" />

夜の動物園は迫力満点!大人気シンガポールナイトサファリの魅力を徹底解剖!

観光
7883views

シンガポールにはナイトサファリ(Night Safari)、シンガポール動物園(Singapore Zoo)、リバーサファリ(The River Safari)と、人気の動物園が3つあるのをご存知ですか?その中でも観光客や地元の人に一番人気のアトラクションパーク「ナイトサファリ」。なんと夜に行くことができる動物園なんです。ここでは、シンガポールナイトサファリの魅力をたっぷりとご紹介します。ナイトサファリへの行き方、料金、チケットの購入方法、おすすめ服装、ぜひとも楽しみたいアトラクションなどなど、これを読めばナイトサファリのことが丸わかりですよ!

シンガポールナイトサファリとは?

普段なかなか足を踏み入れる機会がない夜の動物園は、訪れるだけで緊張感が高まりますね。シンガポールナイトサファリでは、夜行性動物の生態を観察する貴重な体験ができます。まずはナイトサファリの特徴やチケット購入方法、チケット料金、営業時間などの基本情報をご紹介します。

シンガポールナイトサファリの特徴

1994年にオープンした世界初の夜に楽しめる動物園シンガポールナイトサファリ」。35ヘクタールもの広大な敷地内に、130種・2500以上の夜行性動物たちが飼育されています。そのうちの38%は、なんと絶滅危惧種というから驚きです。園内はヒマラヤ山脈から東南アジアのジャングルまで、世界の7つの地域に分けられており、それぞれの地域に生息する現地特有の動物たちと出会えると評判です。休日はもちろん、平日仕事が終わった後に来園する人も多い人気の動物園です。

現地の人、世界各地からの観光客と、年間110万人以上もの人たちが訪れるシンガポールナイトサファリ。昼間は見ることができない、夜行性動物たちの自然な生態をすぐ目の前で見ることができますよ!

数々の賞を受賞!

シンガポールナイトサファリは、過去に数々の賞を受賞している世界的にも有名な観光スポット!最近では2012年~2014年の3年連続で、シンガポール・ツーリズム・ボード選出による「Singapore Experience Awards」を受賞しています。

チケット

シンガポールナイトサファリの入園券は、入り口にあるチケットカウンター、もしくはインターネットで事前に購入することができます。ナイトサファリだけの利用ができる「シングルパークチケット」と、他3つの施設との共通券である「マルチパークチケット」を選ぶことができます。マルチパークチケットだと料金が割引になるので、複数の施設を訪れる予定の人はこちらを購入してくださいね!

また、チケットはシンガポール動物園横のチケットカウンターでも購入することができます。シンガポール動物園を訪れる予定のある方は、こちらで購入するのもおすすめです。

【シングルパークチケット(ナイトサファリ)】
大人:49S$/ 子供(3~12歳):33S$

【マルチパークチケット】
パーク・ホッパー・プラス(Park Hopper Plus):ナイトサファリ・シンガポール動物園・リバーサファリ・ジュロンバードパークの4つの施設へ入場可 + トラム利用可。大人:94.05S$/ 子供:75.05S$

2パーク・アドミッション(2- Park Admission):上記4つの施設のうち、2つの施設へ入場可。大人:57- 66.5S$/ 子供:38- 47.5S$

4パーク・アドミッション(4- Park Admission):上記4つの施設全てへ入場可。大人:76S$/ 子供:57S$

ナイトサファリの営業時間

シンガポールナイトサファリは年中無休で、毎日19:15~24:00の間営業しています。最終入場は23:15までとなっています。

シンガポールナイトサファリで楽しむトラム・ライド

ナイトサファリの目玉となるのが「トラム・ライド」でしょう。30人乗りのゼブラ柄トラムに乗って、園内を1周する人気のアクティビティです。

英語トラム

トラムには英語で解説を聞くトラムと、日本語を含む8言語で解説が聞けるトラムがあります。英語トラムは追加料金不要・予約不要ですので、英語に自信がある方はおすすめです。

日本語対応ありのMulti-Language Express Tram

英語で解説を聞くのはちょっと…という方には、Multi-Language Express Tramがおすすめです。イヤホンをつないで解説を聞く方式で、最初に日本語を選択すれば解説をすべて日本語で聞くことができます。追加料金は10S$、公式サイトでの予約は行っていないため、当日にカウンターで予約と料金の支払いをする必要があります。 別途料金はかかってしまうものの、日本語でガイドを聞くことができるので、ナイトサファリを隅々まで満喫することができます。

