" />

【メキシコ・マヤ文明の遺跡】世界遺産「チチェンイッツァ遺跡」見どころ・行き方ガイド

観光
19598views

この記事ではメキシコのチチェンイッツァ遺跡の歴史や概要・見どころをはじめカンクンからの自力でのアクセス方法や入場料について、お土産・レストラン情報について解説します。

事前にマヤ文明の歴史やチチェンイッツァ遺跡の概要を知っておくことで、実際に訪れた時の面白さがUPすること間違いなしですよ。

また、時間に余裕が無い方でもこれさえ抑えておけば短時間で効率よくチチェンイッツァ遺跡をお楽しみいただけます。

チチェンイッツァ遺跡では、英語・スペイン語でその深い歴史を理解するのは大変な大仕事。そこで今回は、英語・スペイン語を理解する手間が省ける日本語ガイド付きツアーもまとめてご紹介しています♪ 

是非最後までご覧になってくださいね!

【メキシコ・マヤ文明の遺跡】チチェンイッツァ遺跡とは

チチェンイッツァ遺跡とは、メキシコのカンクンからバスで2時間半ほどのところにあるピラミッド型のマヤ遺跡です。その昔、高度な建築技術と天文知識を持つマヤ文明は文字を扱う文明として急速に発達。

その歴史や事象を年号とともに石碑に記していました。しかし、909年を最後に石碑は忽然と姿を消し、マヤ文明は滅亡。その原因は未だ解き明かされることなく眠り続けています。

数々の謎と闇を持つ、マヤ文明最大規模の遺跡であるチチェンイッツァ遺跡は1988年に世界遺産に登録されて以降、世界中から注目を浴び続けています。

チチェンイッツァは、メキシコの人気観光都市であるカンクンからバスで1本とアクセスも良く、毎年多くの観光客でにぎわうため、今となっては数多くのツアー会社で取り扱われるほど人気の観光スポットとして発展しました。

【メキシコ・マヤ文明の遺跡】チチェンイッツァ遺跡の歴史と特徴

メキシコ・ユカタン半島の北部に位置する「チチェンイッツァ遺跡」はユカタン州の州都メリダから約120km・人気観光都市であるカンクンからは約200km離れています。

1988年にユネスコに認められ、世界遺産に登録されたチチェンイッツァ遺跡

以降、メキシコで最も観光客が訪れる考古学遺跡になりました。

2006年、チチェンイッツァ遺跡は新世界七不思議にも選ばれており、今では世界屈指の遺跡としての地位を確立しています。

マヤ文明の歴史は長く、紀元前3000年頃から16世紀頃まで繁栄したと推定されています。

その中でもチチェンイッツァ遺跡は、マヤ文明がもっとも栄えていた時代のひとつとして分類されている「後古典期マヤ(古典期末の9世紀頃~後古典期前半の13世紀頃までの間)」の遺跡だとされており、その広さは南北に3km・東西に1.5kmと非常に広く、栄華を極めた全盛期であったことが分かります。

13世紀以降、チチェンイッツァ遺跡は衰退して中心地は西のマヤパンに移ります。しかし、マヤパンもシウ家の攻撃によって1441年ごろに放棄されてしまいました。

チチェンイッツァ遺跡がいつ滅んだのか、正確な年号などは不明です。その後、スペイン人による植民地化したものの、セノーテに限っては巡礼地として機能しました。

“チチェンイッツァ”という名称の語源は、古代マヤ語で「イッツァ族の泉の入り口」という意味であり、大河のないマヤ文明にとって、当時この遺跡がいかに重要な物であったかを物語っています。

遺跡内部に刻まれたリレイフなどから戦闘集団の部族であるトルテカの影響を色濃く受けていたことが分かるチチェンイッツァ遺跡。

チチェンイッツァ遺跡はマヤとメキシコの歴史を理解する上で、大変重要な役割を果たしています。

代表的なマヤ歴史の特色と言えば、マヤ文明の高度な建築技術と正確なマヤ歴をはじめとする、天文学の2つ。そして、その英知が詰まった建造物がエル・カスティーヨであると言えるでしょう。

また、マヤ文明と言えば生け贄の文化ですが、生け贄の泉・生け贄の神殿・生け贄の球技などそれらを象徴する歴史がしっかりと残っているのもチチェンイッツァ遺跡の特徴です。

