" />

ニューヨークでミュージカル!おすすめ7選&チケット購入法

観光
4409views

ニューヨークの観光地として有名な「ブロードウェイ」にはミュージカルや演劇のシアターが40軒以上存在します。ここでは、初めての人でも楽しめる「おすすめの人気ミュージカル7選」と「チケットの予約、購入法」の基本的な事から、席の選び方や服装についての予備知識まで分かりやすく紹介しています。ブロードウェイ初心者は必見です!

ニューヨークのミュージカルについて


ニューヨークのミュージカル街として有名な「ブロードウェイ」は、タイムズスクエア周辺に位置しています。世界中の旅行者が訪れる観光地ともなっていて、中でも41th Streetから54th Streetの間にある500席以上の座席を持つ劇場で上演されている作品は「ブロードウェイ・ミュージカル」と呼ばれています。

「ブロードウェイ・ミュージカル」は、ミュージカル界の最高峰と言われてると同時に、人気ミュージカル作品の発信地となっています。ブロードウェイで人気が出た作品は、一流として扱われ、ロングラン公演となった作品は、日本やロンドンなど世界中で上演されることが多くあります。

ニューヨークのミュージカル観劇は初めてでも、日本で観劇したことのあるミュージカル作品や、よく知らないけど聞いたことはあるといった作品もあるかもしれません。

英語でも楽しめるの?


ブロードウェイ・ミュージカルはもちろん英語での上演となります。英語があまり得意でない人にとっては、「何を言っているか分からないから楽しくないのでは?」と不安になったり、観劇にイマイチ乗り気になれなかったりする事がありますが、心配ありません。

ミュージカルとはキャストの歌・ダンス・表現力を楽しむものですので、英語が分からなくても問題ありません。

どうしても不安な場合は、行きたい作品が映画化されているかを調べて、DVDなどでストーリーを把握しておくと良いでしょう。また、翻訳機を借りるという手もありますが、同時進行で翻訳されていくのでミュージカルに集中できず楽しみが半減することがあるのであまりおすすめできません。

本場のミュージカル!頭ではなく、心や肌で観てみましょう♪

ニューヨークのおすすめ人気ミュージカル①オペラ座の怪人(The Phantom of the Opera)

「オペラ座の怪人(The Phantom of the Opera)」日本でも劇団四季が上演している有名なミュージカルです。30年以上のロングラン公演を誇るブロードウェイミュージカルは一度は必ず観ておきたい人気作品です。

2004年にミュージカル映画として映像化もされているので、ストーリーを知らない人は事前に観ておくとより世界観を楽しむ事ができます。

パリのオペラ座を舞台に繰り広げられる、オペラ座の怪人と歌姫クリスティーヌの悲哀物語です。

見どころは、タイトルにもなっている劇中歌「The Phantom of the Opera」。クリスティーヌの歌唱力に圧倒されること間違いなし!

他にも、「Think of Me」「Music of the Night」「Masquerade」も、日本でも歌われることの多い曲なので、耳にしたことがあるかもしれません。

チケットの手に入りやすさは、30年以上のロングラン公演なので、比較的チケットが入手しやすくなっています。予約をしなくても、当日券で観劇できる可能性が高いでしょう。

 

オペラ座の怪人(The Phantom of the Opera)の劇場情報
劇場:Majestic Theatre
住所:245 W 44th St, New York, NY 10036
電話:212-239-6200
営業時間:月~土→10:00am~8:00pm 日→12:00pm~6:00pm
休演日:日曜日
基本スケジュール:月・水・金→8:00pm 火→7:00pm 木・土→2:00pm, 8:00pm
チケット料金:約$88~
公演時間:2.5時間

ニューヨークのおすすめ人気ミュージカル②ライオン・キング(The Lion King)

ディズニーミュージカルの中でもトップクラスの人気を誇る「ライオン・キング」。1998年のトニー賞では「ミュージカル作品賞」や「オリジナル楽曲賞」など全部で11部門を受賞した人気作品です。日本でも劇団四季がロングラン公演していることで有名です。

