" />

水遊び天国「セノーテイキル」を徹底解剖!魅力や行き方などを大公開!

観光
13285views

メキシコ各地に点在する地底湖”セノーテ”は自然が生んだ、まさに奇跡!その中でも一際注目を浴び、毎年数多くの観光客でにぎわうのが「セノーテイキル」です。美しく透き通った水中と幻想的な景観が訪れる観光客のハートをキャッチ!しかも、ただ美しいだけではなく遊泳やシュノーケリング、飛び込みなど”水遊び”を楽しめるので親子連れにもピッタリです。

この記事ではそんなセノーテイキルの魅力や楽しみ方を始め、アクセス方法やツアー内容・設備などについて詳しく説明します。事前に必要な情報をしっかりチェックして、より良い時間を過ごしてくださいね。

セノーテイキルとは?

セノーテイキルとは数あるセノーテの中でも特に人気を集めるセノーテの1つです。世界遺産チチェンイッツァ遺跡に近いこともあり、毎年数多くの観光客でにぎわいます。

セノーテイキルは縦に深く、地底に繋がる穴が空いたような光景が特徴的です。蔦がぐっと垂れ下がっている光景がとても幻想的で、まさに「神秘の泉」と呼ぶのに相応しいセノーテだと言えるでしょう。

ここからは写真でセノーテイキルの魅力を見ていきましょう!

まるで映画の世界。非日常的な光景があなたの目の前に!

自然が創り出した地形に思わず圧巻。直径50mを超える大きなセノーテの周りを厚い岩壁が囲みます。

地上からは階段を使って降りるので、履き慣れた靴を用意しておくと安心です♩

丸くぽっかり開いた天井からは、蔦が水面近くまで垂れ下がっています。

ここに太陽の光が差し込むと…

美しい光景に思わず言葉を失うほど!カメラを持参して、記念撮影を楽しみましょう。

これも旅の思い出!勇気がある方は思い切って飛び込みにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

水深40mを誇るセノーテイキルは飛び込みにもうってつけ!最大5mからの飛び込みが楽しめますよ♩

数あるセノーテの中でも飛び込みが楽しめるのはセノーテイキルだけ!最初は怖くても一度飛んでしまえば、その爽快感にハマっちゃう人が続出中です。ライフジャケットはレンタルしているので、勇気のある方はチャレンジしてみてくださいね。

セノーテイキルへの行き方

セノーテイキルに行く方法は「ツアー」と「自力」の2パターンあるので、それぞれ紹介していきます。おおよその時間なども記載しているので、参考にしていただければと思います。

セノーテイキルに行くツアーを上手く活用して”効率良く”見どころを回ろう!

ツアーであればカンクンからの往復送迎や日本語ガイドが付いているので、海外旅行初心者の方や語学に自信が無い方でも大丈夫!

遊び疲れた後も送迎車内でゆっくりと過ごせるので、ディナーナイトライフに備えたい方にもおすすめです。

ツアーを利用すると、どのような工程になるのかを具体的に見て行きましょう!

①女子ウケ抜群!インスタ映え100点!メディアで話題沸騰中の観光地へ行こう♩

  • 06:00/ホテルにて待ち合わせ・出発
  • 08:30/チチェンイッツァ遺跡到着
  • 10:00/セノーテイキル観光
  • 11:00/ランチタイム
  • 15:00/ピンクレイク到着
  • 20:00/宿泊先ホテルへ送迎

こちらはチチェンイッツァ遺跡とピンクレイクを周遊できるツアー。

セノーテイキル&チチェンイッツァ遺跡&ピンクレイクを1日で回る”贅沢”ツアーはこちらをチェック!効率良く人気スポットを回れます。

②カンクン目玉の観光地はこれで制覇!2大セノーテとチチェンイッツァ遺跡を堪能

  • 07:00/ホテルにて待ち合わせ・出発
  • 09:00/グランセノーテ到着
  • 12:00/セノーテイキルでランチタイム
  • 14:30/チチェンイッツァ遺跡観光
  • 18:30/宿泊先ホテルへ送迎

続いては、一番認知度の高いグランセノーテとチチェンイッツァ遺跡を周遊するツアー。

これさえ抑えておけば完璧!カンクン観光地のハイライト!セノーテイキル&グランセノーテ&チチェンイッツァ遺跡を巡るツアーはこちらをチェック!シュノーケリングやダイビングも楽しめるので、アウトドア派の方にもおすすめです。

自力だとレンタカーを借りても1日で回るのはちょっと大変なスポットもツアーであれば1日で網羅!滞在日数が短い方や効率よく観光地を回りたい方にもピッタリです。

セノーテイキルに自力で行ってみよう!

セノーテイキルに自力で行くのであれば、レンタカーを借りるかバスで行くかの二択です。

では、具体的にどうやって行けば良いのかを詳しく見ていきましょう。

ちなみにセノーテイキル の位置は下のマップの通りです。

レンタカーでのアクセス方法

  1. カンクン市内からCalle Prol. Av Kabahに向かって走る。
  2. ロータリーを出て Cancun – Valladolid/Carr. Costera del Golfo/Av. López Portillo/México 180 に入り、Mérida 方面に進む。
  3. Cancun – Valladolid/Carr. Costera del Golfo/Av. López Portillo/México 180 を直進する。
  4. 左側の México 180D ランプから Mérida/Holbox 方面に進む。
  5. Cancun-Kantunil/México 180Dを約12km道なりに進む。
  6. Chichen-Itza/Pisté 方面の出口を出る。
  7. Dzitás – Pisté/YUC 79 に入る。約3.5km道なりに進む。
  8. 左折してCalle 15/Carr. Costera del Golfo/Merida – Valladolid/Valladolid – Merida/México 180 Eに入る。
  9. 約6km進んだところを右折。600mほど走ると、セノーテイキルに到着。

カンクン市内からセノーテイキルまでは車で約2時間半で到着します。セノーテイキルをじっくり楽しみたい方やドライブが好きな方はぜひ、車で行ってみましょう!

