" />

地獄の暑さ「デスバレー国立公園」観光情報!絶景ポイント&見どころ厳選

観光
63516views

アメリカ旅行でぜひ訪れたい人気の大自然観光スポットといえば、カリフォルニア州の「デスバレー国立公園」です。「死の谷」と呼ばれ、なんと過去には50℃を超す記録的な高気温を観測!そして、世にも珍しい自然現象が見られる場所でもあります。

これまで、多くの映画でもロケ地に使用されてきたデスバレー。この記事では、その見どころや絶景ポイントについてご紹介。特に、ラスベガスやロサンゼルスを拠点とする旅行の郊外観光におすすめです!

デスバレー国立公園とは?

デスバレーは、アメリカのカリフォルニア州に広がる乾燥した盆地。「デスバレー国立公園」としてアメリカの自然保護区に指定されています。全長およそ225キロメートルに渡って山脈が連なり、「パナミント山脈」や「セイライン渓谷」が有名です。

ちなみに、デスバレー国立公園の総面積はおよそ13,158平方キロメートル。全米でも最大級の国立公園となっています!

デスバレーはなぜ暑い!?

デスバレーの特徴はその暑さ!過去には最高気温56.7℃を記録したこともあるほど、強烈な高温地帯です。なぜこんなにも暑いのかというと、その理由は海抜の低さにあります。

海抜が0メートル以下の地域では、地面が乾燥し気温が高くなるというのが地球の摂理。

デスバレーでは、最も低地で海抜下86メートルにもなるため、気温がとても高くなってしまうのです!

「デスバレー」=「死の谷」という名前の由来

「デスバレー」=「死の谷」という恐ろしい名前の由来は、ある言い伝えから来ていると言われています。

アメリカがかつてゴールドラッシュに湧いた時代。金を求めた人々が金鉱地帯だったデスバレーに迷い込み、酷暑のため命を落としたという話です。それほど、ここ一帯は当時から過酷な自然環境の地域だったという、恐ろしい話。

その後、この灼熱の砂漠地帯は「デスバレー国立公園」として保護地域に指定されました。現在では、有名観光スポットとして「グランドキャニオン」や「ヨセミテ国立公園」に並び、多くの旅行者が訪れる名所となっています!

どの国立公園に行こうか迷われている方、各名所の解説をご覧ください!

▶︎「グランドキャニオンは絶対観光すべき!5つの理由

▶︎「【お得情報】ヨセミテ国立公園観光には現地ツアー参加が得する3つの理由

それでは、デスバレーの絶景ポイントをご紹介しましょう。

必見!デスバレーの絶景ポイント3選

広大な面積を占めるデスバレー国立公園には、素晴らしい景色を一望できるポイントがたくさんあります。その中でも、特におすすめの絶景ポイントを3選ご紹介したいと思います。

デスバレーを訪れるなら是非、これらのビューポイントに足を運んでみてください!

デスバレー絶景ポイント①海抜下86メートルの「バッドウォーター」

デスバレーの中心部にある「バッドウォーター」は、結晶化した塩が辺り一面に広がる塩水湖。見渡す限りに白い結晶の模様が続き、とても美しい風景が見られます。これは海抜下86メートルだからこそ見ることのできる絶景です!

世界に点在する塩水湖の観光スポットとしては、近年ではボリビアの「ウユニ塩湖」が有名ですが、デスバレーのバッドウォーターも引けを取らない圧巻の眺望が広がります。

デスバレー絶景ポイント②標高1,669メートルからの「ダンテスビュー」

標高1,669メートルに位置する展望台「ダンテスビュー」からは、前述のバッドウォーターを含むデスバレー全体を一望できます。

おすすめの時間帯は、夕日が沈むサンセットタイム。遠くに連なる山脈に真っ赤な夕日が沈む風景は、地球の営みを間近で感じられる感動的な瞬間です!

ただし、標高がかなり高い場所なので日が沈むと気温が一気に冷え込みます。そのためダンテスビューを訪れる際は、防寒具を忘れずに持っていきましょう!

デスバレーの中でも屈指の絶景をお見逃しなく!

デスバレー絶景ポイント③黄金に輝く山脈「ザブリスキーポイント」

うねうねと波打ったように続く白い岩山「ザブリスキーポイント」は、日の光りを浴びると黄金色に輝きとっても綺麗。これは、何百万年もの年月を経て、自然に造りだされた地形が生みだした天然のアートともいえる、デスバレーの絶景ポイントです。

ザブリスキーポイントは歩くことも可能ですが、かなりの秘境地帯にあるためアクセスはなかなか難しい場所。しかしデスバレーの中でも写真撮影に最もおすすめの絶景とされているポイントなので、カメラを持ってぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。とても貴重な体験になりますよ!