ディズニー映画を基本としているので、ストーリーを把握したい時は、あらかじめDVDなどで予習しておくと良いでしょう。

アフリカのサバンナを舞台に、プライドランドの王様であるライオン「ムファサ」の子どもである「シンバ」の涙あり、笑いありの成長物語。子どもでも問題ないほど、英語が分からなくても楽しめる作品です。

ミュージカルならではのパワフルな歌声や、野生動物のリアルな表現に鳥肌が立つ人も。加えて、壮大な美術セット、小道具、衣装、特殊メイクはライオン・キング観劇を楽しむ見どころのひとつとなっています。

また、1幕の子ども時代のシンバは実際に子どもが演じていますが、そのクオリティの高さには脱帽します。

「ハクナ・マタタ」や「愛を感じて」などの有名な曲はもちろん、ブロードウェイ版ではオリジナル楽曲がたくさんプラスされています。

オープニングの「Circle of Life」は感動必至!

ライオン・キング(The Lion King)の劇場情報
劇場:Minskoff Theatre
住所:200 W 45 Street, New York, NY
電話:866-870-2717
営業時間:月曜~土曜→10:00~20:00 日曜日→11:00~19:00
休演日:月曜日
基本スケジュール:火・水→7:00pm 木・金→8:00pm 土→2:00pm, 8:00pm 日→15:00pm
チケット料金:約$142~
公演時間:2.5時間

ニューヨークのおすすめ人気ミュージカル③ハミルトン(Hamilton)

「ハミルトン(Hamilton)」はロングラン公演でも比較的新しいミュージカル作品です。2015年に初めてオフ・ブロードウェイで上演されると、瞬く間に大ヒット!あっという間にオン・ブロードウェイでの上演&ロングランとなりました。

2016年のトニー賞には、13部門16ノミネートを獲得し、過去最多ノミネート記録となりました。

身寄りのない孤児だった時代から出世し、アメリカ建国の父の1人、米国初代財務長官となった「アレクサンダー・ハミルトン」の生涯を描いたストーリー。ヒップ・ホップ、R&B、ロックンロールなど、ブロードウェイミュージカルには珍しい楽曲を使用しているところが人気の理由でもあります。

現在入手困難なチケットのひとつとなっていて、チケット料金も高騰中なので、できれば事前に予約して席を確保しておきたいところです。

ハミルトン(Hamilton)の劇場情報
劇場:Richard Rodgers Theatre
住所:226 West 46th Street New York, NY 10036
電話:212-221-1211
営業時間:月曜~土曜→10:00am~8:00pm 日曜日→11:00am~6:00pm
休演日:月曜日
基本スケジュール:火・水→7:00pm 木・金→8:00pm 土→2:00pm, 8:00pm 日→15:00pm
チケット料金:約$139〜
公演時間:2時間45分

 

ニューヨークのおすすめ人気ミュージカル④シカゴ(Chicago)

「シカゴ」はブロードウェイで20年以上ロングラン上演されている人気作品です。女優の米倉涼子さんがアジア人初のブロードウェイ「シカゴ」の舞台に立ったことでも有名です。

大人向けの作品で、舞台は1920年~33年の禁酒法時代。愛人殺しの罪で逮捕されたクラブ歌手ロキシー・ハートが、悪徳弁護士とマスコミを利用し無罪を勝ち取ろうとするショービジネス物語。

シカゴと言えば、主役をはじめキャストのセクシーな衣装が思い浮かびますが、ただセクシーなだけではなく、ブロードウェイを代表するダンスと演出はまさにエンターテイメント!鬼才と呼ばれたボブ・フォッシーの振付は見逃し厳禁です。また、冒頭の「Overture/And All That Jazz」はシカゴを代表する名曲です。

観劇後はアドレナリン大放出間違いなし!ニューヨークの街並がまた違って見えるかもしれません。長年ロングランのミュージカルなので、チケットは比較的手に入りやすいでしょう。