チチェンイッツァ遺跡内部に残る建造物には隠された技術がいっぱい!ククルカンの降臨現象をはじめ、エル・カスティーヨのククルカンの頭がついている階段の真正面に立ち、手を叩くとピラミッド上の神殿内で音が反響します。

その音がなんと、鳥の鳴き声に似ているとか?!当時のチチェンイッツァ遺跡の技術者たちは、これらを計算した上で設計しているわけですから、当時の技術がいかに発展していたのかが理解できますね。

【メキシコ・マヤ文明の遺跡】チチェンイッツァ遺跡の見どころ6選

旧チチェンイッツァと新チチェンイッツァ2つのエリアに分かれる遺跡内部にはみどころがいっぱい!限られた時間内で、どの遺跡を見るべきか悩んでしまいますよね。

ここでは、チチェンイッツァ遺跡の中でもマヤ文明の特徴を色濃く残す遺跡を6つに絞って紹介します。ポイントを押さえて見学すれば、短い時間でも魅力的なチチェンイッツァ遺跡とマヤ文明についてしっかり理解することができます。

チチェンイッツァ遺跡見どころ①エル・カスティーヨ

チチェンイッツァの代表的な建造物である「エル・カスティーヨ」はマヤの最高神ククルカン(羽を持つ蛇の姿をした農耕の神)を祀るピラミッドです。

1辺56mの正方形をベースにした階段状で、その高さは24m・頂上の神殿部分は6mと大きく、マヤの天文学を体現するために構築されたと考えられています。

四方向にはそれぞれ91段の長ーい階段が!神殿へ昇る1段を合わせて合計365段。太陽暦の1年(365日)を表しています。

また、ピラミッドの各面は9層構造で、各層は階段を境に2層に分けられているため合計18層に。マヤ暦は1年=18ヶ月だったので、1年を表していると言えるでしょう。

この太陽暦と同時に、マヤの人々は1年260日のツォルキン暦を併用していました。365日と260日の重なる日が52年に一度訪れるのですが、マヤの人々はこの年を“災いの年”として恐れたと言われています。

ククルカン神殿

チチェンイッツァ遺跡内部のエル・カスティーヨ北東側の階段には迫力ある表情をしたククルカンが構えており、それ故にククルカン神殿(ピラミッド)と呼ばれることも!

頂上には、ヒスイの目をした赤いジャガー像とチャックモール像があるようですが、現在は登上禁止になったため直接見ることはできません。

春分の日と秋分の日だけ見られるククルカンの降臨

チチェンイッツァ遺跡のエス・カスティーヨと言えば年に2回(春分・秋分の日)だけ見ることができる「ククルカンの降臨現象」でも有名です。

太陽が西に傾くとピラミッド下部にある蛇の石像の頭頂部が照らし出されます。それと同時に北東の階段側面にうねるようなジグザグ模様が浮かび上がり、その姿はまるで天から降り立つククルカンのよう!

自然現象が創り出す神秘的なこちらのイベント!見れたらとってもラッキーだと言えるでしょう。

チチェンイッツァ遺跡見どころ②球技場

全長168メートル幅70mの大きさを誇る、チチェンイッツァ球技場はこれまでに見つかったマヤ球戯場の中で最大だと言われています。

“命”を掛けたスポーツとその背景に迫る!

チチェンイッツァ球戯場で行われていたのは現在のサッカーに似たスポーツで、手を使わずにゴム・ボールを壁の上部に取り付けられた輪に入れるというものです。

豊作祈願の儀式とも言われていますが、一般的なスポーツと大きく違うところは、勝者か敗者どちらか一方のリーダーは首を切り落とされるという”命懸け”のゲームであったことです。

その名残でしょうか。チチェンイッツァ球戯場内部の壁には神聖なゲームのルールと詳細が表現された、魅力的な彫刻で溢れています。

チチェンイッツァ球戯場の彫刻の中にはこのゲームに参加したリーダーが斬首される姿を現わすものも。

その様子が勝ったからなのか、負けたからなのか、今となっては知る由もありませんが、かつてこのチチェンイッツァ球戯場で残虐なゲームが行われていたのもまた事実。

今を生きる私たちからすれば、ゲームに命を掛けるだなんて馬鹿げている!なんて酷い話だ!と感じるのが当然でしょう。

しかし当時は「神への生贄は名誉であり、天国への道が約束されている」と信じられていたため、生贄への志願者は多く、競う程だったと言われています。なんとも信じ難い話ですが、歴史とは深いなと感じずにはいられません。