トラム・ライドで楽しめる動物たち

メインゲートの前にあるトラム・ステーションから冒険の旅が始まります!巨大なアジアゾウやインドサイ、ジャッカルなどの動物たちがあなたを待っています。トラムに乗っているから安全ですが、夜のサファリは迫力満点です。昼間見ることができない動物たちの生態をしっかりと観察しましょう。突然水の中から現れる水牛やマレーバクに、思わず悲鳴を上げてしまうかもしれませんね。

ジャングルに佇むキリンやシマウマなどを眺めていると、ここがどこなのか分からなくなるなんてこともあるでしょう。ぜひ、驚きに満ちたトラム・ライドをお楽しみください。ちなみに、園内ではフラッシュ撮影が禁止されているのでご注意を。

シンガポールナイトサファリのウォーキング・トレイル

シンガポールナイトサファリはトラムに乗って楽しむだけではありません!。サファリ内を歩いて楽しむことができますよ。来場者は整備されたコースに沿って歩き、間近に動物たちを見ることができます。徒歩コースは4つのウォーキングトレイルがあり、トラムからは見ることができない、動物たちの素顔に出会えますよ。

フィッシングキャット・トレイル

フィッシングキャット・トレイルでは、水辺や草地に住む小さい生き物たちに出会うことができます。このコースの名前にもなっているフィッシングキャットはスナドリネコとも呼ばれ、小川で小魚を捕る習性があります。間近でその様子が見られるなんて、とっても貴重な体験ですね。また、「森の妖精」ともいわれる小さいマメジカや、ペリカン、コツメカワウソ、ワニなども生息しているエリアです。15分程で周ることができるので、ショーやトラム・ライド前などのちょっとした時間にもおすすめのコースです。

レオパード・トレイル

こちらのコースでは、ゴールデンキャットやヒョウ、ウンピョウなどの大型ネコ科の動物たちに遭遇することができます。闇夜の中で爛々と光る目、斑点が美しい毛皮など、目が離せない圧倒的な迫力があります。素早く走りまわる姿や木登りをする様子など、動きの優雅さに魅了されるでしょう。トレイルを進んで行くと、コウモリやムササビが住むエリアもあります。運が良ければ頭上を飛ぶ姿を見ることができるかもしれません!かわいらしいヤマアラシにはほっこり癒されること間違いありません。所要時間20分程度です。

イーストロッジ・トレイル

アフリカやアジアに生息する動物たちを見たければ、イーストロッジ・トレイルがおすすめです。ハイエナやマレートラに加え、珍しいボンゴ(レイヨウ)やバビルーサ(シカイノシシ)などにも出会えます。動物たちと来園者の間は水路などを利用してきちんと分けられていますが、ハイエナたちが走り回っているとドキドキしてしまいます!トレイルに描かれている動物たちの足跡を追いかけながら、散策を楽しんでくださいね。1周するのに20分程度かかります。

毎週金・土・祝日前の20:30からと21:30からの2回、マレートラ・エキシビジョンにおいて、飼育員による詳しい解説があるので興味がある方はぜひ参加してみましょう。

ワラビー・トレイル

オーストラリアに生息するワラビーは、有袋類カンガルー科に属する動物です。まさに見た目はちょっと小さめのカンガルー!愛らしい表情や仕草に思わず頬がゆるみます。ワラビーは人間に対する警戒心が少ないので、すぐ近くでエサを食べている様子を観察することができるでしょう。ワラビー・トレイルは、ナイトサファリのエントランスすぐの場所にあり、15分程度で見て回ることができます。

シンガポールナイトサファリで楽しめるナイトショーとは?

