" />

ノースショアおすすめビーチランキング!ウミガメで話題のハレイワ・アリイ・ビーチ・パークも徹底解説

観光
42885views

ウミガメやサーフィンなど、さまざまなアクティビティが楽しめることでも有名なノースショア。でも、ノースショアにもたくさんのビーチがあり、それぞれ個性や特徴があります。こちらではノースショアのおすすめビーチをランキング形式でご紹介するとともに、ウミガメに会えると話題のハレイワ・アリイ・ビーチ・パークについても徹底解説していきます。

ビーチの選び方に困った時のポイントなどもご紹介していますので、おすすめビーチリストで、気になるビーチを選んでみましょう!

ノースショアはどんなところ?

ノースショアとは、ハワイ・オアフ島にある地域の名前。ハワイの中心地ワイキキからは、車で約45分、バスで約1時間半ほどの位置にあります。ワイキキとはまた違った魅力がある地域として人気を集めています。

ノースショアについてはこちらをチェック!

▶︎オアフ島ノースショアを徹底解説!ハレイワなどおすすめ人気観光スポット

ノースショアおすすめビーチ10位:ゆっくり楽しめるロック・パイル

サーフ歴のある中級者以上のサーファーの方におすすめなのが、タウンエリアにあるロック・パイル。人気ビーチは人が多すぎて波に乗るのも大変ですが、ここならゆっくりとサーフィンを楽しむことが可能です!フレンドリーな雰囲気のビーチなので、ビジターサーファーや女性の方にもぴったり。ローカルなサーファーが利用するビーチでもあるので、休日は満車になることも!

スポット名 Rock pile
住所 59-727 Kamehameha Hwy, Haleiwa
設備など シャワー、駐車場

ノースショアおすすめビーチ9位:秘密にしたいケイキビーチ

ローカルしか知らない穴場なビーチに行きたい方はケイキビーチがおすすめ!シュノーケルビーチ・シャークコーブのすぐ隣にあるのですが、バス通りのカメハメハ通りからは見えないのでちょっとした隠れ家ビーチになっているんです。人が少なく、キレイなケイキビーチを知ってしまえば、人が多いワイキキには戻りたくなくなってしまうはず。ただ、こちらのビーチはシャワーやトイレがなく、冬は波が高くなってしまい泳げないので夏限定なのが悲しいところ…

スポット名 Ke iki beach
住所 59-579 Ke Iki Rd, Haleiwa

ノースショアおすすめビーチ8位:シュノーケリングならシャークスコーブ

シャークス・コーブは、「ププケア・ビーチパーク」から見て右手の湾状になったポイントのこと。シュノーケリングならハナウマベイも有名ですが、シーズンによっては有名スポットがゆえに人も多いので、無料かつ人もそこまで多くないシャークスコーブがおすすめ。ゆっくりと神秘的な海の生き物たちと触れ合える貴重な場所です。ただ、春~秋は潮流や波も穏やかですが、冬は波が高くシュノーケリングが禁止されているので要注意です。

スポット名 Sharks Cove
住所 Sharks Cove. Pupukea, Oahu
設備など 駐車場、トイレ、シャワー

ノースショアおすすめビーチ7位:サーフィンの最高峰ポイント エフカイビーチパーク

プロサーファーやプロ級のサーファーが集うのがここ、エフカイビーチパーク。特に冬は迫力満点な巻き上がる巨大なチューブ(波のトンネル)が起こるので、本格的なサーフィンが見たい方にはおすすめのビーチです。ただ、波が強いことが多いので、泳ぐなら注意が必要。また、隣のサンセット・ビーチ小学校の駐車場脇からはエフカイ・ピルボックス・ハイクのトレイル・コースがあるので、サーフィンよりもトレッキング派という方にはぴったりです。

スポット名 Ehukai Beach Park
住所 59-337 Ke Nui Rd, Haleiwa
設備など シャワー、トイレ、駐車場

ピルボックスについてはこちらをチェック!

▶︎オアフ島の絶景「ピルボックス」って?見どころや行き方を徹底紹介!

