" />

<日帰りorホテル泊>世界遺産モンサンミッシェル現地ツアーを徹底解説!

観光
3311views

世界でも有数の絶景スポット、モンサンミッシェル。その美しさと歴史的価値の高さから、世界遺産にも登録されているので、1年を通して国内外から多くの観光客が訪れています。

しかしいざ「フランスに行くことが決まったから、モンサンミッシェルも行っておこう!」と思って調べてみると、ツアーがたくさんありすぎて迷ってしまうのではないでしょうか?

本記事では“モンサンミッシェル”を100%楽しめるように、一般的なツアーのメリットからデメリットまでそれぞれ詳しくご紹介致します。

これからフランス旅行を考えている方は必見ですよ!

そもそもモンサンミッシェルとは?

フランスで最も有名な世界遺産として知られている「モンサンミッシェル」。潮の満ち引きにより、海に浮かび上がってみえることから“海の上のピラミッド”とも呼ばれています。

モンサンミッシェルは708年に建設されて以来、数百年をかけて増改築されて現在の姿になりました。徐々に姿を変えていった為、様々な時代の建築様式が組み合わさっているのが特徴。独特の美しさを創り出しています。

戦争においての要塞、フランス革命時の収容所など、本来の礼拝堂以外の役割も果たしてきたモンサンミッシェルは、どこを見ても積み重ねてきた歴史の重厚感が感じられます。一生に1度は行っておきたい観光スポットです!

「モンサンミッシェルツアー」にはどんな種類があるの?

パリから日帰りで行くことも可能なモンサンミッシェルが楽しめるツアーは、大きく分けて2種類

  • 1日でモンサンミッシェル観光を終えられて、効率よくフランス観光を楽しめる日帰りツアー
  • 見所の多いモンサンミッシェルをじっくり楽しめる宿泊ツアー

いろいろな会社がツアーを催行しているので、どれが良いのか迷ってしまいますね。

ここからは具体的なツアーの種類と、楽しみ方について解説します。ツアー選びの参考にしてくださいね!

日帰りで行く!モンサンミッシェルツアー

ここでは、いろいろな旅行会社によるモンサンミッシェル日帰りツアーの基本的な内容をご説明します。

日帰りモンサンミッシェルツアーのコース内容

モンサンミッシェルの日帰りツアーで最もシンプルなスケジュールは以下の通りです。片道約5時間、トイレ休憩を挟みながらの移動が一般的。

  • 7:20 バスにて出発
  • 12:30 モンサンミッシェル着
  •     自由行動

  • 16:50 モンサンミッシェル出発
  • 21:20 解散

上記をベースにその他オプションのツアーをチェックしましょう!

モンサンミッシェル日帰りツアーの所要時間

モンサンミッシェルまで個人で行く場合はTGV(高速鉄道)を使うことが一般的ですが、ツアーの場合はバスを利用することがほとんど。そのため所要時間は往復の移動時間だけでも約10時間、トータルでは約14時間!

行程の大半が移動時間に使われるため、モンサンミッシェルを実際に散策できるのは約4時間程度。じっくりとモンサンミッシェルを観光したい方には短すぎる時間のようにも思えますが、“修道院”や“王の門”など最低限の見所ポイントは押さえることができますよ。

モンサンミッシェル日帰りツアーの費用相場

モンサンミッシェルの日帰りツアーにかかる費用は、シーズンにもよりますが、行き帰りのバス料金込みで平均約130ユーロ。

日本語ガイドや、プライベート空間バッチリの専用車などオプションで追加する場合には500ユーロを超えることも!

他にもノルマンディー地方の田舎街を訪れたり、バスではなくヘリコプターで行くモンサンミッシェルツアーなど、盛りだくさんの現地ツアーが催行されているので、自分にぴったりのツアーを選んでくださいね!

モンサンミッシェルで外せない2つの見どころ

モンサンミッシェルの現地ツアーでは、基本的には自由行動となります。なかにはモンサンミッシェル内のおすすめスポットを案内してくれるツアーも。4時間という限られた時間で、絶対に見ておきたい2つのポイントをご紹介します!

①グルメを楽しむ!