ナイトサファリで人気の「ナイトショー」。夜行性動物たちの以外と知らない習性や能力に驚く人気の催し物です。メインゲートを入るとすぐ右側にあるアンフィ・シアターは、約900名を収容できる広い会場ですが、ショーの前には長い行列が!席は早い者勝ちなので、最低でもショーが始まる15分前には着いておくことをおすすめします。

クリーチャー・オブ・ザ・ショー

クリーチャー・オブ・ザ・ショーにはサーバルやカワウソ、ジャコウネコ、アライグマなどが登場し、スタッフの面白いトークで笑いが絶えない構成となっています。中でもかわいいと評判なのが、カワウソのゴミ分別作業!いくつも用意してあるゴミ箱に、燃えるゴミや燃えないゴミなどを一つ一つ分別していく様子はたまりません!ショーの途中では、観客が参加してニシキヘビを首に巻きつけることもできるので、勇気がある人はぜひアピールしてみましょう。 ショーは英語で進んでいきますが、動物たちの動きで内容を理解することができますよ。後ろの席だとあまりよく見えないため、なるべく前方の席に座りましょう。ショーの時間は約25分間です。

【開催時間】19:15/ 20:30/ 21:30(金・土・祝日前のみ22:30も)
【場所】アンフィ・シアター

トゥンブアカ・パフォーマンス

Thumbuakar Performanceではトゥンブアカ族の伝統的なダンスを楽しむことができます。伝統的なリズムに合わせた火を使った迫力満点のパフォーマンスに圧倒されること間違いなし。エントランスコートヤードでの開催のためナイトサファリ開始前に見ておくのがおすすめです。ショーの時間は約7分間です。

【開催時間】18:45/ 20:00/ 21:00/ (金・土・祝日前のみ22:00も)
【場所】エントランスコートヤード

シンガポールナイトサファリのレストラン

夜19:15からオープンするナイトサファリでは、食事のタイミングも重要です。ここではナイトサファリ園内のおすすめレストランや人気の食事プランなどをご紹介します。

ナイトサファリを十分に楽しむためには、最低でも2~3時間は必要です。途中でお腹が空かないよう、入園したらすぐに食事を済ませておくことをおすすめします。園内にはいくつものレストランやカフェがあり、新鮮なカットフルーツやジェラートなどが楽しめる屋台も出ています。

ウルウル・サファリ・レストラン

中でも人気なのが、シンガポールならではの食事が楽しめる「ウルウル・サファリ・レストラン」。ビュッフェスタイルのこちらのお店は、シンガポール名物のラクサやインド系カレーなど、香辛料が効いた料理がおいしいと評判です。

英語名 Ulu Ulu Safari Restaurant
営業時間 毎日 17:30~23:00

ジャングル・ロティサリー

鳥の丸焼きが名物のレストラン。鳥の丸焼きの他、ハンバーガーやポテトなどのファストフード系メニューが中心です。どのメニューもボリューム満点。また、こちらのレストランからトゥンブアカ・パフォーマンスを見ることができるので、食事をしながらパフォーマンスを楽しむのがおすすめ。

英語名 Jungle Rotisserie
営業時間 毎日 17:30~23:00

 

トラム・ライドやショーが終わってから合間に食事をしたいという人は、メインゲートを出るときにスタッフに再入場スタンプを押してもらうのをお忘れなく!透明の蛍光塗料のスタンプは、再入場の際にブラックライトを当てると光る仕組みになっています。

人気の食事プランをチェックしよう!

ナイトサファリでは、3つの食事プランを満喫することができます。どちらも専用のトラムでトラム・ライドを体験して食事をとり、ナイトショーを楽しむという流れになっています。しかも、ナイトショーでは特別予約席が用意されているんです!動物を見ながら食事が楽しめる贅沢なプランは、すべて事前の予約が必要になります。

◎An Evening in the Wild

トラム・ライドで園内を回り、エキゾチックに演出されたテントでのコース料理。サラダからデザートまでゆっくりと食事を堪能することができます。

【料金】大人:199S$
【人数】25名以上で予約可

◎Cocktail Safari Express

専用のトラムで、動物たちを見ながらカクテルやカナッペを楽しむのはいかがですか?

【料金】大人:80S$/ 子供(3~12歳)60S$
【人数】15名以上で予約可

◎Gourmet Safari Express

専用のトラムで、豪華な食事を楽しむプランです。車内にはキャンドル、外には動物たちと、非日常な体験をすることができます。

【料金】大人:199S$/ 子供(3~12歳)159S$
【人数】15名以上で予約可

シンガポール ナイトサファリとセットで!期間限定レインフォレストルミナ

2020年2月9日までの期間限定でシンガポール動物園にて行われている、レインフォレストルミナ。シンガポール動物園開園45周年記念イベントとして開催されています。緑豊かな熱帯雨林がプロジェクションマッピングなど様々な最新技術を駆使し光り輝く姿はとても素敵です。園内では、風変わりな「クリーチャー・クルー」が、訪れた人々を魔法の冒険へと導きます。

