" />

カンクンおすすめセノーテ8選!定番から穴場までを徹底解説

アクティビティ
19764views

メキシコのカンクン周辺にはセノーテがいくつも存在しています。最近はその美しさが話題となり、とても人気の観光スポット。セノーテでは、シュノーケリングやダイビングなどのアクティビティーを楽しむことができます。今回はいくつもあるセノーテの中から、カンクンのおすすめセノーテとその特徴を紹介します。

カンクン周辺の名所であるセノーテとは?

セノーテとは、自然にできた陥没穴に地下水が溜まってできた天然の泉のことです。特徴としては、泉の下層に大規模な鍾乳洞が見られることでしょう。そのため、セノーテができるまでには長い年月を必要とします。

セノーテができる経緯を簡単に説明すると、まず雨水によって石灰岩が侵食され、地下に洞窟ができます。その洞窟に地下水が溜まって泉となり、最終的に洞窟の天井の一部が崩落してセノーテが生まれるのです。カンクンのあるユカタン半島には、このセノーテが推定7000あると言われています。

セノーテの魅力は透明度の高さ!

セノーテの魅力は、何と言っても水の透明度が高いことです。その透明度は抜群で、水中に広がる鍾乳洞や海底まで鮮やかにくっきりと見ることができます。 また、海や川とはひと味違う神秘的な姿もセノーテの魅力です。大自然によって作り上げられた奇跡のような光景には、訪れた誰もが驚かされるでしょう。ダイビングをすればセノーテの魅力をより一層感じられることでしょう。

カンクンのセノーテではダイビングやシュノーケリングを楽しめる

セノーテの一番の楽しみ方は、シュノーケリングやダイビングといったアクティビティが主流です。外から見ても美しいセノーテですが、訪れたらぜひ水中の美しさを堪能しましょう。ライフジャケットの貸し出しを行っているところもありますし、シュノーケリングやダイビングもツアーに参加して行うと2倍楽しめます! 数あるセノーテの中には体験ダイビングもできるので、ライセンスをお持ちでない方もぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか? カンクンでダイビングを楽しむには「【2018年最新版】カンクンのセノーテでダイビングを楽しむ方法」をチェック!

1.カンクンのセノーテ人気ナンバー1!「グランセノーテ」

グランセノーテは、カンクン周辺のセノーテの中で1番人気のあるセノーテです。テレビや写真でよく見るセノーテはほとんどグランセノーテと言っても過言ではありません。水の透明度がとても高く、100m先まで見えると言われています。 水底もくっきりと見ることができ、まるで水中にいることを忘れてしまうほど。また、他のセノーテと比べても大きな鍾乳石がたくさんありますので、スケールの大きさも感じられるでしょう。

グランセノーテはダイビングができ、「光のカーテン」と呼ばれる美しい現象が見られることでも有名です。「光のカーテンは」朝日の当たる時間帯に、水中に差し込む光がまさにカーテンのように見える現象です。ダイビングしながら「光のカーテン」を見るためには、午前中の早い時間に行きましょう。 早い時間は観光客も少なく、水の透明度も高いので、より美しい「光のカーテン」を見ることができます。グランセノーテへは、カンクンからツアーで行くことができます。グランセノーテと近くのトゥルム遺跡がセットになったツアーなどが人気です。

グランセノーテについては神秘の泉!グランセノーテの楽しみ方・アクセス徹底ガイドをチェック!

Grand Cenote

住所 Located on the highway to Coba,Tulum 77796,Mexico
入場料 180ペソ/10 USドル
営業時間 8:10~16:45
施設内容 ・レンタル用品あり ・冷水シャワーあり (温水は無し) ・有料ロッカーあり ・レストラン無し (軽食の販売はあり)

2.カンクンのどこよりも広い「セノーテドスオホス」

ドスオホスはスペイン語で「2つの目」を意味しています。ぽっかりと空いた天井部分が2つの目に見えることからこの名前がつきました。CNNトラベルが選んだ『世界のすごいダイビングスポット50』にも選ばれている人気のセノーテ。セノーテドスオホスはグランセノーテから近い場所にあるので、合わせて訪れるツアーもあります。

