。

ラスベガス中心からは砂漠地帯をひた走り、陸路で約4時間半。こちらも便利な格安現地ツアーが催行しています。

英名 Antelope Canyon
定休日 なし
営業時間 24時間
サイトURL https://antelopecanyon.az/
アンテロープキャニオンのオプショナルツアーについてより詳しく知りたい方は、「アンテロープキャニオンは現地ツアーで観光すべき!その4つの理由とは?」をご覧ください。

レッドロックキャニオン

ラスベガス観光では市内を中心に動きたいとお考えの方には、州をまたぐグランドキャニオンとアンテロープキャニオンはちょっと遠いですよね。

もっと手軽にアメリカの自然も感じたい!という方にオススメなのが、ネバダ州内にあるレッドロックキャニオンの観光です。レッドロックキャニオンは、ラスベガス市街から車で西へ約30分のところに位置する州立公園。砂漠地帯にどこまでも荒涼とした景色が続きます。

ドライブで行く場合は、全長約20キロメートルの「シーニック ループ ドライブ」というコースがおすすめ!

大自然のパノラマの絶景のもと風を切り、車を走らせることができますよ。時間帯は、色彩がより豊かに見える午前中がおすすめです。

英名 Red Rock Canyon
住所 1000 Scenic Loop Dr, Las Vegas, NV 89161
定休日 なし
営業時間 6:00〜20:00
サイトURL https://www.redrockcanyonlv.org/

レッドロックキャニオンをおすすめしたい理由はこちらで詳しく解説!「ラスベガスから30分の大自然!レッドロックキャニオンの行き方・楽しみ方」をご覧ください。

フーバーダム・ミード湖

ラスベガスから車で約1時間、アリゾナ州とネバダ州の州境に位置している巨大なダム。アメリカの歴史に燦然と輝く「フーバーダム」と、ダムによってできたアメリカ最大の人工湖「ミード湖」も、ラスベガス旅行で大人気の観光スポットです!

アメリカの歴史にそびえる巨大なフーバーダムの絶景は一見の価値あり!内部を見学する現地ツアーも人気です。

そして、フーバーダムによってコロラド川がせき止められてできた人工湖であるミード湖では免許なしでも船舶のレンタルが可能。ジェットスキーや船上でのフィッシングなど、人気のウォーターレジャーが存分に楽しめます!

地元民からもオアシスとして親しまれているミード湖で思いっきりレジャーを楽しみましょう!

英名 Hoover Dam
定休日 なし
営業時間 5:00〜21:00
サイトURL https://www.usbr.gov/lc/hooverdam/

フーバーダム&ミード湖がおすすめの理由は、こちらで詳しく解説!「世界最大級「フーバーダム」&全米最大ダム湖「ミード湖」の楽しみ方♩

ヨセミテ国立公園

カリフォルニア州にあるヨセミテ国立公園は、ラスベガス市内から陸路で6時間かかってでも行く価値のあるおすすめ観光スポットです。

砂漠地帯の荒涼なラスベガスの景色とは異なり、緑豊かな山岳地帯が広がります。

世界遺産にも指定されている圧倒的な広さのヨセミテ国立公園で、観光客に開放されているエリアはわずか1%!手付かずの大自然が残る地で、ラスベガスの街とのコントラストを感じてください。

英名 Yosemite National Park
定休日 なし
営業時間 24時間
サイトURL https://www.nps.gov/yose/index.htm

ヨセミテ公園について詳しい観光情報は…「《ヨセミテ国立公園》厳選人気スポット6選&おすすめの楽しみ方」をご覧ください!

ラスベガス観光ToDoリスト③ショッピングモール・アウトレットを楽しもう

お金は天下の回りもの!ラスベガスは世界中のブランドが集まる買い物天国!時間を忘れて楽しめます。

カジノで儲けた後はあこがれのブランドを求めてショッピングモールを歩く…そんなアメリカン・ドリームがある街です。

旅行中は金銭感覚がマヒしやすいので、ショッピングも計画的に。巨大なショッピングモールやアウトレットに人気のブランドがたくさん入っているので事前にリサーチしておくのがおすすめ!

数ある巨大なモールでは、お土産選びにも困りません!

ノース・プレミアム・アウトレット

たとえカジノに負けたとしても、有名ブランドがリーズナブルな値段で買えるアウトレットは嬉しいですね!日本でも人気のシューズブランド「UGG」もアウトレット価格で販売されていますし、おなじみの「コーチ」や「トミーヒルフィガー」などの人気ブランドも。あこがれのブランドや掘り出し物が手に入るかも?