【料金】大人:18S$/ 子供(3~12歳)14S$(昼間入場券をお持ちの場合、大人子ども共10S$)
【営業時間】19:30 ~ 24:00 (最終入場 22:30)
【公式サイト】https://rainforestlumina.wrs.com.sg/#main

シンガポールナイトサファリのお土産

ナイトサファリを満喫したら、シンガポール旅行の思い出になるお土産選びはいかがですか?自分用にはもちろん、家族や友人にも楽しさをおすそ分けできますよ。

お土産ショップはどこにある?

ナイトサファリのパークの入り口近くにあるエントランス・プラザには大きなお土産ショップがあり、17:00~24:00の間買い物を楽しむことができます。園内各所にも小さなギフトショップがあり、それぞれのテーマごとに異なる商品が置いてあるのでチェックしてみましょう。

おすすめのお土産は?

ナイトサファリのお土産にはやっぱり動物グッズですよね。かわいらしい動物のぬいぐるみやマグカップ、Tシャツ、帽子などが人気となっています。暑いシンガポールでは、ウォーターボトルやタンブラーなども売れ筋商品です。食べものではチョコレートやクッキーなどが定番ですが、シンガポールならではの「カヤ・スプレッド」も人気!カヤ・スプレッドはトーストに塗って食べる甘いペーストです。シンガポールの味を帰ってからも楽しめますね。

お土産はいつ購入する?

ナイトサファリではトラムに乗ったり徒歩コースを歩いたりと結構移動が多いので、できれば身軽にしておきたいですね。メインエントランスのお土産ショップは24:00まで空いているので、ナイトサファリを楽しんだ後にゆっくりとお買い物を楽しむのがおすすめです。ただし、閉園間際はたくさんの人で混み合うため、混雑を避けたい人は早めに買い物しておくのもいいでしょう。

シンガポール ナイトサファリお役立ち情報

シンガポールナイトサファリを訪れる前に知っておきたい情報、おすすめの服装やコインロッカー、便利な施設など、知っておくと役立つ情報をご紹介します。

どんな服装がおすすめ?

どんな服装がおすすめ?

ナイトサファリでは歩いたりトラムに乗ったりと結構動き回ります。パンツやスニーカーなど、動きやすい服装で訪れるのがおすすめです。また、熱帯のシンガポールでは、突然雨が降ってくることも多いので、レインコートや折りたたみの傘などを用意しておくといいでしょう。

パーク内にロッカーはある?

パーク内にはコインロッカーがあり荷物を預けることができます。小さいロッカーは最初の3時間まで5S$、以後1時間ごとに1S$、大きいロッカーは最初の3時間まで10S$、以後1時間ごとに2S$かかります。ロッカーに入りきらないサイズの荷物は、コインロッカー近くのビジター・サービス・ブースで預かってもらえます。料金は大きいロッカーと同じです。

持って行ったほうがいいものがある?

ジャングルの中に作られたナイトサファリでは、虫が多いのが難点です・・。特に、夜は光に集まってくる虫も多いので、虫除けスプレーなどを用意しておくと安心です。

園内で飲食はできる?

ナイトサファリは夜の動物園なので、訪れるときには辺りはすっかり真っ暗。持ち込んだものを外で食べるのはあまりおすすめできません。園内にはレストランやカフェが充実しているので、ぜひこちらを利用しましょう。

園内の便利な施設

パーク内にはPOSBのATMが設置されているので、現金を引き出すことができます。また、授乳室やおむつ換えができるスペースもあるので、エントランスのスタッフに場所を確認しておきましょう。

ナイトサファリ園内で気をつけたいこととは?

ナイトサファリは夜行性の動物たちが主役のため、フラッシュを使用した撮影は禁止されています。動物たちを驚かせないよう、大声を出すのも控えましょう。

シンガポールナイトサファリへの行き方

シンガポールナイトサファリへ行くには、シャトルバス、タクシー、地下鉄とバスを乗り継いで行く方法などがあります。

シャトルバス

シンガポールの中心地からナイトサファリまでは、「Safari Gate」というシャトルバルが運行しています。直通便なので途中乗り換えも必要なく、楽に移動することができます!市内の主要ホテルやスポット、また人気のショッピングモール・サンテックシティからも乗車することが可能です。サンテックシティにはチケットカウンターがあるので、乗車直前に購入することができます。インターネットで事前購入しておくと時間の節約になるのでおすすめですよ!

