" />

絶対行きたい自由の女神!行き方・チケット・注意点まとめ

観光
11241views

ニューヨークにある「自由の女神」は誰もが知っている有名観光スポット!映画などにもよく登場し、アメリカを象徴する場所と言えます。ニューヨークに行くなら必ず立ち寄りたいスポットの1つです。

今回は自由の女神までの行き方やチケット購入方法、観光の注意点など、自由の女神の観光に必要な情報をまとめてお届けします。自由の女神に行きたいと考えている方はぜひ1度チェックしてみてください!

一度は見たい!自由の女神

自由の女神はニューヨークのリバティ島にある像です。正式名称は世界を照らす自由(Liberty Enlightening the World)と言います。自由の女神はアメリカ合衆国独立100年を記念して、独立運動を支援したフランスの人々から贈られました。

1886年に完成した自由の女神は、アメリカ合衆国の自由と民主主義の象徴。自由の女神はアメリカ合衆国ナショナル・モニュメントに指定され、1984年にはユネスコ世界文化遺産にも登録されました。

自由の女神はニューヨークに行ったら必ず立ち寄りたいスポットですが、実は行き方やチケット購入など複雑な部分がたくさんあります。せっかく行ったのに見ることができないという残念な結果にならないよう、こちらでしっかりチェックしてから行きましょう!

自由の女神への行き方

自由の女神へ行くには、フェリーに乗ってリバティ島に行く必要があります。初めての方はタイムズスクエアから行くのが1番わかりやすくておすすめです!

タイムズスクエア駅から地下鉄1番線のダウンタウン行きに乗り、最終駅のSouth Ferry駅で降ります。

フェリー乗り場は、バッテリーパーク(Battery Park)という公園内にあります。駅からフェリー乗り場までは徒歩5分ほど。この駅で降りる人はほとんどフェリー乗り場に行くので周りの人について行けば大丈夫です。フェリー乗り場からフェリーに乗ってしまえば、20分ほどでリバティ島に到着します。

フェリー乗り場に入場するには、事前に予約購入したEチケットが必要。チケットの予約時間はフェリーに乗る時間ではなく、その前のセキュリティチェックを受ける時間です。予約時間の30分前くらいには到着しておきましょう。

  • 名称:Statue of Liberty
  • 住所:Liberty IslandNew York City, NY 10004
  • 電話:+1 212-363-3200
  • 営業時間:8:30-16:00
  • 入場料:後述

▼自由の女神についてはこちらもどうぞ!▼

自由の女神の台座・冠部分への入場方法

自由の女神の台座や冠部分への入場は事前予約が必要です。どちらも人数制限があり、台座は1日3000人まで、冠部分は1日240人までしか入場できません。ですので事前にチケットを購入しておく必要があります。

特に冠部分に入場するチケットは2・3ヶ月先まで予約がいっぱいなので、旅行の日程がわかったらすぐに予約購入がおすすめ。チケットの購入方法は大きく分けて3つありますので後ほど紹介します。

自由の女神の料金

自由の女神のチケットは、リバティ島への上陸のみか台座や冠部分に入場できるかによって料金が違います。それぞれのチケットの料金を紹介します。

  • リバティ島上陸のみ $18.50
  • 上陸&台座入場 $18.50
  • 上陸&台座&冠部分入場 $21.50

上記は大人の料金になります。上陸のみと台座に入場できるチケットは同じ料金なので、ぜひ事前にチケットを購入して台座にも入場したいですね!

自由の女神の観光所要時間

自由の女神に行くのは想像以上に大変です。フェリー乗り場に到着してセキュリティチェックを受け、列に並んでフェリーに乗って…と考えると、自由の女神観光には合計3〜4時間は必要でしょう。

混雑する時期にはフェリーに乗るだけでも数時間並ぶこともあります。行きだけでなく帰りもフェリーに乗らなければいけないので、予想以上に移動に時間がかかることもあります。時間には余裕を持って計画を立てましょう。

もし「行くだけでそこまで時間をかけられない」という方は、ツアーに参加してフェリーの上から自由の女神を眺めるというのもおすすめ。自由の女神の内部には入れませんが、海の上から自由の女神を眺めることができます。またツアーだと時間が決まっているので、次の予定も立てやすいでしょう。

自由の女神のチケット購入方法

自由の女神のチケット購入方法は大きく分けて3種類あるので、それらを紹介していきます。自分の旅行の予定に合った方法を選んでチケットを購入してください。

公式サイト

まず1つ目は、自由の女神の公式サイトで購入する方法です。これが事前に準備できる1番確実な方法です。すでに自由の女神へ行く日が決まっている方はこの方法がおすすめ!

自由の女神の台座・冠部分入場・上陸のみでそれぞれチケットが違うので、どのチケットにするか決めたらカレンダーから空き状況を見てみましょう。

台座や冠部分のチケットは枚数限定なので早めに購入しないと売り切れてしまいます!ちなみに月始めに空きを確認したところ、冠部分は3カ月先まで予約がいっぱいでした!

現地購入

事前に購入できないという方は、当日現地で購入することもできます。ただし、自由の女神の台座や冠部分に入れるチケットは売り切れていてほぼ購入できません。自由の女神があるリバティ島に上陸するのみのチケットになります。

またチケット窓口が混んでいて、チケット購入に長い時間がかかる可能性があります。現地購入も可能ですが、できるだけ事前にチケットを購入しておくことをおすすめします!

