" />

ニューヨーク マンハッタンの必須観光スポットを厳選紹介!

観光
295views

タイムズスクエアで光り輝くネオン看板を見たり、ビル街の真ん中で緑を感じながらセントラルパークを散歩したり、様々な楽しみ方ができる観光都市「ニューヨーク」。美術館や博物館も多く、観光スポットは数え切れないほど。

今回は、ニューヨークのおすすめ観光スポットから、人気のホテル、レストラン、観光にあたっての注意情報まで、ニューヨークに行くならぜひ押さえておきたい情報をご紹介します。

これからニューヨークに行かれる方、ニューヨークへの旅行を検討されている方は必見です。

ニューヨーク マンハッタンとは?

アメリカ最大の都市である「ニューヨーク」。ロンドンと並んで、世界トップクラスの都市で、世界の商業、文化、ファッション、エンターテインメントの先駆けとしても全世界から注目を浴びる大都市です。

アメリカのシンボルでもある自由の女神や、毎晩50演目ものミュージカルが上演されるブロードウェイなど、観光都市としても見どころが盛りだくさんです。

ニューヨーク マンハッタンのおすすめ観光スポット6選

まずは、ニューヨークに行くなら絶対外せない!定番の観光スポットを6か所ご紹介します。事前予約が望ましい観光地も多々ありますので、ご旅行前に確認がおすすめです。

①タイムズスクエア

ニューヨークに行ったら必ず訪れたいのが、世界で一番華やかな交差点「タイムズスクエア」。ブロードウェイと42丁目の交差点で、その昔ニューヨークタイムズのオフィスビルが建てられたことから、この名前がついたといわれています。

昼夜問わず多くの観光客で賑わっていますが、輝く巨大なネオンサインを綺麗に見るには、夜暗くなってからの観光がおすすめ。

日が落ちた中、キラキラ輝くネオンは圧巻です。また、タイムズスクエアでの年越しは、世界中の人々の憧れ。年末に行かれるかたは、ぜひタイムズスクエアでの年越しに参加してみてくださいね。

タイムズスクエア 基本情報
スポット名:Times Square
住所:Broadway, New York City, 10036


②メトロポリタン美術館

世界三台美術館の一つである「メトロポリタン美術館」。ニューヨーカーにはメット(Met)という愛称で親しまれているんだそう。ゴシップガールのロケ地として、若い女性にも大人気のスポットとなっています。

ニューヨーク最大の美術館で、一日では全て見回れないほどの膨大なコレクションが魅力です。館内には、エジプト、アメリカン、モダンアート、ヨーロッパ絵画、アジア、楽器、服飾、写真など様々なセクションが。観光前に、見たい作品をチェックしておくのがおすすめ。

メトロポリタン美術館 基本情報
スポット名:The Metropolitan Museum of Art
住所:1000 Fifth Ave. New York NY 10028
電話:212-879-5500
定休日:5月の第一月曜日、サンクスギビングデー、クリスマス、元日
営業時間:日~木10:00-17:30、金・土10:00-21:00
入場料:大人25ドル、学生12ドル、12歳以下の子供は無料


③セントラルパーク

長さ4キロにも及ぶ、広大な敷地を持つニューヨーカーの憩いの場「セントラルパーク」。ニューヨークのど真ん中にあり、ドラマや映画のロケ地としても有名なスポットです。コーヒーを片手に散歩するのもよし、サンドイッチを持ってきてピクニックを楽しむもよし、緑あふれる素敵な空間です。

園内には、セントラルパークを一望できるお城「ベルヴェーデーレ城」や、映画ナイトミュージアムの舞台にもなった「アメリカ自然史博物館」など、見どころも盛りだくさん!1日いても十分に楽しめるスポットです。

セントラルパーク 基本情報
スポット名:Central Park
住所:59th to 110th Street, Manhattan Borough, from Central Park West to 5th Avenue, New York City, NY 10022
電話:212-310-6600
定休日:なし
営業時間:日~土6:00~1:00
入場料:無料


④自由の女神

ニューヨークのシンボルでもある「自由の女神」。この女神像は、アメリカ独立100周年を記念して、フランスから贈られたもの。台座から松明までの高さは約93m!近くでみるとその大きさに圧倒されること間違いなし。1984年には、ユネスコ世界遺産にも登録されています。

自由の女神は、外から眺めるだけでなく、中に入って台座や王冠を見学することもできます。当日チケットはなく、オンラインか電話での事前予約のみとなっているので、見学日が決まったら早めにチケットを予約しておくのがおすすめです。