バスでのアクセス方法

2018年4月現在、カンクンからセノーテイキルへの直通バスはありません。

どうしてもバスで行きたい場合…

  • カンクンからチチェンイッツァ遺跡までADOのバスで行く。チチェンイッツァ遺跡からタクシーで30分。

カンクンからチチェンイッツァ遺跡へのバスでのアクセス方法は【マヤ文明にタイムスリップ!世界遺産「チチェン・イッツァ遺跡」を大解剖。】のアクセス方法をご覧ください。

  • カンクンからコレクティーボ(乗合バス)を利用してトゥルム遺跡まで行く。トゥルム遺跡からタクシーで10分。

コレクティーボとは小型のバンを複数の乗客が乗り合って移動するサービスです。決まった区間を1日に複数回移動しており、人数が集まり次第出発をします。1回の利用料金は10〜50ペソとまさかの破格。しかし、ペソのみの取り扱いとなるので、必ず現金を用意しておきましょう。

乗り場はカンクンダウンタウンADOバスターミナルのエントランスを出て、目の前の道を越えたところにあります。公式サイトなどは無いので、迷ったら現地の人に聞きましょう!

セノーテイキルの営業時間と入場料

営業時間 9:00~17:00
定休日 なし
入場料 70ペソ(≒390円)

セノーテイキルのレンタル用品と料金

セノーテイキルはレンタル用品が充実しており、水着を持って行くだけで楽しめるようになっています。

ライフジャケット・ロッカー 各30ペソ

その他、タオルのレンタルもありますが、衛生面を気にされる場合は持参することをおすすめします。

セノーテイキルの設備

セノーテイキルは大自然の中とは思えないほど、設備が充実しています。自由に使えるシャワーや更衣室があり、着替えもバッチリ。トイレや更衣室の数も多く、清潔なので安心して利用できます。

また、更衣室前にはロッカーやライフジャケットのレンタルもあるので必要に応じて利用しましょう!周辺にはレストランや土産屋があるのでちょっと休憩…で立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

セノーテイキルを120%楽しもう!

セノーテイキルでは飛び込みはもちろんのこと、浮き輪でぷかぷかと泳いだり、シュノーケリングを楽しむことも可能です。

水に入ることに抵抗がある方にはセノーテイキルの幻想的な写真を撮ったり、バードウォッチングを楽しむといった過ごし方がおすすめ!運が良ければメキシコならではの珍しい鳥たちに出会えるかも♩

セノーテイキルで何をするかはあなた次第!事前に計画を練ってステキな時間を過ごしてくださいね。

セノーテイキルで遊ぶ時の注意点

セノーテイキルは淡水なので、海とは異なり身体が浮きにくいという特徴があります。

シュノーケリングや飛び込みを楽しむ際はもちろんのこと、小さいお子様が遊ぶ場合は必ずライフジャケットを着用しましょう。

チチェンイッツァ遺跡と併せて楽しさ倍増!

セノーテイキルに行くのであれば、チチェンイッツァ遺跡と併せて楽しむのがおすすめ!

ツアーを利用すればカンクンとの往復や、セノーテイキルとチェチェンイッツァ遺跡の間の移動がスムーズ行え、時間をより有効活用できるでしょう。

チチェンイッツァ遺跡とは?

チェチェンイッツァ遺跡とは、世界遺産に登録されている考古学遺跡です。2006年には「新世界の七不思議」の1つに選ばれ、メキシコ国内で最も注目を集める観光地だと言えるでしょう。

その歴史は古く、マヤ文明の最盛期に構築。その後200年以上の長期間に渡って宗教・経済・政治の中心地として栄えていました。チチェンイッツァ遺跡最大の見どころである「ククルカン神殿(エルカスティージョ)」は1年を18ヶ月としたマヤ歴を表していて、これ自体が巨大なカレンダーの役割を果たしています。

高度な建築技術と確かな天文知識を持った古代マヤ文明。血塗られた過去。生贄を正とした時代。多くの謎を残した文明にそっと触れてみてはいかがでしょうか。

チチェンイッツァ遺跡とセノーテイキルを併せて楽しむのであればツアーがおすすめ!詳しくはこちらをチェック♩

セノーテイキルに行ってみよう!

以上、セノーテイキルの魅力や楽しみ方、アクセス方法など事前に知っておくと必ず役に立つ情報を紹介させていただきました。セノーテイキルは大自然の中にあるのにも関わらず、シャワーやロッカーなどの設備が充実しているのも魅力ですね。

大自然が生んだ神秘の泉「セノーテイキル」には私たちがまだ体験したことが無いような魅力がいっぱい!チチェンイッツァ遺跡やピンクレイクなどその他の観光地と併せて楽しみ、より充実した時間を過ごしていただければと思います。カンクン旅行、楽しんで来てくださいね♩いってらっしゃい!

セノーテイキル のオプショナルツアーはセノーテイキル ツアー一覧をご覧ください。

RECOMMEND カンクンのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事