シティパス

ニューヨークシティパスやニューヨークパスを利用して自由の女神に行くこともできます。ニューヨークシティパスは、ニューヨークの主要観光スポット6ヶ所を選んで巡ることができるパスです。自由の女神の台座や冠部分には入れませんが、フェリーに乗ってリバティ島に上陸することはできます。

ニューヨークパスは、ニューヨークを走る2階建てのオープントップバス乗り放題&90ヶ所以上の観光スポット巡り放題のパスです。自由の女神があるリバティ島への上陸が可能。またクルーズ船に乗って海の上から自由の女神を眺めることもできます。

ニューヨークシティパスとニューヨークパスは、ニューヨークの観光名所をたくさん巡りたい方にはとてもお得なパスです!どちらも自由の女神の台座や冠部分には入れませんので注意してください。

自由の女神へ行く時の注意点

自由の女神は意外と行くのが大変だったという話をよく聞きます。人気のスポットだからこそ混雑しますし、セキュリティも厳しいのですよね。ここからは自由の女神に行く時の注意点を紹介します。事前に読んでおくと安心して自由の女神へ行くことができるので、よく読んでおいてください。

混雑する時期は数時間並ぶことも!

自由の女神はニューヨークでも特に人気のスポットです。世界中から観光客が押し寄せるため、いつも混雑していると思ってください。中でも年末年始などの特に混雑する時期にはフェリーに乗るのに数時間並ぶこともあります!数時間並ぶことも覚悟で行かないといけませんね。

なるべく並びたくないという方は朝一番のフェリーを予約するのがおすすめです。午後よりも午前中の方が比較的空いているので、予定を立てるときは午前中に自由の女神の観光を入れるようにしましょう。

フェリー乗り場前で持ち物チェックがある

フェリー乗り場へ入場する前に厳重なセキュリティチェックがあります。パソコンを持って行こうとしたら入場できなかったという話もあります。

また、飲み物は持ち込み禁止ですので直前に買ってしまわないよう気をつけてください!フェリー乗り場に入場するときに捨てることになります。フェリーの中では飲み物や軽食を買うことができます。

フェリー入場時間は早めに

フェリーの時間はなるべく早めにするのがおすすめ。後の時間になればなるほどセキュリティチェックの列が長くなり、フェリーに乗るまでに時間がかかります。

また、チケットに記載されている時間はフェリーに乗る時間ではなく、乗り場へ入場する前のセキュリティチェックを受ける時間です。予約時間の30分ほど前に到着することが推奨されているので、早めに行くようにしましょう!

チケット売り場以外で高値でチケットが売られている

自由の女神は人気スポットなので、当日チケットを買おうとすると長蛇の列だったり、売り切れていたりすることがあります。それを狙ってチケット売り場以外で高値でチケットを売っている人がいるのです。

時間がなかったり売り切れで買えなかったりするとその人から買いたくなるかもしれませんが、それはやめておきましょう。通常より高値な上に、何らかのトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

自由の女神に行きたい方は必ず事前に予約するか、現地で正規の方法で購入するようにしましょう。

自由の女神の音声ガイドやお土産について

自由の女神には日本語の音声ガイドがありますので、英語がわからなくても日本語で説明を聞きながら観光することができます。

リバティ島のお土産物屋では自由の女神グッズがたくさん売られていて、大小さまざまな自由の女神像や、自由の女神が持っているトーチをモチーフにしたグッズもあります。

また定番のTシャツやマグカップもお土産として人気♪ただ、自由の女神像はニューヨークの街でもよく見かけるので、ここで買えなくても心配いりません!

▼ニューヨーク人気のお土産はこちら▼

自由の女神の観光禁止ってどういうこと?

たまにニュースなどで自由の女神の観光禁止の話題を目にすることがあります。これは改修だったりいろいろな理由があり、最近では2018年1月に米連邦政府機関の一部業務停止により閉鎖していました。

このような事態は突然起きるので、個人でチケットを購入していた方などは予定が狂ってしまい大変だったようです。その時は結局2日間観光禁止となりました。その間はリバティ島に行くフェリーは予定を変更し、島の周りを通過するだけとなりました。

自由の女神ツアーやフェリーから眺めるツアーも人気!

自由の女神は個人で行くこともできますが、ツアーに参加するのもおすすめです。英語に不安がある方や自分でチケットを手配したことがない方は、ツアーに参加するのが安心でしょう。

ツアーであればチケットを手配してもらえますし、日本語ガイドが同行するので言葉の心配もいりません!自由の女神について日本語で説明を受けながら観光することができます。

また、自由の女神をフェリーに乗って海の上から眺めるツアーも人気。リバティ島に上陸したり、自由の女神の内部には入らなくていいという方は海の上から眺めるツアーに参加してはいかがでしょうか!海から眺める自由の女神はインスタ映えすること間違いなしです♪

自由の女神へ行くフェリーは常に混んでいるので長時間待つこともありますが、ツアーであればある程度時間が読めるので次の予定なども立てやすいでしょう。時間通りに観光したい方や効率的に観光したい方はツアーに参加するのがおすすめです!

ニューヨークのシンボル・自由の女神へ行こう!

今回は、自由の女神への行き方やチケットについて紹介しました。自由の女神はニューヨークで特に人気の観光スポットなので、チケットを購入するのも行くのもなかなか大変です。ですので事前にしっかり準備し、余裕を持って観光に出かけましょう!

チケット購入や英語に不安がある方はぜひツアーを利用してみてください。ツアーは自分の予定や目的に合ったものを選ぶことができ、時間も読みやすいのでとても便利です。

ニューヨークに行ったら自由の女神は絶対に見ておきたいですよね!近くで見る自由の女神は圧巻の迫力で、一生の思い出になること間違いなしです♪

ニューヨークのツアー一覧

ニューヨークのおすすめツアーを紹介しています。
★★★★★

RECOMMEND ニューヨークのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事