" />

これで完璧!シドニーのおすすめ定番・穴場観光地20選!時差やベストシーズン、治安まで徹底解説!

観光
255113views

オーストラリア有数の観光都市であるシドニーは、歴史とモダンさが入り交じった街並みが魅力。歩いているだけでも充分に楽しめて、まさに“観光スポットの宝庫”の都市でもあるんです!

でも観光スポットが多い都市だからこそ、どこに行けば良いのか迷ってしまうなんてことも。ここではおすすめの観光地をランキング形式でご紹介します。

シドニーってどんな都市?

オーストラリアの東南部に位置しているシドニーは、ニュー・サウス・ウェールズ州の州都。オーストラリアで最大の人口を誇る都市でありながら、手つかずの自然が残っていて、国立公園も有しています。

街の中心地からすぐの場所にビーチがあるので、都会にいながらリゾート感を味わえるのが魅力の一つ。

しかし何といっても最大の魅力は、世界三大美港の一つであるシドニー湾の美しさ。昼はもちろん、夜はライトアップされた街並みを見ながらのクルーズなどロマンチックに過ごすことができます。

第1位 オペラハウス

オペラハウスはシドニーのランドマーク的存在で、外観だけは知っている方が多いのではないでしょうか。とても近代的なデザインで、2007年にはユネスコの世界文化遺産に登録されています。

公式の日本語ガイドツアーも開催されているので、オペラハウスの内側から楽しめるのも嬉しいポイント。夜にはライトアップされて幻想的な姿を見せてくれるので、パートナーで行けばロマンティックな気分に浸ることができますよ。

オペラハウスの魅力についてさらに知りたい方は、魅力をまとめた「オペラハウス観光を徹底解説」をご覧ください。

英名 Opera house
住所 Bennelong PointSydney, New South Wales 2000, Australia
営業時間 9:00〜17:00
日本語のガイドツアーの料金 大人$25、子供$18、ファミリー$68
アクセス サーキュラー・キー駅からすぐ
公式HP  http://www.sydneyoperahouse.com/

第2位 ブルーマウンテンンズ国立公園

“オーストラリアのグランドキャニオン”と呼ばれているブルーマウンテンズ国立公園は、世界遺産に登録されていることでも評判の高い観光スポット。シドニーから約2時間とアクセス抜群なので、日帰りのツアーも数多く組まれています。

岩石と深い緑のコントラストが美しいスリーシスターズ世界最古の鍾乳洞ジェノランケーブを楽しむことができます。手つかずの自然だからこそ成せる造形美には思わずうっとり。

ブルーマウンテンズのさらに詳しい魅力は、「ブルーマウンテンズの魅力を徹底解説」をご覧ください。

英名 Blue Mountains National Park
住所 Blue Mountains National Park, Katoomba, New South Wales 2780, Australia
料金 無料、車両1台$8
アクセス 最寄りのカトゥーンバ駅から車で約30分
公式HP  http://www.nationalparks.nsw.gov.au/visit-a-park/parks/blue-mountains-national-park

第3位 ハーバーブリッジ

オペラハウスと並んでシドニーを代表する建築物と言われているのが、ハーバーブリッジ。青い空と青い海を背景に架かっている橋は、まさにフォトジェニック!橋の上からはシドニー市街を一望することができます

距離が1149mと短く歩行者専用路は無料で楽しめます。橋の南側にあるパイロン展望台(有料)では橋の歴史やお土産が揃っているので行くのがおすすめですよ。

橋のアーチ部分を登るブリッジクライムのツアーもあるので、是非チャレンジしてみてくださいね。

ハーバーブリッジ観光をまとめた「ハーバーブリッジの3つの楽しみ方」もあわせてご覧ください。

英名 Sydney Harbour Bridge
住所 Sydney Harbour Bridge, Sydney NSW, Australia
営業時間 10:00〜17:00
定休日 なし
パイロン展望台の料金 13歳以上$13.00、学生$8.50、5歳〜12歳$6.50、4歳以下無料
アクセス ミルソンズ・ポイント駅からすぐ
公式HP  http://www.australia.gov.au/about-australia/australian-story/sydney-harbour-bridge

第4位 ザ・ロックス

昔懐かしいオーストラリアの風景が見られることで人気のロックスエリア。レンガ造りの建物が建ち並ぶ様は、情緒がありますよ。

週末には“ロックスマーケット”が開催されていて、数多くの屋台や露店で賑わいます。手作りのアクセサリーなど可愛らしいお土産にぴったりの雑貨が沢山並んでいるので、要チェックですよ!