ノース・プレミアム・アウトレットはホテルによっては無料のシャトルバスが運行。アクセスが良く、ストリップのメインストリートから車で15分という立地なので、ぜひ立ち寄ってみてください!

英名 North Premium Outlet
住所 875 S Grand Central Pkwy Las Vegas, NV 89106
定休日 なし
営業時間 10:00〜21:00(日曜は20:00)
サイトURL https://www.premiumoutlets.com/outlet/

ホールフーズ

マンダレイベイホテルから、車で10分!ショッピングモール「タウンスクエア」に出店している大型スーパーマーケットのホールフーズも観光客に大人気!

アメリカデザインの日用品や生活雑貨などプチプラのお土産が目白押し!ハチミツバーやナッツバーがおすすめです!イートインスペースもあるので上手に活用してみてくださいね♩

英名 Whole Foods Market
住所 6689 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89119
定休日 なし
営業時間 8:00〜22:00
サイトURL https://eu.wholefoodsmarket.com/

ファッションショー

ラスベガスのストリップ通りでユニークな円盤型の屋根が目を引く大きなショッピングモール。8つのデパート200を超える専門店が入っており、ファッション・コスメ・日用品など何でも揃います。

週末には季節に合わせたイベントやファッッションショーが開催されているので、イベント情報も要チェック!レストランの数も多いので、食事に立ち寄るのもおすすめです。

英名 Fashion Show
住所 3200 Las Vegas Blvd. S., Ste. 600, Las Vegas, NV 89109
定休日 なし
営業時間 月曜~土曜 10:00〜21:00
日曜 11:00〜19:00
サイトURL https://www.thefashionshow.com/(日本語)

ラスベガスのその他ショッピング情報は「ラスベガスで得するお買い物はココ♩ショッピングモール・アウトレット12選」をチェック!

ラスベガス観光ToDoリスト④夜景鑑賞を特等席で!

地平線まで続く、宝石箱のように煌びやかなラスベガスの夜景には言葉を忘れてしまうほど。これだけでも「来た甲斐があった…」と思えるかもしれません。

おすすめの夜景鑑賞スポットは、ストリップの中心にあるエッフェル塔!カジノホテル「パリス」の展望台です。

高さはパリのエッフェル塔の半分程度ですが、それでも地上50階の高さから見渡す百万ドルの夜景は格別!ラスベガス名物「ベラージオホテルの噴水」も同時に見れるベストポジションです。

英名 Eiffel Tower Las Vegas
住所 Paris Las Vegas, 3655 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109
電話 +1888-727-4758
料金 $24
営業時間 14:00〜22:00
サイトURL https://www.caesars.com/paris-las-vegas/

ラスベガスのロマンチックな夜景情報は「【ラスベガスナイトツアー】夜景ベストスポット・ショーを徹底解説」をご覧ください♩

ラスベガス観光ToDoリスト⑤本場のエンタテインメントショーへ

ラスベガス観光では、エンターテイメントの本場でしか味わえないショーもお楽しみに!

シルク・ド・ソレイユ

シルク・ド・ソレイユのアクロバットショーはとても人気があります。華麗なアクロバットだけでなく、英語がわからなくても理解できる重厚でドラマチックなストーリー、ときにはコミカルな演出で飽きさせません。

巨大プールのステージで行われる驚愕の「O(オー)」や、アジアをテーマに、総工費220億円の舞台装置で行われる「KA(カー)」、またポップス界の王様マイケルジャクソンの楽曲とのコラボレーション「Michael Jackson ONE」はファンでなくともラスベガスを訪れる観光客に大人気のショーになっています。

【Oの会場情報】

英名 Bellagio Las Vegas
住所 3600 Las Vegas Blvd S, Las Vegas, NV 89109
公演時間 19:00・21:30
休演 月曜・火曜
サイトURL https://www.cirquedusoleil.com/

【KAの会場情報】

英名 MGM Grand
住所 3799 Las Vegas Blvd S, Las Vegas, NV 89109
公演時間 19:00・21:30
休演 木曜・金曜
サイトURL https://www.cirquedusoleil.com/
シルク・ド・ソレイユについてより詳しく知りたい方は、「【ラスベガス】シルクドソレイユの見どころ&チケットの取り方」をご覧ください。

ダウンタウン・フリーモントストリート エクスペリエンス

ラスベガス観光の中心であるストリップエリアから北上すると、ダウンタウン地区があります。その中心がフリーモントストリート

昼間でも電飾のまばゆい光に包まれた人気スポットは、古き良き味わい深いラスベガスを感じられる、超近代的なストリップエリアとはまた違った雰囲気です。

天井の装飾で有名なアーケードは、ストリップ地区に対抗するため90年代に巨額を投じて作られました。天井に散りばめられた210万個の電球で彩られ、夜間でもスマホで写真が撮れちゃいます!