デスバレーで特に注目すべき!3つの見どころ

辺りを見回せば360°が絶景とも言えるデスバレー。ここからは、特に必見の見どころをご紹介しましょう。

世にも奇妙な自然現象「動く石」や星空観測、そしてスターウォーズファン垂涎のロケ地のポイントも要チェック!

デスバレーの見どころ①不思議な「動く石」

デスバレーは、世にも不思議な自然現象が観測できることで知られています。

それは、ひとりでに動く石。なかなか大きな石なのですが、これが地面を引きずったような跡を付けて数キロもの距離を勝手に移動しているというのです。何が原因で動いたのかということははっきりと分からず、長い間重力説や地震説などが考えられてきました。

しかしついに、2014年に原因が解明!石を動かしていたのが氷と風だったということが分かりました。これは一定の条件が満たされたときにだけ起こる「ゴルディロックス現象」といいます。原因が分かったとはいえ、大きな石がひとりでに移動するなんて興味深い現象ですよね。

乾燥した大地に点在する動く石を見つけてみましょう!

デスバレーの見どころ②「スターウォーズ」ロケ地の「サンドデューン」

スターウォーズファン必見!デスバレー国立公園は、映画「スターウォーズ」で度々ロケ地として使用されてきました。

第1作である「エピソード4」の撮影がされたのは、デスバレー砂丘の「サンドデューン」ポイント。まるで別の惑星かのように遠くまで続く砂漠と、大きな岩が連なる景色は、スターウォーズの世界観にぴったりだったのですね!

この他にも、カラフルな岩場の「アーティストパレット」などで撮影が行われてきました。スターウォーズファンにとっては堪らないスポットがたくさんあるため、デスバレーではロケ地の聖地を巡るツアーも催行しています。

見覚えのある風景に遭遇できるかもしれませんね♩

デスバレーの見どころ③夜空に輝く満天の星空

デスバレーでは星空鑑賞もおすすめ!絶景の見どころは塩水湖や砂漠だけではないのです。

デスバレー一帯は、乾燥しているため空気がとても澄んでいます。そのため天体観測にはぴったり!さらに、周辺には街の灯りもないので、都会ではなかなか見ることの出来ないたくさんの星が輝きます。

特に、11月から4月はより空気が澄んでいるので、晴れた日には高確率で満天の星空が見られることでしょう!砂漠に降るロマンチックな星空を、大切な人と眺めてみてはいかがでしょうか。

ラスベガス・ロサンゼルスからデスバレーへの【行き方】案内

砂漠の中心に位置するデスバレーへの行き方は、ラスベガス方面とロサンゼルス方面からの車でのアクセスが一般的。

最も便利なのはバスツアーへの参加ですが、個人で訪れたい場合はレンタカーを借りて向かいましょう!それぞれの方面からの行き方をご紹介します。

デスバレー行き方①ラスベガスからアクセス

ラスベガスからデスバレーへ行くルートはいくつか存在しますが、最も分かりやすいのが車で片道およそ3時間のルートです。

ラスベガス→「ル―ト95」を北上→「アマルゴーサバレー」で「ルート373」に入って南下→州境を越えた「ル―ト127」を直進→「デスバレージャンクション」に到着→右折し「ルート190」を西へ→「デスバレー国立公園」に到着!

ラスベガスの耳寄り観光情報は…「必見!ラスベガス ストリップのおすすめ観光・ホテル15選」をご覧ください!

デスバレー行き方②ロサンゼルスからアクセス

ロサンゼルスからデスバレーへ行くルートは、車で片道およそ5時間。ラスベガスよりも遠い道のりになります。

ロサンゼルス→「インターステートハイウェイ」の「ルート15」を北へ→「ベーカー」から「ルート127」を直進→「デスバレージャンクション」に到着

移動は長旅になるので、途中ガソリンスタンドで給油したり、休憩を取りながら向かいましょう!

ラスベガスの注目観光情報は…「【ネバダ州ラスベガス】観光でしたいこと!7つのToDoリスト」をご覧ください!

デスバレー国立公園周辺【おすすめのホテル】

デスバレーの絶景は見飽きることがありません。より深く大自然を堪能したい方におすすめなのは、日帰りよりも宿泊して観光するスケジュール。

デスバレー国立公園の敷地内、周辺には宿泊ホテルが営業しています。特におすすめのホテルをご紹介しましょう!

デスバレーおすすめホテル①「デスバレー・イン」

「デスバレー・イン」は、デスバレー国立公園の入り口付近から14kmという立地に位置するモーテル。デスバレー観光の中心地までも約55分とロケーションもよく、施設が綺麗だと宿泊客の口コミでも高評価を得ています。

料金は1泊2名で10,000円台と比較的安いのが魅力。無料Wi-Fiも利用可能です。さらに屋外プールも完備しているので、お子様連れでもゆっくり羽を伸ばせるでしょう!

