" />

人気なシンガポール動物園のおすすめ情報や攻略法を徹底解説!

ショッピング
10726views

シンガポール観光で欠かせない人気のスポット「シンガポール動物園(Singapore Zoo)」。子どもから大人まで、幅広い年代の人たちに愛されている動物園です。数々の賞を受賞し、世界的にも有名なシンガポール動物園は、とってもユニークな飼育方法で注目を集めています。ここでは、シンガポール動物園のユニークな特徴やチケットの購入方法、入場料、行き方、大人気な朝食などについて、また、気になる見どころや園内情報などをも詳しくご紹介します。

シンガポール動物園で絶対に見ておきたい動物は?

シンガポール動物園は、26ヘクタールもの広大な敷地内に300種・2800以上もの動物たちが飼育されているアジア屈指の動物園です。年間の入場者数は170万人を超えるほどの人気ぶり!そんな動物園の魅力をたっぷりとご紹介しましょう。

シンガポール動物園は檻のない動物園?!

シンガポール動物園の最大の魅力は、何といっても「オープンコンセプト」でしょう。園内では柵や檻を使用せず、水路や生垣などをうまく利用して動物が飼育されています。それぞれの動物の生態に合った自然な飼育方法なので、動物にストレスを与えない、また訪れる人たちに動物本来の姿を見てもらうことができる環境です。敷地内には季節の花々や熱帯雨林が広がり、散策するだけで気分がリフレッシュするでしょう。

数々の賞を受賞!

こちらの動物園は、数々の賞を受賞している世界的にも有名な観光スポットです。2015年には「Travelers’ Choice Awards- Zoos and Aquariums」においてアジア1位、2017年には世界トップ5に選ばれています。また、2017年には「Singapore Tourism Awards」のベスト・アトラクション・エクスペリエンスを受賞しています。シンガポールに行ったら絶対に訪れてみたいスポットです!

シンガポール動物園のチケットについて

シンガポール動物園の入場券は、園入口にあるチケットカウンター、もしくはオンラインで事前に購入することができます。休日にはチケットカウンターに並ぶこともあるので、オンラインで事前に購入しておくと時間を有効に使うことができますよ。チケットには動物園のみの「シングル・パーク・チケット」と、ナイトサファリやリバーサファリなどと組み合わせた「マルチ・パーク・チケット」があります。マルチパークチケットはお得な割引価格になっているので、いくつかの施設を訪れる予定がある人はぜひこちらを!

【シングルパークチケット】
大人:35S$/ 子供(3~12歳):23S$

【マルチパークチケット】

◎パーク・ホッパー・プラス(Park Hopper Plus):動物園・ナイトサファリ・リバーサファリ・ジュロンバードパークの4つの施設の入場料 + トラム、ボート乗り放題。大人:88S$/ 子供:68S$

◎4パーク・アドミッション(4- Park Admission):上記4つの施設全ての入場料。大人:78S$/ 子供:58S$

◎2パーク・アドミッション(2- Park Admission):上記4つの施設のうち、2つの施設の入場料。大人:58- 68S$/ 子供:38- 48S$

営業時間

動物園は8:30~18:00までオープンしていて、年中無休です。最終入場は17:30となっています。

シンガポール動物園への行き方

シンガポール動物園へ行くには、タクシー、シャトルバス、地下鉄とバスを乗り継いで行く方法の3つがあります。では詳しく見ていきましょう。

タクシー

シンガポール動物園は、市内中心部からタクシーで30分程度とアクセスが良く、料金も片道20~25S$程度です。人数が多ければ料金をシェアすることができるので、意外とお得に行くことができます。特に、小さい子供さんが一緒の場合、公共交通機関の乗り継ぎもないので楽に移動することができますよ。

シャトルバス

市内から動物園まで直通で運行しているシャトルバス「Safari Gate」もとても便利です。サンテック・シティ、もしくは市内の主要なスポットやホテルから乗車することが可能です。バスのチケットは、サンテック・シティにあるカウンター、もしくはオンラインで事前に購入することができます。

【料金】片道:7S$/ 往復:12S$
Safari Gate公式URL

地下鉄(MRT)⇨バス乗り換え

地下鉄ノース・サウス・ラインに乗車し、「アン・モ・キオ」駅で下車しましょう。乗り換えのバスターミナルまでは地下道直通です。138番のバスに乗車して約40分、終点で下車すると動物園に到着します。

シンガポール動物園に到着したらまずはショータイムを確認!

動物園では1日に4つのショーがそれぞれ2回ずつ開催されていて、これらのショーを目当てに訪れる観光客も少なくありません。時間調整がうまくいけば、すべてのショーを見ることも可能です!まずはタイムスケジュールを確認して、周るルートを決めておきましょう!