シカゴ(Chicago)の劇場情報
劇場:Ambassador Theatre
住所:219 West 49th Street New York, NY 10019
電話:212-239-6200
営業時間:月曜~土曜→10:00am~8:00pm 日曜日→11:00am~6:00pm
休演日:水曜日
基本スケジュール:月・火・木・金→8:00pm 土→2:00pm, 8:00pm 日→2:00pm, 7:00pm
チケット料金:約$69.50~
公演時間:約2時間30分

ニューヨークのおすすめ人気ミュージカル⑤ウィキッド(Wicked)

「ウィキッド(Wicked)」は2003年に大手映画会社「ユニバーサル・ピクチャーズ」が出資した大ヒットミュージカル作品。舞台セットや音響設備などすべてにお金をかけた豪華さは一目瞭然です。

ブロードウェイシアターの中で最大を誇る一番大きい劇場で上演されていて、シアター全体を使った演出は観客をウィキッドの世界に引き込んでくれます。日本では以前、劇団四季によって上演されたり、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で一部のみを上演していた時期がありました。

「ウィキッド」は、少女ドロシーの冒険物語として世界中で知られている「オズの魔法使い」の裏話として構成されたものです。緑色の肌をした西の悪い魔女「エルファバ」と南の良い魔女「グリンダ」の友情を描いたストーリーとなっていて、悪い魔女と言われている「エルファバ」が主人公です。

本当は心優しく正義感の強いエルファバがなぜ悪い魔女と呼ばれるようになったのか?その理由を解き明かしていく奥が深いお話です。

初代キャストでエルファバを演じていたのは、アナと雪の女王でエルサ役をしていた「イディナ・メンゼル」。楽曲が特に素晴らしく、「Defying Gravity」はエルファバが自由を求めて歌う特に有名な曲です。

内容が少し複雑なので、ストーリーをしっかりと把握したい人は、童話「オズの魔法使い」の物語を復習しておくことをおすすめします。

ウィキッド(Wicked)の劇場情報
劇場:THE GERSHWIN THEATRE
住所:222 W. 51st St. (between Broadway & 8th Ave)New York City
電話:212-586-6510
営業時間:月曜~土曜→10:00am~8:00pm 日曜日→12:00am~6:00pm
休演日:月曜日
基本スケジュール:火・木→7:00pm 水→2:00pm, 7:00pm 金→8:00pm 日→3:00pm
チケット料金:約$89~
公演時間:約2時間30分

ニューヨークのおすすめ人気ミュージカル⑥アラジン(Aladdin)

「ディズニー映画をあまり知らないけど、アラジンなら観たことがある。」そんな人も多いのでは?日本でもファンの多いディズニー映画「アラジン」のミュージカル作品です。

日本でも劇団四季が上演していますが、チケットは常に完売状態の人気ぶり。本場ブロードウェイでも、カップル、友人、ファミリーと幅広い年代の観劇者で連日賑わっています。

「アラジン」は王国アグラバーを舞台に、王国のプリンセスである「ジャスミン」と貧しいが清い心を持った「アラジン」との恋愛ストーリー。

2人の間を邪魔する魔術師「ジャファー」と、2人の恋を応援するランプの精「ジーニー」など魅力いっぱいのキャラクターがたくさん登場します。

ある日突然、映画の世界がそのまま劇場に現れたかのようなセットは圧巻!アラジンとジャスミンが魔法の絨毯にのって空の散歩をしながら歌う「A・HOLD・NEW・WORLD」には思わずうっとりしてしまいます。

アラジンの世界が繰り出すド派手な演出は、大人でもドキドキ・ワクワクすること間違いなし!