自由の女神 基本情報
スポット名:Statue of Liberty
住所:Liberty Island, New York City, 10004
電話:212-363-3180
定休日:12月25日
営業時間:8:30~18:15
入場料:18ドル~(要事前予約)


⑤エンパイア・ステート・ビルディング

高層ビルが立ち並ぶニューヨークでも特に目を引く存在である「エンパイア・ステート・ビルディング」。高さは381mで、1931年にオープンしてからワールドトレードセンター・ノースタワーが完成するまでの42年間、世界一の高さとして知られていました。

86階と102階は展望台となっていて、ニューヨーク街を360°見渡せるとして大人気!夜になると、光り輝くニューヨークの夜景を一望することができます。大変人気のスポットでエレベーターが長蛇の列になることも。時間に余裕をもっての観光がおすすめです。

エンパイア・ステート・ビルディング 基本情報
スポット名:Empire State Building
住所:350 5th Avenue, New York, NY 10118
電話:212-736-3100
定休日:年中無休
営業時間:8:00~深夜2:00(最終エレベーターは深夜1:15)
入場料:メイン展望台$32


⑥ロックフェラー・センター

毎年、大きなクリスマスツリーの点灯式が開催されることで有名な「ロックフェラー・センター」。48丁目から51丁目、5番街と6番街の間にある19のビル群です。 ビル街を歩くだけでも十分に楽しめますが、人気が高いのは展望台「トップ・オブ・ザ・ロック」。

セントラルパークとエンパイア・ステート・ビルディングを望める贅沢なスポットです。クリスマスツリーは11月末~12月初旬に点灯し、翌年1月半ばまで見ることができます。

ロックフェラー・センター 基本情報
スポット名:Rockefeller Center
住所:45 Rockefeller Plaza New York, NY 10111
電話:212-332-6868
営業時間:8:00~深夜(最終エレベーターは11:15)
入場料:大人$36、子ども(6歳~12歳)$30、シニア$34


ニューヨーク マンハッタンのおすすめホテル5選

海外旅行となると、朝早くから夜遅くまで観光に歩き回ることも多いですよね。そんな体をしっかりと休めることができる「ホテル」選びも重要です。

次は、ニューヨークにあるおすすめホテルを5か所厳選してご紹介します。

①グランド ハイアット ニューヨーク

グランドセントラル駅に直結している、抜群の立地が魅力の「グランドハイアットニューヨーク」。タイムズスクエアや劇場街、人気ショップやレストランなどの観光スポットからも近く、地下鉄まですぐなので、どこへ観光へ行くにもアクセスの良いホテルです。

無料Wifiやレストラン、アメニティやショップも充実しています。空港からのバス発着場所もすぐそばなので、空港からの移動もらくちん。客室数はスイートを含み全1311室です。

グランドハイアットニューヨーク 基本情報
スポット名:Grand Hyatt New York
住所:109 East 42nd Street at Grand Central Terminal, New York, NY, 10017
電話:212-883-1234


②ニューヨークズ ホテル ペンシルバニア

マンハッタンの中心にあるイベントホール「マディソンスクエアガーデン」の向かいにある「ニューヨークズ ホテル ペンシルバニア」。1919年につくられた趣のある建物と、クラシックな家具で統一された客室が魅力です。

最寄り駅はペンシルバニア駅。リーズナブルな価格が嬉しいデパート「メイシーズ」本店や、「エンパイア・ステート・ビルディング」などの観光スポットもすぐそば。 立地に対してコスパがいいのも嬉しいポイント。

ニューヨークズ ホテル ペンシルバニア 基本情報
スポット名:New York’s Hotel Pennsylvania
住所:401 Seventh Avenue at 33rd Street, New York, NY 10001
電話:212-736-5000


③ザ ニューヨーク マンハッタン ホテル

エンパイアステート・ビルディングから徒歩圏内、コリアンタウンの中にある高層ホテル。最上階(17階)の屋上ではルーフトップバーを楽しむことができます。最寄のペン駅からは徒歩5分、ペンシルバニア駅までも徒歩で移動可能。

エンパイア・ステート・ビルディングからの夜景を満喫した後、歩いてすぐに帰宅できるのは嬉しいですね。無料朝食がついたお得なプランも見逃せません。

ザ ニューヨーク マンハッタン ホテル 基本情報
スポット名:The New York Manhattan Hotel
住所:6 West 32nd Street New York, NY 10001
電話:212-643-7100


