" />

【チケット予約も可能】クアラルンプールのペトロナスツインタワーを徹底解剖

観光
5453views

高さ驚異の452mと圧倒的な高さと存在感を誇る「ペトロナスツインタワー」はマレーシアの首都クアラルンプールのランドマーク的存在です。

モスクをイメージした外観が特徴的です。ペトロナスツインタワー内の展望台は人気がありすぎて、事前予約無しでは入れないほど!マレーシア屈指の美しい夜景が特に人気で、この夜景を一目見ようと、毎年数多くの観光客がペトロナスツインタワーを訪れます。実際に筆者が訪れた時も、夜22時を過ぎても観光客が多く、びっくりしたものです。

この記事では、そんなペトロナスツインタワーの概要や魅力をはじめ、夜景スポットなどを紹介します。アクセス方法や展望台に確実に入る方法など、旅行前に知っておくと”必ず”役に立つ情報も記載しているので、お見逃しなく♩

ペトロナスツインタワーとは?

マレーシアの経済発展を象徴するかのようにそびえ立つ「ペトロナスツインタワー」。2つの塔から成り立つこちらのタワーはそれぞれ日本と韓国の会社によって建設され、1998年に完成しました。

  • わずか29ヶ月で完成したこと
  • 世界一の高さを誇ること

上記を踏まえ、世界的にも一躍有名に。2003年に台湾の台北101に抜かれてしまったものの、ビルが対になっているタワーとしては依然として世界一の高さを誇ります。

クアラルンプールのランドマーク的存在でもあるペトロナスツインタワーは88階建の超高層オフィスビルであり、452mという驚異的な高さに驚きます。

41階(地上171m)にスカイブリッジ・86階(地上370m)にはオブザベーションデッキがあり、クアラルンプールの街並みを一望することが可能です。日本一の高さを誇る、あべのハルカスでも高さ300mなので、それよりも約150mも高いペトロナスツインタワーの存在感は圧倒的だと言えるでしょう。

マレーシアならではの宗教色も。

イスラム、仏教、ヒンドゥー教、キリスト教などさまざまな宗教が混在する多民族国家のマレーシア。国教はイスラム教になります。イスラムの国には、「モスク」という特徴的な建築物があり、街のいたるところに祈りの場所が存在します。ここ、ペトロナスツインタワーの尖塔も「モスク」をイメージした美しい作りになっています。ぜひ展望台から間近で確認してくださいね。

ペトロナスツインタワーの料金と概要

住所/Concourse Level PETRONAS Twin Towers 50088 Kuala Lumpur

電話/ 603-2331 8080

時間/AM9:00〜PM7:00(月曜定休)

入場料

  • 大人 80リンギット
  • 子供 30リンギット

整理券配布は朝8時半開始です。

ペトロナスツインタワーへの行き方

チャイナタウン地区やKLセントラル駅周辺のホテルに宿泊している方は、LRTのクラナジャヤ線を利用しましょう。

KLCC駅(駅番号KJ10)で下車。改札を出ると正面に【KLCC】と書かれた青い案内板が見えます。あとは案内板の指示通り、道なりに進んで行くとKLCCのショッピングモールに到着!地下を抜けて直接ペトロナスツインタワーまで行けるので大変便利です。

ブッキビンタン地区に宿泊している方は、パビリオンからKLCCまでの連絡通路があるのでこちらを利用すると、ペトロナスツインタワーまで歩いて行くことができますよ!

感動必至!ペトロナスツインタワーの夜景

ペトロナスツインタワーと言えばやはり「夜景」です!クアラルンプールを代表する夜景だと言われているだけあり、正直すごく綺麗です。

筆者もこの景色を見るためだけに、マレーシアに行ったのですが想像を越える美しさに思わず感動。辺りを見渡すと、観光客のオンパレード!一眼レフやカメラスタンドを用意して、写真撮影に励む方も多数みかけました。本当に人気のスポットであることを目で見て体験して実感しました。

それでは、クアラルンプール屈指の美しさを誇るペトロナスツインタワー”夜景”の魅力を写真で見ていきましょう。撮影スポットも紹介しているので、参考にしていただければと思います。

ペトロナスツインタワーの下にあるショッピングセンター「スリアKLCC」の正面玄関にて撮影。迫力ある写真を撮りたい方におすすめです!

