" />

寒暖差が激しい『グランドキャニオン』の天気&最適な服装のポイント!

観光
1637views

ロサンゼルスやラスベガスから日帰りで訪れることができるグランドキャニオン国立公園。観光を満喫するには、やはり重要なのがお天気!

グランドキャニオンは高地なので、街とは少し異なる気候だと心得ましょう。

この記事では、グランドキャニオンの天気気候を解説。それに合わせた服装もオススメします。

雄大な大地に広がる世界遺産グランドキャニオン国立公園の絶景はベストコンディションで眺めましょう!

グランドキャニオン国立公園はどんな天気?

グランドキャニオン国立公園はアメリカ南西部のコロラド高原に位置し、観光エリアは大まかにサウスリム(南壁)ノースリム(北壁)に分かれています。

観光客のほとんどが訪れるサウスリウムの標高は、2,134m。反対サイドのノースリムは2,499m!高地ならでは朝晩と日中の気温差が激しいのがグランドキャニオンの大きな特徴です。

グランドキャニオンは砂漠の中心に位置しているというイメージが強く、一年中暑いのではないかと思われがちですが、雨や雪も降ります

では気候についてもう少し詳しくご紹介しましょう。

大都会から大自然へ!ロサンゼルス発グランドキャニオンツアー総合情報

グランドキャニオン天気情報①<四季と平均気温>東京と比較

  • グランドキャニオンの平均気温

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

4

7

10

15

21

27

29

27

24

18

11

6

  • 東京の平均気温

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

6

7

9

15

15

20

22

27

23

17

12

7

一年を通してみるとグランドキャニオンと東京の平均気温は似ていますが、6月〜7月ではグランドキャニオンの気温がぐっと上がり、暑さが厳しくなります。

また、東京と異なりグランドキャニオンは標高が高いので、最低気温はかなり下がるというところが大きな違いです。

グランドキャニオンの四季
  • <春>

グランドキャニオンの春は3月〜5月ごろまだ涼しい風が吹くのでジャケットは必須です。

  • <夏>

6月後半から徐々に気温があがり、7月〜8月は平均25~30℃、時には30℃を越すことも。

  • <秋>

9月中旬からは暑さも和らぎ、11月くらいまでは10℃後半から20℃前半と過ごしやすい季節が再び訪れます。

  • <冬>

12月からは冬に突入。2月までの平均気温は10℃を下回ります。1月は寒さが最も厳しい季節です!

グランドキャニオン天気情報②<降水量>東京と比較

グランドキャニオンは砂漠気候なので、一年を通して降水量は少ない傾向。ノースリムはサウスリムよりも雨が多いエリアになります。

ひとくちにグランドキャニオンと言えどその広さは端から端まで400km以上!これは東京都〜滋賀県に匹敵する大きさなので、グランドキャニオンのエリアによって天気も変わるのです!

  • グランドキャニオンの降水量

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

30

mm

40

mm

30

mm

20

mm

10

mm

10

mm

40

mm

50

mm

30

mm

20

mm

20

mm

40

mm

  • 東京の降水量

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

49

mm

60

mm

114

mm

130

mm

128

mm

164

mm

161

mm

155

mm

208

mm

163

mm

92

mm

39

mm

なんと、グランドキャニオンの年間降水量は、東京で雨が多い時期2ヶ月分と同程度。雨の少なさは明らかですね!

中でもグランドキャニオンでは、2月・7月・8月・12月は雨が降りやすい季節となっています。特に夏場は急な雷雨にご注意ください。

それでは、ここからは季節に最適な服装について解説いたします!

