" />

シドニーの治安って大丈夫?注意すべきエリアは?気になるポイントを徹底解説

観光
23961views

世界的に治安が良い国で普段暮らしているからこそ、海外旅行では治安の良さや悪さが気になりますよね。特に女性だけのグループや一人旅では治安はとても重要なポイント。

今回はシドニー全体の治安状況だけではなく、エリアごとの治安状況もご紹介するのでシドニー旅行の際には必ず目を通してくださいね。安全に旅行をしてこそ、素敵な思い出が作れるということを忘れずに!

シドニー全体の治安状況

オーストラリア有数の都市シドニーは、観光都市というだけあって治安の良さは世界的に見て良いレベル。“世界で最も安全な都市ランキング”では第7位に入っています。

夜でもネオンの光が煌々と輝くエリアも多く、観光客も多いので安心してディナーや夜景を楽しむことができますよ。女性1人でも夜中に安心して歩ける、なんて体験談も多くあります。

しかし注意しておきたいのは、そのランキングにおいて東京は第1位大阪が第3位にランクインしているということ。日本以上に治安の良い国はない!ということを忘れずに行動することが安全に楽しむ為には重要です。

そんなシドニーの魅力を詳しく知りたい!という方は「シドニーでおすすめの定番・穴場観光地20選!」をご覧ください。

シドニーのエリア別の治安状況

ここからは特に気をつけていただきたいエリアについて説明していきます。シドニー旅行中に行く予定のある場所かどうか、照らし合わせながらご覧ください。

シドニーセントラル駅

夜間の犯罪発生件数が多発するシドニーの中心部南側の中でも、特に治安が良く無いのがシドニーセントラル駅周辺

シドニー近郊の観光スポットに行くのに重宝するので、観光客も利用する機会が多いのが特徴です。1日中混雑しているのでスリや置き引き、ひったくりが多発しています。

週末の夜間には酔っ払いが多くなるので、暴力沙汰に巻き込まれないように注意してくださいね。

英名 Central Railway Station
住所 Eddy Ave Sydney, NSW 2000

ジョージ・ストリート周辺

シドニー観光に訪れた人なら必ず訪れるであろうエリアが、ジョージ・ストリート周辺

シドニー中心部を南北に走るメイン通りで、中国だけではないエスニックな雰囲気漂うチャイナタウンや積み重ねてきた歴史の重厚感が魅力のロックスなど観光スポットが密集しています。

特に注意すべきは観光スポットが沢山ある南側!観光客を狙ったスリなどの犯罪多発スポットとして警察でもマークされています。スポットごとに雰囲気が全く違うので、つい見とれて写真を撮ったりしてしまいがちですが油断は禁物ですよ!

英名 George Street
住所 George Street, Sydney, New South Wales 2000, Australia

オックスフォード・ストリート周辺

おしゃれで可愛いお店が多く建ち並ぶオックスフォード・ストリート周辺でも注意は必要です。

そもそも同性愛者が多いシドニーの中でもオックスフォード・ストリートは「ゲイのゴールデン・マイル」と呼ばれているほど象徴的な存在。同性愛者向けのお店やナイトクラブなどが密集していて、昼と夜とでは雰囲気が一変します。

酔っ払いなどの喧嘩や暴力事件が多発しているので、夜間に通る際にはタクシーを利用するのがおすすめですよ。

英名 Oxford Street
住所 Oxford St, New South Wales,  2000, Australia

ダーリングハーバー周辺

ショッピングの中心地であるダーリングハーバー周辺は、日中は人で賑わっていて活気のあるエリア。ホテルも沢山あるので夜間でも出歩きたくなるかもしれませんが要注意です!

お店が閉まると人通りはほぼ無くなるので、間違っても1人で出歩いてはいけませんよ。

特に南側では過去に夜間のレイプや暴力事件があったので、女性だけで歩くのは危険です。必ずタクシーを利用しましょう。

英名 Darling Harbour
住所 Darling Harbour NSW2000

ダーリングハースト周辺

ダーリングハースト周辺は、シドニーで最もバーの件数が多いことで有名なエリア。オープンでカジュアルなバーはもちろん、隠れ家的なバーまで多岐に渡るのではしごしてみるのも楽しいです。ただ、決して治安が良いとは言えません。

3番目にご紹介したオックスフォード・ストリートを含んでいる地域で、酔っ払いやドラッグ中毒者が多いのが特徴。バーを楽しんだらタクシーでホテルまで直行しましょう。

英名 Darling hurst
住所 Darling hurst, New South Wales,  2000, Australia

シドニー国際空港

意外に思う方が多いかもしれませんが、シドニー国際空港も注意が必要なスポット。不特定多数の人が出入りしていて、且つ1日中混雑しているのでスリにはもってこいの場所なんです。

特にグループツアー参加者やご夫婦などが狙われやすいので、1人ではない安心感は逆に危険だということを忘れずに!