④マンダリン オリエンタル ニューヨーク

セントラルパークのすぐ側、タイムワーナーセンターの35~54 階にある「マンダリン オリエンタル ニューヨーク」。床から天井までの広い窓からはマンハッタンのパノラマの景色を楽しむことができ、5ツ星ならではのラグジュアリーさが魅力。

ホテルの35階にある「アジアート・レストラン」はニューヨークの夜景を楽しみながらディナーが楽しめると観光客に大変人気で、バー・ラウンジ「ロビー・ラウンジ」をお酒を楽しむ人々で賑わいます。2003年に開業したため、建物やホテル内も現代的な印象です。

マンダリン オリエンタル ニューヨーク 基本情報
スポット名:Mandarin Oriental, New York
住所:80 Columbus Cir, New York, NY 10023
電話:212-805-8800


⑤ヒルトン タイムズ スクエア

ニューヨークの中心であるタイムズスクエアにある「ヒルトン タイムズ スクエア」。高層ビルの23~44階にあり、すべての客室からマンハッタンの景色を楽しめるんです。ホテルでもニューヨークの都会感を常に感じることができるのが魅力。

ホテル周辺には、セレブリティの蝋人形と写真撮影ができる「マダムタッソー」や、ニューヨークのシンボル「エンパイア・ステート・ビルディング」など、見所が盛りだくさん! また、ブロードウェイまでも徒歩すぐなので、夜遅くのミュージカル公演なども気軽に見に行けるのが嬉しいですね。

ヒルトン タイムズ スクエア 基本情報
スポット名:Hilton Times Square
住所:234 W 42nd St, New York, NY 10036
電話:212-840-8222


ニューヨーク マンハッタンのおすすめレストラン5選

せっかくはるばる旅行にやってきたなら、やっぱり旅行中の「食事」にもこだわりたいですよね。美味しいと評判のお店から、大切な人とのご旅行におすすめの雰囲気重視のレストランまで、ニューヨークのおすすめ店を5店ご紹介します。

予約必須のお店もあるため、事前にしっかりと計画を立てるのがおすすめです。 

①ロカンダ・ヴェルデ

あのロバート・デ・ニーロさんが手がけている大人気レストラン「ロカンダ・ヴェルデ」。イタリアの田舎を思わせるレンガ造りのカジュアルな雰囲気が特徴で、シェフ・オブ・ザ・イヤーにも輝いたことのある凄腕シェフ、アンドリュー・カルメリーニさんによる絶品イタリアンを楽しむことができます。

観光客にも現地のニューヨーカーにも大人気のお店なので、もっとも予約の取れないレストランとして囁かれることも。お食事利用をお考えなら予約は必須。店内のバーカウンターは、テーブルの空きを待つ方で賑わっています。

ロカンダ・ヴェルデ 基本情報
スポット名:Locanda Verde
住所:377 Greenwich St, New York, NY 10013
電話:212-925-3797
営業時間 朝食:月~金7:00~11:00、土日8:00~10:00
ブランチ:土日10:00~15:00 ランチ:月~金11:30~15:00
ディナー:日~木17:30~23:00、金土17:30~23:30


②メリーズ・フィッシュ・キャンプ

バターが香る温かいパンに、マヨネーズで味付けられたロブスターがたっぷり挟まれた「ロブスター・ロール」が名物のお店。この美味しい「ロブスター・ロール」を求めて、世界中から多くの方が訪れます。

オープン直後に満席になることもあるほどの人気っぷりです。 カウンターには、ワインや生牡蠣を楽しむ人たちの姿もちらほら。テイクアウトメニューもあります。気軽に立ち寄れるカジュアルさも魅力です。

メリーズ・フィッシュ・キャンプ 基本情報
スポット名:Mary’s Fish Camp
住所:64, 2626, Charles St, New York, NY 10014
電話:646-486-2185
営業時間 月~土 ランチ12:00~15:00、ディナー18:00~23:00、日 12:00~16:00


③マンダリン・オリエンタル・ホテル・ロビー・ラウンジ

「マンダリン・オリエンタル・ホテル」にあるロビー・ラウンジは、ホテル宿泊者でなくても利用することができます。高層ビルの35階にあるため、日が落ちた後はマンハッタンの夜景を楽しむことができます。

ドリンクだけでなく、ハンバーガーなどの軽食も。 22:00頃からは、夜景を見ながらお酒を楽しもうとたくさんの大人たちで賑わいます。深夜まで空いているので、大切な人とのちょっと特別なひと時の演出にもどうぞ。