エレファンツ・アット・ワーク・アンド・プレイ(Elephants at Work and Play Show)

こちらのショーは大きな象が主役で、丸太を運んだり丸太の上を歩いたり、スタッフの帽子を取り上げたりと、象の強さや器用さを目で見て楽しむことができます。象が鼻で吸い込んだ水を観客に向けて放出するシーンもあり、前方に座っている人はカバーを用意しておくと安心です。ショーの最後には象の餌付け体験もできますよ!

【時間】11:30/ 15:30
【所要時間】20分程度

レインフォレスト・ファイツ・バック(Rainforest Fights Back Show)

熱帯雨林に住む動物たちが、森を開発する人間から自然を守るというストーリー仕立てのショーは、とっても楽しい演出につい引き込まれてしまいます。スタッフの解説は英語のみですが、陽気なジャスチャーや動物たちの動きで内容が理解できるから不思議です!ヘビが登場する場面では、観客が参加することもできます。

【時間】12:20/ 14:30
【所要時間】20分程度

スプラッシュ・サファリ(Splash Safari Show)

かわいらしいカリフォルニア・アシカが登場するSplash Safari Show。ボールを鼻の上に乗せてバランスをとり、愛嬌のある顔で観客の心を鷲掴みにします!他にもケープペンギンやマナティなども登場し、小さい子どもさんでも夢中になるショーです。

【時間】10:30/ 17:00
【所要時間】20分程度

アニマル・フレンズ(Animal Friends Show)

かつて人間に捨てられた猫や犬などを大切にケアし、触れ合うことを目的に開催されているショーです。犬の嗅覚の凄さに驚き、アニメに出てくる猫とネズミの追いかけっこなども見ることができます。ショーの後には、実際に動物に触って写真を撮ることもできますよ。

【時間】11:00/ 16:00
【所要時間】20分程度

シンガポール動物園で絶対に見ておきたい動物は?

せっかくシンガポール動物園を訪れるなら、ぜひ人気の動物たちに会っておきましょう。ここではとっても珍しい動物を4種ご紹介します。

ホワイトタイガー 

正式名称を「ベンガルトラ白変種」というホワイトタイガーは、シンガポール動物園で一番の人気があります。白く輝く毛皮に、真っ青な美しい瞳。見つめられると思わず引き込まれてしまう魅力があります。ホワイトタイガーは世界中に250頭ほどしかおらず、絶滅危惧種に指定されているとっても貴重なトラです。暑いシンガポールでは、水浴びをするホワイトタイガーの姿も目にすることができますよ。

コモドドラゴン

インドネシアに生息する固有種のコモドドラゴン。世界最大のトカゲともいわれていて、体長は2~3m体重70kg以上になるものまでいます。体全体が硬いウロコに覆われているので、その姿はまるで恐竜のよう!太い足でのっそりと歩く様子は必見です。

ワオキツネザル

クリクリとしたまんまるい目と、体よりも長いシマシマの尻尾がトレードマークのワオキツネザルは、フラジャイル・フォレストの人気者です。マダガスカルに主に生息するワオキツネザルですが、年々生息数が減少し今では絶滅危惧種に指定されています。尻尾を上げてぴょんぴょんと跳ねながら歩く姿はとってもかわいいですよ!

ヒクイドリ

真っ赤な肉垂が喉から垂れ下がっていることから名付けられたヒクイドリ。オーストラリアやインドネシアなどの熱帯雨林に生息している鳥です。体長は125~170cm体重30~60kg程度と、ダチョウに次いで2番目に大きい鳥類として知られています。ヒクイドリも年々その数が減少している大変貴重な種です。

シンガポール動物園で実際に動物たちと触れ合おう!

シンガポール動物園は柵や檻がないユニークな造りとなっていますが、安全性の面から来場者と動物のゾーンはしっかりと分けてあります。ただし、実際に動物に触れることができるプログラムも用意されているので、ぜひ間近で触れ合ってみましょう。

動物たちに餌をあげよう!

シンガポール動物園では、象やカンガルー、キリン、マナティ、シロサイなどの動物たちに、手で直接餌をあげることができます(有料)。餌やりの時間は1日に数回あらかじめ決まっているので、動物園に着いたらチェックしておきましょう。1回につき餌の量も決まっているので、人数が多いと早い者勝ちになります。最低でも餌の時間の15分前までには集合しておくことをおすすめします!

小動物と触れ合うチャンスも!

小さい子どもでも危なくないうさぎやオウム、ネコ、犬などの小動物と触れ合うこともできます。キッズ・ワールドでは、ポニーの背中に乗るのも人気のアクティビティです。日常生活ではなかなか体験することができないので、この機会にぜひ!