ロックスエリアについては、「ロックス地区の観光まとめ」にさらに詳しくまとめてあるので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

英名 The Rocks
住所 The Rocks, Sydney,  New South Wales 2000, Australia
アクセス サーキュラー・キーからジョージ・ストリートを北へまっすぐ徒歩約7分
公式HP  http://www.therocks.com/

第5位 ボンダイビーチ

ボンダイビーチのどこまでも続くコバルトブルーの海はまさに絶景。白くきめ細やかな砂粒のビーチもとても綺麗です。

シドニーは年中温暖な気候なので、冬でも海水浴を楽しめるのが嬉しいポイント。街の中心部からのアクセスも良いので、気軽にリゾート気分を味わえます。昼間も良いですが、水平線に沈む夕日も格別なので夕方に行くのもおすすめですよ。

気になる方は、ボンダイビーチやその周辺エリアの観光についてまとめた「ボンダイビーチ観光まとめ」もぜひご覧ください。

英名 Bondi Beach
住所 Bondi Beach, Sydney, New South Wales 2026, Australia
アクセス ボンダイジャンクション駅からボンダイビーチ行きのバスに乗り換え

第6位 シドニーシティ

シドニーの中心部にあるシドニーシティは、デパートや有名ブランドの路面店も多くあります。

ビジネスにショッピング、観光まで様々な要素が詰まっているスポットですが、端から端まで約30分で横断できるのがポイント。狭い範囲に密集しているので、効率よく観光を楽しむことができますよ。

英名 Central Business District
住所 455 George St, Sydney, New South Wales 2000, Australia
アクセス タウンホール駅とウィンヤード駅周辺
公式HP  https://www.qvb.com.au/

第7位 現代美術館

現代アートを展示している現代美術館は、なんと入館料が無料。しかも館内は写真撮影OKなので気兼ねなく楽しむことができます。

アボリジニの伝統工芸を現代化した作品など、オーストラリアらしい作品もあるのも特徴。売店にはおしゃれで可愛い雑貨が取り揃えられているので、女性必見ですよ。

シドニーには美術館・博物館が多く存在します。現代美術館を含む、シドニーの美術館・博物館については「シドニーの美術館・博物館まとめ10選」をご覧ください。

英名 Museum of Contemporary Art
住所 140 George St | The RocksSydney, New South Wales 2000, Australia
営業時間 10:00~17:00(木曜は~21:00)
入場料 無料
アクセス サーキュラー・キー駅から徒歩3分
公式HP  http://www.mca.com.au

第8位 タロンガ動物園

タロンガ動物園は、シドニーで1番大きい動物園。広大な敷地の中で約400種類の動物たちが飼育されており、コアラとの2ショット撮影も可能。また、園内では鳥が放し飼いにされているのでぜひ触れあってみてくださいね。

動物園に着くまでのフェリーでの光景がとても素敵なので、入る前から楽しめるのは良いですよね。

タロンガ動物園の魅力や、お得な入場チケットの購入方法などは「タロンガ動物園の魅力まとめ」をご覧ください。

英名 Taronga zoo
住所 Bradleys Head RoadMosman, New South Wales 2088, Australia
営業時間 9:30〜(月によって閉園時間は変わります。)
料金 大人$46、子供$26、4歳以下は無料
アクセス サーキュラー・キー・フェリーターミナルからフェリーで12分
公式HP  https://taronga.org.au/taronga-zoo

第9位 シーライフシドニー

最後におすすめするのは、シドニー最大の水族館であるシーライフシドニー。その規模は南半球の中でも有数の大きさで、なんと12000種類もの海洋生物を見ることができます。