ノースショアおすすめビーチ6位:カメと出会えるタートル ベイ

こちらはタートルベイリゾートというリゾートホテルの横にあるビーチ。でも、リゾートのプライベートビーチではなく、パブリックビーチなのです。また、運が良ければ、名前の通りカメと遭遇できることも!さらに、タートルベイは入り江になっており波も高くないので、1年を通して楽しむことができるのもおすすめポイントです。雰囲気がとっても良いビーチなので人は若干多めですが、ノースシュアらしいまったりした気分になれるビーチです♪

スポット名 Turtle Bay
住所 57-091 Kamehameha Hwy, Kahuku
設備など トイレ、シャワー

ノースショアおすすめビーチ5位:ダイバーに愛される絶景スポット スリー・テーブルズ・ビーチ

「ププケア・ビーチパーク」の左手にあるのがスリー・テーブルズ・ビーチ。干潮時に顔を出す岩礁がテーブルように見えることから、このような名前がついています。そんなスリー・テーブルズ・ビーチは、ハナウマ湾と並ぶシュノーケリングポイントとして有名なビーチ。タイドプールと呼ばれる潮溜まりが多く、浅瀬も多いので小さなお子様や初心者の方におすすめです。また、シュノーケルをしなくてもキレイな魚がいっぱい見えるので泳ぎたくない方でも楽しめます。

スポット名 Three Tables Beach
住所 59-727 Kamehameha Hwy,Haleiwa
設備など 駐車場、トイレ、シャワー

ノースショアおすすめビーチ4位:野生のイルカと会えるかも?!ワイメアビーチ

野生のホヌやイルカの集団に出会えることで有名なワイメアビーチ。冬季はビックウェーブの来ることで有名な絶好のサーフィンスポットですが、春~秋は波も穏やかでゆったり泳ぐのにぴったりな美しいビーチで、ここから見る夕日も絶景です。ただ、潮の流れが強く、浜辺からすぐに深くなるのでお子様がいる方は注意が必要。また、ワイメアビーチは超人気ビーチでもあります。駐車場は満車になりやすいのでなかなか駐車できないこともあります。

スポット名 Waimea Beach
住所 61-031 Kamehameha Hwy Haleiwa
設備など 駐車場、シャワー、トイレ

ノースショアおすすめビーチ3位:ロマンチックに過ごすなら サンセットビーチ

オアフ島の数あるビーチの中でも一番長い海岸線(3.2Km)が、ここ、サンセットビーチの真っ白な砂浜です。名前の通り、美しい夕日が見えるスポットとしても有名です!どこまでも続く長い浜辺では、冬はサーフィン大会がひらかれ、春~秋はシュノーケリングや海水浴を楽しむことができます。サンセットビーチにはピクニックエリアもあるため、飲み物や食べ物を持ってきて海や夕日を眺めながらのんびりピクニックも楽しんじゃいましょう!

スポット名 Sunset Beach
住所 59-144 Kamehameha Hwy、Haleiwa
設備など シャワー、更衣室、トイレ ピクニックエリア、駐車場

ノースショアおすすめビーチ2位:ウミガメを見たいならラニアケア・ビーチ

ノースショアの中でもウミガメとの抜群の遭遇率を誇るのが、ラニアケア・ビーチ。年間を通じて大きなウミガメが浜辺で甲羅干しをしているのを見ることができるんです!また、運が良ければ幸運のシンボルであるウミガメと一緒に泳ぐ、なんてステキな体験もできるかも。ちなみに、ウミガメに直接触ったり一定以内の距離に近づくことは保護法で禁止されているため要注意です。ノースショアエリアでカメを見たい方、ハワイらしい動物が大好きな方はぜひ観光プランに入れてみては?

スポット名 Laniakea Beach
住所 574, 61-574 Pohaku Loa Way, Haleiwa
設備など 駐車場

ノースショアおすすめビーチ1位:ハレイワ・アリイ・ビーチ

ノースショアでウミガメに会うことができるビーチと言えば、ラニアケア・ビーチが有名ですが、ハレイワ・アリイ・ビーチは砂浜にウミガメが上がってくる確率が高く、ラニアケア・ビーチよりもウミガメを見ることができると最近注目されているビーチです。

ハレイワ・アリイ・ビーチは、ノースショア最大の中心地であるハレイワタウン近辺にあります。正式な名称は「ハレイワ・アリイ・ビーチ・パーク」。名前からもわかるように公園が併設されているビーチ。ハレイワタウンから徒歩圏内で行けますので、ハレイワに滞在している方は特に行きやすいですね。

ノースショアでウミガメと出会える時間帯は?