グランドキャニオン天気情報③観光に最適な服装

グランドキャニオンはロサンゼルスやラスベガスの街歩きをするような露出の多い服装で行かないように!サンダルではなく、靴を履きましょう

高地なので、急に冷え込んだりもしばしば。天気が変わりやすいことにご注意ください。

グランドキャニオンに最適な服装をまとめてみました。

グランドキャニオンの【冬期】におすすめの服装

10月~4月の冬期は防寒対策が必要。ジーンズなどの長いボトムスにジャンパー、ウインドブレーカーを持つと良いでしょう。

寒さが厳しい12月〜2月にはダウンやコートを着用していきましょう!グランドキャニオンに雪が降ることもあります。

特に女性はカイロなどを用意しておくといいかもしれません。長いボトムスでもワイドパンツのように風通しの良いものは避けましょう。

グランドキャニオンの【夏期】におすすめの服装

6月~8月はかなり暑くなるので、昼間であればハーフパンツにTシャツなどでも大丈夫!

ですが、日差しは強烈なのでUVカットの加工がされた薄手のパーカーなどを持参するのがおすすめ。夏でも夕方以降はぐっと冷え込みますのでショートパンツなどは気を付けてくださいね!

どんなに暑い日でも、グランドキャニオンは山の天気だと考えていましょう。

紫外線対策には帽子、足元は履きなれたスニーカーやトレッキングシューズがおすすめです。

また、突然雨も降ることがあるのでレインコートがあるとベター。

ロサンゼルス発グランドキャニオンツアーについて解説した、より詳しい情報はこちらをご覧ください!「大都会から大自然へ!ロサンゼルス発グランドキャニオンツアー総合情報

グランドキャニオン天気情報④必須の持ち物

グランドキャニオンで快適に過ごすために、季節の天気に応じたアイテムを準備しましょう!

共通の持ち物としては軽い食べ物(一口で食べられるようなチョコなど)飲み物長袖タオルレインコート日焼け止めなどは持っておきましょう。

<グランドキャニオンの夏に必須の持ち物>

  • 飲料水
  • 帽子
  • サングラス
  • UV手袋
  • 日焼け止め
  • 折り畳み傘
  • タオル

<グランドキャニオンの冬に必須の持ち物>

  • 飲料水
  • 手袋
  • 帽子
  • 耳当て
  • ネックウォーマー
  • カイロ
  • 折り畳み傘
  • 日焼け止め

グランドキャニオンにはいくつかお店もありますが、スーパーは1つだけ

ヤバパイポイントの近くにある「Canyon Village Marketplace」は大型のスーパーなので、日用雑貨や雨具などが置いてあります。

ツアーでは立ち寄れない場合もあるので、必要なものは持っていきましょう!

グランドキャニオン天気情報⑤観光の際の注意点

前述の通り、グランドキャニオンのお天気は変わりやすいので注意が必要。日中は季節問わず紫外線対策のアイテムを持参して、日がくれた後のために羽織を持ちましょう。

そのほか、お天気情報を中心に観光の際に注意する点はを以下にまとめました。

  • 夏でも防寒対策は抜かりなく。夏でも必ず長袖を持参しましょう!
  • とても乾燥している地域なので肌の弱い人は保湿クリームなどを持っていると良いですよ。
  • 水分補給を忘れずに!
  • 夜は真っ暗になるので、むやみにあちこち外出しない。足場に気をつけましょう。
  • 日帰りで谷底には行かないようにしましょう。
  • 車の場合は駐車場がすぐ満車になるので早めの行動を!

グランドキャニオンに初めて訪れる場合には特に注意して行動しましょうね!

グランドキャニオンの天気情報 まとめ


グランドキャニオンへの観光客は夏が一番多くなりますが、冬の雪景色は美しく、春は雨が少なく気温もちょうどいいのでベストシーズンです!

気候を踏まえてじっくり観光の計画を立てましょう!グランドキャニオンでは各種イベントなども行われていますので、チェックしてみてはいかがでしょうか?

ロサンゼルス グランドキャニオン の 観光・現地オプショナルツアー

グランドキャニオン国立公園おすすめツアーを 紹介しています。
★★★★★

RECOMMEND ロサンゼルスのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事