チチェンイッツァ遺跡見どころ③ツオンパント 

チチェンイッツァ球技場のそばには、ツオンパントリ(頭蓋骨の棚)という基壇が存在します。当時はこの基壇の上に生贄の頭蓋骨に穴を開け、棒を通して並べたと言われており、基壇の側面には頭蓋骨の彫刻が…。

マヤでは見られなかったもので、トルテカの影響を受けていたことを色濃く示す、象徴とも言えるでしょう。

そのほかにもチチェンイッツァのツオンパントリ内部には、羽毛を持つ蛇や戦士・心臓を掴む鷲など見事な彫刻が施されています。驚くほど繊細な彫刻はまさに芸術。チチェンイッツァの恐ろしくも美しい彫刻から目を離せません!

チチェンイッツァ遺跡見どころ④ジャガーの神殿

チチェンイッツァ球戯場の裏に入口がある、ジャガーの神殿。そこに王座なのか猫のように可愛いジャガーが鎮座しています。

ジャガーはアメリカ大陸最大の肉食動物なので当時マヤ人にも崇められていました。チチェンイッツァでは、まるで神かの様に大切に扱われていたことが感じ取れます。

このジャガーの神殿内部の壁や柱には2種類のレリーフが描かれています。片方は長い洋服を着ている人が描かれているのに対し、もう一方は足元が出る服装であることから、2つの異なる民族(マヤとトルテカ)が描かれていることが分かります。

チチェンイッツァの神殿内部の壁にもぎっしりと描かれたレリーフですが、長い年月を刻んだこともあり、今となっては肉眼で見ても何が描かれているのか分かりません。かつて栄華を極めたマヤ文明。謎が多く残るからこそ、人々を惹きつけ続けるのかもしれませんね。

チチェンイッツァ遺跡見どころ⑤鷲とジャガーの基壇

チチェンイッツァ遺跡内部、ツオンパントリのすぐそばにある、鷲とジャガーの基壇には心臓をを食べる鷲とジャガーの姿が描かれています。

“太陽の運行のためには人間の心臓を捧げることが必要だった”と考えるトルテカの強い影響を受けていることは言うまでもありません。

また、鷲とジャガーは昼夜を表すと同時にトルテカ戦士団のシンボルでもありました。このシンボルは後のアステカ帝国にも引き継がれています。

チチェンイッツァ遺跡見どころ⑥戦士の神殿

チチェンイッツァ遺跡内部エル・カスティーヨの東側には戦士の神殿と千柱の間が存在します。戦士の神殿では、ここで敵の捕虜の胸を裂き、心臓を太陽の神に捧げていたと言われています。

また、まるでジャングルのように林立する千柱の間にはたくさんのレリーフが彫られているのも特徴的。

レリーフに光が当たると刻み込まれた絵がぽっこりと浮かび上がり、とってもきれいな光景に。日本では絶対に見ることができない美しいチチェンイッツァの光景に思わず釘付けになります!

チチェンイッツァ遺跡ツアーをご紹介!

「じゃあどんなチチェンイッツァ遺跡ツアーを選べば良いの?」とお悩みの方必見!

チチェンイッツァ遺跡定番のツアーと言えば2大セノーテ(グランセノーテ・イキルセノーテ)がセットになったツアーなので、こちらのツアーを選べば間違いありません。

チチェンイッツァ遺跡を英語・スペイン語の通訳をしてくれるガイドとともにたっぷり2時間見て回ります。マヤ文明について秘話やここだけの話を交えながら丁寧に解説してくれるので、終始楽しい時間が過ごせます。

チチェンイッツァ遺跡を楽しんだ後は2大セノーテに移動して、シュノーケルを楽しみましょう。

透き通った水と鍾乳洞が織り成す世界はとっても幻想的。訪れる時期により水面の色が緑から澄んだ青に変化する様も人々の心を惹きつける理由の1つです。水中での記念撮影もOKなので旅の思い出もばっちりです!

セノーテについて知りたい人は「グランセノーテ情報も満載!カンクンのおすすめセノーテ8選」もチェックしてください!

話題沸騰中のピンクレイクへ行こう!