まずおすすめしたいのは、旅行の醍醐味の1つでもあるグルメ。モンサンミッシェルには、世界的に有名になっている名物グルメがあるんです!ご存知の方も多いでしょう。それは、オムレツ!

卵をリズミカルによくかき混ぜることによってできたオムレツは、ふわふわのスフレ状で大きく膨らんでいるのが特徴。口に入れた瞬間泡のように消えて無くなる、これまでにない新食感が楽しめます。あっという間にしぼんでしまうので、写真撮影を忘れずに

この独特なオムレツの元祖である「ラ・メール・プラール(La Mère Poulard)」は混雑していることが多いのがネック。今では他のお店でも提供しているので、空いている穴場店を見つけましょう。

②大通り「グランド・リュ」を歩く!

モンサンミッシェル内で1番大きいメイン通りが「グランド・リュ(Grande Rue)」。

前述した名物のオムレツを提供するお店や、かわいい雑貨のお店が所狭しと並んでいます。

観光客のほとんどが必ず訪れるので、絶えず人で賑わい活気に溢れているストリート。メイン通りと言えど幅は広くないので、ヨーロッパらしい細い路地に迷い込んだかのような気分を味わえるのも魅力です。

ただ散策するだけでも十分に楽しめますが、お土産屋さんも多いのでモンサンミッシェル土産を買うのもおすすめクッキーや塩、リンゴ酒など定番のお土産は、プレゼントに喜ばれること間違いなしです!

もっと楽しむモンサンミッシェル!ディナーツアー・ノルマンディー観光

モンサンミッシェルだけを観光するだけではちょっと物足りない方におすすめしたいのが、周辺のノルマンディー地方の港や村に寄り道するツアーや、モンサンミッシェルでディナーを満喫するコースです!

パリからモンサンミッシェルまでの道中で寄り道をするルートなので、時間を無駄にすることなくノルマンディー地方を存分に楽しむことができます。

ここでは寄り道ツアーでセットで観光することの多い場所をご紹介しましょう。

  • 【ノルマンディーの村に寄り道】

パリ発のモンサンミッシェル日帰りツアーのなかで圧倒的に多いのが、行く途中にフランス北西部の街に寄るコースです。

トイレ休憩を兼ねて、田舎村らしいのどかな雰囲気と、まるで童話の世界に迷い込んだかのような可愛らしい街並みが楽しめます。

なかでもよく選ばれるのが、港町のオンフルール。中世の雰囲気を色濃く残した木組みの建物たちは、どこを撮っても画になる可愛らしさ!写真を撮る手が止まりません!

ほかにも過去にタイムスリップしたかのようなノスタルジックな気分を味わえるディーヴ・シュール・メール村やブブロン村、ラ・ブイユ村など、パリ観光では体験できない“人々の暮らし”が身近に感じられる村を訪れます。

  • 【優雅なディナーを満喫】

日帰りツアーでは、16時すぎにはモンサンミッシェルを出発してしまうことが大半ですが、夕方や夜の姿が見られないのが残念なところ。

モンサンミッシェルでディナーが楽しめるツアーでは、絵はがきなどでよく見られる夕暮れや、ライトアップされた夜の姿を見ることができます。

ディナーの場所は、モンサンミッシェルの対岸にあるホテルやレストランなので、モンサンミッシェルの姿を眺めながらロマンティックな食事を堪能できますよ♩

ディナーツアーでは、パリに帰着するのは24時過ぎになってしまいますが、絶景に出会えること間違いなし!

カップルはもちろん、お一人様にもおすすめです。贅沢なごほうびの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

じっくり観光!モンサンミッシェル宿泊ツアー

ここからは、ゆったりと楽しむモンサンミッシェルのご提案。実際にどの程度じっくり楽しめるのか、一般的な宿泊ツアーの内容をご紹介しましょう!

モンサンミッシェル宿泊コース内容

1日目

  • 7:10 バスにて出発
  • 12:00 モンサンミッシェル到着・自由行動
  • ホテルに各自チェックイン

2日目

  • 11:00 朝食後、各自チェックアウト・自由行動
  • 16:00 モンサンミッシェル出発
  • 21:00 パリ到着

日帰りツアーとの差は歴然。1日目は自分の思う存分モンサンミッシェルを楽しみ尽くせるので、ホテルに19時にチェックインしたとしても自由時間は約12時間もあります!