セノーテドスオホスはとても広いセノーテで、広さはグランセノーテの何倍もあります。ですので、観光客が多くてもあまり気にならないでしょう。シュノーケリングやダイビングだけでなく、バードウォッチングを楽しみたい人にも人気のセノーテです。周囲は熱帯のジャングルに囲まれており、珍しい鳥を観察することができます。

セノーテドスオホスの特徴は、抜群の透明度と大きくて長い洞窟です。水中に広がる洞窟を探検するようにダイビングで進んでいくことができます。洞窟の中にはたくさんの鍾乳石が見られ、幻想的な光景が広がっています。

Cenote Dos Ojos

住所 Avenida Coba, Tulum, Mexico, 77780 入場料 200ペソ 営業時間 9:00〜17:00 施設内容 ・レンタル用品あり ・有料ロッカーあり

3.カンクンでは珍しい飛び込み台がある!「セノーテイキル」

セノーテイキルは丸い井戸型のセノーテです。まさに巨大な井戸のような形をしていて、周りの壁には木の根が垂れ下がり、映画の世界に入ってしまったような神秘的な雰囲気が味わえます。これまでにご紹介したグランセノーテやセノーテドスオホスと合わせて、人気上位3位に入る有名なセノーテです。

セノーテイキルは、地表から見て水面がかなり低いところにあるので、階段を降りて水面近くまで行きます。セノーテイキルの魅力は飛び込みができること。飛び込み台があるのでダイブして楽しんでいる人が大勢います。水の透明度はグランセノーテやセノーテドスオホスには負けてしまいますが、シュノーケリングをしたい人にもとても人気!

セノーテイキルへは、カンクンからツアーで行くことができます。世界遺産であるチェチェン・イッツァ遺跡から近いため、一緒に合わせて訪れる人が多いセノーテです。

セノーテイキルについてもっと詳しく知りたい方は⇒「まさに『カンクンの秘境』!セノーテイキルへ飛び込んでみよう!

Cenote Ik kil

住所 Km. 122, Valladolid – Merida, Tablaje Catastral 510, 97753 Xcalacoop, Yuc., Mexico
入場料 70ペソ/5ドル
営業時間 8:00〜17:00
施設内容 ・レンタル用品あり ・有料ロッカーあり ・レストランあり

4.カンクンのダイビングスポットとして人気の「セノーテチャックモール」

セノーテチャックモールは、カンクン周辺のセノーテの中でも特に人気のあるダイビングスポット。そのため毎年多くのダイバーが訪れます。セノーテチャックモールにはダイビングのエントリーポイントが2ヶ所あり、それぞれのエントリーポイントで水中の様子は大きく異なります。

ひとつ目のポイント、ククルカン側から潜ると、入口付近で大規模な「光のカーテン」を見ることができます。地表が裂けた部分から光が差し込み、その光が長い「光のカーテン」を作り出します。この「光のカーテン」は、午前中だけ見ることができる貴重な現象。ベストシーズンは太陽の高度が低い冬ですが、他の時期でも見られます。

 

Alice W —> Tさん(@alice_t_w)がシェアした投稿

もうひとつのポイント!チャックモール側から潜ると、奥に大きな鍾乳洞が広がっているのですが、途中に現れるエアドームという空間では、鍾乳石が天井からびっしりとぶら下っています。また、ハロックラインという淡水と海水の境界線が見られることもあります。

Cenote Chac-Mool

住所 Playa del Carmen, Mexico
入場料 15ドル
営業時間 10:00〜17:00
施設内容 ・シャワーあり ・有料ロッカーあり

5.カンクン随一の透明度を誇る「セノーテタージマハ」

セノーテタージマハは、透明度がとても高いセノーテです。ダイビングスポットとして人気があり、特に洞窟好きのダイバーにとってはとても魅力的なセノーテです。

 