20時からは噴水ショーがあるので、要チェックです。

定番中の定番♩ペトロナスツインタワー全体を写真に収めるのであれば、正面玄関に向かいましょう。正面玄関を出たところすぐに小さな公園があります。ここは数ある撮影スポットの中でも最も人気がある場所なので、必ず訪れたいところ!

スマホしか無い方はクリップ式の広角レンズを持参すると、カメラに負けない綺麗な写真が撮影できますよ。

ペトロナスツインタワーの周辺にはKLCCパークという大きな公園があるので、公園を散歩しながら、ゆっくりと夜景を眺めるといった過ごし方もまた素敵です。

観光客が少ないので、人混みが苦手な方でも安心◎カップルや家族連れが多い印象を受けました。

売切御免!ペトロナスツインタワー展望台チケットを予約せよ。

ペトロナスツインタワーの展望台に登るのであれば、チケットを事前に予約して購入しておくのがマスト!と言うのも当日券を購入する場合、当日は人数制限が発生するため、朝から長蛇の列に並ぶのは当たり前。希望時間に予約が取れないことも…。

せっかくの旅行。時間を無駄にすることなく、行きたいところは全て行く!そのためにも、チケットは必ず事前に購入しておきましょう♩

簡単かつ確実に予約したい方は必見!

タビナカならサイトから希望日時を選択して申し込むだけなので、チケットの予約もとっても簡単。フォーマットは全て日本語なので、語学に自信が無い方でも安心です。

当日は事前にメールしたチケットを持ち、30分前までにペトロナスツインタワー入り口にお越しいただければOK!詳しくは下記リンクをご確認ください。

ペトロナスツインタワーの気になるあの噂は本当?それともデマ?

クアラルンプールを代表する観光地であるペトロナスツインタワーですが、実は”傾いている”という黒い噂も…。けれど、パッと見た感じでは分からないし、実際のところはどうなの?ということで、真相を追求していきましょう!

ペトロナスツインタワーを作った会社は以下の通り。

  • タワー1(右側):日本/ハマザ
  • タワー2(左側):韓国/サムスン

お互いが競い合った結果…当時世界一の高さを誇ったペトロナスツインタワーがわずか29ヶ月で完成!しかし、その反面で建設過程にはさまざまな問題も発生しました。

その作業、ちょっと待った!

韓国側が日本を追い抜こうと物凄い速さで建設を進めて行く中、41階まで建設した段階でタワーが傾いていることが判明。

当時この傾きを修正する技術を持たない韓国は日本に相談。タワー1からタワー2にかけてブリッジを渡すことでトラブルを回避。そして現在のペトロナスツインタワー完成に至りました。

結局、ペトロナスツインタワーは傾いているの?それともデマ?真相はいかに!

現在の傾きは完成当初より0.8cm程度、傾いているとのこと。しかし、この傾きは最大でも4.5cmで止まると予想されており、このまま傾き続けゆくゆくは倒壊するといったことは無いので、ご安心ください。

結論、ペトロナスツインタワーが傾いているのは”事実”ですが、建設過程で倒壊しないよう処置が取られているので、安心して夜景など観光をお楽しみいただければと思います。

ペトロナスツインタワーを見に行こう!

以上、ペトロナスツインタワーの概要や魅力、アクセス方法をはじめ、気になる噂の真相や確実に展望台に入る方法をご紹介しました。

写真で見るだけでも迫力あるペトロナスツインタワーですが、実物は想像以上!闇夜に浮かぶ白銀の姿に思わず時を忘れて見入ってしまうでしょう。

ペトロナスツインタワー内にあるスリラKLCC内には飲食店もあるので、食事を済ませてから、じっくりと夜景を楽しんでも良いかと思います。せっかくマレーシアに訪れたのであれば、ぜひ!ペトロナスツインタワーにも行ってみてくださいね。

RECOMMEND クアラルンプールのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事