シンガポール動物園でおすすめな朝食とは?

シンガポール動物園はとても敷地が広いので、じっくり観光するには丸1日かかるでしょう。途中お腹が空いたときには、園内にあるレストランやカフェで食事をとるのもいいですね。ここでは、人気の朝食プログラムや、おすすめのお店をいくつかご紹介します。

人気の「ジャングル・ブレックファスト」

オランウータンと一緒に食事をすることができるジャングル・ブレックファストは、来園者にとても人気のプログラムです。提供される朝食は洋食やシンガポールのローカルフードなど、ビュッフェ式なので朝からお腹いっぱい食べることができます。その場で調理したての料理が選べるホットステーションも人気です。メニューの種類が多く、味も最高だと評判のレストランですよ!9:30~10:00の30分間オランウータンと一緒に記念撮影をすることも可能です。人気のプログラムなので、事前にホームページから予約をしておくことをおすすめします。

【時間】9:00~10:30
【場所】アーメン・ビストロ
【料金】大人:35S$/ 子供(6~12歳):25S$
レストランの予約URL

アーメン・ビストロ(Ah Meng Bistro)

シンガポール動物園園内中央付近、オランウータンエリアのすぐ近くにあるアーメン・ビストロ。こちらのレストランには、サンドイッチパイ、デザートなど、豊富なメニューがあるのが特徴です。先程ご紹介したジャングル・ブレックファストが開催されているレストランですよ。

【時間】10:30~17:00

チャワン・ビストロ(Chawang Bistro)

ホットドッグやスープ、パスタなど、軽食からしっかりとした食事まで揃っているお店です。自家製の絶品タルトやケーキ、こだわりのコーヒーなどがおいしいと評判です。朝8時からオープンしているので、朝食目当てに訪れるのもいいですね。

【時間】8:00~19:00

ザ・ワイルド・デリ(The Wild Deli)

カジュアルなカフェスタイルのお店では、パイやピザなどを楽しむことができます。ここでぜひ注文してみたいのがコアラメニュー!かわいらしいコアラのパンや、泡にコアラを描いたカプチーノなどはSNS映えすること間違いなしです!(写真はイメージ)

【時間】8:00~19:00

シンガポール動物園で楽しめる期間限定エンターテインメント「レインフォレスト・ルミナ」とは?

シンガポール動物園の開園45周年を記念して2018年7月にオープンしたレインフォレスト・ルミナ。五感を使って楽しめる体験型のインタラクティブゾーンが園内に10カ所も用意されています。園内ではヒーロー集団「クリーチャー・クルー」が案内するなど、ストーリー性のあるレインフォレスト・ルミナでは、小さい子供から大人まで熱帯雨林の世界を楽しむことができます。

【時間】19:30~0:00(最終入場は22:30~23:00)
【場所】シンガポール動物園内
【料金】大人:18S$/ 子供、学生、高齢者:14S$
オンライン事前予約でお得にチケットをGET

シンガポール動物園のかわいいグッズをお土産に!

園内には3カ所のお土産ショップがあります。シンガポール動物園ならではのかわいい動物グッズを選んで、家族や友達へ上げるときっと喜ばれるでしょう。思い出に残る自分へのお土産もお忘れなく!

お土産ショップはどこにある?

動物園に入ってすぐのメインエントランス、ショー・アンフィシアター、レインフォレスト・キッズワールドの3カ所にショップがあります。それぞれに異なるグッズも置いてあるので、ぜひ全部チェックしてみましょう。メインエントランスのショップは、帰る直前の買い物にぴったり!荷物が増えないよう最後に買い物するのがおすすめです。

◎メインエントランス(Main Outlet)
【時間】(平日)9:00~19:00/ (週末・休日)8:30~19:00

◎ショー・アンフィシアター(Shaw Amphitheatre)
【時間】9:30~17:30

◎レインフォレスト・キッズワールド(Rainforest Kidzworld)
【時間】9:00~18:00

おすすめのお土産

シンガポール動物園で人気のお土産は、真っ白なホワイトタイガーやキリン、ゾウなどのかわいらしいぬいぐるみです。動物園オリジナルのポーチやTシャツなどのファッショングッズ、小さい子どもさんには文房具やおもちゃなども人気です。

シンガポール動物園をみて回るのに必要な所要時間

シンガポール動物園の魅力は何と言っても広大な土地。様々な動物達と触れ合い動物園内を満喫すれば、開園から閉園時間まで掛かってしまうほどです。せっかくなら、丸一日使って園内をじっくりとまわることがおすすめですが、旅行中に観光地巡りを検討されている方は少なくとも4時間は見積もっておくと良いでしょう。

シンガポール動物園に併設されているリバーサファリとは?