実際に泊まれるモンサンミッシェルのホテル

宿泊ツアーには大きく分けて2種類。島内のホテルか、対岸のホテルに泊まるツアーのどちらかを選ぶことになります。

ここでは実際にツアーで使われることの多いホテルをご紹介しましょう!

  • ホテル・ラ・メール・プラール(Hotel Restaurant La Mere Poulard)

モンサンミッシェル島内にある、ふわふわのオムレツ発祥のお店ではホテルも営業中。創業は中世だという老舗中の老舗で、数多くの著名人が泊まった事でも有名です!

島のメイン通り「グランド・リュ」に面しているので、15分あればモンサンミッシェルのどこにでも行くことのできるアクセスのよさもポイント。

歴史の長いホテルで、朝起きてから眠るまでモンサンミッシェルの重厚感を満喫してみてはいかがでしょう。

島内のホテルに宿泊する最大の魅力は、営業時間が終わった後でもモンサンミッシェル散策を楽しめるということ。時期によっては18時に営業が終了してしまう店が多いので、その後も楽しめるのは大きなメリットですね!

  • ホテル・ル・ルレサンミッシェル(Le Relais Saint-Michel)

モンサンミッシェルの対岸にある4つ星ホテル。モンサンミッシェルとホテルの間には何もないので、まるで絶景を独り占めしているような感覚を味わえます。

ホテルの目の前にはシャトルバス乗り場があり、すぐそばにお土産屋さんもあるのでとても便利!シンプルでモダンな室内は、観光で疲れた体を癒してくれますよ。

対岸のホテルに宿泊する最大の魅力は、常にモンサンミッシェルの姿が観れること。部屋のタイプにもよりますが、朝起きた瞬間にモンサンミッシェルが目に入れば観光気分も高鳴りますね!

モンサンミッシェル宿泊ツアーの費用相場

シーズンはもちろん、ホテルのランクによっても大幅に値段が変わるので一概には言えませんが、モンサンミッシェルの宿泊ツアー料金はは250〜350ユーロが大体の相場。

特に対岸のホテルだと、部屋からモンサンミッシェルが見えるかどうかで価格が異なりますます。費用を安く抑えたいときには、内陸向きの部屋にするのもひとつの手段です。

日帰りでは味わえない!宿泊ツアーのメリット

宿泊ツアーには、日帰りツアーよりもおすすめできる理由がたくさんあります!

自由時間の長さはもちろん理由の1つですが、1番の理由はいろいろなモンサンミッシェルの姿を楽しめるということ。

朝焼けの中で神々しいとまで感じられる姿や、日中太陽光が反射してきらきらと輝く海に囲まれている姿夕日に染められた情緒溢れる姿や、ライトアップされたロマンティックでムーディーな姿など、モンサンミッシェルは時間によって見せる表情が全く異なります。

どれも心が揺さぶられるような美しさなので、時間に余裕がれば是非色々な表情を目に焼き付けて下さい。またスケジュールに無理がないので、体力面が不安な方でもマイペースに楽しめるのも大きなポイントです!

モンサンミッシェル観光ツアー参加で気になること〜トイレ・ガイド・一人参加について〜

ここからは、モンサンミッシェル観光でツアー知っておきたい3つのことを解説します。

①モンサンミッシェルのトイレ事情

バスツアーの場合、その行程は片道約5時間と長丁場。でもトイレについてはご安心ください!ツアーの道中では必ず途中トイレ休憩を挟みます。

しかし、それ以外で休憩することはないので、トイレ休憩でストップした際には必ず済ませておいてくださいね。また、モンサンミッシェルの島内にある公衆トイレは、ほとんどが有料です!

無料の公衆トイレは2カ所しかないので、無料の公衆トイレはいつも長蛇の列。混雑を避けるため、レストランに入った際には必ずトイレを利用するなど工夫しましょうね。有料トイレはお釣りが出るシステムではないので、小銭の用意が必要です。

特にモンサンミッシェル観光に欠かせない「修道院」では要注意!トイレは入るところの1カ所のみで、あとは修道院を出るまで無いので先に行っておきましょう。

②モンサンミッシェルで利用したいオーディオガイド

日本語ガイドがついたツアーでは、モンサンミッシェルの歴史や見どころ、おすすめのお店も教えてくれるのでとても便利で安心です。しかし、それなりの出費は避けられません。

そんなときにおすすめなのが、オーディオガイド!モンサンミッシェルの入り口でレンタルすることができて、値段はたったの4.5ユーロ。気軽に利用できますね!