メマンダリン・オリエンタル・ホテル・ロビー・ラウンジ 基本情報
スポット名:Mandarin Oriental Lobby Lounge
住所:80 Columbus Cir, New York, NY 10023
電話:212-805-8800 ・営業時間 日~木9:00~深夜1:00、金~土 9:00~深夜2:00


④ヴァンダル 

2016年1月にオープンし、そのアーティスティックな内装から瞬く間にニューヨーカーの間で大人気となったレストラン。

店内のデザインは、デザイン集団ロックウェル・グループが手がけ、テーマはニューヨークのストリートアート。様々なウォールアートが楽しめる店内は、まるでニューヨークの街を散歩しているかのよう!

メキシコ、韓国、イタリア、ペルーなどをはじめとする、世界中の美味しいストリートフードをアレンジしたメニューが豊富です。

ヴァンダル 基本情報
スポット名:Vandal New York
住所:199 Bowery, New York, NY 10002
電話:212-400-0199
営業時間 ディナー:日~水17:00~0:00、木~土17:00~深夜1:00
ブランチ:土日11:30~15:30


⑤ル・タートル

2015年12月にオープンした比較的新しいレストラン。創業者は、フリーマンズを成功に導いたことで有名となったターボ・ソマー氏。見た目が華やかなモダンフレンチを楽しめると、人気が急上昇中なんです。

店内も大変アーティスティックな空間となっていて、高級感ある革張りのソファがあるかと思えば、ベニヤ張りの壁があったり、半個室は鏡張りにしたりと、お客さんを楽しませる仕掛けがたくさん!メニューはそれほど多くありませんが、凝りに凝った絶品料理は、特別なディナーにぴったりです。

ル・タートル 基本情報
スポット名:Le Turtle
住所:177 Chrystie St, New York, NY 10002
電話:646-918-7189
営業時間 月~金18:00~23:00、土日11:00~15:00、18:00~23:00


ニューヨーク マンハッタンを観光する注意点

世界中からの観光客で賑わうニューヨーク。スリやタクシーのぼったくりなど、観光客がトラブルに巻き込まれてしまうこともしばしば。

ニューヨークを観光する際に気をつけておきたい注意点をご紹介します。

スリに注意

観光客が多いエリアでは、スリの発生率が高くなります。バッグにきちんとしまっておいたつもりでも、カバンを開けられて財布だけが取られていたりと油断は禁物。

ズボンの後ろポケットや、ジャケットのポケットなど外から見える場所に貴重品を入れないということはもちろん、リュックサックなどカバンの口が自分から見えない場合は危険。

必ずお金などの貴重品は、取り出し口が常に目の届く範囲内にあるように気をつけておきましょう。

タクシー

ニューヨークのタクシーは「イエローキャブ」と呼ばれる黄色いタクシーが基本。空港などで待っている黒や白のタクシーは、違法・ぼったくりであることが多いので気をつけましょう。

ランプが点いている(空車)のタクシーを、手を上げて止めて乗車します。日本のように自動ドアではないため、ドアは自分で。

初乗り料金は2.5ドル。乗車料金に加えて、15〜20%チップを上乗せして払うのがマナーです。

縦移動は地下鉄、横移動はバス

ニューヨーク内の移動は、縦移動なら地下鉄、横移動ならバスを使うとスムーズ。

ニューヨーク市内のバスと地下鉄を運営しているのは、MTA(メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティー)という会社。MTAが運営している交通機関は、メトロカードで乗車ができ、料金は基本一律3ドル。

現金で乗車する場合には、紙幣が使えないので注意が必要です。

思い出に残るニューヨーク観光を!

誰もが一度は憧れる街「ニューヨーク」。タイムズスクエアやセントラルパークなど、見どころも盛りだくさんで、日中から夜まで様々なアクティビティを楽しむことができます。

今回は、定番の観光スポットからおすすめホテル、人気のレストランをご紹介しました。観光スポットによっては、事前予約が必須なものや、予約をしておくことで現地での待ち時間が大幅に節約できるものも。事前にしっかり計画を立てておくのがおすすめです。

お宿や食事にもしっかりこだわって、心ゆくままニューヨーク旅をお楽しみくださいね。

ニューヨークのツアー一覧

ニューヨークのおすすめツアーを紹介しています。
★★★★★

RECOMMEND ニューヨークのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事