リバーサファリはシンガポール動物園と比べ規模が小さく3時間ほどで見てまわることができます。ボートライドも体験でき、ボートに乗れれば1時間半~2時間程度で見てまわるリバーサファリ。アマゾンに生息する動物を見られる「アマゾン・リバー・クエスト」は5$、ジャングルの雰囲気が味わえる「リザーバー・クルーズ」は無料で楽しめます。日本ではなかなか見られないマナティーに癒されることができるのもリバーサファリならではです!

【時間】10:00-19:00(最終入場18:30)
【料金】大人:34S$/ 子供:23S$/高齢者:16S$
オンライン事前予約でお得にチケットをGET

シンガポール動物園に併設されているナイトサファリとは?

ナイトサファリは夜の19:15からオープンします。日中の動物園やリバーサファリとはまた違った魅力のあるナイトサファリは、トラムやショーがとても人気で、混雑時は待ち時間が発生する場合があります。トラムを使えば45分、徒歩では1時間〜2時間で見て回れますが、時間内でナイトサファリを満喫するにはショータイムやトラムの使用など、事前の計画が必要かもしれませんね。

【時間】19:15-00:00(最終入場 23:15)
【ショータイム】18:45、19:15、20:00、20:30、21:00、21:30 (金・土・祝前日は22:00、22:30もあり) 
【料金】大人:49S$/ 子供(3〜12歳):33S$/高齢者:16S$
オンライン事前予約でお得にチケットをGET

 

シンガポールナイトサファリの詳細はこちらの記事をご覧ください。

夜の動物園は迫力満点!大人気シンガポールナイトサファリの魅力を徹底解剖!

シンガポール動物園で役立つ情報をご紹介

シンガポール動物園をもっと楽しもう!ここでは動物園を訪れる前に知っておきたい情報を紹介していきます。

園内の移動にはトラムが便利!

広い園内はゆっくり歩いて回ることもできますが、時間がない人やショーの時間に間に合わせたい人などはトラムの利用が大変便利です。しかも、動物が描かれたトラムは乗っているだけでもテンションが上がりますよ!

【時間】8:30~17:30
【料金】大人:5S$/ 子供(3~12歳):3S$

園内にコインロッカーはあるの?

園内にはコインロッカーがあるので、荷物をあらかじめ預けて身軽に行動することができます。料金は最初の3時間まで10S$で、以後1時間ごとに2S$かかります。ロッカーに入らないサイズの荷物がある場合は、レンタルサービスカウンターで預かってもらえます(料金はロッカーと同じ)。

持って行ったほうがいいものがある?

年間を通して日差しが強いシンガポール。動物園はアウトドアの施設なので、日焼け止めサングラス、帽子などでしっかりと日焼け止め対策をしましょう。また、熱帯雨林には虫も多いので、虫よけスプレーがあると安心です。

おすすめの服装は?

広い動物園を歩いて回るためには、動きやすい格好が一番!特に、靴はスニーカーがおすすめです。熱帯雨林では午後スコールが降ることも多いので、濡れてもいい服装でいきましょう。

園内は飲食OK?

園内では自由に飲食することができます。持ち込みもOKなので、お気に入りのお店で食事やスナックをテイクアウトするのもいいですね。園内のレストランやカフェでもおいしい食事が楽しめます。

シンガポール動物園でアニマルショーや朝食を楽しもう!

絶滅危惧種の動物や珍しい動物が多いシンガポール動物園。動物の自然な生態を観察できる、日本ではなかなか見ることができない飼育方法が採用されているので、ぜひとも訪れてみたいスポットです。動物のショーや朝食プログラムなども人気があるので、事前に情報を収集してぜひ参加してみてくださいね。動物園の他にも、ナイトサファリやリバーサファリ、バードパークと3つの施設があります。時間がある人はぜひこちらの施設もおすすめですよ!シンガポール動物園で、いつもの観光とは一味違う体験をお楽しみください。

 

mijouter
WRITER mijouter
旅行やグルメを中心とした記事のライターをしています。私自身海外旅行が好きで、今までにたくさんの国を訪れてきました。特にフランスとモロッコ、インドが大好きです。 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND シンガポールのおすすめ記事

RELATED ARTICLES ショッピングカテゴリの関連記事

ハワイ『ワイケレ・プレミアム・アウトレット』を徹底解説!行き方や取り扱いブランドなど必見情報

ハワイのオアフ島にある「ワイケレ・プレミアム・アウトレット」。こちらはオアフ島でショッピングを満喫したい人には欠かせない、おすすめのアウトレットモールです。オアフ島の西部に位置しているため、主要観光エリアのワイキキからは…