ダウンタウンは歴史あるラスベガス発祥の地でもあり、市役所などが集まってラスベガスの行政を担っている場所となっています。

ラスベガスで人気のショー情報は「大人も子供も楽しめるラスベガスのショー9選・必見!割引チケット入手方法」をご覧ください!

ラスベガス観光ToDoリスト⑥絶叫マシン&巨大観覧車4スポットへ行こう

ラスベガス観光はストリップ中心を歩いているだけで充分刺激的ですが、さらなる非日常を味わいたい方におすすめのアクティビティをいくつかご紹介しましょう!ジェットコースター好きは必見です!

世界最大の観覧車ハイローラー

最初にご紹介するアトラクションは、高さ170メートル、直径158.5メートルの世界最大の観覧車「ハイローラー」!ラスベガスの3大ゴージャス夜景である、ベラージオ、パリスラスベガス、プラネットハリウッドリゾート&カジノが一望できます。

驚くべきは、ゴンドラも巨大!なんと定員は40人!?夜の時間帯には、ゴンドラ内にカクテルバーが設置されます。ラスベガス観光にはぴったりのアトラクションです。ゆっくりと姿を見せるラスベガスの全貌をお楽しみに。

英名 High Roller
住所 3535 Las Vegas Blvd South Las Vegas, NV 89109
定休日 なし
営業時間 月曜~木曜 16:00〜24:00
金曜〜日曜 12:00〜24:00
サイトURL https://www.caesars.com/linq/high-roller

ストラトスフィアタワーの「インサニティ」

ラスベガス観光といえば絶叫マシンのアトラクションに乗らなきゃ始まらない!という方に大人気なのが、ストラトスフィアタワーの人気絶叫マシン。

上空320メートルに設置された座るタイプのアトラクションですが、椅子が徐々に傾き、終いには空中から真下を見下ろすような格好に…!

誰でも高いところが怖い時には下を見ないようにしますが、このアトラクションでは嫌でも真下を見せてくれるので、覚悟をしてから乗るようにしてくださいね。はっきり言って相当怖いです…。

そして、夜景観光で人気のストラトスフィアタワーは、絶叫マシンの宝庫!

インサニティ、ビッグショット、エックススクリームの3アトラクションは世界で一番高い場所にある絶叫マシーンランキングでトップ3を独占しています!

絶叫マシンに乗りたくない方も、ラスベガスのランドマークとも言えるストラトスフィアタワーは、夜景鑑賞におすすめのスポットです!

タワー106階のレストラン「トップ・オブ・ザ・ワールド」もおすすめ。床面が80分かけて一周する回転式になっています。食事やお酒を楽しみながらラスベガスの絶景を360度見渡せるのはなんとも贅沢なひとときになるでしょう。予約をお忘れなく。

英名 Insanity
住所 2000 Las Vegas Blvd. S, Las Vegas, NV 89104
電話 +1702-380-7777
定休日 なし
営業時間 月曜~木曜 14:00〜22:00
金曜〜日曜 12:00〜24:00
サイトURL https://thestrat.com/attractions/thrill-rides/insanity

フリーモントストリート「SlotZilla Zip Line」

ラスベガス観光の楽しみ!ラスベガス市内で是非体験して欲しい人気のアトラクションが、フリーモントストリートのアーケードを天井に沿って滑り降りるジップラインです。

SlotZilla Zip Lineは光り輝くフリーモントストリートのアーケードの中をスーパーマンのような体勢で突き進みます!これは他のどこでもできないラスベガス観光ならではのアトラクション!爽快感を味わいましょう。

英名 SlotZilla Zip Line
住所 425 Fremont St #160, Las Vegas, NV 89101
電話 +1702-678-5600
定休日 なし
営業時間 月曜~木曜 16:00〜25:00
金曜〜日曜 13:00〜26:00
サイトURL https://vegasexperience.com/fremont-zipline-slotzilla/

ニューヨークニューヨーク「ザ・ビッグ・アップル・コースター」

ラスベガス観光の要所、「ストリップ」と称されるラスベガス大通りからも見える大きなジェットコースター!

マンハッタンの街並みを再現したカジノホテル「ニューヨークニューヨーク」のジェットコースターで、約3分間建物の隙間をすり抜けます。

英名 The Big Apple Coaster
住所 2790 Las Vegas, Blvd, S. Las Vegas, NV 89109
電話 +1702+740+6616
定休日 なし
営業時間 13:00〜21:00
サイトURL https://newyorknewyork.mgmresorts.com/

ラスベガス観光の楽しみ方をもっと知りたい方は、「ラスベガスの楽しみ方〜家族・カップル・友達などタイプ別に解説〜」をご覧ください!