ホテル名 Death Valley Inn
住所 651 US-95, Beatty, NV 89003
電話 +1 775 553 9400
料金目安 10,000円前後
サイトURL http://www.deathvalleyinnmotel.com/

デスバレーおすすめホテル②「ザ・イン・アット・デスバレー・インサイド・ザ・パーク」

デスバレー国立公園の敷地内にあるホテルでは、歴史のある「ザ・イン・アット・デスバレー・インサイド・ザ・パーク」がおすすめ。ザブリスキーポイントまでは5.6kmと好立地!ロケーションとプールの設備が人気です。

お部屋の雰囲気は高級感があり、ラウンジやテニスコートなどの利用も可能。1泊2名で40,000円台で宿泊することができます。グレードアップしたホテルでゆっくりとした時間を過ごす旅行にしてみてはいかがでしょうか?

ホテル名 The Inn at Death Valley
住所 California 190, Death Valley, CA 92328
電話 +1 760 786 2345
料金目安 40,000〜50,000円
※料金は季節や部屋により異なる
サイトURL https://www.oasisatdeathvalley.com/lodging/the-inn-at-death-valley/

デスバレーおすすめホテル③「ストーヴパイプ・ウェルス・ビレッジ・ホテル」

「ストーヴパイプ・ウェルス・ビレッジ・ホテル」は、デスバレー国立公園の敷地内にあるホテルの中でも有名な3つ星ホテル。レトロな外観とお部屋の内装はどこか懐かしく、不思議と落ち着く空間になっています。

こちらのホテルは、家族の一員でもある大切なペットと一緒に宿泊することが可能!スタンダードタイプのお部屋に、1泊2名で宿泊した場合の料金は19,000円ほど。12歳以下の子供は追加料金なしで宿泊できます。部屋により値段が異なるため、事前にお問い合わせください。

ホテル名 Stovepipe Wells Village Hotel
住所 51880 CA-190, National Park, CA 92328
電話 +1 760 786 7090
料金目安 14,500〜23,500円
※料金は部屋により異なる
サイトURL https://deathvalleyhotels.com/

デスバレー宿泊:キャンプ派の方におすすめ「パナミント・スプリングス」

デスバレーでは、満天の星空の下でより自然を感じられるロッジやテントに宿泊してみるのはいかがでしょうか?中でもキャンプ派の方におすすめの施設が「パナミント・スプリングス」です。

宿泊は、テントか山小屋のロッジタイプの部屋から選択可能。テントの大きさによっては、一棟あたり5,000円代からの宿泊料金で泊まることができます。

宿泊費を抑えたい方や学生には特におすすめ!敷地内にはガソリンスタンドや小さなレストランもあるので、宿泊以外で休憩や食事に立ち寄ることも可能です。

キャンプ場 Panamint Springs Motel & Tents
住所 40440 CA-190, Darwin, CA 93522
電話 +1 775 482 7680
料金目安 約5,700〜7,800円(テント泊の場合)
※料金はテントの大きさにより異なる
サイトURL https://www.panamintsprings.com/

デスバレーのベストシーズンは11月〜4月頃!紫外線対策をした服装で!

デスバレーを訪れるなら、ベストシーズンは11月〜4月頃!

夏は気温がかなり高くなり、最高気温は57℃にまで上昇することもあるのであまりおすすめできません。そのため、冬から春がベストシーズンだといえるでしょう。

ただ冬は気温差が激しく、日中20℃前後あった気温が夜にはマイナスを下回る日もあるので、防寒対策が必要です。

乾燥した砂漠地帯のデスバレーでは、1年を通して雨が降る日が少ないため、天候にはあまり左右されないと考えて良いでしょう。しかし一度まとまった雨が降ると、砂漠の特性上、土石流になる場合もあるので要注意

標高が高いところでは日差しが強くなるため、紫外線対策が必須になります。

特に気温が高い夏は、ついつい肌を露出して暑さをしのぎたくなりますが、紫外線から肌を守れるよう羽織りものを持っていくことをおすすめします!

そして帽子やサングラス、日焼け止めも必須アイテム!足元は、転倒を防ぐためにも歩きやすいスニーカーがおすすめです。

ラスベガスのお天気情報は、こちら「ラスベガスの気温って?気候や天気・服装選びなど徹底解説」で詳しく解説!

デスバレー国立公園まとめ

写真で見るだけでもジリジリと暑そうなデスバレーですが、日本ではなかなか感じることのできない過酷な大自然と絶景を、体験しに行ってみてはいかがでしょうか?

ラスベガス旅行やロサンゼルス旅行で郊外観光にお悩みの方は、今回ご紹介した「デスバレー国立公園」をぜひ候補に入れてみてくださいね!

RECOMMEND ラスベガスのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事