特にジュゴンは必見。世界で飼育されているジュゴン5頭のうち、2頭がシーライフシドニーにいます。

展示方法に工夫を凝らしているのも魅力の1つ。14のテーマに分かれていて、それぞれ全く違った雰囲気を楽しめます。中でもオーシャナリウムは、ガラス張りの海底トンネルを歩きながら観賞できるのでわくわく感を味わえますよ。

英名 Sea Life Sydney Aquarium
住所 Aquarium Pier | Darling HarbourSydney, New South Wales 2000, Australia
営業時間 9:00〜18:00
料金 大人$42、子供$29.5、4歳以下無料
アクセス シティ・レールのタウン・ホール駅から徒歩5分
公式HP  https://www.sydneyaquarium.com.au/tickets

第10位 シドニー フェリー

シドニーの景観の素晴らしい要因の1つが、シドニー湾。シドニーフェリーズはバスや電車などと同じく公共交通機関なので、リーズナブルにクルージング気分で楽しめます。

昼は開放感抜群の絶景、夜はネオン煌めくロマンティックさ抜群の絶景を見ることができて、昼夜どちらもおすすめですよ。

英名 Sydney Ferries
住所 Circular Quay, Sydney, New South Wales 2000, Australia
料金 大人$7.50、子供$2.50
公式HP  http://www.beyondthewharf.com.au/sydney-harbour-ferry-trip-planner

第11位 サーキュラーキー

サーキュラーキーとは、オペラハウスからハーバーブリッジまでのエリアのこと。シドニー市街の様々な観光スポットへ行くことのできる駅やバスターミナルなどがあり、交通の要でもあります。

ショッピングモール、公園、レストランなど大抵のものがあるので、何か必要なものがあったらここに来ればOK。路上パフォーマンスなども行われていて、歩くだけでもシドニー旅行を満喫できるので是非行ってみてくださいね。

英名 Circular Quay
住所 Circular Quay,‎ Sydney, New South Wales 2000, Australia

第12位 チャイナタウン

観光地で欠かせない楽しみの1つが、食べ歩きですよね。チャイナタウンには美味しいのはもちろん、リーズナブルに楽しめる食べ歩きグルメが沢山ありますよ!中華だけでなくベトナムやタイなど、東南アジアの食も楽しめます。

また、チャイナタウンに併設されている「マーケットシティ」でショッピングも可能。本場中国さながらに値引き交渉ができるので、是非お土産をお得にゲットしてみて下さいね。

チャイナタウンの歩き方については「シドニー・チャイナタウン観光を徹底解説」をぜひ参考にしてみてください。

英名 China Town
住所 George StSydney, New South Wales 2000, Australia
アクセス セントラル駅、タウン・ホール駅から徒歩で約10分
公式HP  http://sydney-chinatown.info/

第13位 マンリー ビーチ

ボンダイビーチに比べて観光客が少ないローカルビーチなので、ゆったりと過ごすことができます。シドニー市街地からとても近いのも嬉しいポイントですね。

浅瀬が多く、波が穏やかなので小さな子供連れのファミリーでも安心して海水浴ができるのも魅力の1つです。サーフィン教室もあるので、旅の思い出にレッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

英名 Manly Beach
住所 Manly, Sydney, New South Wales 2095, Australia
公式HP  https://www.hellomanly.com.au/

第14位 ダーリング・ハーバー

ダーリング・ハーバー最大の魅力は、何と言っても夜景毎週土曜日には花火が打ち上げられ、とても幻想的な風景になります。

また、おしゃれなレストランやカフェも多く建ち並んでいるので、夜景を見ながら食事を楽しむのもおすすめ。心に残るひとときになりますよ。

英名 Darling Harbour
住所 Darling Harbour, Sydney, New South Wales 2000, Australia
公式HP  http://www.darlingharbour.com/

第15位 マーリックビルマーケット

マーリックビルマーケットは毎週日曜日に開催されているオーガニックマーケットで、屋台や生鮮食品の露店からマッサージ店まで揃っています。

またジャンルを問わず様々な国籍の料理が楽しめるので、気軽なランチに利用している人も多いです。常にライブパフォーマンスが行われていて、子供用のアトラクションもあるので家族全員で1日中楽しめるのも嬉しいポイントですよね。