 

アラジン(Aladdin)の劇場情報
劇場:New Amsterdam Theatre
住所:New Amsterdam Theater, 214 West 42nd Street
電話:866-870-2717
営業時間:月曜~土曜→9:00am~8:00pm 日曜日→10:00am~6:30pm
休演日:月曜日
基本スケジュール:火・木→7:00pm 水→1:00pm, 7:00pm 金→8:00pm 日→3:00pm
チケット料金:約$57~
公演時間:約2時間45分

ニューヨークのおすすめ人気ミュージカル⑦ブック・オブ・モルモン(The Book of Mormon)

「ブック・オブ・モルモン」は日本ではあまり馴染みがないミュージカルですが、ブロードウェイでは連日SOLD OUTの大人気作品です。
ニューヨーク・タイムズが「今世紀最高のミュージカルだ!」と絶賛。

モルモン教を布教しようと、アフリカのウガンダに送られた二人の若い宣教師「エルダープライス」と「エルダーカニングハム」が主人公。

ウガンダに着いたもののそこは、AIDSや貧困などの問題を多く抱えていて神様など信じていないところでした。それでもモルモンの教典を片手にモルモン教の布教に励むといったストーリー。

一見、真面目で固そうな作品かと思いますが、実はジャンルはコメディー!「オペラ座の怪人」や「ライオンキング」のパロディーなどが出てきたり、英語が分からなくても楽しめる部分はありますが、基本的にスラングや下ネタ満載のセリフなので、ある程度の英語力があったほうがより楽しめます。

しかし、英語が分からなくても楽しめるのがブロードウェイミュージカルの魅力!楽曲は名曲揃いとなっています。

それもそのはず!「ブック・オブ・モルモン」の楽曲提供は、「アナと雪の女王」の「Let it go」を制作した「Robert Lopez」。「I BELIEVE」は、特に雰囲気がすごく似ています。

アメリカのブラックジョークが好きな人、他のミュージカル作品のオマージュなどが許せる人にはおすすめの作品です。

ブック・オブ・モルモン(The Book of Mormon)の劇場情報
劇場:Eugene O’Neill Theatre
住所:230 West 49th Street
電話:877-250-2929
営業時間:月曜~土曜→10:00am~8:00pm 日曜日→12:00am~6:00pm
休演日:月曜日
基本スケジュール:火・水・木→7:00pm 金→8:00pm 土→2:00pm, 8:00pm 日→3:00pm
チケット料金:約$69~
公演時間:約2時間30分

ニューヨークのミュージカル鑑賞:チケットの購入方は?


いざ「ニューヨークでミュージカルを観よう!」と思っても、チケットの買い方が分からないと、あたふたしている間に買いたいチケットが売り切れてしまった…。なんてこことも。

そこで、ここではいくつか存在するブロードウェイミュージカルのチケット購入方法について紹介していきます。

①公式ウェブサイトで購入する


旅行に行く前から席を確保する事ができる「公式ウェブサイトからの購入」が一番確実にチケットを手に入れられます。

もちろん定価の値段なので、人気作品に起こりがちなチケットの高騰に左右されることなく買うことができます。

チケットの受け取り方法は、当日各劇場のチケット売り場で受け取る方法と、自分でプリントアウトしたチケットを使用する方法の2通りです。

劇場でチケットを発券してもらう場合は、支払いに使用したクレジットカード、オンラインで支払った確認書、本人確認のため写真付き身分証明書の提示が必要となっていますので、忘れないようにしましょう。

必ず観劇したいミュージカル作品がある時や、旅行のスケジュールがある程度決まっていて現地でのタイムロスをしたくない時は、事前にWEBサイトから購入しておきましょう。

②劇場窓口で購入する


現地についてから「Box Office」と呼ばれる劇場窓口でも購入が可能です。当日券はもちろん、当日以外のチケット購入も可能です。運が良ければ余っているプレミア席が一般席の値段で購入できることも!