ほかにも、今人気急上昇中のピンクレイクがセットになったツアーもあり。ピンクに染まった不思議な塩湖。

ボードに乗って野鳥やフラミンゴの観察を楽しみます!さらに、ミネラル成分がたっぷり含まれた泥パックの体験まで♩女子旅や恋人との旅行にも最適です。

たとえレンタカーを借りていても、これだけのスポットを1日で回るのはとっても大変。

ツアーなら乗っておくだけで目的地に到着するので、チチェンイッツァ遺跡からピンクレイクまでの移動の煩わしさもありません。また、日本語ガイドを選択すれば英語を理解する手間を省けるだけでなく、旅中に困り事や疑問が合っても日本語で対応してもらえるので安心です。チチェンイッツァ遺跡をメインとしながらも魅力的なツアー工程と充実したサポート。チチェンイッツァ遺跡を楽しむ上でツアーが選ばれている理由に納得です。

【メキシコ・マヤ文明の遺跡】チチェンイッツァ遺跡への行き方

チチェンイッツァ遺跡へ行ってみたいけれど、自力で行けるか心配!メキシコの治安は悪いって聞くけど大丈夫かな?チチェンイッツァ遺跡ツアーを利用した場合、どれくらいサポートしてくれるの?など、あなたの気になる疑問を解決。

カンクンからチチェンイッツァ遺跡まで一番簡単な自力でのアクセス方法&ツアーを利用した場合の送迎に関するサポート内容を紹介します!

チチェンイッツァ遺跡まで自力で行く場合

カンクンからチチェンイッツァ遺跡まではバスで行くのが一般的です。

数あるバス会社の中でも1番おすすめなのが「ADO」の一等バスです。ADOの一等バスは1日に1本しかありませんが、運行時間も良く、観光にはもってこい!移動時間も約2時間半と短く、限られた時間を有効活用したい方にもおすすめです。

バス時刻表

カンクン発チチェンイッツァ遺跡行き

・8:45

チチェンイッツァ遺跡発カンクン行き

・16:30

カンクンのバスターミナルにて往復のバスチケットを予約可能です。一等バスであれば、チチェンイッツァ遺跡に隣接した駐車場まで連れて行ってくれます。

そこでバスを降りたらすぐ目の前!徒歩30秒の場所にチチェンイッツァ遺跡があります。とっても近いので、本当に助かります!

チチェンイッツァ遺跡までの料金は片道268MXNとメキシコにしてはやや高めの料金設定ではありますが、一等バスという安心感と便利さを考えれば許せる範囲です。

ADOには二等バスもありますが、二等バスだとカンクンからチチェンイッツァ遺跡までの乗車時間が約4時間とやや長めに。旅程に余裕がある方や旅費を節約したい方であれば、二等バスの利用を視野に入れましょう。

チチェンイッツァ遺跡までツアーで行く場合

チチェンイッツァ遺跡ツアーを利用する場合、ツアー会社の送迎バスが宿泊先のホテルまで迎えに来てくれることがほとんど。

しかし、郊外のゲストハウスやホテル・Airbnbで借りた家など場所や宿泊先によっては送迎対象外になることもあるので、必ず事前に確認をしましょう。

送迎バスに乗ってしまえば、あとは車内でゆっくりと過ごすだけ!チチェンイッツァ遺跡までしっかりと連れて行ってくれるので、ご安心ください。

チチェンイッツァ遺跡の入場料

チチェンイッツァ遺跡での滞在平均時間は2〜3時間、入場料は大人1人232MXNです。チチェンイッツァ遺跡をじっくり見て回るのであれば、人が少ない午前中がおすすめです。

電話番号 +52-985-851-0137
入場料 大人1人232MXN
開園時間 8:00〜16:30
休園日 無し

チチェンイッツァ遺跡観光の服装

チチェンイッツァ遺跡を観光する際の服装は、紫外線対策&熱中症対策が万全なスタイルにしましょう!

というのもチチェンイッツァ遺跡は日陰が少ないので、照りつける太陽がしんどいくらい当たります。

UVカットの上着・帽子・サングラスの3大服装は必須!足元は必ず履き慣れたスニーカーで行くようにしてくださいね。

セノーテに入る予定がある方は、水着を中に着ておくこともお忘れなく!

