" />

電車やバスなど…シドニー観光をお得に効率よく!シドニーの市内交通事情を一挙解説♪

航空券・移動
19759views

オーストラリア一の大都市シドニーでは、様々な交通網が発達しています。それらを上手に使えばお得かつ効率的に、そして楽しく観光ができること間違い無し!今回は空港から街の中心部への移動を含め、シドニーの市内交通とお得に交通機関を利用できる方法についてご紹介致します♪

シドニー市内を電車で移動するには?

まずはシドニーの主要な公共交通機関「電車」についてご紹介します!

シドニーライトレール

「シドニーライトレール」とはトラム、つまり路面電車のことです。区間内には、ダーリング・ハーバー、スターシティ、フィッシュマーケットなどの観光地があり旅行客が最もよく利用する乗り物です♪

運行時間もセントラル駅からザ・スター駅までは24時間運行、その他の駅も朝6時から真夜中過ぎまで運行しているので、観光にも十分活躍してくれますよ!乗車券は「オパールカード」か「オパール片道乗車券(Opal single trip tickets)」を駅で購入、もしくは発券機がない停留所でもトラムの中にいる車掌さんから乗車券が買うことができます。

シティ・レール

「シティ・レール」とはシドニー市内を中心に郊外まで東西南北に走っている鉄道です。路線は色別になっていて観光客にも分かりやすいので路線図さえあれば乗り換えも楽チン。

シティ・レールの車両はダブルデッカーといわれる2階建てになっており、運行時間も朝4時前から午前1時過ぎまでと長いのでナイトクラブを行く時にも利用できます。料金はA$4.20から距離制になっており、乗車券は「オパールカード」か「オパール片道乗車券(Opal single trip tickets)」を駅で購入となります。

シドニー市内をバスで移動するには?

シドニー・バス

「シドニー・バス」は平たく言えば普通の路線バスのことです。市内から近郊まで300を超える路線があるので、目的地の近くまで行く際は非常に便利。ゾーン制ですがA$2.15〜と安く、慣れれば心強い足になってくれます。ただ車内アナウンスがないので降りる停留所は注意しながらチェックしておくようにしましょう。

また、夕方早い時間で終わってしまうルートや週末本数が少なくなることがあるので、時刻表の確認が必要とです。

シドニー&ボンダイ・エクスプローラー

「シドニー&ボンダイ・エクスプローラー」は2つのルートがある観光用バス。シドニー内の主要観光ポイント23カ所とシドニー東側のボンダイ地区の10カ所を回っています。乗車券は共通で合計33カ所を乗り降り自由・乗り放題の上に、ダブルデッカーの2階部分は屋根なしのオープントップで気持ちいいこと間違いなし!

乗車券の値段

●24時間券:大人A$50、5才~15才の小人A$35

●48時間券:大人A$70、小人A$46。

初乗りの時刻から時間がカウントされていくので無駄もありません。他にも学割や60才以上のシニアチケット、ファミリーチケットもありますよ。

運行時間

●シドニー市内ルート:8:30から15~20分間隔

●ボンダイ地区ルート:9:30から約30分間隔

毎日運行してます。終業はピークシーズンが19:30、オフピークシーズンが18:30までとなってます。

チケットはオンラインでも、車掌さんから直接買うことも可能です。

シドニーでタクシーを利用しよう!

タクシーは大人数でのるときや、最初の空港からの移動に便利です。ここではタクシーの利用方法についてご紹介します。

シドニーのタクシーは現金利用がおすすめ

シドニーのタクシーは、日本と同じく屋根の上に「TAXI」のサインが付いているのですぐ分かるはず。車種はオーソドックスなセダンタイプからミニバンなど幅がありますが料金は一緒です。5人以上ならワゴンタイプの「マキシー・キャブ(Maxi Cab)」を頼むと良いでしょう。