特に注意していただきたいのは、到着ロビー。お金の両替や送迎のバス待ちなど、書類が必要だったりして目を離してしまいがち。ふとした瞬間に置き引きに遭ってしまうケースが多発しています。

英名 Sydney Airport
住所 Sydney, New South Wales,  2020, Australia

ボンダイビーチ

きめ細やかな白い砂とコバルトブルーの透き通った海のコントラストが美しいボンダイビーチ。シドニーの都心部からアクセス抜群のリゾートでもスリや置き引きなどの犯罪が多発しているので注意が必要です。

貴重品は身に付けておくか、荷物番を交代でたてるなど工夫してください。

犯罪以外に水難事故や熱中症が多発しているのもこのエリアならでは。なんと紫外線は日本の5~8倍もあるので、帽子やサングラス、日焼け止め、飲料水は必須です。

遊泳禁止エリア外にはサメがおり、毎年死亡事故も起きているので、泳ぐ場合は赤と黄色の旗の間を泳いでください。

英名 Bondi Beach
住所 Queen Elizabeth DriveSydney, New South Wales 2026, Australia

キングス・クロス

シドニーで最も危険な地域といわれているのが、キングズ・クロス。所謂夜の歓楽街であり、ドラッグの取引地域として有名なエリアです。殺傷事件なども起こっており地元の人々も注意しているエリアなので、観光客は近づかないでおくのが安心。

夜間はもちろん早朝も要注意。特に道端に座り込んでいる人はドラッグ中毒者のことが多いので、遠回りをするなど自衛の策を怠らないようにしてくださいね。日本ではあまり遭遇しない事態だからこそ、想像以上の警戒心が必要です。

英名 Kings Cross
住所 Kings Cross NSW 2011

シドニーで多発している事件

ここではシドニーで多発している事件についてご紹介します。実際に多発している犯罪を知っておくことで、具体的な対策ができるので要チェックです!

交通事故

よく言えばおおらかなオーストラリアですが、悪く言えば大雑把。運転が荒い人が多く、路肩歩行者をひく交通事故が多発しています。

建物などの光景に目を奪われて歩道と道路の境界ぎりぎりを歩くのではなく、できるだけ内側を歩くなどした方が安全です。

バス停や人気のないホームでのスリや浮浪者

バス停や夜間の駅のホームなども要注意。公共交通機関のスポットだからといって安心はできません。犯罪をした後にすぐに逃走できるので、スリが数多くいます。では人混みが無いときはどうなのかというと、むしろ危険度は増しているんです!

人混みの中のスリであれば身体的な危険が降りかかってくる可能性はそれほど無いですが、人気が無いと襲ってくることがあります。

どうしても日本人は体が小さく、力が弱いと思われて犯罪の標的になりやすいので人気の無い場所には行かないようにしましょう。

観光地チャイナタウン、ロックス、ダーリングハーバーでの置き引き

シドニー有数の観光スポットでもあるチャイナタウンロックスダーリングハーバーでは、置き引きが多発しています。SNS映えするフォトジェニックな光景が広がっていて、お土産にぴったりなちょっとした小物を売っているお店が数多くあるので荷物を置く機会が多いので注意しましょう。

写真を撮っている隙やお会計の隙など、一瞬で持って行かれてしまうので目と手を荷物から離すことは厳禁です。特に注意したいのが、スマホ。

普段ポケットに入れていて出し入れの回数も多いのでチェックが甘くなりがちですが、スマホの置き引きも多発しているので要警戒です。

どうしたら犯罪に遭う可能性を減らせる?

ここまでシドニーで治安の良くないエリアや、実際に多発している事件などを紹介してきました。そこで実際にどのようにしたら安心・安全にシドニー観光を楽しめるのか、4つのポイントをご紹介します。

  • 歩道ではスマホを見ながら歩くのではなく、人の流れに沿ってなるべく歩道の内側を歩くこと
  • 電車やバスなどは夜間なるべく使わずに、出先からホテルまでタクシーを利用すること
  • リュックは普通に背負うとチャックを開けて盗られてしまうことがあるので、いつもと反対で体の前で抱えるように持つこと
  • 後ろポケットなど目の届かないところに財布を入れないこと

シドニーの治安事情を把握して、安心・安全に観光旅行を!

世界的に安全な都市シドニーの治安についての徹底解説、いかがでしたか?

東京でも言えることですが、治安が良いからといって犯罪が無いわけではありません。特に観光客は不慣れな土地に大荷物、多額の現金など犯罪に遭いやすい要素が満載なのが現実です。

治安状況や犯罪が多発しているエリアを事前に知り、タクシーの利用やバッグの持ち方など、様々な自衛の策を講じて安心・安全にシドニーを楽しんでくださいね。備えあれば憂いなしで、準備しておくにこしたことはありませんよ!

シドニー旅行で訪れたい他の観光スポットについては、「シドニーの定番・穴場観光地20選」や「タロンガ動物園の魅力まとめ」「ブルーマウンテンズの魅力を徹底解説」をご覧ください。

sakazume
WRITER sakazume
海外旅行が大好きで、学生時代は長期休みの度に行っていた程。将来は海外に住みたいです。 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND シドニーのおすすめ記事

これで完璧!シドニーのおすすめ定番・穴場観光地20選!時差やベストシーズン、治安まで徹底解説!

オーストラリア有数の観光都市であるシドニーは、歴史とモダンさが入り交じった街並みが魅力。歩いているだけでも充分に楽しめて、まさに“観光スポットの宝庫”の都市でもあるんです!でも観光スポットが多い都市だからこそ、どこに行けば…

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事