 

チチェンイッツァ遺跡土産屋&レストラン情報

ここでは、チチェンイッツァ遺跡遺跡内にある路店(土産屋)とチチェンイッツァ遺跡付近のレストランについて解説します。

交渉の際に必要なフレーズ(スペイン語)も紹介しているので、事前にチェックをしてチチェンイッツァ遺跡内でお得に買い物を楽しみましょう。

メキシコの美しい民芸品が並ぶ、さまざまな露店

チチェンイッツァ遺跡内には露店が点在するので、お土産の購入も可能です。

木や石・陶器で出来たピアスや皮のアクセサリーなど、個性的でおしゃれな商品がいっぱい!ハンドメイドの1点ものの商品やここでしか手に入らないアイテムもあるので、宝探し感覚で好みの商品を探しましょう。チチェンイッツァ遺跡内で思わぬ掘り出し物が見つかるかも!

チチェンイッツァ遺跡内の露店では基本的には値段が決まっていないため、交渉次第で値段が変動します。

ただし英語圏のアメリカの隣に位置する国といえども、公用語はスペイン語のメキシコ。英語のみで交渉するには上手く伝わりにくいことも考えられます。

メキシコの公用語であるスペイン語の数字の数え方「いくら?」「値引きしてください!」などといったフレーズを覚えて、交渉がスムーズに行いましょう。

チチェンイッツァ遺跡内の買い物で使えるスペイン語

もっと安くしてください。

「Mas barato, por favor. (マス バラト ポルファボール)」

値引きしてください。

「Descuento, por favor. (ディスクエント ポルファボール)」

 

このフレーズさえ覚えておけば、気になる商品が値引き価格で買えちゃうかも!

チチェンイッツァ遺跡見学前に腹ごしらえをするなら「Oxtun」

チチェンイッツァ遺跡ゲート内にあるレストランです。いい意味で観光地らしからぬ雰囲気の店内では本格的なメキシコのお食事が楽しめます。日本人の口に合う味付けなので安心です。

住所 Parador Resort Interior Chichen Itza Yucatan, Mexico
営業時間 8:00 ~ 18:00
休業日 無し

いろんな料理を好きなだけ!「ホテル & バンガローズ マヤランド ビュッフェ レストラン」

チチェンイッツァ遺跡で、洋風料理やメキシコ料理・BBQなどさまざまな料理を気軽に楽しみたい方におすすめです。

また、ホテルが経営しているレストランということもあり、英語が通じやすいスタッフが多いことも嬉しい特徴です。

ビュッフェ形式だから、好きなものを好きなだけ食べられるのも嬉しいポイント!屋外と室内が選べるので、その時の気分で選びましょう。日により、チチェンイッツァ遺跡のホテルスタッフやセミプロによるダンスショーが開催されるのこもあるので、お楽しみに!

住所 Highway Merida Cancun, Km.120, Chichen Itza, 97751 Chichen Itza, Yuc, Mexico
営業時間 ランチタイムのみ営業

チチェンイッツァ遺跡でマヤ文明とメキシコ文化を体験しよう!

以上、チチェンイッツァ遺跡の歴史や概要・見どころスポットをはじめ、そのほかチチェンイッツァ遺跡に関するツアーやチチェンイッツァ遺跡までのアクセス方法・チチェンイッツァ遺跡周辺情報を紹介させていただきました。

チチェンイッツァ遺跡は、マヤ文明が栄華を極めた時代に作られた遺跡。華美なリレイフや設計者による計算し尽くされた”遊び”などを楽しめるのもチチェンイッツァ遺跡ならではの魅力です。

また、新チチェンイッツァ遺跡には戦闘集団の部族であるトルテカの文化を色濃く残した建造物が数多く残されています。

神に捧げる死を美徳とされた時代。まだまだ数多くの闇や疑問が残るマヤ文明。カンクンから少し足を伸ばし、チチェンイッツァ遺跡でマヤ文明の軌跡に触れてみませんか?

せっかく歴史的なチチェンイッツァ遺跡へ訪れるなら、英語・スペイン語を通訳して巡れる日本語ガイド付きツアーがおすすめです!

壮大なスケールを持つチチェンイッツァ遺跡。きっと「来て良かった」と感じていただけるはず!楽しい思い出をチチェンイッツァ遺跡でたくさん作ってきてくださいね。

RECOMMEND カンクンのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事