ラスベガス観光ToDoリスト⑦ベストシーズン&盛り上がる3つのホリデーシーズンを体験

ラスベガス観光を100%満喫したい方は、ベストシーズンもチェック!街が盛り上がる季節ごとのイベントもご紹介しましょう。より一層楽しく、良い旅にして下さいね!

ラスベガスの天気や服装についてより詳しく知りたい方は、「ラスベガスの気温って?気候や天気・服装選びなど徹底解説」をご覧ください。

ラスベガスの観光ベストシーズンは、やっぱり春と秋!

ラスベガスで最も快適に観光ができるおすすめの時期は、3〜5月・10〜11月!春と秋です。

  • ラスベガスの年間平均気温:19~20℃
  • ラスベガスの年間平均降水量:10mm
  • ラスベガスの平均湿度:20〜30%前後

過ごしやすく、天気も安定的なので観光にはぴったりのラスベガスの街。砂漠地帯の気候ならでは、雨が少なく乾燥しているのが特徴です。

昼間カラッとした暑さを感じるのが春先の4月から秋にかけての10月になりますが、真夏の7〜9月は特に暑くなるので注意しましょう!

最高気温が40℃を超える日もありますが、多湿である日本の夏よりも過ごしやすい気候です。

暑い時期でも朝晩の温度差は大きく、室内は冷房がよく効いているので観光中もサラッと羽織れる上着を持ちましょう!

また、冬でも日差しは強烈。昼間は半袖になっている現地の方も見られますが、冬の観光はコートやダウンなどでしっかり防寒することを忘れずに!グランドキャニオン国立公園などの山間部には雪も降ります。

グランドキャニオンの天気・気候についてより詳しく知りたい方は、「グランドキャニオンの天気攻略!押さえておくべき3つのポイント・おすすめの服装徹底解説」をご覧ください。

シーズンイベント「独立記念日」

アメリカのシーズンイベント時は、特に立派なデコレーションで彩られるラスベガス。日程が調整できるなら、時期を狙って行くのもアリですね!

ラスベガス観光でも最も盛り上がる時期は7月4日。アメリカ合衆国の独立記念日です。この時は全米がお祭り騒ぎの状態!休日なので、アメリカ国内から観光客が訪れます。

ラスベガスでも各地で花火が上がり、町全体が異常な混み方をするので、移動計画を事前に立てておく方が懸命です。

前もって夜景スポットの展望台をキープすれば、年に一度の大絶景が独占できるかも!郊外観光へのルートも渋滞する場合があるので、避けたくもある日です。

シーズンイベント「ハロウィン」

10月31日といえば、ハロウィンイベント。ハロウィンを最も盛大に行う国は、ズバリ!アメリカですね!

ラスベガス観光でもまだまだ温かさが残りますが、かぼちゃや落ち葉など秋を感じさせる装飾がいたるところに施されています。

シーズンイベント「メリークリスマス&ハッピーニューイヤー」

クリスマスデコレーションこそ、本場アメリカの本領発揮!いつもきらびやかなラスベガスでも、このイベント時期はクリスマスらしさを感じる雰囲気に。

クリスマスのホリデーシーズンはラスベガス観光にうってつけ!旅行代金が高くなる時期かと思いきや、比較的安くなる時期なのです。

ニューイヤーのカウントダウンも超ド派手!アメリカでは、マンハッタンのタイムズスクエアが有名ですが、ラスベガスのイベントも負けていません。

大みそかには、ラスベガスのストリップ大通りは歩行者天国になります。観光客や地元民で大混雑ですが、おすすめはベラージオの噴水前。年越しの瞬間は、たくさんのホテルの屋上から歓声とともに盛大な花火が打ち上がり、まさにハッピーなニューイヤー!

除夜の鐘が鳴る日本の質素なお正月とのコントラストを味わって下さいね。

ラスベガス観光は誰もが楽しめる!おすすめの楽しみ方は、こちらラスベガスの楽しみ方〜家族・カップル・友達などタイプ別に解説〜」をご覧ください!

よく計画を立ててラスベガスを大満喫しよう!

エンターテイメントの街ラスベガス観光では、遊びつくせないほどの楽しみがあります。郊外へ繰り出せば、不夜城のイメージとは対照的な大自然に感動!内容の濃い旅行になること間違いなしですね。

現地で行き当たりばったりの出会いを楽しむ観光旅行もアリですが、綿密に計画を立てれば安心。満足度がきっと上がります!

以上必ず候補に入れてほしいおすすめの観光地、参考にして下さいね!

RECOMMEND ラスベガスのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事