オーディオガイドはとても分かりやすいと評判が高いので、利用しないと勿体ない!

③個人(一人)参加はできる?

一人旅でもモンサンミッシェルを楽しみたい!という方も多いはず。しかしツアーによっては参加人数が2人からの場合があるので注意が必要です。必ずツアーの要項を確認してから予約してくださいね。

最近では女性の一人旅が増えているように、年代問わず一人でも参加する方も多いので、催行OKの場合には気軽に参加してみましょう!一人ではちょっと不安なパリからの遠出でも、ツアーなら安心。旅先での良き出会いに巡り会えるかもしれません!

モンサンミッシェルのベストシーズンは、夏!

モンサンミッシェルのベストシーズンは夏だと言われています。

その理由は日の長さ。朝早くから夜遅くまで観光がじっくり楽しめるので、世界中から観光客が訪れます。

オフシーズンと言われている冬は、寒さが厳しいのがデメリット。ですが、太陽が沈む時間が早いので日帰りツアーでも夕暮れやライトアップされたモンサンミッシェルをみることができることがメリット!夏ほど混雑していないのでゆったりと観光したい方にもおすすめです。

また、潮の満ち引きで予定を決めてみてはいかがでしょう?

モンサンミッシェルの景観に重要な役割を担っている海の状態。大潮の時期になると、橋が水没してモンサンミッシェルがぽっかりと海に浮かぶ様子が見られます。1日に満潮と干潮は訪れますが、年に数回しかない大潮の時期のモンサンミッシェルは、まるで絵画のような美しさです!

モンサンミッシェルツアーに行くときの最適な服装!

モンサンミッシェルは1年を通して東京よりも3〜5℃程度温度が低いので、夏でも比較的快適に過ごすことができます。ただし地形上、潮風の影響を強く受けるので朝や夕方以降は長袖が必須

天気が変わりやすく、1日のなかで寒暖差も激しいので注意が必要です。季節にかかわらず雨が降ることが多いので、必ず折りたたみ傘などの雨具を忘れずに持っていきましょう。

またバスツアーは移動時間が長いので、車内でもリラックスできる服装がおすすめ。ゆったりした服やスニーカーなど、なるべくストレスのかからない服装を選んでくださいね。

モンサンミッシェルツアーの料金が安い時期は…1月〜2月!

モンサンミッシェルに行きたいけれど、ツアー代金はできるだけ安く抑えたい!という方におすすめなのが、オフシーズンの1月後半〜2月飛行機代やホテル代が安くなるので、かなりお得に楽しむことができます!

またオフシーズンとは言っても超人気の観光スポットなので、土日祝は宿泊料金が高くなります。週の真ん中が安くなりやすいので、水曜日や木曜日を中心にツアーを探すのがお得に楽しむコツですよ!

モンサンミッシェルツアーまとめ

世界遺産のモンサンミッシェルは、フランスに訪れた際には必ず行きたい観光スポット。日帰りも宿泊も、どちらも良い点があるので、理想のフランス旅行に合うツアーを選ぶのが大切です。

フランス語でのコミュニケーションが不安な方も安心して利用できるツアーはいろいろな種類があるので、きっとあなたにぴったりのものが見つかります!

自分に合うツアーを利用して120%モンサンミッシェルを楽しみ、人生最高の思い出を作ってくださいね

sakazume
WRITER sakazume
海外旅行が大好きで、学生時代は長期休みの度に行っていた程。将来は海外に住みたいです。 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND パリのおすすめ記事

【完全攻略】2019最新版★パリ・ディズニーパークガイド〜行き方、チケット、アトラクション情報など〜

ピンク色の「眠れる森の美女の城」がシンボルとなっているフランス・パリのディズニーパークには、2つのパークがあります。本記事では、人気のアトラクションやお土産、グッズ、おすすめのホテルやパリディズニーへの行き方、混雑情報ま…

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事