【料金(大人・子供共通)】片道:7S$/ 往復:12S$
Safari Gateの公式URL

タクシー

シンガポールナイトサファリは、シンガポール市内の中心部からタクシーで30分程度で行くことができます。料金も片道20~25S$程度なので、4人で料金をシェアすれば一人5~6S$程度とかなりお得ですね。タクシーだと荷物の心配もなく、ホテルからナイトサファリまでドア・トゥー・ドアで行けるのが魅力です!

MRT(地下鉄)からバスへ乗り換え

シンガポール市内の移動で便利なMRTを利用してナイトサファリへ向かいましょう。MRTノース・サウス・ラインに乗車し、「アン・モ・キオ」駅で下車します。駅の地下道直結通路を渡るって、乗り換えのバスターミナルまで行くことができます。バス番号138のバスに乗車し、終点で下車するとナイトサファリに到着です。交通状況にもよりますが、所要時間は40分程度です。

Grab

Grabはシンガポール発祥のタクシー配車アプリ。アプリ上で目的地を入力するだけで、配車リクエストができるので非常に簡単。配車リクエスト時に料金が表示されるので、面倒な値段交渉の必要もありません。通常のタクシーより割安で乗車できるうえ、ぼったくりにあう可能性も低いのでおすすめです。 事前にアプリをダウンロードしていきましょう。

シンガポールナイトサファリからホテルへの帰り方

24:00まで開園しているナイトサファリですが、帰りの交通手段が気になりますよね。ここでは、夜でも安心なタクシーとシャトルバスでの帰り方をご紹介します。

タクシー

歩き回って疲れた後は、やっぱりタクシーで楽に帰りたいものです。閉園後のナイトサファリメインゲート前には、たくさんのタクシーが待っています。ただし、タクシーに乗りたい人も多いため、行列待ちは必至です!タイミングにもよりますが、短い時で5分程度、長い時では1時間以上待つこともあります。夜は深夜料金がかかるため、昼間よりも5S$程度上乗せになるでしょう。

シャトルバス

行きと同様、シャトルバス「Safari Gate」を利用することができます。ナイトサファリから市内方面へ向かうバスは、毎日21:30、21:45、22:00の3本運行しています。金・土・祝日前のみ22:30の便が増便されるので、パークをゆっくりと楽しむことができますね。帰りのシャトルバスは、主要な駅やホテルなど21カ所に停まるので、夜でも安心して利用することが可能です。

【料金(大人・子供共通)】片道:7S$/ 往復:12S$

Grab

行きと同様、Grabを使って帰ることもできます。ナイトサファリ終了後、夜遅くの移動は少し不安ですよね。行きは公共交通機関などを利用した方も、帰りはGrabなどタクシーを利用すると安全ですよ。

シンガポールナイトサファリはツアーで効率よく

慣れない海外でのチケット購入や、シンガポール市内での移動はなかなか大変です。ナイトサファリ終了後の夜の移動も不安ですよね。現地ツアーを利用すれば、ナイトサファリのチケット取得代行と、ホテルまで往復送迎がついているので簡単、そして安心です。夜の数時間でシンガポールの王道アトラクション、ナイトサファリを効率よく楽しむことができるので、時間を有効活用することができますよ。

シンガポールナイトサファリのまとめ

シンガポールの人気観光スポット「ナイトサファリ」。普段は見ることができない夜行性動物の生態をすぐ近くで観察することができる大変貴重なパークです。トラムに乗って園内を回ったり、徒歩コースをゆっくり歩いたりと、思い思いの楽しみ方で過ごすことができるでしょう。小さい子供さんから高齢の方まで、幅広い年代の人たちが楽しめる場所です。パークを満喫した後には、かわいい動物グッズをナイトサファリのお土産に買って帰りましょう。きっと忘れられない旅になるはずです。

mijouter
WRITER mijouter
旅行やグルメを中心とした記事のライターをしています。私自身海外旅行が好きで、今までにたくさんの国を訪れてきました。特にフランスとモロッコ、インドが大好きです。 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND シンガポールのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事