シドニーにはマーリックビルマーケットを含むマーケットが多数開催されます。興味がある方は「シドニー・マーケットまとめ11選」をぜひご覧ください。

英名 Marrickville Market
住所 142 Addison Rd | The Addison Road CentreMarrickville, Sydney, New South Wales 2204, Australia
営業時間 毎週日曜日9:00〜15:00
公式HP  https://www.organicfoodmarkets.com.au/

第16位 ロイヤル ボタニック ガーデン(王立植物園)

続いてご紹介するロイヤル ボタニック ガーデンは、なんと200年以上の歴史を誇る植物園。園内には17000種以上という豊富な種類の植物が生えており、中には絶滅危惧種やジュラ紀の植物も

また、オペラハウスとハーバーブリッジを一望できる最高の立地でもあるので、観光途中の休憩におすすめです。

ガイドツアーやイベントも随時開催しているので、HPをチェックしてみて下さいね。

英名 Royal Botanic Gardens
住所 Mrs Macquaries RdSydney, New South Wales 2000, Australia
営業時間 7:00〜(月によって閉園時間は変わります)
料金 無料(トロピカルセンターのみ入場料要)
アクセス サーキュラー・キー駅から徒歩10分
公式HP  http://www.rbgsyd.nsw.gov.au/

第17位 セントメリーズ大聖堂

シドニーの中心部にあるハイドパークに隣接している教会。ゴシック様式のこの教会は、なんと約200年前に建てられていて、シドニーを代表する建築物の1つになっています

教会内には美しいステンドグラスや像があり、ステンドグラスから差し込む光に思わずうっとり。教会内にあるパイプオルガンは、コンサートが開かれていることもあるのでHPをチェックしてみて下さいね。

英名 St. Mary’s Cathedral
住所 St Mary’s Road & Prince Albert RoadSydney, New South Wales 2000, Australia
営業時間 8:30~17:00 ※礼拝時間を除く
アクセス セントジェームズ駅から徒歩2分
公式HP  http://www.stmaryscathedral.org.au/

第18位 ルナパーク

1960年代のオールドアメリカンテイストのレトロさが魅力の遊園地、ルナパーク。エントランスの大きな顔はインパクト抜群!独特のキャラクターは、不思議と癖になりますよ。

どのアトラクションも小さめサイズなので、家族連れにピッタリです。入園料は無料なので、雰囲気だけ楽しむこともできますよ。

英名 Luna Park Sydney
住所 1 Olympic DrMilsons Point, North Sydney, New South Wales 2061, Australia
営業時間 19:00~23:00(土曜は11:00~23:00、日曜は11:00~18:00)
一日券の料金 大人$35.95、子供$25.95、3歳以下$12.95
アクセス ミルソンズ・ポイント駅から徒歩5分、サーキュラー・キーよりフェリーでも可
公式HP  https://lunapark.com.au/

第19位 キャピトルシアター

キャピトルシアターは、ほぼ毎晩バレエやオペラ、ミュージカルが楽しめる劇場。1931年創業という歴史ある劇場で、当時の姿をそのまま残している建物は国家歴史登録財に指定されています。

劇場内にはバーがあり、オーストラリア産のスパークリングワインとチーズなどの前菜がセットで$50チケットはもちろん、食べ物のセットもオンラインで購入可能ですよ。

英名 Capitol Theatre
住所 13 Campbell St | HaymarketSydney, New South Wales 2000, Australia
営業時間 9:00〜17:00
公式HP  http://www.capitoltheatre.com.au/

第20位 シドニー天文台

シドニー天文台はオーストラリアで最も古い天文台。現在は天文台として使われていないのですが、シドニーを一望できる絶景スポットとして人気を博しています。

遮るものが何もない景色は、息を呑むほどの美しさ。ガイドブックにもあまり載っていないので観光客が少なく、シドニー1番の穴場観光地ですよ。

1日2回公演している宇宙や星についての3Dシアターが人気で子供連れのファミリーにもおすすめです。

英名 Sydney Observatory
住所 1003 Upper Fort St | Millers Point NSWSydney, New South Wales 2000, Australia
営業時間 10:00〜17:00 ※時間は季節によって異なります。17時以降は要予約のナイトツアーが開催
料金 無料(3Dスペースシアターは大人$10、4歳以上15歳以下$8)
アクセス サーキュラー・キー駅から徒歩10分
公式HP  https://maas.museum/sydney-observatory/

シドニーとの時差は?