しかし、人気作品の場合は当日チケットにかなりの人が並ぶため、購入する前に売り切れになってしまうこともあるので要注意です。

※タイムズスクエア周辺で、ミュージカル作品のコスプレをしている人が割引チケットを配っている場合があります。見かけたらぜひ割引チラシを貰っておきましょう。

ラッシュチケット・抽選・立ち見席

  • ラッシュチケット
    ラッシュチケットとは、Box Officeのみで販売される格安の当日券です。作品によって販売方法が違ったり、ラッシュチケットがなかったりしますが、$25~$40程度で購入できるのでおすすめです。
  • 抽選
    抽選式のラッシュチケットの場合は、開演の数時間前に抽選会を行い、当選した人がラッシュチケットを購入できる仕組みとなっています。最前列が用意されている作品もあり、かなりお得です。しかし、抽選時間などがあるため、ある程度時間に余裕のある人向けとなります。最近ではオンラインで抽選している作品もあるので公式サイトは見逃さないようにしましょう。
  • 立ち見席
    座席は完売の作品でも、当日に立ち見席を販売することも!$30前後でチケットが手に入るのでかなりお得ですが、立ちっぱなしになるので体力がいります。

③TKTSで購入する

観光地として有名なタイムズスクエアのすぐそばにある「TKTS」はブロードウェイミュージカルのディスカウントショップです。

ディスカウント率は最大で50%のため、運が良ければ人気のブロードウェイミュージカル作品が定価の半額で観劇することができます。

ここで注意したいのは、全てのブロードウェイミュージカルのチケットが売っているわけではないということ。毎日売り出される作品が違うので、TKTSの公式サイトかアプリから観たいチケットが売り出されているか確認しましょう。

④ツアーに申し込んで購入する

手続きをしている時間がない!誰か代わりに全部やってほしい。そういう場合は、ブロードウェイミュージカル作品を観劇するツアーを申し込みましょう。

若干割高にはなりますが、ツアー会社がチケットを手配してくれるのでツアー当日を待つのみの手軽さがあります。

▼夜景ツアーとセットで楽しむ方も多いようですね!

ニューヨークのミュージカル鑑賞:席の種類と選び方


ここでは、座席の種類や目的別による席の選び方について紹介していきます。

座席の呼び方

ブロードウェイ劇場は2階席または3階席のある劇場で、1階席をオーケストラ(Orchestra)2階席をメザニン(Mezzanine)3階席をバルコニー(Balcony)と呼びます。

1階席の中央ブロック10列目あたりと、2階席の中央前列の席はプレミアム席と呼び、その名の通り劇場内で一番高い座席となっています。

舞台全体が観たい!

おすすめは、1階オーケストラ席の中列から後方の席、または2階メザニン席の前方。プレミア席までは望まないけれど、ある程度良い席で観たいと思った時はこの辺りを選びましょう。

キャストを間近で観たい!

作品によっては、キャストが客席を通ることもあります。その場合1階オーケストラ席の中央ブロックの両サイド通路側席であればキャストを間近で観劇することが可能です。

とにかく安く観たい!

2階メザニン席の後方エリアと3階バルコニー席が、定価では最も安い席となっています。舞台は遠いので表情などを確認したい時はオペラグラスが必須となります。雰囲気だけでも十分楽しめるという人におすすめです。

劇場によっては一部セットが見切れてしまったり、見づらくなる席でもあるので、何回も観劇したいリピーターの人が好む席でもあります。

ニューヨークのミュージカル鑑賞:どんな服装で観劇すればいい?

ブロードウェイミュージカル観劇にドレスコードはありません。カジュアルな服装で観劇しても問題ありませんが、ドレスアップをしてくる人も多いので、清潔感のある服装が好ましいでしょう。

タンクトップにビーチサンダルなどは避けたほうが無難です。劇場内は冷房や暖房がきついことがあるので、ジャケットやカーディガンなど羽織ものを用意しておくと安心です。

夜公演を観劇する場合は、思い切ってドレスアップして行くのもおすすめ!

ニューヨークの中心で本場ミュージカルを!

ニューヨークにきたのなら一度は観ておきたいブロードウェイミュージカル。一歩足を踏み入れれば、そこには想像を超える本場のエンターテイメントの世界が待っています。

有名なロングランミュージカルから新作ミュージカルまで様々な作品があるので、きっとあなたにぴったりな作品に出会えるはず。

思いっきりミュージカルライフを楽しんで!

ニューヨークのツアー一覧

ニューヨークのおすすめツアーを紹介しています。
★★★★★

RECOMMEND ニューヨークのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事