イグアナダイバーズさん(@iguanadivers)がシェアした投稿

セノーテタージマハでも、縦に長い「光のカーテン」を見ることができます。なぜ縦に長い「光のカーテン」が見られるか。それは天井部分に空いた穴から光がまっすぐに差し込んでいるためです。

特に冬場は光が海底まで差し込み、スポットライトを当てたような不思議な光景を見ることができます。海底には崩落した天井が山のように積み重なっており、セノーテが生まれた過程を目で見て感じられるでしょう。

またセノーテタージマハでは、くっきりとしたハロックライン(淡水と海水の境界線)を見ることができます。水が綺麗で透明度が高いからこそ見られる現象です。

Cenote Taj Mahal

住所 Chetumal, Mexico
入場料 50ペソ
営業時間 10:00〜18:00

6.カンクンでダイビングをする時に訪れたい「ザ・ピット」

ザ・ピットはスペイン語で「穴」を意味します。その名前の通り縦長の穴のようなセノーテで、最大深度は50mにもなります。堅穴のシンクホールが特徴です。深くまで潜ることができ、ダイビングスポットとして人気のあるセノーテです。

透明度が高いので、太陽が高い時期には水深30m付近まで光が差し込み、神秘的な光景が期待できるでしょう。また水深30m付近では、くっきりとしたハロックラインを見ることができます。

The PIT

住所 Quintana Roo, Mexico
入場料 250ペソ

7.カンクンにあるセノーテでもっとも鍾乳石が美しい「サポテ」

 

Matthew Brownさん(@mattgordonbrown)がシェアした投稿

サポテはダイバーであれば1度はダイビングしておきたいセノーテです。まず水に入ると美しい水草がダイバーたちを迎えてくれます。さらに水深30m付近まで潜って行くと、他では見ることのできない美しい鍾乳石群が見られます!

通常、鍾乳石は先端に向かって細くなっていきますが、サポテの鍾乳石はベルのように広がっています。どの鍾乳石を見てもベルの形をしていることから、サポテは別名「ヘルズベルズ」と呼ばれていて、唯一無二の鍾乳石群が見られるダイビングスポットとして、これからますます人気が出ること間違いなしのセノーテです!

Zapote

住所 Ruta de los Cenotes, Puerto Morelos 77580, Mexico
入場料 10USドル
営業時間 9:00〜17:00
施設内容 ・シャワーあり

8.カンクンのセノーテで話題沸騰中の「アンヘリータ」

アンヘリータは、最近日本でも話題になっているダイビングができるセノーテです。このセノーテは他のセノーテよりも水深が深く、最大深度が60m。

このセノーテの1番の特徴は、水深30m付近にあるハロックラインにあります。ハロックラインは淡水と海水の境界部分にできるもので、アンヘリータのハロックラインには白い雲のようなものがはっきりと見えるのです。写真に見える白い部分は海底ではなく、この下は海水の層になっています。

 

Matsu800440さん(@matsu800440)がシェアした投稿

この白いものは、草木が朽ちたときにできる硫化物。その硫化物が淡水と海水に挟まれて層になり、雲のように広がっています。ダイバーが少ない午前中の方がくっきりした硫化物の層を見ることができるでしょう。アンヘリータダイビングでは、この幻想的な光景が話題となり世界中からダイバーが訪れています。

Cenote Angelita

住所 Quintana Roo, Mexico
入場料 15USドル
営業時間 8:00〜17:00

カンクンのセノーテはダイビングが楽しめる!

今回はカンクンのおすすめセノーテを8ヶ所紹介しました。今回紹介したセノーテは全てダイビングやシュノーケリングを楽しめ、様々な水中の世界を堪能できます。

また、季節や時間帯によっても表情を変えるセノーテは、何度訪れても私たちを楽しませてくれるでしょう。海や川とはまた違う、セノーテならではの神秘的な光景をぜひ見てみてください。そこには今まで味わったことのない感動と興奮があなたを待っているでしょう。

RECOMMEND カンクンのおすすめ記事

RELATED ARTICLES アクティビティカテゴリの関連記事