タクシー料金

●初乗り料金:A$3.60で、1kmごとにA$2.19加算

●深夜料金(22:00~5:59)で初乗り料金:A$3.60(金土はさらに+A$2.50)、1kmごとの料金もA$2.63加算

●待ち時間料金:1分間A$0.94

※その他、タクシーを呼び出した場合はA$2.50、空港に行く場合はA$4.10が加算

支払いはクレジットカード・現金どちらも可能ですが、クレジットやデビットカード払いは手数料が10%加算されるので現金がお得です。

シドニー湾横断はフェリーで水上観光を♪

シドニーはハーバーブリッジ以外の橋が少なく、地元民も頻繁にフェリーを利用しています。そこで、今回はフェリーの利用方法についてご紹介します。

フェリーで水上観光

シドニーは南北が大きな湾で分かれている上にハーバーブリッジ以外の橋が少ないので、フェリーは観光客だけでなく市民にとっても重要な交通手段になってるんです。世界3大美港の一つ、シドニー港をぜひ海上から楽しんでみてくださいね。

市街地側のフェリー乗り場は「サーキュラーキー」で、主な乗り場は4つ

フェリー乗り場

●2番ワーフ(Wharf 2):タロンガ動物園行きなど

●3番ワーフ (Wharf 3):マンリービーチ行きなど

●4番ワーフ(Wharf 4):ノースシドニー、キリビリ、ナチュラルベイ、ワトソンズベイ、モスマンベイ行きなど

●5番ワーフ(Wharf 5):ダーリングハーバー、パラマッタ、オリンピックパーク行きなど

フェリーの乗り場と行き先には要注意

乗り場とその行き先はある程度決まっていますが、例外となる船も多くあります。

例えば

  • 平日19時過ぎの便はほとんど4番ワーフから出発
  • 曜日によっては運行しない路線もある

など…イレギュラーも少なくないので、乗る時は必ず確認するようにしましょう。ちなみに、観光客がよく利用するランチクルーズ、ディナークルーズなどは4番ワーフから出航しますよ。

シドニー水上タクシーもお試しあれ

その他、シドニーならではのユニークな「水上タクシー」もあるので、利用してみても面白いかもしれません。これは小型のボートタクシーで乗船は2人から。フェリーの路線のない地域に行く時はもちろん、時間貸しでチャーターして自分たちだけのクルーズを楽しむなんていう使い方もオツですよ。

シドニーの交通系ICカード!オパールカードを活用しよう♪

シドニーの交通機関を利用する際に便利な「オパールカード」。ここではオパールカードのメリット・注意点についてご紹介します。

 オパールカードはこんなに便利!

シドニーの交通機関を便利に利用するための必須アイテム「オパールカード」。オパールカードは日本のSuicaのようなチャージ式のICカードで、電車やバスのみならずフェリーにも使えてとっても便利です。

オパールカードは使い方も日本と同じ。交通機関に乗る時と降りる時に機械にタップするだけ。とっても使い勝手の良いイチオシの便利グッズ!残額が少なくなったら、また提携店に行ってチャージをしてもらえばOK。

オパールカードのお得ポイント①支払い上限がない

オパールカードはいくら利用しても一日の支払いの上限が決まっており、それ以上払う必要がありません。その額は1日A$15.40で、日曜はなんとA$2.60という信じられない安さ!これはもう使うしかありません。もちろんそれ以下の金額利用なら使っただけの支払いです。

オパールカードのお得ポイント②割引の適用

シドニーの交通機関には「オフピーク割引」という割引があります。それは平日朝7〜9時・午後4〜6時半以外の時間帯の乗降に割引があるんですが、その率がオパールカードを持っていると高くなります。電車では30%も安くなるんですよ。

オパールカードのお得ポイント③他にも特典がいっぱい

その他、月曜からカウントして平日に8回以上カードを利用する次の日曜まで9回目以降の利用額が半額になるなど細かな特典もたくさん。とにかく観光客にとってもお得なことは間違いない、シドニー移動にはなくてはならないカードなのです。