ハレイワ・アリイ・ビーチ・パークでウミガメを観察したい場合は午後1時以降がベストです。ビーチは左右に分かれていて、左側に行くと海から上がり、砂浜でゆっくり日向ぼっこを楽しむウミガメを見ることができます。海中ではなく、海からゆっくりと砂浜へ上がってくつろぐウミガメと出会えるのは、何とも言えない感動があります。

しかし、ウミガメウォッチングは注意すべきポイントがいくつもあります。まず、ウミガメに近寄ったり、触るのはハワイの州法で固く禁じられています。ウミガメとの距離は1.8~3メートルまで、もちろんエサを与えるのも禁止です。これを破ると500ドル(53107円)の罰金になりますので気をつけてください。

また、ウミガメのあらわれる午後1時ごろは1日の中でも日差しが高く強い時間帯です。ウミガメウォッチングに夢中になって熱中症になってしまっては大変。こまめに水分補給をしながらウミガメとの出会いを楽しんでください!

ハレイワ・アリイ・ビーチのモデルツアー

レンタカーで運転する自信がない方や手軽に人気スポットをおさえたい方にぴったりなのが現地発のオプショナルツアーがおすすめ!このツアーでは、有名な観光地と、ウミガメに絶対出会えるハレイワ・アリイ・ビーチを回ります。

  • 06:30ワイキキ出発
  • 7:00ダイヤモンドヘッド
  • 9:00モアナルア・ガーデン
  • 10:15ソープファクトリー&ワイアルアコーヒーファクトリー
  • 11:00ハレイワタウン
  • 13:15アリイビーチ
  • 13:50ドール・プランテーション
  • 15:30ワイキキ到着
スポット名 Haleiwa Alii Beach
住所 66-167 Haleiwa Rd, Haleiwa
設備など 駐車場、トイレ、シャワー 更衣室、ピクニックエリア

ノースショアでビーチ選びに迷ったら?

ノースショアは至る所にキレイなビーチがあるビーチ天国!でも、たくさんありすぎてどこのビーチに行くべきか迷う方も多いはず。そんな方におすすめの目的別ビーチをご紹介します!

アクセスが良い・駐車場があるビーチ

  • ロック・パイル:タウンエリアにあるのでアクセス良好!バスもビーチの目の前に止まるので車なしでも気軽にいけます◎
  • ワイメア ビーチパーク:広い駐車がある超人気ビーチ!ただ、人気ゆえ駐車に時間がかかるので、早めの到着が必須です。

子供連れにおすすめのビーチ

  • スリー・テーブルズ・ビーチ>:潮溜まりが多く、一人で泳げないお子さんとトロピカルな海の生き物を探すことができます!
  • ハレイワ・アリイ・ビーチ:動物好きの子連れにぴったりなのがこちらのビーチ!ウミガメとの遭遇は大人にとってもステキな思い出になりそうです。

カップルにおすすめのビーチ

  • ケイキビーチ:人が少ないビーチなので、2人のじっくり楽しみたいカップルやローカルな雰囲気を楽しみたいカップルにぴったり!
  • サンセットビーチ:名前の通り夕日が美しい、ロマンチックな雰囲気のビーチ。ビーチタオルと食べ物&飲み物を持って行けばハワイらしいピクニックも楽しめます♪

ノースショアのビーチでのんびり過ごそう♪

遠いようで近いノースショア、ワイキキからならレンタカーで2時間弱で到着です。ハワイと言えばなワイキキビーチも良いですが、人が少ないキレイなビーチでまったり過ごしたいという方にはおすすめです。現地発のオプショナルツアーもあるので、旅行プランに合ったツアーでお手軽にロコな雰囲気を楽しんでみてくださいね!

RECOMMEND オワフ島(ホノルル)のおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事