気になる日本とシドニー間の時差は、1時間。シドニーの方が1時間早いので、空港に到着したら時計を1時間早くしましょう。例えば日本がAM9:00なら、シドニーではAM10:00

ただしシドニーのあるニュー・サウス・ウェールズ州はサマータイムを導入しているので、10月の第一日曜日AM2:00~翌年4月第一日曜日AM2:00は時差が2時間になります。

詳しい時差についての知識は、「シドニーの時差・基本情報」をご覧くださいね。

シドニー観光の天候・ベストシーズンは?

一年中温暖な気候のシドニーは、雨が少なく晴天が多いのが特徴。なんと年間340日以上が晴天で、慢性的な水不足が懸念されているほどです。

さらに年間平均気温は20〜30℃で、湿度が低いのでとても過ごしやすく、観光客にはうれしいポイントばかり。そんな過ごしやすいシドニーですが、1番おすすめの季節は3〜5月の秋

日差しが強すぎず、観光スポットを歩き回っても快適に過ごせます。季節別など、詳しいシドニーの天候については「シドニー旅行を100%楽しむためのお天気対策」をご覧ください。

シドニーの治安事情

オーストラリア有数の都市シドニーは、観光都市というだけあって治安の良さは世界的に見て良いレベル。“世界で最も安全な都市ランキング”では第7位に入っています。

しかし、エリアや時間帯によっては危険なことも。特に観光スポットではスリや置き引きなどが多発しているので、要注意!下記は要注意エリアなので、必ず事前にチェックしておきましょう。

シドニーの要注意エリア
  • シドニーセントラル駅

・・・1日中混雑しているのでスリや置き引き、ひったくりが多発。週末の夜間には酔っ払いが多いです。

  • ジョージ・ストリート周辺

・・・南側は、観光客を狙ったスリなどの犯罪多発スポットとして警察でもマークされているほど。

  • オックスフォード・ストリート周辺

・・・ナイトクラブなどが密集しているので、夜は喧嘩や暴力事件が多発しています。

  • ダーリングハーバー周辺

・・・南側では過去に夜間のレイプや暴力事件があったので、女性だけで歩くのは危険。

  • ダーリングハースト周辺

・・・酔っ払いやドラッグ中毒者が多いので、必ずタクシーを利用しましょう。

  • シドニー国際空港

・・・グループツアー参加者やご夫婦の観光客は、スリや置き引きのターゲットになりやすいです。

  • ボンダイビーチ

・・・スリや置き引きなどの犯罪が多発中。

  • キングス・クロス

・・・夜の歓楽街であり、ドラッグの取引地域として有名なエリア。地元の人でもあまり近づきません。

シドニーの治安状況についてもっと詳しく知りたい方は、「シドニーの治安を徹底解説をご覧ください。

シドニーの定番・穴場観光地を巡って、最高のシドニー旅行に!

シドニーでおすすめの観光地、いかがでしたか?歴史ある地区や近代的な建造物、美しいシドニー湾などの絶景スポットと、見どころが沢山あるシドニー。場所によって全く違う表情が見られる観光地なので、1度の旅行で色々な体験ができるのが魅力です。

ファミリーでもカップルでも一人旅でも、満足度100%の旅行ができること間違いなし!是非シドニーに行って、素敵な思い出を作ってくださいね。

シドニーの都心部以外も楽しみたい!という方には、郊外のワイナリーもおすすめ!詳しくは「ハンターバレーのワイナリーを100%楽しむ方法」をご覧ください。

sakazume
WRITER sakazume
海外旅行が大好きで、学生時代は長期休みの度に行っていた程。将来は海外に住みたいです。 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND シドニーのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事