オパールカードの購入方法

オパールカードは、提携のコンビニ(シドニー市内のセブンイレブン全店など)やニュース・エージェンシー(新聞などが売っているスタンド)などで買うことができます。カード発行料は無料で、金額を申請してチャージしてもらいます。

オパールカードの注意点

乗車する際、オパールカードを機械にタップし忘れると最大乗車料金を支払うことになります。タップのし忘れに注意しましょう。また、払い戻しが面倒なので、チャージのし過ぎも気を付けるようにしましょう。

シドニー空港から市内への移動手段

シドニー空港からシドニー市内への移動手段は、主に

  1. 電車
  2. バス
  3. タクシー

があります。ここでは各ターミナルの案内とそれぞれの移動方法についてご紹介します。

シドニー空港の3つのターミナル

シドニー空港は市街地から南に約10kmに位置しています。車で約20~30分の距離ですから、東京で言うと羽田空港のような感覚ですね。シドニー空港には3つのターミナルがあって、利用する便によってターミナルが違うので、ちょっと注意が必要なんです。

ターミナル1

国際線ターミナルです。なので、日本から来る場合はこのターミナル1に着くということになりますね。

ターミナル2

国内線ターミナルで、ジェットスター、ヴァージン航空などが発着してます。

ターミナル3

カンタスの国内便の発着ターミナルです。なお、カンタス国内便の一部はターミナル2を使うこともあるので注意しましょう。

ターミナル1からターミナル2や3へは徒歩で移動できないため、シャトルバスや鉄道を利用するようにしましょう(有料)。なお、ターミナル2と3は隣接しているので徒歩移動が可能になります。

シドニー空港から市内への電車(エアポートリンク)

「エアポートリンク」は空港から市内を経由して郊外へ通じる空港鉄道で、空港から市内エリアへはA$18.50(4~16才A$14.90)です。朝の5時前後から夜中の1時近くまで6~30分間隔で運行しているので便利ですよ。セントラル駅まで約13分、タウンホール駅まで約25分、キングスクロス駅まで約30分で行くことができます。

バス

空港から市内への路線バスもないことはないのですが、大きな荷物を持ち込むのが難しかったり、停留所を知らせるアナウンスもないので、旅行者にはお勧めできません。その代わり、空港からホテルまでドアトゥドアで移動できるミニバスがあります。

空港からのミニバスを運行している会社は複数ありますが、値段や子供料金を考えると「エアポート・コネクト」という会社を使うのがおすすめ。

エアポートコネクトバスの料金

片道大人A$16、7~12才の子どもA$10

往復大人A$30、7~12才の子どもA$18

エアポートコネクトバス運行時間

空港からは6:30~21:00まで

ホテルからは5:00~18:30まで

国内便なら2時間、国際便なら3時間前までの予約が必要となります。

タクシー

タクシーは各ターミナルの到着ロビーを出た所に乗り場があるのですぐわかります。市内中心部までは20~30分で行くことができ、料金はA$45~55になります。別途空港利用料のA$4と有料道路、陸橋利用料などがかかるので、A$50~60と見積もっておくと無難でしょう。

シドニーの交通事情まとめ

このように、シドニーには観光客に便利な交通機関がたくさんあり、治安や運行状況も良いので日本と同じような感覚で安心して利用できますよ。オパールカードを利用すれば割引も大きく、リーズナブルに観光が楽しめるはず。色々な交通機関を上手に使ってシドニーで楽しい時間を満喫してくださいね!

RECOMMEND シドニーのおすすめ記事

これで完璧!シドニーのおすすめ定番・穴場観光地20選!時差やベストシーズン、治安まで徹底解説!

オーストラリア有数の観光都市であるシドニーは、歴史とモダンさが入り交じった街並みが魅力。歩いているだけでも充分に楽しめて、まさに“観光スポットの宝庫”の都市でもあるんです!でも観光スポットが多い都市だからこそ、どこに行けば…

RELATED ARTICLES 航空券・移動カテゴリの関連記事